いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石を切る漢(おとこ)!!

以前お話ししたハマダさん を、皆さん覚えてますか?

そう、あの石職人、ハマダさんです。

これからお話しするのは、ハマダさんについて・・・です。

その前にハマダさんの仕事(作品)を見て頂きましょう。

まずは・・・

20070731213709.jpg


20070731213814.jpg




仕上げ直前の全景写真です。

これが個人宅の庭であることが驚きです。

しかも田舎ではなく、一坪の土地評価額が数百万円

、ビルとマンションの間にある広大な敷地に・・・。




お稲荷様から見た写真です。

20070731213604.jpg




石階段です。これは裏門です。あしからず。

20070731214707.jpg





階段おりてすぐの大石畳です。

シングルベッドより大きいんです♪

20070731214857.jpg




そして、その職人は石を穿つ・・・

20070731215154.jpg




堅く、石英を含むその石は、石頭(せっとう)に

打たれた石ノミにより、丸いすり鉢状になっていく。

削(はつ)られた石の破片は、花火のように弾け飛び、

厚い綿の作業着に突き刺さる。

一連の作業の中、手を休めることは無い。ただ、

そこには鈍い金属音と火花が存在し、見る者に沈黙を促した。

削り終わったその内側には、中心に向かって渦のように

無数の筋が残っていた。

この手水(ちょうず)には、これからも何代にわたり、

水がたたえられるが、これを刻んだ者の名は残らない。

ただいつの日か、

”これいいじゃん、いいね、最高”

と、10年に1回ぐらいは

言わせることが出来る喜びが今ここにある・・・。

彼は言う、

”石は削ルンじゃない、切ルンだよ♪”

文章では軽いが、言葉はとても重かった。

【雰囲気で分かって下さい】

私は、6,7歩離れた所でその作業を見ていた。

しかしその距離はとてもとても遠く感じられた。

ばーい、青トラ!

(小説風!?中学生レベルかな?)






まあ、そんなこんなで、この仕事中は

結構勉強になりました。自分の中では

古い石(御影)と新しい石(蛭川石)そして

コンクリートをいかに融合させ、コンクリートが

昔からそこにあった石のようにコケがむし、色あせる・・・

そんなコンセプトで設計しました♪

まだ、施工後3年しか経っていませんが20年後には

いい感じになっていると思います。


”しっかり打ったコンクリートはその仕上げにより

究極の石となる・・・。”


これが私の持論です!!!


それにしても、過去の施工写真を見ると

”あーしとけば良かった。こーするべきだった・・・”

と、思うところがたくさん出てきます。


テレビで偉そうな人が、偉そうに

”毎日が勉強デス。今まで満足した作品は一度として

有りません”

などと、言っておりましたが、まったくそのとおり

ですな♪


”これなら、人間国宝になる日も近いな、

かーっかっかっかー。”(水戸黄門バリに・・・)


さーて、調子づいたところで・・・

ああもう、こんな時間。


ちゅう方向で!!!
スポンサーサイト

テーマ:お仕事記録 - ジャンル:就職・お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aotorajet.blog99.fc2.com/tb.php/18-ca5df7f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

石英石英 (せきえい ''Quartz'' ) は二酸化ケイ素(SiO2)が結晶してでできた鉱物。結晶しやすく、六角柱状のきれいな自形結晶をなすことが多い。結晶度が高い石英を水晶と呼ぶことがある。また、石英を成分とする砂は珪砂(けいしゃ・けいさ)と呼ばれ、石英を主体とした珪化

  • 2007/09/29(土) 12:42:00 |
  • パワーストーンと鉱物

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。