いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我知己を得たり・・・青トラ近況報告!!

いやはや・・・

ひさかたぶりの更新であります。

いろいろあったんだけれども忙しさにかまけて

更新せず申し訳ない限りであります。

5~6物件を設計・見積・打ち合わせ

3~4プロジェクトを同時進行で現場管理

原価管理が最近甘い青トラであります。






青トラが営業になった!

とは言うものの現場魂が抜けない

今日この頃・・・。

つまりは現場監督が御用聞き的な営業をかけ、

小さな工事をこつこつと積み上げる・・・。

こんな事でここ数ヶ月過ごしております。

所詮付け焼き刃な営業ですから、こんなモンでしょう。

それでも総務のエージェントHから・・・

”お~、青トラ!

   土木小口が1ヶ月間で1千超えたぞ!”


我が社は5月決算ですから6月の成績が出たわけです♪

このまま、頑張りたいにょ~♪


去年の土木小口契約は2.5千ですから・・・カッカッカ!!!

よーし、頑張ったかいがあるぜ!

上半期で数字をたたき上げ謙虚に数字を見せつけてしんぜよう・・・!

そして年度末には・・・・、今から楽しみであります♪

公共から企業そして個人へ・・・

確実なシフトと求められるサービス対応・・・。

口で言うのは簡単ですけど、現場は泥水すする様な

努力と変化を求められております。

そうですな、現場が頑張ってくれるのですから

青トラが出来る事は確実に仕事を獲ってくる事!

お客さんと会話をし仕事を見て頂いて信頼を得る。

そうだ、あるお客様との出会い・・・。

その方はこの春、叙勲された・・・


すなわち・・・









瑞宝双光章だ!!!

瑞宝双光章なのである!!

    スゲー!

本物、初めて見た!!!!


先日、天皇陛下から頂いたそうであります。

しかもその方はお父さんも!

旭日勲五等を得ているのだそうだ!

おめでとうございます。

叙勲を受けたご主人は冷静に授賞式の様子を

語って頂いたが奥さんは感激もあらわに

天皇陛下が園遊会のようにホンの数mほど先で

声をかけられたお話しをする・・・。

青トラはブロック塀の改修工事の見積をしに

行ったのですが叙勲の話を聞いてびっくり!



表彰状(と言っていいのかな)を見た瞬間、

”瑞宝双光ですね!”

と青トラ!

ご主人曰く

  ”青トラさん、読めたのは貴方が初めてだよ♪”


ワーイ、お客さんのハートゲットです♪

現在、ちょっといい化粧ブロックを積み直して

改修中であります♪

威厳も意識したブロック塀に仕上げました。

後日アップ予定です。




そうそう、我が県で行われる育樹際のステージの見積・・・。

開札されまして惜しくも2位だったそうです!!!

残念!!!!!

今年は皇族がらみが多いですね~。

と言う事で、皇族御用達の肩書きは無しという事で・・・。

ともあれ、営業の真似事をしていると

珍しいものを見る事がデキルというお話しでした。









そうだ、こんな道具を買いましたよ!




すなわち・・・



つぼ万 切れの与太郎01パッケージ

つぼ万

切れの 与太郎

ジスクグラインダー用

Φ125mm ネジM10

オフセット フランジ付き

なのだ!!!


公共工事じゃほぼ要らないこのカッター・・・。

民間の外構工事じゃ大活躍であります。

キレイに仕上げるならコレ!

コンクリートを羊羹の様に切るならコレ!




つぼ万 切れの与太郎02 オフセットカットが好き

オフセットタイプ

だ~い好き♪

高いけど使いやすいのよ!!

つぼ万 切れの与太郎03 125mm
つぼ万 切れの与太郎04 7mmあります!

セグメントタイプですので

切断速度が速いですね。

刃の高さも7mmとまあまあ・・・。

わがまま言うと三京ダイヤモンドあたりでも

この手のカッター出すべきだと思いますよ!

つぼ万 切れの与太郎05 ネーミングをもうヒトヒネリ!

ネーミングがちょっとね~♪

うーん、青トラが付けるなら

”乾切、ゾロ”

・・・・。

怪傑ゾロ・・・。

ダメかな・・・。
つぼ万 切れの与太郎06 M10がミソ!

Φ100用のサンダーで使えるのが宜し!

いいね、最高。

つぼ万 切れの与太郎07 ピッタリツライチでカット出来ます。

平らの机にピタリと・・・。

つまりはツライチ(ゾロ)切りがデキルと言う事。

主にコンクリートをキレイに切るのに使います。

つぼ万 切れの与太郎08 慌てた感のあるM10のシール

M10のシールが後貼りだ!

もしや、青トラのブログをメーカーが見ていて

コレは売れると生産増???

そんなこたない!?

つぼ万 切れの与太郎09 セグメントタイプがいいみたい!

そうですね・・・

せめてこの品質で五千円なら

いっぱい買うんだけどな~。

道具自慢のお話しでした・・・。








青トラが見積をする時は殆どの場合、

設計が伴います。

他社との違いが如実に表れた例を此処に記します。

どちらがいいかは貴方がご判断下さい。


これは左右に新築住宅が建っていてその間の土地に

我が社を選んでくれたお客様の家を建てるための

造成工事です。

左右の住宅もほぼ同条件で造成工事を行っています。

住宅裏側に用水路があり、高さの段差が1m弱ある敷地です。

どうしても擁壁(高さの差を支える壁)が必要な敷地。

それでは青トラが設計したどうしても設計上必要な擁壁と

すでに作られている擁壁を見比べて下さい。




すなわち・・・




違いとは・・・01 東側隣地擁壁

隣地Aの擁壁(奥のやつ)です。


手前の擁壁は青トラ設計の施工途中の擁壁。

どうですか?

根入れ(土の中にどれだけ入っているか)

砕石基礎(コンクリート下の基礎最低100mm必要)


根入れは600mm浅く、砕石は厚くて50mm!

違いとは・・・04 西側隣地擁壁



隣地Bの擁壁(奥のやつ)です。


こちらも浅く、

しかも中量ブロックを土中に埋める荒技!

L形擁壁の底版の長さ・・・短い!

どちらも地元では名の知れたハウスメーカー。

なるべく住宅が写らない様撮影した青トラ!

青トラも掘削をするまで隣地の擁壁の寸法を

知りませんでした。

しかしろくな設計はしてないだろうなと予想はつきました。

このハウスメーカーの設計者が見ていたとしてここに記す!


★貴方はここの地質を砂質土で設計しましたか?

★貴方は用水路の底の高さと擁壁からの距離を測量し

 支持地盤や水位を確認しましたか?

★貴方は自分でここに擁壁をお金を出して設計するとしても

 この様な設計をしましたか?

★そもそも貴方は現地を確認して設計をしましたか?

★まさか職人に現地合わせで施工させていませんよね?


恥を知れ!!!!




青トラもコストを意識して設計します。

完璧な仕事をしたかというと疑問点が残ります。

しかし悔いが残る様な仕事はしません!

”青トラの所は高いんじゃナイノ?”


ダイジョブです!

ちゃんとお客様に選んで頂いております♪

論より証拠!

今時分高い住宅は一部のブランドハウスメーカーだけです。

おまえさん達(今回の2社)・・・。

お客様から砕石基礎100mmでお金を頂いてるだろ?

それを誤魔化すとは・・・。

今度こんな事を見付けたら実名報道を敢行します!!!


どうですか?皆さん!新築住宅を考えている皆さん!

目を光らせて下さい!

監視して下さい!

それか信頼出来る、信用出来る人を見付けて下さい♪

青トラの所は写真でシッカリ確認出来ますよ♪

それが現場管理です!

イッツマイジョブです♪

例えお客様がそれら不正をコスト面から求めてきても

ちゃんと丁寧に説明し納得して頂きます。

それが青トラ品質ですよっと♪



ふう、長文の予感・・・・。


一番最近の外構工事を紹介しましょうかね・・・。

久しぶりですね・・・。

外構工事を紹介するのも・・・。





すなわち、



青トラな外構01 コンクリートを切るCM-8

たまにはディテールから紹介・・・。

青トラ所有の石材カッターでコンクリートを切断中!

せっかく打設したコンクリートを切っています。

青トラな外構04 スジを入れて・・・

こんな感じでスジを付けます・・・。

青トラな外構06 白いナツツバキ

シンボルツリーはお馴染みのナツツバキ!

青トラな外構07 夏に一陣の風が吹く・・・

記録写真な青トラの写真・・・。

相変わらず・・・下手ですね・

青トラな外構08 ナツツバキの幹

ナツツバキの幹です。

青トラな外構09 葉はこんな感じ

コレが葉っぱです。

残念ながらナツツバキの蘊蓄は持ち合わせてございません。

さてそろそろ本題に参りますか!

青トラな外構12 青い屋根材

外壁に合わせてサイクルポートの屋根を青に・・・。

青トラな外構13 レンガも並べましたよ

レンガも稲妻みたいなならべ方・・・。

青トラな外構14 チェッカーマークなコンクリートと芝生

チェッカーな芝生とコンクリート舗装。




そして全景!!



青トラな外構25 全景だ!

駐車スペースはシンプルに・・・。

青トラな外構32 こちらがプライベートスペース

モニュメント的なコンクリート壁とアルミのスクエアモール。

青トラな外構33 アルミとコンクリート壁のバリケード

少しずつ全容が明らかに・・・。

青トラな外構34 スキマから見えるチェッカー


それでは中を見てみましょう・・・。

青トラな外構38 シンボルツリーはナツツバキ

キレイに並んだチェッカーがお出迎え。

青トラな外構42 市松コンクリートと命名!

建設関係者なら解るこの手間の喰うスクエアコンクリート舗装。

青トラな外構43 ありゃ、青いのはナーに?

奥に青いものが見えますね・・・。

青トラな外構48 花壇スペース

花壇ですね・・・。

青トラな外構49 ブロックとして存在するコンクリート

石材カッターで切ったのはこのためです。

青トラな外構50 外壁の紺、それの青さを写した土間コン

ここだけ着色コンクリートを使用!

ワンポイントですね。
青トラな外構55 皆さん、お疲れ様でした!

皆さん、大変お疲れ様でした。

大変だったでしょ。

この外構のプランをしたのは青トラでなく

エージェントHGT!

”青トラちゃん、この四角を750*750にするとちょうどいいよ!”

と屈託のない笑顔で語ったHGT!

それからです・・・。

これらをちゃんと現地に納めるためにCAD上での

戦いは6時間を超えました!

なんせ、イメージ図を青トラ設計前に顧客に見せてしまったのです!

そのイメージ図は都合よく直線を曲げ、寸法を変え格好良く

体裁を整えたただのイメージ・・・。

イメージを崩さぬ様ミリ単位で調整・・・。

基準を決定し、最悪の場合の逃げも用意し現地に位置出しです。

青トラな外構62 ここにこのフェンスをチョイス!

全体の雰囲気をつかんでフェンスをチョイス!!

これは大正解でしたね。

こんな感じでつい最近仕上がった外構でした・・・。

そうだ、ここはあるニュータウンなんですけど、

面白いコンセプトで造成されていたので

ちょっと紹介しますね♪


青トラな外構21 ニュウタウン中にある歩道・・・

各住宅が歩道に必ず面しております。

そして・・・、

ボンエルフを語る・・・01 ニュータウンの普通の道路 実は・・・


主な交差点はインターロッキングブロックで舗装され

少しこんもりと高くなっており、

通行車両が余りスピードを出す事が出来ない様になっています。


そしてこれ!

ボンエルフを語る・・・03 これはイイ!ココに住みたい!

各歩道の出口を同じくブロックではみ出して舗装し、

ラインを歩道優先で引くのです。

これにより子供の飛び出しをドライバーに注意喚起し、

蛇行する道路に通行車両はスピードダウン!

まさに歩行者に優しい町作り!!!


これを・・・



  ボンエルフ


        という。


1970年代にオランダで提案されたもので、

実物は青トラも初めてです!

日本じゃコミュニティー道路とも言われ・・・。

そんな事はどうでもいいが、ともかくものすごい広さで

これが実践されています!

朝、現場に行くとポコッと出た歩道で奥さん達が

井戸端会議・・・。

子供は歩道で遊びまくる・・・。

要所要所に公園・・・。

いいね、最高。

たまには外構で更新もいいでしょ・・・。

青トラ設計の外構をみたい方は

是非とも拍手を下さいな・・・。

最近の外構のお話しでした。




ここでタイトルにある主題に!!!

あなたは初めてあった老女に、

握手を求められた事がございますか?

青トラは、本日、老女と握手をしました・・・。


事の始まりは叙勲をされた顧客のプロジェクトで

近所のおじいさんとの会話です。

確か石についての説明だったか・・・

その中で砥石の話に・・・

そこで出てきた”沼田砥”について少し会話したのを

覚えています。


数日後、現場の仕上がりを確認してると

多分、お爺ちゃんの奥さんがこちらに駆け寄ってくる・・・。

”なに~、アンタ沼田砥石を知ってるんだって?

  ワーアア、ワワワ~、初めてだわ~!”

おばあさんがえなりかずきに対面したかの如く

強引に握手される・・・。


ちょっと、微妙・・・。


出来ればその隣の若奥さん(元ミスナントカ、ちょー美人)に

包容されたい・・・。



青トラ知りうる情報概要を簡単に説明すると、

古文書(文献)がある記念館にある事を教えてくれました。

青トラの情報については後日コピーをお渡ししようかと思います。

そうだ、あの本と地名辞典もお貸ししよう・・・。

おばあちゃんは歴史の先生だったらしくかなり沼田砥に

ぞっこんの様であります。

いい情報が得られそうな予感。


さーて、暫く外構と企業で凌ごう・・・。



ちゅう方向で!!











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aotorajet.blog99.fc2.com/tb.php/149-f7cc84f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。