いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土と語らう日々が懐かしい・・・ミカサ バイブロコンパクター MVH-150GA と ブル代(しろ)!!!

手先を真っ黒にして大ハンマー片手に

泥んこになりながら杭を打ち続けたのは

どれくらい前だろう・・・。

アスファルト舗装に張り付くように

コンクリート補修工事で鏝を当てたのは

どれくらい前だろう・・・。




運営と現場、両者を楽しめる職種・・・

それが我々の職業であります。


まさか営業まで楽しめるとは・・・。

半端物、青トラが本日送るエントリーは、




レアな記事だぜ・・・





すなわち、







ブルしろ鎮圧26 田んぼもお任せ 全景


ブルドーザー代掻き(しろかき)

略して
 
ブル代 である!!



ブログでブル代とは・・・、

真面目に農家をやっておられる方には

大変興味深いであろうその記事は、

一般の方々にとってどれだけ心に響くかは、

甚だ疑問であります♪



ちなみに着工前は・・・・


着工前


この写真のプロジェクトは、

個人で複数枚の田んぼを1枚にして

ついでに水路も直しましょうって

プロジェクトでした・・・。

ブルしろ鎮圧26 田んぼもお任せ 全景


6枚、約2反の田んぼを1枚田に改良。

軽トラギリギリの進入路しかなかった

ほ場にバックホウ0.45クラスが

導入出来るよう取付道路を造る事により

造成コストダウンを狙ったプロジェクトでございます。


最初、ミニバックホウで改良するとの話を聞き

コリャイカンと青トラ、横から介入であります。

ミニバックホウではコスト的に絶望的ですからね。

この写真のブルに乗っている

スーパーオペレータ Kに相談したところ、

”道がなければ作ればいいんだよ~♪”

”道が出来れば御施主さんだって楽になるし、

 安く上がるんだから~♪”



はっはっは、そこまで青トラは思いつきませんでした。

それでも道を造るには大型ダンプ6~7台の

土砂が必要です。

最近、小さい仕事ばかりで脳みそが小さくなったような

気がします。

そう言えばその昔は掘削土量 数万立米、その内数千立米・・・、

ここ最近は数十立米の土砂に四苦八苦してるような・・・。

情けないけど、コレもまた現実。

ブルしろ鎮圧37 いい感じ

青い空、

僅かに固くなった新芽・・・。

羽虫が踊り出でて、

蛙が畔より出でて、

鳥が啄む。

水面(みなも)は、

キャタピラに追われ揺らめき、

土は排土板にならうほかない・・・。

濁り水が稲作の始まりを告げる。




さーて、ブル代について語るとしますか・・・。

田んぼを作り直す時、殆どの場合、

表面の作り土(美味しい土)を一度はぎ取り、

下の基盤を平らに造成し、そして一度はぎ取った

作り土を元に戻します。

その時基盤や作り土をブルドーザーで敷き均すため

必要以上に作り土を締め固めてしまいます。

それをブルにリッパ(ツメ)を装着して

作り土を破砕(塊をほぐす)します。

これで御施主さんに

”終わりました♪”

と完了する業者の方も居られますが、

我が社ではそうはいきません。

そこでブル代です!!

ブル代は水田に水を張り(少なめがベスト)、

キャタでレキ(礫石)を沈め、水をみて

ほ場初年の大きな不陸の乱れをブルで

取る事により御施主さんの負担を軽減するモノです。

イメージ的に、表面に美味しい作り土を、

しかし田植機等の大型機械がふんごまる

(スタックやスリップ)のをを無くすために

行います。

はっきり言いますよ、

ブル代は万能じゃありませんからね!

ブル代しない方がいい場合、それは

特に土質、そう土質に大きく関係してきます。

作付けにも影響が出ますので、

近隣同条件の田んぼを持っている人や

周辺でほ場を良く行っている業者のオペさんに

確認して下さい♪

ちなみにこの場所の諸条件はこんな感じ。

 ①深いところは昔、河原でれき質層がある

 ②窪地のため比較的表土(農作に適した黒土)が
  厚い(れき・砂質)

 ③本来の土地は水はけがよい

 ④窪地のため湧水が集中している(比較的処理簡単)

これらを鑑みてコストと相談しながら田んぼ作りを

考えます。

御施主さんは兼業農家であります。

一人で殆どの作業をこなします。

トラクタが深みにハマったら大変です。

ホントはもっと四角く作りたかったのですが

元の畑の形状と面積優先で設計しましたので

この様な形になりました。

とっても喜んでくれてこちらも嬉しい限りです。




ちなみに、

基盤の作り方や作り土の戻し方は千差万別で

ほ場計画者や重機運転手の技量に大きく依存します。

だから、戻し厚さとレキ(礫)の関係等はお教え出来ません♪

まあ、青トラも良く分かった振りしているだけですけどね♪

それにしてもスーパーオペレーター K !!!

恐るべし!!!

我が県が誇れる スーパーオペです(断言)!!

魚沼からもしょっちゅうお誘いが来るそうで・・・。

あちらの米農家さんは本気の本気、

彼らがリピーターになる Kの技!!!

いい職人さんに恵まれたにょ~♪

うんと、仕事を渡したいけど・・・

大きな仕事少なくて・・・。

その内、このKの武勇伝を紹介しましょう。

着工前の写真もアップ!!

旧水路・・・着工前

この田んぼが・・・・

なんという事でしょう~♪

チャーンチャランチャーン、チャラらら・・・・・・♪

(あの番組だね!時々法令・モラル無視の!!

 それにしてもいつかのサビサビ鉄筋にはビックリしたね♪

  参考になるけど鵜呑みに出来ない番組!)

こんな感じに♪

ブルしろ鎮圧29 水路計画 素晴らしい

手前が今回作った取付道路。

コレならトラクタも余裕で入れます。

水見も軽トラで入って下段でUターン。

左に見えるこの水路は十数年前に

御施主さんがU字溝を自分で設置した

水路を再利用して布せ直ししました。

今回は目地もちゃんとして且つ

左側からの湧水処理のために左側上半分

目地無しにし排水性水路としました。

取水も設置。

法(のり)も固~く締まってます!

上段も水菜が取れるほどジュブジュブだったのに

いまやハッテを置くのにちょうどいい広場となりました。

このプロジェクトを管理したのは我が社のW!

青トラより3最年下のW・・・。

うんうん、いい設計してるにょ♪

もう青トラは追い越されてますな・・・。

ヤツに任しておけばダイジャブ、うん、ダイジョブ!

そして青トラは美味しいところを持って行こうとして

し損じる・・・。

コレの繰り返し♪

ブルしろ鎮圧30 モグラアタック

ちなみにこの写真の真ん中の

蛙畔(けいはん、あぜ道の事)、決壊したそうです♪

写真の右側の田んぼは別の人の田んぼだそうで

水をかけすぎた為と、モグラ孔に水が入り、

右側から左側へと、決壊~!



みなさん、ちゃんと代、作りましょうね♪

ほら、田んぼでおじちゃんが鍬で

あぜに黒土を塗りたくって斜めの壁をこさえてるでしょ。

アレです。

塗りたくる事により水漏れ防止にしているんです。
















土、水、木、コンクリート、ガラス、鉄・・・・。

現在の快適な暮らしを支えるこれらに、

一般から忌避される言葉、土木、コンクリートがあるのです。

コンクリートから人へ・・・って、

コンクリートの上に住む人がそれを言うか?

アスファルトを踏まずに生活してみれば?

コンクリート(公共工事)が悪いんじゃなく、

人が不出来なんですよね・・・。

青トラを含めて人が変わらなきゃイカンのでは?

政治家が悪いんじゃない、全体がダメなんじゃナイの?

過大な責任を負わぬモノの発言が主となるのはいかに!!

嫌われ役を悪役にして楽しむこのご時世。

嫌われ者が必要なのにそれらを失墜させる事に

正義を感じるマスコミとその信者。

今回の問題だって彼に悪役になって貰って、

1県又は2県に犠牲を払って貰って、

責任とって辞任して貰うしかないでしょ。

夢みたいな事ばかり言って煽るより

よっぽど現実的でしょ。

だって誰一人おれんちの横に基地作って

いいよって言わないんだから。

だって誰一人消費税を上げようよって

言わないんだから。


嫌われて悪名を歴史に刻む政治家、

でもおおっぴらには言えないけど

結果良く(一部を犠牲にして)納めたねって

政治家・・・。

そんな政治家に頑張って貰いたい・・・。

政治家よ、青トラは必要悪を認めます!

皆さんはどうお考えですか?


なーんてね♪

















それより

我が社の品質・実行改善が問題だ!




すなわち、





唸れ地盤!バイブロと共に・・・01全景

ミカサ

バイブロコンパクター


MVH-150GA

なのだ!!


どーですか?

新品ですよ!!!

ちなみにステンシルチューンしてありますので

社名は画像処理で消してます♪

唸れ地盤!バイブロと共に・・・03ネームアップ

これは転圧機械です。

砕石路盤等の転圧に持ってこい!で、

青トラが一番好きな小型機械です。

重さは150kg!

さすがに人力ではダンプ等に積み込み出来ません。

しかし良く締め固めがデキル機械なんです。

唸れ地盤!バイブロと共に・・・05左側面

下水道工事の路盤転圧には欠かせない

機械となっています。

この機械の半分の重さのタンピングランマーと

いう機械もあるのですが、反動が大きく

扱いにくいため長時間の使用は労働衛生的にも

芳しくありません。

この機械なら青トラが片手間に砕石路盤転圧を

行う事が出来、且つ一定の品質が得られます。

唸れ地盤!バイブロと共に・・・06ハンドル周り

銀色のレバーがスロットルレバー、

黒いレバーが前後進レバー、

一番後ろは持ち手です。

唸れ地盤!バイブロと共に・・・07ホンダのエンジン

エンジンはホンダの

GX200

4.1kW(5.6PS) 空冷ガソリン

を採用しています。

GX200とは・・・

ちなみに青トラのカメラは

リコーのGX100であります。

唸れ地盤!バイブロと共に・・・10スロットル

ちなみにバイブロコンパクターはこのクラスより

大きいと急に値段が高くなります。

実行改善の意味もありますのでコストバランスのいい

本機を選択しました。


税込み38万円弱なり!


唸れ地盤!バイブロと共に・・・13ここから



関係者の皆さん!!!



ここから作動油を入れますよ!!!

定期点検忘れずにね!!!

使用オイルはコレ!!!
唸れ地盤!バイブロと共に・・・12作動油は

オイルレベルもちゃんと刻んでありますよ!

機械はオイル、グリスで大病無し!!!

分かりましたか?

大切な仲間ですよ、機械は!

唸れ地盤!バイブロと共に・・・14ガソリンです。


燃料はガソリンです!


混合じゃありませんよ。

唸れ地盤!バイブロと共に・・・15いい仕上げだ

どーです♪

社名をステンシルしてみました。

シルバーを吹いてから

イエローを吹きました!

垂れた感じが・・・

へぼくていいでしょ♪

そこら中にステンシルしまくりました♪

そうだ!

Dobokuyarou


って入れるの忘れてた!!

みんなから非難を浴びそうなので

今回は諦めるとしよう・・・。


唸れ地盤!バイブロと共に・・・01全景

今回、この機械を導入した理由は

この機械が下水道工事に必要不可欠であり

作業性がよく安全である事。

コレをリースすると月極3万円かかり、

年間6ヶ月は下水道工事を行っていて

短期間に償却が回収できること。

以上の点から実行予算改善を目的とした

設備投資を実施するに至りました。

次はミニバックホウが欲しいな♪

買うかな、自費で♪

ちゅう方向で!!!




追記)

本日、青トラ自らこのバイブロを使用しましたので

報告させて頂きます・・・。

さすがガソリンエンジン!ロープによる始動も

一発起動です!コレは簡単!力要らないね♪

締め固め能力は私感ですが、70~80kgのランマー並・・・

とでも言いましょうか・・・。(もうちょっと強いかな)

砕石基礎・砕石路盤としての締め固め度は十分得られている

と思いますね。タンピングランマーの仕上がりの悪さを

思えばこちらのほうがベターと考えます。

青トラ的には一般住宅のコンクリート舗装下の路盤は、

この機械以上の性能がないならば転圧不足と言いたいですね。

よくプレートコンパクタで砕石を転圧している業者の方が

居られますが一回でもいいから自分で密度試験やった方がいいですよ。

恐ろしい結果が得られます♪

誰ですか??!!

耐圧版は面積広いからダイジョブ!なんて

言ってる輩は?

一般木造住宅の平米あたりの短期地耐力、把握してますか?

恐ろしい・・・。

職人さんの仕事がデキルのと、

品質管理は全く別の世界の話ですよ!

職人のいいなりになっているのと職人さんに仕事を任せるは

同意ですよ・・・。

確認し確認し家路につく!

任せる貴方はただの人、現場確認するのが現場代理人!

方法は色々あります。

話は飛びましたが、国道以外の2車線道路なら

路盤転圧も可能かな・・・と思います。

田舎の県道でも・・・いけますね。

本当は250kgクラスも欲しいけど・・・それより

サイドローラーも欲しいよね~♪


職人さんも言っていましたがこのバイブロは、

アクセルハイで常に前進します。

前後進レバーで後ろに引いても手で後進に保持していれば

後進しますが、手を離すと自然に前進になります。

なぜかって?

多分、デッドマン装置(分かる人は分かる・・・)がないからでは?!

用は後進時に運転者が転倒等でハンドルから手が離れた時、

後進を止めて轢かれたり、挟まれたりしない為であろうと思います。

そうだ、この手の機械は結構騒音が大きいのが難点です。

本日も閑静な住宅街で使用しましたが・・・

皆さん、スンマソン!!!!

乾いた砕石を転圧する時は散水を忘れずに・・・。

最適含水比を把握してね♪

ホコリ防止にもなります!

エアフィルターにもいいし・・・。

大きさ的に一人で扱うには最高な1台ですね。

まさにランマーとプレートのいいとこ取り!

さーて、コイツで暫く稼ぐぞー!!!

外構の鬼!  青トラ。
スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aotorajet.blog99.fc2.com/tb.php/148-e611ea07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。