いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアよりマネーをこめて・・・それは歴史が証明する! 英国 アンティークスプーンとホールマーク!!!

今、イギリス本土に吹く風は東からである。

そう、かつての大国ロシアが古き世界都市

”ロンドン”を復興する勢いだ!

ロシアンマネーは膨大、眠れる熊が目覚めたのだ。

ロンドンは選択した、外資を受けて真の世界都市

”ロンドン”の再生を目指す事を・・・。




国の方針、都市の方針により一般国民が翻弄される現状。

長いイギリスの歴史の1ページに、いや数行に過ぎない

ロシアマネーの流入も、過去の出来事も、悪影響を請けるのは

昔も今も労働者・・・、外国人労働者に職を追われ、安定した生活が

望めないそうです。









国際競争力?

物価も人口も文化も品質も違う国と張り合ってどーすんの?

低レベルな品質管理、人権侵害国家に衣食住を任せる

激安大好きの日本、ヤバくありませんか?

(”ヤバい”を使うことに2分ほど悩みました・・・そんな年頃。)

そんな国とコスト優先で競ってどーすんの?

もうちょっと、違うところで競いましょうよ、

圧倒的な技術力で、他の追随を許さない国作り・・・。


かっこいい日本、

世界都市を目指そうぜ!!!







今、我が県の農家の皆さんは大忙しです!

ウハウハだそうです♪

何故って?ここ最近の食料問題で、


”やっぱり国産が良いね”って・・・、


一過性の流行が始まってるらしいですよ。

ここらで本腰入れて、国内自給率を上げないと、

武力でなく、食料政策で侵略されちゃいますよ。

出来れば国からの助成金無しで自立出来る

農業環境を望みます。本当に頑張った農家に

収益が手元に残るのがベスト・・・。












おおそうだ、話をイギリスに戻さねば・・・。

歴史に裏打ちされたイギリスの文化、かつて

いろんな事があったでしょう、


よく知らないけど・・・。



ナガーイ戦争もあった、

海にお船を浮かべて遠くに行った、

鉄製の女性を産み、

スケベな諜報員と格好いい車を

空に飛ばしたり、水に潜ったり・・・。そんな中でも、

700年間、変わらず運用されているシステムが

イギリスにあります。









すなわち、







英語かよ、ホールマークの本03


ホールマークである・・・。

金や銀の偽造を防ぐため、刻印することにより産地、

品質、年式、メーカーを識別するシステムであります。

ハンドブック片手にその製品の出所を知ることが出来る、

アナログなトレーサビリティシステム!!!


700年前の人、アンタぁ~、いいね、最高。


このシステムがイギリスの貴金属文化を

世界に誇る、不動のコレクターズアイテムに昇華させているのです。

ところで、このガイドブック・・・・、


英語かよ、ホールマークの本02


英語だよ~~!読めんよ、読めません。

英語の授業は寝てたっちゅうの♪

試験は雰囲気でクリアしてたっちゅうの♪

OCRで、読み込んで、訳させても、ろくな

和訳出来ないし・・・マザボの英語マニュアルのほうが

まだ読みやすい・・・つうか雰囲気読めます。

英語かよ、ホールマークの本01


本の表紙は・・・・

渋いネー!

だれか、訳してクレー


自分で訳すしか他なさそうです・・・。















そうそう、この記事、ジャンルを何にしようか探しましたよ。

ヨーロッパ経済か、文化か、釣りか、たまたまあった”イギリス生活”、

生活してないけど、適当にココに置いトコっと。

時差9時間あるけど許してね・・・。




これから暑い夏がやってきますヨ。

あっちいお外から帰ってきて、飯食って、風呂に入って、

アイスを頂ければ、天国至極にございます。

今年はね、そんなアイスを楽しむツールを揃えましたよ・・・。













すなわち、


(お、2段構えのネタだね・・・。)












アンティークスコップ01 ピクチャーバック1896 箱入り


アンティークスコップ11 シェル1874 セット


アンティークスコップ12 フィドル1900 セット


英国 スターリングシルバー

    アンティークスプーン

 6本×3セット=18本


18本っ??

どーすんの?スプーンセット なのだ!!!
 










詳しく見ていこう・・・。









最初は、

1896年製 ロンドン産 ピクチャーバックスプーンだ。

アンティークスコップ02 ピクチャーバック1896 姿


アンティークスコップ04 ピクチャーバック1896 ホールマーク


ロンドン産を示す豹の頭、

その下にはスターリングシルバーを示す歩くライオン、

小文字のaは細かい年を示します。一番上はメーカーマークですね。

豹はちょっと間抜けヅラですね・・・。

アンティークスコップ05 ピクチャーバック1896 ピクチャー


可憐な模様がボウルの裏側を飾ります。

アンティークスコップ06 ピクチャーバック1896 どアップ


英国では100年以上昔の物をアンティークとしているようです。

今回購入したスプーンもやっとこさ(方言?)、アンティークに

なったばかりの新人さんです♪

アンティークスコップ07 ピクチャーバック1896 柄


アンティークスプーンのディテールを探ると

いかに現代のスプーンがそのデザインを踏襲しているかが

分かります。シンプルな物、ちょっと飾りの入った物、

それらは過去に試された造形に近くそれを超える物は

あまりありません。















お次の品は・・・・

アンティークスコップ08 シェル1874 姿


1874年製 ロンドン産 シェルスプーンだ。

シェルとは貝のこと・・・。シャコ貝みたいだね。

アンティークスコップ09 シェル1874 ホールマーク


またぁ~、見づらいところにホールマークを・・・。

アンティークスコップ10 シェル1874 シャコ貝


このスプーン、1本20グラムほどあり、とってもしっかりしています。

この頃、銀製品に税金が課せられていたため女王陛下の

横顔も刻印されています。

とっても良い感じです♪













さて、最後のお品は・・・、

アンティークスコップ12 フィドル1900 セット


1900年製 ロンドン産 フィドルスプーンだ。

フィドルとはヴァイオリンのことらしい・・・。

アンティークスコップ14 フィドル1900 柄


アンティークスコップ15 フィドル1900 ホールマーク


アンティークスコップ17 フィドル1900 彫り


現代の物より全体的にボウル部が深いようです。








さーて、今宵のアイスクリームは、どのスプーンで食そうか・・・。

食うべきか、食わざるべきか、それは問題ではない。

(え、問題だじゃないの???)

どう食うか・・・。

飽食の悪源・・・お馬鹿な青トラの無駄使いでした・・・。




今宵はどのスプーンで・・・




ちゅう方向で!!!








スポンサーサイト

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

コメント

すげ~~~~
勿体無くてつかえないよ

  • 2008/06/19(木) 00:39:53 |
  • URL |
  • 黒ラブ #-
  • [ 編集]

どもども♪
えっ、かき氷食べていますが・・・
何か?

  • 2008/06/19(木) 20:25:42 |
  • URL |
  • 青トラ #vh1mV2jE
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aotorajet.blog99.fc2.com/tb.php/86-e1de9125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。