いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワカサギ2年目、二刀流♪今年もこれで釣り納め!!

我がプロジェクトもメイン工種が終了・・・。

部分完成検査を受け、無事工期延長となりました。

全景

えっ、何のことかって?

ごく一部の方は青トラの職業が土木工事の現場バ監督だということを

ご存じかと思います。

去年の11月頃から現プロジェクトを仰せつかり、今に至ります。

そのプロジェクトとは、ほ場工事でありまして、

ほ場とはなんぞや?

と言われれば、畑や田んぼを作る工事ですよ、とお答えする

青トラであります。

水路がきれい

青トラもいい年ですからそれまでの仕事に対して

多少の自信と自負を持っていましたが・・・

今回はそのすべてが覆る屈辱のプロジェクトでした。

簡単に概要を説明しますと、

今回の現場は、畑の造成工事と農道の整備工事で

急峻な沢沿いの半分休耕状態(一部は雑疎林、竹林も有)の土地。

しかも隣接市道道路が狭く大型ダンプが通ると片側通行を強いられ、

現場は4つに完全分割・・・、つまりは重機の移動には市道に一度出ないと

移動できないという・・・重機屋泣かせの現場なのです。

そして4つの現場の入り口は、現状で大変狭く軽トラックが通れる程度。

しかも支障物があり作業道を作るにも、支障物の撤去のための手続きが

完了していませんでした。

通常、農地の整備工事は10月頃に発注され、

農閑期になる12月初旬に各準備工を完了させ年内に伐採を完了させ

土工事をスタートさせます。

正直な話、この年末の段取りですべてが決すると言っても過言ではありません。

ここは請負人である施工会社の現場代理人と、発注者の監督員の

腕の見せ所です。

ひどかった・・・、本当にひどかった・・・・。

詳しくは書けませんが、・・・・・・。

工期の序盤でこの異常に気づいたスーパーオペレーターKは

すぐさま青トラに指示!

その指示を受け青トラも現場のシフトを変更。

当初の条件になった、3月末の工期に畑の工事を完了させ、

4月1日に各畑に農家の方々が耕作には入れるように工事行程を

組み直しました。

スーパーオペレーターKについては多くを語るまい・・・。

彼は自他共に認めるスーパー重機オペレーター・・・。

よくテレビでパワーショベルで字を書いたり

ワイングラスを積んだりしているが、

それは我々から言わせれば全く意味がない・・・。(ちょっと言い過ぎ?)

簡単に言えばKは1立米の土砂の価値を

300円から650円にすることが可能なのだ。

この数字にビビッとくる方はこのブログをお読みになる方にはほぼ

いらっしゃらないと思います。

歩掛かりを取る者だけが知るこの驚異の数字・・・。

歩掛かりとはその作業を時間で管理し、その作業量を時間で割り

作業単価を割り出す作業の事。

もしかして数人の方が”嘘だろ~そんなのあり得ないよ~!”と

おっしゃるかも知れませんが・・・。

犬走り

一人の人間が、人の倍働くことは事実上不可能だ・・・・。

その定説を作業効率と段取りで可能にする

スーパーオペレーター K  ・・・・。

彼に 重機の鬼 の称号を与えたいと思います。

彼がいたから終わった・・・、彼がいなければ終わらなかった・・・。

隣接工区は今も土工事中・・・。

隣接工区に彼がいれば結果は逆だったと思う青トラ。

重機屋の威力を思い知る良い経験でした。

今冷静に思い返せばKの助言通りに現場は進行し、

Kの忠告を無視した青トラの判断はことごとく裏目に出ました。

ちなみに今回の土工の作業量は ¥¥¥¥?

整地2.1ha、切り盛り8000、法面切り盛り4500、その他諸々。

この土工を彼は1人で完成させました。

何回か日曜日に計5人工ほどお手伝いが来ましたが、それ以外は彼一人。

日曜日に1日現場をあけた青トラがあまりの作業量と

現場の様変わりを見て”まじかよ~、写真が・・・写真が・・!!”

5枚ほど写真がないのはそのせいです♪

重機の1日の作業量限界を遙かに超え、

絵に描いたように、まるで運土計画図を見るように

重機により土砂が動きます。

地元の方もそれ見て感心しきり・・・。

素人が見ても隣接工区との違いを見抜いたようで・・・

青トラがご挨拶すると感心と賛美のお声を頂きます。

優しく安全鑑賞ポイントに誘導し簡単な説明と

ほ場に対する青トラの思いをお話しし青トラも作業に戻ります。

”立ち入り禁止の看板を無視して入ってきても怒ってはいけません。

自分の畑の工事なら毎日でも見に来たいでしょ♪

あれ、何の話だっけか?

結構長文になってきたな・・・。

多くを語らないって書いたのに・・・。

とにもかくにも青トラはありとあらゆる工夫で多少強引に

プロジェクトを進め、いろいろありましたが地元に喜ばれる

ほ場工事になったと思います。

また、青トラさんのところが受注してくれればいいのにね~って

おととい、ある地権者の人に言われました。

これが最高の賛辞じゃないですか♪

何だ??


まあ、いろいろあったけど、最高の出来と品質。

地元への信頼・貢献。

イロイロについてはここでは書きません。

会社には利益率で黙っていただき・・・・。

キジが舞い込む我が現場


キジ(利益)が舞い込む我がプロジェクト!

それは偶然ではない!

それは必然ではない!

キジを呼び込むにはそれ相応の技量と犠牲が必要なのだ!

理解しなくてもいい・・・じゃまだけはしないで♪

あなたが想像できない中で私はプロジェクトを運営しています。

常識とは違う世界であることは十分認識しています。

タダの会社員でありたい、でもそんなのがいやな人もいるんです。

がんばっても自分に戻ってこないのが会社員・・・。

でもね、それが積もり積もれば大きい発言権に繋がりますのよ。

バカントク青トラがクビにならない理由の一つです♪











さて残りは道路工事と排水路工ちょっと♪

またシフトを変えて追い込むかな!

部分検査後、1週間ほどゆっくり現場を進めていましたが

もうそろそろスイッチ入れましょ!

関係者各位に、伝達します。

来週、水曜日にシフト変更!

ご協力お願い!!!!





さて、そろそろ本題に入りましょう♪

いろいろあった現場も部分完成検査をしていただき

一段落。

ぷるぷる震えるその指先はある一点を指さし、上下に

しゅっ、しゅっ!とある動作を繰り返します。

それは、誘いであり、

それは、アワセであり、

それは、幸せのひととき・・・。






すなわち、




絶景かな



某丸秘湖!

今年最後の氷上ワカサギ釣りなのであります!


写真は当日ではありません♪

当日は雨+大雪!



3月末日、エージェント I と一緒にワカサギ釣りに行きました。

この日は2人とも自己新記録を目指したのは言うまでもありません。

それにしても今年がワカサギ2年目!

つりピットのワカサギツアーにも参加し、

釣行こそ少なかったものの、野尻湖、中山湖、赤城、赤谷湖、

鮎川湖、丸沼、そして丸秘湖とボートにドーム船、そして氷上と

充実したワカサギ釣りをしました。

特に野尻湖のすばらしさは特筆すべきですね。

遠いけどどうしても行きたくなるのが野尻湖かも知れません。

同じ船、同じ日ならば、上手いものが多く釣れる。

腕試しにはもってこい!

また連れて行ってね、スーパーオペレーターK♪

Kは竿頭率もスゴイのだ!

でっかい某大会では県外者なのに4位だったんだって!

すげ!

ぺったんぺったん


スーパーオペレーターKよ・・・。

あなたは孤高だ・・・。


丸秘湖 最終3/3005 釣り座



今回の我が釣り座~!

タックルは~?

丸秘湖 最終3/3003 釣り座



右手はクラブクレスト マシンガンエデシション FL レッド+バンピースティック!!

左手だって・・・・。

丸秘湖 最終3/3004 釣り座




今回はこれで記録にチャレンジ!!

さて朝6時から釣りをスタート!

丸秘湖 最終3/3007 時間50ペース AM10

今回はカウンターを装備!

しかし押し慣れない・・・。

何度も忘れそうになります。

そうだ!つりピットの紅サシにスパゲッティに掛けるパルメザンチーズを

食わせてみました!

タッパの紅サシはおがくずでなく粉チーズにまみれています♪

なんか紅サシが白っぽくなったような・・・。

丸秘湖 最終3/3011 魚探

当日の魚探画像・・・。

丸秘湖 最終3/3012 魚探

丸秘湖 最終3/3013 魚探
丸秘湖 最終3/3014 魚探

こんな感じでほぼ90%群れが入り込みます。

残りの10パーセントはマスが群れをチラシたのではないかと推測。

丸秘湖 最終3/3015 ちょっとペースダウン

確かに入れ食いではありませんが、誘いとアワセで数を稼ぎます。

しかしなかなか多段がけが出来ません!

たぶん、このころには腰痛が激化!!!

”飽きちゃった”

て言葉を発した青トラ・・・。

ここから目標を5束越えとしました。

丸秘湖 最終3/3018 納竿・・・カウンター500匹

納竿2分前に5束を達成♪

丸秘湖 最終3/3018 納竿・・・カウンター500匹

いやはや、いい釣りが出来ました。

マシンガン釣法の特訓となりましたが、

たぶんマシンガン釣法の50%しか出来ない青トラです。

早くマシンガン釣法を100%実現できたなら・・・・。

来年が楽しみです!

そうだ!

つりピットのHPで、

マシンガンエデシションのオートスイッチタイプが来期販売とアナウンスされました!

これはゆゆしき事態ですよ!

マツダさん!!

すみません!


注文です!

右様・左様各1でお願いします!


出来れば限定アルマイト色でお願いします。

FLがいいな。

グリーンとかパープルとかも良いな。


そうだ、写真に尺のニジマスが写っていますが、

この電動リールなら余裕で巻き上げます。

コツはマスが掛かったら、電源コントローラー スピード舞スターのダイアルを

MAXから40°ほど絞ってやること。

後は巻き上げるのみ!

塩ビ管は必須!

同時に反対側の電動リールも巻き上げましょう!

そうすればものすごいスピードで巻き上がりますので、

2刀流の片方の仕掛けが駄目になることもありません。

えっ、

釣果はどうだったかって?

一応、うちに帰って数えましたよ・・・。
丸秘湖 最終3/3020 結果

はい!

こんな感じ~!

丸秘湖 最終3/3022 563匹 自己最高

カウンター  意味ないじゃん!!!




563匹!!!

自己新記録です!!!!



丸秘湖 最終3/3021 マスは31.5cm

63匹のカウントミス!!

丸秘湖 最終3/3023 ジップロック中に100匹入れて

ジップロックの中サイズに100匹入れるとちょうど良い感じに冷凍できますね。

丸秘湖 最終3/3024 産卵直後のワカサギ

産卵を終えたワカサギさん達。

来年もよろしくね♪

それにしてもこの丸秘湖のワカサギ・マスは旨いんです!

今まで食べたワカサギ・マスの中では最高です。

食い比べればそれは歴然!

一切の雑排水の流入がありませんからね、この湖は。

それにしても今年もこの釣りを通していろいろな人に会いました。

来年もかくありたいものです。

これで今年のワカサギ釣りはおしまいです。




よし!

来年までにオリジナルカタツムリと電動ドリルアダプタを完成させるぞ!





ちゅう方向で!!!







スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aotorajet.blog99.fc2.com/tb.php/182-6c77e404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。