いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

青トラの冬の過ごし方・・・文旦・ヤスリに除雪だね!

2月も半ばとなりました。

こちらでは1度、ドカ雪が降りましたが、

(積雪60cm)気温も高かった事もあり

3日ほどで消えてしまいました。

かなり前から宣言していた某県某所への史跡探訪も

なかなか実現せず(一部より止めた方がいいとの意見もあり)

除雪と見積に忙殺されております・・・。

我が家にも例のヤスリが到着!!

早速、試すもこれが難しいんです。









すなわち、


01 ペフォードロゴ

ペフォード(ファード)の


02 コーナー まさにおむすび!

3コーナーと、







03 ダブルベベル ロゴ!

同じくペフォードの

04 ダブルベベル小口!アメリカ人のやる事は・・・。

ダブルベベルであります!

なんのヤスリ?

皆さん、驚いて下さい、

これがチェンソーのヤスリなんです。

日本では一部の方々がその存在を知り

それによって研ぎ出されたチェンソーの刃の

切れ味に色々なデメリットもぶっ飛ぶと言う

最近になってやっとごく一部の店舗で発売された

ヤスリなのです♪


青トラのここ最近のチェンソーマイブーム、

その原点であります!


07 ハンドルも買いました!

海外通販で購入も可能ですが、

今回はネットショップで購入。

ちなみに今回取り扱いを始めた店舗が

青トラの知っている限りで2軒。

しかし値段の差が500円/1本!!!

この件については後で記するとしましょう・・・。

通常、っていうか、今まではチェンソーの刃は、

丸いヤスリで研ぎ出すのが常識でした・・・。

ところが、数年ほど前、ごく一部の方々が

外国人チェンソーインストラクターや海外ネット通販などで

このヘンテコなヤスリを見出し、

(もっと昔から知っていた方もいらっしゃったんでしょうけど・・・)


数年後、

青トラの愛読書”林業新知識”にダブルベベルが

紹介され、それを読んだ青トラに、


戦慄が走りました!!!


なんじゃ、コリャ!!

ええ、どうゆうこと?

     どうゆう理屈?


それからの青トラのチェンソーに対する

マイブームはこのブログに記されております・・・。


本来、この2種類のヤスリはソーチェンの中でも

角刃に使用する物です。

角刃は現状、普及しておらず、角刃のソーチェンを

見た事がある人もなかなかいません。

角刃とは、その名の通り、カッターの角がL字型で

角張っております。そこの角にこのヤスリの角を合わせて

研ぎ出します。この時、ヤスリのひねり、そしてXYZ軸、

かなーり難しい目立てとなります。

上刃の切削角が体に染みついている方々にとっては

それほどでは無いんでしょうけど、普段からチェンソーに

接していない、伐木していない青トラにとっては・・・

とってもむつかしいんです♪

12 ペフォード平ヤスリ用ハンドル!ピッタリ!

目立てするにはダブルベベルの方が、

長辺部が長いため、目視が容易で

目立てしやすいようです。

そしてこのハンドル!

ぜひセットで使用すべきでしょう。

平ヤスリ専用ですからピッタリ収まってガタがないのは

当たり前かも知れませんが、ハンドルのヤスリ側、

ここが六角形に近い形状になっており、

目立てする際の目安になります。

初めて平ヤスリをセットする時に、

奥まで入らず、

”なんだよ、これ、合わないジャン!”

なんて思わず、思いっきり差し込んで下さいな。

バチンと奥で何かが折れて(?)ピッタリ、

ガッチリ収まります。


目立てする角度も全然違いますが(この記述には

誤りがあります、正確にはヤスリの進入角!

ソーチェンのカッターも刃物ですから刃の理想角度は

どんな場合もほぼ同じです。)

目立てが逆研ぎです。

通常は刃先に向かって擦りますが、

角ヤスリは逆、バリを巻き込むようにチェンソー方向に

擦ります。

13 シッカリ食い込みます!ぐいっと押す事!

14 ハスクのハンドルには3コーナーを・・・。

すこしがたつくハスクのオレンジハンドル・・・。

ぐいっとヤスリの目まで差し込めばシッカリします。

15 山でも目立つよね♪


正直言って、このヤスリによる目立ては、

ミーハー青トラには難しいです・・・。

ともかく、数をこなしてPDCAで技術習得せねば

ならないのに切る木がございません♪

資材置き場のばた角を試し切りしていたら、

”ばた角がもったいないじゃないか!”

とおしかりも受けました・・・。

ばた角なんぞは、ジャッパジャッパ切れますから・・・。

ああああ、伐倒したい・・・手頃なヤツを・・・。

切ったら最近仕事を頂いたIさんにプレゼントするんだ~♪

薪ストーブがあるお家なので広葉樹バンバン欲しいって

言ってたし・・・。

一石二鳥とはまさにこの事、ちょっと前に切った

ニセアカシアも軽トラに乗せて持って行こうっと♪


最近買ったソーチェン・・・。

10 上から25AP 91VGX 22BPX!

上から

オレゴンの

25AP(新ダイワ エンジンペッカー360用)

91VGX(スチール MS200用)

22BPX(スチール MS260用)


であります。

災害緊急出動用に常にスペアを持っていないとね!

って、土木屋が意気込んでどうすんの???

(バカだな、道路に木が倒れたら一番先に行って

  そこを利用する人たちが困らないように

   自主的に動くのが土木屋ってもんだろ!

 座して待つのは愚の骨頂、まずは行動!

   利益は・・・2の次、3の次!!!)

09 使える長さが6mmアルヨ!

おお、最近の22BPは進化したね~。


まずはメッキが変わったようです!

メッキは実は刃物で言う鋼の部分になります。

このメッキが固く鋭い刃となって木の繊維を

切り離します。なんか昔の機械時計の針のような

ブルーですな♪

そして長さ!!

おお、有効な刃の長さが6mmもあります!これは長持ちしそうです♪


25APと22BBXは、マイクロチゼルと

呼ばれる形状です。角の部分が丸く、

角ヤスリで目立てする時、ヤスリの角を

天端(テンバ・・・建設用語・・・一番上の部分)と

丸が接するそのコーナーに合わせるのが

上策のようで、しかしそれがなかなかむつかしい・・・。

ちなみにこの3種のソーチェンでも、このヤスリで

まともに実用出来る目立てが出来るのは22BPXだけで

あとの2種は刃が小さく(丸ヤスリでも4mmを使用)、

角ヤスリでの目立ては難しそうです。

(違う部分を削ってしまいます。)



青トラ的には海外通販で角刃を仕入れたいと思います。

オレゴンの22LPX!!

日本じゃ買えないようなので・・・。

”角刃は切れるけど刃持ちが悪くって・・・”

と言う話を聞いた事があります。

そりゃそうです。

丸ヤスリで研げば、コーナーの部分に

必要以上に鋭利な刃先や出来たり、

理想的な角度に研ぎ出された刃がごく一部に

出来るだけですからね。

角ヤスリに学ばせて頂く日々・・・。

暫く、楽しめそうです。


22ハンドル大集合!

上から

○左が文旦  ○右がグレープフルーツ

▲その下の青いのがペフォードの

平ヤスリ用ハンドル+ダブルベベル

●茶色の木のハンドルがオレゴンの

ガイドバー付き丸ヤスリ4.8mm

●スチールのチェンソーに付いてきた木の

 ハンドル(短くカット、滑り止め溝)

▲オレンジのハスクバーナー丸ヤスリ用ハンドル

 3コーナーを装着!

丸ヤスリで研ぐならスチールの木のハンドルが

一番早く、手返しがいいですね。

フリーハンドで機械的に目立て出来ます♪

4は4.0mmって意味です。


ここで今年の柑橘類が登場ですよ♪





すなわち




19左が文旦 右がドデカグレープフルーツ

文旦とグレープフルーツであります。

デカイですよ~、

文旦は900gぐらい、

グレープフルーツは1kg越えです♪



グレープフルーツはメローゴールドという

品種で、酸味が少なく甘~いのが特徴!

そして文旦!

コイツは酸っぱくて、ガッツリしていて、

サッパリしてチョイ甘くて、

酸っぱくて旨いのを求めているならこちら!!!


もう10kg食べちゃいました!

グレープフルーツは15kgほど・・・。

一日1個は巨大蜜柑をほおばっております。

もうすぐあの”清美タンゴール”の季節が

やって参ります。

清見タンゴール

いいね、最高。

21文旦だって大きいさ
デカイ方が酸味と甘みのバランスがいい♪



20 14cmはあろうかと・・・グレープ

アメリカのやる事は規模がでかすぎます。

キャルフォルニヤ産だそうで・・・・。


キャルフォルニャには雪が降るんでしょうか?


23砂まき・・・雪の中

滑り止めの砂に塩カルを少し混ぜて散布しております。

24グレーダーで除雪

グレーダーと言う機械で除雪しています。

機械は古いですけどバリバリ現役の作業車です。

25タイヤショベルで除雪
タイヤショベルで除雪です。

この日は朝3時頃から砂まき~除雪でした。

休憩時間はなく食事も10分で切り上げ・・・。

挙げ句の果てにそこら中から除雪依頼・・・。

普段仕事を廻さない廻してこない所からも・・・。

仕事をすればしただけ儲かるなら不平不満は言いません!

末端はひどいモンです、ドコでもそうでしょうけど・・・。

ドカ雪が降る中、誰もが寝静まる朝一番、

休み無く除雪し続け、一部の方々から頂くおしかりの電話。

”道路の雪を出入り口に寄せるなよ!”

お怒りごもっとも、デモ、道路を除雪しなきゃ

大動脈瘤で死亡ですよ。

自分の家の入り口?

そんなモン、スコップ1つあれば男なら10分かからず

寄せられるデショ!

お年寄りの家や特別な事情のあるお家は

我が社がそのお家の入り口を通れるように

スコップで入り口を作っていますよ♪


除雪がお嫌で、町や市の除雪作業が気に入らない??

そんな貴方には雪の降らない土地を紹介致しましょうか?





我が社の除雪路線に住んでいる方で、

我々が砂まきを終え朝日が上がった頃、

いつも同じ人が長く続く歩道を人力で除雪しています。

毎回、こちらに向かって頭を下げられます。

こちらも慌てて頭を下げます。






一番はその方です。



無償でしょう。






お子さんがいるようには見えないおじいちゃんです。

孫ほどの子供が通る通学路の歩道。

あの人は黙って黙々と、毎回雪かきを

行っています。

私はその人に近づけるだろうか?

少なくとも自分の家の入り口を除雪して

電話を掛けまくる(警察・県・市)輩には

なりたくないモノです。







県や市町村、予算が無く除雪もままなりません。

建設業者、疲弊しきってどうにもなりません。

景気対策のためにも公共工事を出せ!!!なんて事は

絶対言いません。言う気もありません。

ただ、公共工事を出し続けた頃と同じ、

除雪や緊急対処等、地域に密着したケア的作業は、

今や不可能です。

確かに儲かっていたあの頃・・・。

しかし、除雪や地域貢献をしない業者は

公共工事に参加出来ませんでした。

除雪用に機械を所有し、舗装専用の機械を導入。

緊急時用に土嚢や機械、材木を各地元業者が

保管、管理していました・・・。

地域は我々が守る!

それくらいの気概があったように思います。




全てを無駄と言うなら

貴方が今も使っている、道路、水道、下水道は

無くなっても生活出来ますか?

”無駄な公共事業”

と言われるたびに

心が痛い青トラ。



”ごく一部の無駄な~”




どう?この言い回し。


公共事業でも全身全霊を掛けて仕事をしている

我々は少し気が晴れるんですけど・・・・。





(後半はほぼ愚痴ですな♪スマソ)






ちゅう方向で!!!!
スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aotorajet.blog99.fc2.com/tb.php/143-986f50b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad