いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、どんな車を買おうかな?青トラ自動車的考察!

青トラの白アリさん・・・


ドナドナ

ドナドナになってしまいましたが、

まずは白アリさんについて語るとしましょう。




その前に青トラの車遍歴をお話しさせていただきます。

初めての車・・・それは・・・

当時は欲しかった車でしたが、今思えば何でそんな車買ったの?

と首をかしげるくらいの中古のファミリーセダンでした。



エンジンは2リッターNA・・・。

悪あがきで吸気系とマニホールドを変更。

それでも全く上がらないパワー!

サスをチョイ下げ、ちょい固にするも元々、

走り屋ではないためゆっくり走るファーストカーでした。

あのころからオーディオにはこだわりを持っていましたね。

当時はカロッツェリアとx(カイ)で構成。

まだ海外ブランドの情報が少なく、それでも大満足の

クリアサウンドでした。(ドンシャリ大嫌い!)



ローンが払い終わる頃、交差点で事故を頂きました・・・。

初心者マークのお兄ちゃん2人組が交差点を右折・・・。

直進していた青トラは避けきれずに相手の側面にどーん。

なぜか、冷静でしたね、その後の事故処理は・・・。

親の車を借りて乗り回していたお兄さん達はおろおろ・・・。

ささっと携帯(当時もっている人は少なかった)で保険屋に連絡、

警察を入れずに(今ではあり得ない?!)保険屋同士で処理。

後日、保険屋さんが過失割合を8:2と教えてくれました。

もちろん、相手が8で、青トラは2です。

それでもショックでしたね、

”あんなの避けられないし、止まれないよ!!”

それでもなお、自分が停車していない限り必ず過失が付く!

という事実を教えていただいたティーチングケースでした。

このころから運転の仕方が変わり、自分に過失が付かない走り方を

心がけてゆっくりと、すっ飛ばしましたね。

そのせいかそれからは大きな事故はなく、現在に至ります。

急な事故でしたから蓄えが無く、中古のスズキのアルトワークスを

中古で購入し、しばらくつましい生活を送ります。

なぜって?

貯蓄の重要性を感じたからですね・・・。

長かったですね、アルトワークスは・・・・。




アルトワークスを評するなら・・・

単車のような加速!”

乗っている本人は速い車だ!と勘違いしてしまう恐怖感!

音と振動で速く感じるのも無理はありません。

たぶん時速100kmで衝突したら半分半分で搭乗者がお亡くなりになる車。

燃費も14km/kmとターボ車としてもGOOD!

何年ぐらい乗っただろう・・・・結構長く乗ったワークスでした。









しばらくして、トヨタ販売店とお付き合いする機会があり、

白アリさんを見いだしました!

トヨタ アリスト V300 ベルテックスエディション(新車)

シャーシはクラウン系のシャーシ、

エンジンはスープラのツインターボ直6エンジン、

馬力は280hp、トルクは40オーバーでしたね。

トヨタの営業さん、現金で買うよって言っていたのに

最後まで冗談だと思った・・・って・・・アンタ・・・・。



山道を攻めるといくらでもスピードが出ますが、

谷底に落ちそうになるモリモリツインターボ!

しっかも重いので曲がらない事、曲がらない事♪

運転技術が未熟な青トラ的には白アリさんの

50パーセントも引き出せなかったと思います。

一方高速道路ではGOOODカーでしたね~。

セダンとしての静かさは期待以上。

乗り心地はさすがにセダンぽく無いですが、

シンプルなインテリアが良かったですね。

スピードですか?

リミットまでスウーーーーッでしたよ。

田舎の高速道路ですから車も少なくていいですが、

その速度を維持する輩の凄さを実感できたと思います。

青トラには100km+αで十分ですね。

でも青トラは、言いたい!


確かに車は150馬力もあれば十分!

130kmも出れば実用可能!

しかし!夢が欲しい!

ス-パ-カー然り!

アメ車のマッスルカー然り!

無駄にでかい馬力や、

コントロールできないスピードは、

男の夢だ!

当時のミーハー青トラが買えるマッスルカー・・・

それが白アリさんだったのです。

(このころもアメ車が欲しかったんですけど、

 車の知識もなく近所に腕の良い整備工場もなかったので、

 アメ車はあきらめました・・・。)





さて、今回の車購入の動機を整理しましょう。

1.ちょっと、白アリさんから心が離れた・・・。
 
 車検と車検の間で1000km走らないことが多々あった。

2.海釣りをするようになり、2時間以上掛けて釣行する機会が増えた。

 鮎釣りを始めて、河原に車を駐車する河川も有るのに驚いた。

3.高速および巡航運転、山道すいすい、快適居住空間を重視したい。

4.釣りやアウトドアグッズがたっぷり積めるスペースがほしい。

と、まあ、こんなところです。

もう一台のメインカー、白トラについて考えてみましょう。

セカンドカーの白トラ(白い軽トラック)の使い道は・・・

ワカサギ釣行用!

ボートエース運搬!

ラジコンヘリ運搬!

そしてプロジェクトの良き相方!


ということで白トラはあと10年は、キープしておきます。



予算も限られていたのでそんなに多くは望めませんでしたが、

色々探して、試乗までした車は、

日産 エクストレイル でした。

l_grade_dl0000319989.jpg

遊びに特化したエクストレイル!

なんせアウトドアには嬉しい装備の数々。

シート周りの収納、

後部座席のあきらめにも似た、割りきり方!

荷台の使い勝手の良さ!

うーんすばらしい!

しかもクリーンディーゼルは、燃費が良いわ、

トルクは半端なくあるわ、

しかも助成金や免税で30万弱お得!

一番先に試乗させて貰ったのがこのエクストレイルでした。

それまでセダンや軽自動車、会社のADバン等しか乗ったことがなかったので

視線の高い車(RV SUV)の運転のしやすさは新鮮でした。

(2tダンプ 4tダンプは別ですよ・・・乗りやすいけど・・・)

試乗で山道を走らせていただきましたがパワーももっさりした感じもなく

モリモリ感も感じられるほどトルクフルでした。

しかし、しかしですよ、いかにもSUV、高速はどうかな?って感じでした。

アイドル時も昔のデーゼルに比べれば静かになりましたが、

体格の良い猫が喉を鳴らすようなゴロゴロ音。あひゃ・・・!

ディーゼル不慣れな青トラにはちょっと・・・・。

同じ趣味を持つ人がいたらたぶん一押しの車です。

ま~た、担当営業が上手いんだ!!

初めて訪れたその日に怒濤のアプローチ!

金額提示も上手く、即断即決を迫ります♪

危うくハンコ押すところでした。

当日にはクリーンディーゼル搭載車両がなかった為、

やっとの思いで帰宅♪

クロージングされる顧客の気持ちが分かりました!!!

2回目に試乗!

最終見積もりの提示を受け再度帰宅。

なおこちらの北部山間部で、エクストレイルは1日10台は見るような

人気車のようです。(実際、よく見る)

そうなるとミーハー青トラの天の邪鬼・・・人と違うのがいい・・・。

と、なり・・・。

却下!!!!



まてよ・・・

確かエージェント I の車、スバルの新しいレガシーだったよな・・・。

確か1度、運転手で乗らして貰ったけど乗りやすかったな・・・・。




スバルか・・・・。






ここから、我が県が誇るスバルへの感心が青トラの触手を

動かすのである・・・・。





ちゅう方向で・・・・。



つづく

(長いね、この件・・・)













スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aotorajet.blog99.fc2.com/tb.php/185-1acfac93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。