いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラウンにこだわる・・・波打つ擁壁、そしてパイロットカスタム823ブラウンB!!!

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?



まずはお仕事をされている方に・・・、

”お疲れ様です、おかげで休み中も

  快適に過ごすことが出来ます。

   ありがとうございます♪”



青トラもGW前に仕事を納め3連休出来そうです。

思えば3年ぶりのGW連休です。GWに仕事が入らないのも

ちょっと寂しいですが、ここ最近の住宅外構でやりたいことを

実行しまくったのでゆっくり骨休めをしようと思います。

またアイディアを温めるとしますかな・・・。

そうそう、またオモローな擁壁を創りましたよ・・・。








すなわち、







G様 外構工事 01 カラードウォール



波打つカラードウォール

ナチュラルブラウン仕上げ


なのである!!!


G様 外構工事 03 うねり具合は・・・


濡れているので濃いブラウンですが、乾くと・・・

G様 外構工事 59 カラードウォール、色合い。


壁のブラウンとベージュの中間色に・・・

しかも色のふれが見事なナチュラルパターンになっております。

期せずしておきたパターンに創った本人達も驚愕!!!

規則的にふれるその淡いブラウンは波打つ擁壁に

更なる価値を与えてくれました♪

”同じモノを作って下さい♪”と

次のお客さんに言われたらどうしようと

今からハラハラしております。

G様 外構工事 06 鏡のように写すぜ!!


紹介しましょう、青トラのお掃除グッズ№1!!!

マキタの電動ハイウォッシャMHW720でございます。

おお、鏡のように写っております。

ツルツル、ピカピカ、住宅内部の上質な打ちっ放し

コンクリートと同じ、もしくは上を行く擁壁です。

スランプの高い(トロトロ、サラサラの流動性の高い)モノを

使用せず、スランプを8として(ふっふっふ、これには理由あり)

絶妙なバイブレーションによりコンクリートを締め固め、

不必要な分のエアを抜く・・・、コンクリートと対話して行うこの作業、

料理人が天ぷらを揚げるのと似ているかも知れませんね。

音、泡の大小、その他モロモロ、ああこれだから土木は面白い・・・。

骨材分離、水あばた、ジャンカ、そんな低レベルなモノではない、

強くて美しいコンクリート、奥が深いね~、コンクリートは・・・。
















ここで突然ですが追記です!!

先日、エージェントB(便宜上BだがイニシャルはA!)が

会社にて青トラに向かって曰く、

B:青トラさぁ、今日、現場見てきたんだけど、

   コンクリート擁壁の水あばた、多すぎだよね!

青トラ:水あばた?水あばたは一つもないですよね、

    空気あばたですか?

B:そんなのどうでもいいけど、オマエ、コンクリートのスランプ、

  いくつで打設したの?

青トラ:8(CM)ですよ。

B:(鬼の首を取ったかの様に)それがそもそも間違いなんだよ!

  あれだけ水あばた(まだ間違えている・・・)が出れば

  本来取り壊しだよ!バイブ(振動)不足だね!

  

青トラ:そうですか。はい。(ちょっとカチッと来ました、でもハイと言う)

その後言うことが無くなったのかスコスコと椅子に戻っていった・・・。



青トラが思うに彼は・・・

①水あばたと空気あばたの違いが分からない・・・

②骨材分離必死の高スランプコンクリートでの
 
  コンクリート強度不足より外観見た目しか考えない・・・

③地位、権限による一方的な批判(指示や命令ではない)である・・・


以上の結果からエージェントBの今回の発言は無効とします!!!




今回のこの擁壁について反省する点は多々ありますよ。

まず天端(テンバ・・・一番上の面)の造形を優先するために

低スランプ(流動性の低い)のコンクリートを使用したこと。

これは散々悩んだ結果、スランプ8CMを選択しました。

天端の波の造形、過度のコンクリート振動(バイブ)による水あばたの

形成の防止(空気あばたより見た目、強度に問題あり)、

何より色粉(無機顔料)のブリージング流失による予期せぬ色の

濃淡の発生防止・・・

それらを考慮して24-8-25(W/C55以下)を選択したのだ!

強度-スランプ-粗骨材最大寸法(水セメント比55%以下)!

コンクリートにバイブ(振動)をかけたのは青トラである。

コンクリートとの会話が足りず・・・空気あばたがわずかに残ったが、

創作擁壁としての美観を損なう物ではないと思っている。

低スランプであれバイブをかけ過ぎれば骨材分離を起こし、

強度不足に陥ってしまう。

すべてをひっくるめてのバランスは我が社のベストであったと

確信しております。そして次回は、そのまた先は、より良く

より強く、より安く作ることでしょう。

エージェントBの発言も現場を見直すいい機会であったとして

受け入れますか・・・。それにしてもむかつく!!!!!

エージェントBはパフォーマンス的に部下をののしる癖があり

その内容は端から見ている限りでもその場しのぎ・・・

部下が次に成すべき事を・・・いや、部下の思考を停止させる様な

発言を得意としてきた。そう言えば最近やっと現場に来てヘルメットを

被る様になったな。そんな程度です。

”あの人がオイラの部長じゃなくて良かった~!”

心の底からそう思った会社でのひとときでした。

我がグループの部長は・・・凄いぜ!!!ホント、いやマジで!!

アップしたいぐらいです、このブログに・・・。

追記終了。










G様 外構工事 05 天端仕上げが自慢。


高さは最高で90CMですので、子供の遊び場としても

最高です。落っこちるなよな~♪

G様 外構工事 04 均等ではない波・・・


このうねりも均等ではありません。

ただ窓の配置と配色部に山と谷を配置しました。

曲線は・・・土木の神様が引いて下さった・・・とだけ

書いておきましょう。有るんですよ、方法が・・・。

内緒です・・・♪


コンクリートへの着色は公共工事では景観の観点から

かなり一般的になっていますが民間ではなかなか

進んでいません。

一部の挑戦者がコンクリートに墨汁や

絵の具を入れて施工したモノを見ましたが、経年変化、

紫外線による退色により見るも無惨な状況になっているのを

見たことがあります。室内だからと言って指で着色コンクリートを

触ったら指が汚れた・・・、掃除のたびに色素のホコリが舞飛ぶ・・・。

最悪です。


ちなみに今回着色に使ったのは無機顔料着色剤でございます。

発色も良く、退色無し、何よりコンクリート強度に影響なし!!!

素晴らしい!

でも高い!

立米当たりの単価は生コンの約2倍!!!!

これは半端じゃございません。

施工もミスが許されません。

そんなこんなで、一般住宅に採用されないわけです。

全てにおいて施工業者に不利な工法ですから・・・。

でも出来上がればお望みの形に耐久年数の高い、

しかも塗装、左官仕上げよりも安価に出来上がるわけです。



ちょっと補足・・・

住宅アプローチ等で最近有る石に似せた着色コンクリートは

表面のみの着色です。ハンマーでコツリっと叩けば下地の

コンクリートのグレーが見えます。今回採用した着色剤は

壁の芯まで入っていますのでコタタキや切断等でも発色面が

得られます。骨材は石の色ですが・・・。




よーし、ノッてきたので、このお宅の外構工事の一部をご紹介します。

G様 外構工事 12 レッドシダーな木柵。


枕木と木柵です。枕木は鉄道に敷かれていたモノを

再利用です。木柵はレッドシダーで作りました。

将来的に庭を広げる予定があるので基礎を設置しない

擁壁、柵をチョイスしました。再利用も簡単です。

G様 外構工事 22 アプローチ・・・


手前の小道は追加で作ったモノです。

ただ作っても面白くないので一工夫・・・。

G様 外構工事 30 枕木で・・・


最近定番の枕木階段です。

スコップによる除雪を簡単にするため敢えてコンクリートと

しました。

G様 外構工事 37 緩やかな曲線。


ちょっと遊んでみました・・・。

最近は非対称に魅力を感じます。バランスが難しいですね。

G様 外構工事 41 みかげ石を切ります!


御影石はコヤスケとセットウで切りました。

機械じゃなく手で切ることで石に表情がでます。

G様 外構工事 66 カラードシシャモ!


屋根より高い鯉のぼり~♪

それにしても高すぎです!!!

木柱は五月の風を受けて撓り鯉は天高く空を目指します。

ああ、シシャモを食べたい・・・。

そんな気にさせてくれる写真です。


そうだ、この型枠を見て

”職人泣かせだね・・・。”と

行った業者が一人いました。

G様 外構工事 00 型枠は職人泣かせ・・・?


ふっふっふ、泣かせる・・・?

シゴトは厳しく、大変なモノ・・・。

いい仕事にはいい代償を。

楽しく、明るく、元気よく・・・。

それが青トラの流儀・・・。

青トラが言う前に型枠マスターからその業者に一言、

”現場は生き物、苦労は付き物!”

とまあ、言ったか言わぬかそんな意味のことを

言い放ちました。

うんにゃ、それでエエ!  (七人の侍より・・・)


いやー、楽しかったな~。

色々サービス(無料)もしたけど、お客さんが

喜んでくれて良かったです。

奥さん、毎日10時、3時にお茶、お菓子、ありがとうございました。

自分たちの120パーセントの力を出して創ってみました。

住宅内部も我が社のエージェントAの頑張りで凄いことに

なっております。後でアップしますね。

ブラウンで統一感のあるインテリア・・・。

さすがA、東京っ子は違いますな。結構出張が多いせいか

磨かれる感性は素晴らしいと思います。

次はコストもちゃんと考慮して下さいね。

50m無呼吸水泳のようですよ、まったく!!!

どうでしょう、どうでしょうか?


興味のある方は青トラまでコメントを下さい。







こだわりのブラウン、

確固たる機構、

国内唯一の吸入式、




すなわち、




パイロットカスタム823 01 全景


パイロットカスタム 823

  プランジャー ブラウン

    なのさ~♪




重厚ですよ、うん。


パイロットカスタム823 04 キャップ


ちなみにグレーのペンケースはお店のオリジナルで

プレゼントだそうです。いろんな意味で素晴らしいお店、

店主さんですね。毎回のお手紙は青トラの書き方の

見本となっております。
パイロットカスタム823 07 ブラウンがいい感じ


いいブラウンですね。半透明ですね。

トロトロとインクが動く様はちょっと見飽きませんな。

たっぷりはいるインクはなかなか終わりませんよ。

パイロットカスタム823 11 ペン先


ペン先はBを選択。少し柔らかめのペン先ですね。

お店で調整が成されているのでカスレは有りません。

インクフローは多すぎず、普段使いにいいようです。
パイロットカスタム823 13 横顔


プランジャー機構を取り入れているため見た目より

重い感じがしますが書き始めると気になりません。

書き始める前にペン先を上にして尾栓を回し2mmほど

隙間を空けて書き始めて下さいと説明書にありますが、

ちょっと素早く書き出したい時はそのままでも1ページ

位の記載は可能です。

青トラはやっぱり吸入式が好きです。

書道で言えば墨を擦る所作に似ております。

万年筆を楽しんでいるわけですから

ちょっとした煩わしさがまたイイのです♪

ちょっとしたMですな・・・かっかっか。

仕事じゃSなのか・・・。

分からん・・・。



ちゅう方向で!!!
スポンサーサイト

テーマ:文房具 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aotorajet.blog99.fc2.com/tb.php/79-05aac7ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。