いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪のない正月・・・、万双 シモーネ セカンドバッグ!!!

雪が降らなくて、なかなか快適な正月休みです。

あ、どうも、青トラです♪

仕事始めが、7日 月曜日からなのでゆったりしておりました。

いいですね、雪の降らない正月は・・・。



雪が降ると大晦日、元旦、3が日、仕事始め関係なく

滑り止め砂まき・除雪作業を、通勤に影響ないように

朝7時頃までに完了しなければなりません。となると・・・、

毎朝3時頃から降雪チェックを行います。

ベッドの前の窓を開けて日立の充電式ライトで庭を照らして

確認するのですが・・・はっきり言って苦痛です!

毎朝ですよ!!!それに、北部山間部の天気予報は・・・・

体感ですが、当たるのが半々ですよ。ビミョーです(涙・・。。)

いざ、砂まきになりますと、あらかじめ2tダンプに砂散布機を

取り付けた荷台に砂と塩化カルシウムを混ぜたモノを満載し、

機械に人力で投入します。当然、人力ですから荷台の人は、

零下-4°~-8°の雪の降る中、最高時速40kmで

震動と揺れの中、スコップ振りまくりです。

生半可なスポーツ選手では1時間もたない作業です。

過酷です!! 

2.5m3の砂/人・3h  (休み無し)!!!

関係者なら解る、この数字・・・!そして8時には

現場に直行です・・・。




もう少し雪国だったら、冬季の除雪だけでナントカ

経営が成り立つんだけど、我々の地域ですと

罰ゲームに近いンですよ!!機械損料が出ません!!

地域貢献は望むところです。

地域あっての我が社ですから・・・、でもね、でもですよ、

地域貢献等を考慮したという 、新しい入札システムも、

除雪作業を断っている業者に、仕事が 行ってますぜ!!!


・・・と、毒を吐いたところで・・・。












私の光学機器をスマートに、且つこだわったケースに

収納したくなりまして・・・・・





すなわち、








万双 シモーネセカンドバッグ 姿


万双 シモーネ セカンドバッグ キャメル

     で~っす!!!




”何でまたセカンドバックに手を出した?”




との意見もありそうですが、愛車のセンターコンソールに

収まらない光学機器(カメラ・レンズ・ライカの例のヤツ)を

隣のシートにコンパクトに置いておきたいとの考えから、

購入です。

万双 シモーネセカンドバッグ ダレス風な開口


ダレスを思わせるファスナーです。玉ブチはプラ芯が入って

いるようですが、値段からするに致し方ないでしょう。

ここ1週間の使用でもう変化が現れているようないないような・・・。

万双 シモーネセカンドバッグ 伸縮取っ手


持ち運びは、車から自宅までの距離だけでしょう。

上履き入れには渋いですね。工具入れにもいいですが、

この革には、砂、土ホコリは厳禁です。

万双 シモーネセカンドバッグ 側面ステッチ


縫製は綺麗です。ショルダーのトラ模様が青トラ的に

嬉しい限りです。買ったばかりの写真と現物を確認しても、

革の艶に変化が出ています。これは、3ヶ月ぐらいで

レポしても違いが出そうですな♪

万双 シモーネセカンドバッグ 側面開口状態


がばっと開いて入れやすいけど、そんなに収納力無いです。

あとで、何か入れた状態で画像アップしておきます。

万双 シモーネセカンドバッグ 内部ポケット


内側ポケットはマチが有りませんが、ファスナーポケット裏にも

チケットやカードが入ります。内側のポケットファスナーにも

菱形革持ち手をつけてくれると嬉しいですね。

(万双の全モデルに言えることですな♪)

内側も総革ですよ、軽くしようとの努力が見受けられます。

最近、GX100の露出をガイドブックを鵜呑みに

マイナスに振ってますんで、ときどきおかしな写真が

出来てしまうんですが、勘弁して下され♪

万双 シモーネセカンドバッグ 経年変化 初日


革は、シモーネと呼ばれてますが、

イタリアのバダラッシー社のミネルバ・リスシオという

オイルドレザーのようです。バケッタ製法という伝統手法で

今も小さな会社で作られている革です。加脂には牛脚油を

用いるため、この香りだそうです。良くもなく悪くもない香りです。

それにしても、革に惚れて、鞄を買うのは良くないような気が

してきました。でもね、万双の作りですから許してしまいます。

他にもいい鞄、いい縫製、いい革は有るでしょうが、

納得出来る値段で、気軽にネットで買える鞄は少ないようです。

ホントは、ル・ボナーに行ってみたいんだけど、遠いしね・・・。

職人であるご主人の話をブログで紹介している中身たるや

必読であります。おお、フラボナは通販可能か・・・。

ふんふん、A5の製本ノートが5000円って・・・。

でも欲しくなっちゃうのが、その裏の背景な訳ですよ♪

その商品に質実あっての付加価値商法なのです。

いいモノを作り、正確に、魅力的に顧客に伝える・・・。

ヨシ、青トラも頑張ろうっと♪



どこぞの素人装ってのクチコミ最高丸出しブログは、

最悪です(土○鞄)。商売で利益を出すのは当然です。

でもね、本業おろそかで、ネット依存、過剰な顧客煽りは

駄目だこりゃ、最悪。高くてもいい、だけど駄目な製品に

付加価値をつけても、一見さんで終わると思いますよ。

ネットには一見さん勝負のお店が多々あります。

いい物作りのお店にはこうはなってもらいたくないモンです。


シモーネセカンドバッグ・・・





どうせなるなら、こいつが似合う渋いオヤジに

    なりたいもんです。





でも、青トラはまだ若いですからぁぁぁぁぁぁ~!!!











ちゅう方向で!!!





スポンサーサイト

テーマ:メンズバッグ - ジャンル:ファッション・ブランド

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aotorajet.blog99.fc2.com/tb.php/56-9fb0f52b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。