いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我行く道は、プロムナード・・・ムソグルスキー 組曲”展覧会の絵”!!!

ちょっと前に欲しかったもの、

ハイグレードの三葉虫の化石。

”ゴキブリとの違いは?”






欲しいなぁ~ と思う物、

平凡社の世界大百科事典(全35巻セット)。

”まさに圧巻!!!”






今狙っている物、

アンティークのスプーンセット。

”夏のひととき、アイスやかき氷を食べるのに・・・”







ブレにブレまくる我が価値観・・・。






そんな雑記を”プロムナード”というカテゴリーで

語る青トラの部屋・・・”いいね、最高。”

実は、散歩道的意味合いで、ある組曲の

重要な間奏曲がその名で、奏でられております。

自分で展覧会など行ったことのない青トラが、

耳から伝わるその曲に、いろいろな絵を頭に描く・・・、









すなわち、








音に聞く・・・しんなりした感じ 展覧会の絵







ムソルグスキー

 組曲  ”展覧会の絵”

   こりゃ、名曲だ~。



ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

そして・・・

ヘルベルト・フォン・カラヤン!

1965・1966年録音

レーベルは、グラモフォン・・・


まさにミーハーを唸らせる組み合わせ・・・。

こうゆうのにちょっと弱い青トラです。

”展覧会の絵”は、このCDで3枚目です・・・。

譜面は同じはずですが、3枚とも全く違う絵が

描ける・・・これがクラシックの醍醐味なのです。



10枚からなる絵・・・5つのプロムナード・・・。

亡き友人ハルトマンに捧げるムソルグスキーの”展覧会の絵”。

目を赤らめ、鼻をすすり、絵を見上げるムソルグスキー。

彼の悲しみ、戸惑いそしてそれを乗り越える力となった絵。

彼の歩みがプロムナード。

考え、悩み、喜ぶ・・・。

それがプロムナード。




か、完璧だよ、カラヤン♪




いいね、最高。




初めて買ったLP・CDがカラヤン。

これは不幸なことだ。

別の指揮者に失望するかも知れないからだ。

これに勝るは、キレたレニーと、キレまくりワルターか。

うーん、これは独断が過ぎたか・・・。


ともかく、

 暗い名曲の数々、そしてラストの

     ”キエフの大きな門”
         こいつぁ~、必聴ですっ!!!




こりゃ、しばらくクラシックネタで行ってみようかな?

ネタに事欠かないからね・・・。

(来訪者離れが心配だぁね♪)


あ、そうだ、展覧会と言えばキース・ヘリングの

展覧会に行ったことがありました。

15、6年前、新宿のデパートだったよな~。

懐かしい・・・。



ちゅう方向で!!!


スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aotorajet.blog99.fc2.com/tb.php/85-53457659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。