いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それだよ、君!私が求めているモノは♪土器と読書と目立ての話!!!

とても冷たい冬の雨の中、

皆様はどのようにお過ごしでしょうか?





青トラは、久しぶりにGOOD教科書を手に入れ、

ぬくぬくとストーブの前で読書です。





新しいチェンソーの目立て(ソーチェンの刃を研ぐ事)用に

ヤスリを買いました。

古いチェンソーは新ダイワというメーカーの

ペッカー360と言う機種で、ソーチェンはオレゴンの

25APを使用しています。

25APはカッターが小さくヤスリは丸い4mmのモノを

使います。

ペッカー360自体とても軽く、取り回しがいい35cmの

ガイドバーが装着されているため使い勝手が良く、

長年、青トラのおもちゃとして活躍しております。

初めて自分で目立てをしたのは、台風の夜。

我がグループに緊急招集が掛かり、

夜間作業となった時の事です。

某水力発電所の放水路に増水した河川の水が逆流、

運悪く内部で改修工事があり、

急遽水門を閉め切る事になりました。

渦巻く水路、その先に続く暗いトンネル・・・。

反対側はタービンに続く放水路!

風と雨、闇夜にそびえ立つ大型ラフタークレーン。

現場を照らし出すサーチライトが、

轟くあらゆるエンジン音をかき散らす!!

その場で挽かれる仕切の角材、

八寸角の木材は丸のこで切断されるはずでしたが、

雨の為肝心の丸のこで作業員が感電してしまいます。

そこに登場したのが、青トラのチェンソーです。

それまではソーチェンを交換しながら

目立てを販売店にお任せしていました。

その日に限って・・・

その前の作業で刃が鈍っていたのでしょう。

目立てされていないソーチェンが2本。


作業初っぱなから切り口が曲がってしまい、

力を入れないと切れない始末・・・。

慌てて一緒に格納されていた前任者の残した

丸ヤスリを手に取り、

”現状の刃の角度を保って研げば・・・”

初めて本格的に目立てを試すも

ほんの少し切れ味が改善するだけ・・・。

1本の木材を切るのに1分もかかる始末・・・。

どう見ても機械が悲鳴をあげています。

チェンソーを使った事があっても、

整備した事のない烏合の衆・・・。

惨めでした。

その後の数十本については人力切断となりました。







上下のグループに分かれて作業した我々・・・。


身を危険にさらし、アクロバチックな作業をする下のグループ。

一方、地味にゴムボーイという、のこぎりで

手作業による切断を余儀なくされた上グループ。

ゴムボーイ


本来足場が良く安全なため、お年を召した方々と一緒に作業した

上チームの青トラ・・・。

無線で飛び交う寸法のオーダー!

次の日、腕がパンパンになった事は言うまでもない。

下チームから、ちょっと切ってクレーンの玉掛けを

しただけデショ的な扱いを受け・・・。


作業終了はAM4時30分。

身を以て目立ての大切さを、

道具の大切さを、

自分の無知を、

思い知らされた一夜でした。

あれから何年経ったのだろうか?




最近、青トラは目立てゲージからの

脱却を考えております。






すなわち




4.8mmのヤスリ!


4.8mmの目立てヤスリ


なんだな~♪


最近、目立てをしていて考えた事。

”目立てゲージって、

 便利だけど目立てが上達しないし、

 目立てゲージ無しで、

 フリーハンドで目立てをするべきなんじゃ!?”

という事です。

オマケのヤスリゲージ

ちなみに、色々なタイプの目立て補助器具が有りますが、

青トラが使っていたのは、チェンの上にセットし、

シリコン製のガイドローラーの上を ヤスリを転がして

所定の上刃切削角を得るタイプ。


上刃切削角が固定される事により、

上刃目立て角と横刃目立て角に

集中して目立て出来るというモノ。

デモ前から疑問に思っていたんです。

”カッターがちっちゃくなったら、バックスロープ気味に

 なっちゃう・・・。3.8mmのヤスリが有ればな~♪

それに、目立てゲージが邪魔して、自分がドコをどのように

目立てしているのが確認しづらいんだよな~♪”

もしかして、目立てゲージって万能じゃ無いんじゃ・・・。

プロが使わない理由がそこにあるんじゃ・・・。



もう、居ても立ってもいられません。

それからの青トラは文献をあさります♪

なかなか答えにたどり着けない、

本を買う、

期待通りの答えが有りません。


そこに一筋の光が・・・・!



良い本だ、大切にしたい教科書

これこれ!

特に真ん中の、

伐木造材の

 チェンソーワーク


これは素晴らしい!

多分一生捨てる事のない本であります!




色々買いました~。

入門~、パーフェク○~、チェンソー屋さんの様ですよ・・・。

しかしどの本もその先が、知りたいその先が・・・無い!!

基本がしっかりしている本ばかりです・・・、

チェンソーのムック本は!

(良い事なんですけどね♪)




でも実際の実務のお困り事の対処法、

そこが知りたいんです!

だって横に山師がいつもいる訳じゃないんだから・・・

”教えて君”なんかになりたくもないし・・・

かゆいところに手が届く・・・、




これがその本です!(青トラ的に)



いいね、最高。







バックスロープ、フック形状になってしまった

ソーチェンの目立て方法・・・。

入門書には出てませんけど、

しっかりしたチェンソー本なら・・・

うんうん、ちゃんと

解説されていますね・・・。



青トラが知りたいのは、

例えば現場で石や釘を

チェンソーで挽いた時!!

特に派手にやってしまった時、

いかに速く、いかに切れ味を戻すか!!!

チェンソーを置いた時に真上から見たカッターが、

なで肩カッター(言い得て妙)になった時の対応!!!


”右と左のチェンのカッターの長さを揃えて対称に・・・”

そんな事は解っています。

時間を掛ければ出来るのは知ってますよ。

でも、切ってナンボのチェンソーでっせ(何故か関西!?)。

目立てに20~30分も掛けてたら・・・。




この本には書いてあります!!!!

多分、3年前の青トラなら理解不能だったこの記述・・・。

本当に良い教科書だ・・・♪


記載されている具体的例のごく一部を紹介します。




青トラ的抜粋(乱文スマソ)2つの方法♪



極端なフック、石を挽いた時の時間短縮的

      修繕方法!!!!






1)ワンサイズ大きい丸ヤスリを使い、
  
  上刃目立て角を直線に調える。

  極端なフックにも有効。

2)デプス用の平ヤスリを利用し、

  平ヤスリの短辺、ヤスリ加工されていない

  面をガイドバー側に、

  上刃目立て角(MS260RMCチェンなら30°)に

  角度を合わせ、

  且つ長辺方向の傾きで横刃切削角(MS260は85°)・

  上刃切削角度(60°青トラはコチラを重視)を決め

  擦るべし!!!

  出るであろう横刃の傷とバックスロープはいつもの

  丸ヤスリで目立て・修正すればOK!!!


苦言を呈するようですが、

上刃切削角度はなんとか理解出来るのですが、

横刃切削角度の80~90°の傾きって、

接線に例えられますがいまいちピンと来ません。

プロの方はどうなのか・・・。

見てみたい・・・。

形と切れ味、長持ち感で探るしか無いんでしょうか?


追記!!!

2)の方法試しました!!

速い!これなら、ちょっと待っててねっと、

休憩時間内にお茶を頂く時間も有りで

目立てすることが出来ます♪

平ヤスリの一部の場所を使い続けるので、

平ヤスリの消耗が心配ですが、

逆研ぎしないように修正します。

まずは不用意に石や釘を挽かないように

しなくちゃいけませんね♪






青トラが切る枕木は、古釘の折れたのや割れ止め輪釘、

食い込んだ割石・・・。

伐採を依頼されるのはフェンスを巻き込んだ庭木・・・。

とほほ、こんなのが相手ですから・・・。

軟鉄に強いカッター募集中♪




これらはこの本のごく一部♪

他にも青トラには理解出来ないような(経験不足による)

素晴らしい内容・・・。

実践を踏まえた教科書です。

内容の中心は、実戦(山林での伐木)に必要な、

安全・手順・知識・経験による現場の実情等・・・。

もしこの様な構成で建設土木の本があったら・・・

青トラは自腹でその本を購入し、親しい職人さんに、

”読んでくれ!土木の新しい扉が開けるぞ!!”

と強引にもプレゼントします!

これは近年希に見る名書です♪

青トラ強く推奨の


”伐木造材のチェーンソーワーク”

お試しアレ♪



それにしても、なんでガイド付きの

目立てヤスリを買ったの???

このハンドルが欲しかった!だけ?

へへへ、

このハンドルが欲しかったの♪


え、ガイド???

そんなの要りません♪

でもこのガイド、良くできてるな~。

デモでも、

これからはフリーハンドで、

理にかなったフォームで、

自在に実戦向きの目立てを覚えます。

時々目立てゲージを使って確認、

体に覚え込ますぞ、あのカッターの形!!!


これぞと思われる理想のカッターの写真をゲット!!

それ目指して頑張るぞ!!!

これで行くと思います。


今週の日曜日には、

MS260の慣らし運転を完了させたいもんです。

MS260 フライホイル側!

フライホイール・・・

綺麗なモンです。

フライホイール接写!

スタータロープローター周り接写!

切れないスターターロープって・・・

なかなか開発されませんね・・・。

逆に切れやすいように作られているんじゃ無いかと

推測されます♪




そうそう、

調子に乗って他人のチェンソーも目立てしました。

目立て依頼品!

やけにカッターのコマ数が多いような・・・。

ハンディタイプでカービングバー!

一応カッターは25APぽいですね。






追記)これは25Fと呼ばれる竹切りソーチェン

   かも知れませんね・・・

   竹切りは、竹以外では良く切れないとの

   記事を読んだ事がありますが、一般ユーザーであれば

   十分、良く切れると思います。

   目立て後の試し切りの感想は・・・

   ”トップハンドル小型機も有りだな~♪”




目立て前に、
   
ばた角(125*125角)を試し切りしましたが、

自重で刃が食い込んでいきません!!

なんか細かい25AP

ちなみにコイツも石を挽いたらしく

5、6コマが、なで肩になっていました。

それでも目立てミーハー青トラがナデナデすると・・・

写真はないですけど、

チャッパチャッパ切れます♪

自重で、すう~っと落ちていきます。

フックになってないか、良く確認して

依頼者に返します。

ちなみに、自分が目立てしたカッターは、

アップしませんよ♪

まだまだだって、分かっていますし・・・

恥ずかしいんで・・・すよ♪





そうそう、

青トラが目立てをする時、台にしているのが

軽トラのあおりの上です。

この上に足場板を乗せてその上にバークランプを差して、

目立てをします。

あおりのコーナーに、はす(斜め)に足場板を

乗せ、上刃目立て角度にあおりの一方の

通り(ヤスリの角度の定規代わり)を合わせて、

チェンソーをセットします。

これが案外、調子良いんです。

あおりには滑り止めのゴム。

バークランプの尖った部分が足場板を

突き抜けて丁度、あおりのゴムに引っかかれば

グラグラナッシングです♪

右側、左側、足場板ごとぐるり180°回転させれば、

ほぼ同じフォームで作業可能。

車に体重を掛けても動かないし、

下側に足が入るスペースもある。

青トラは身長178cmでこの高さが

丁度良いんです。腰も痛くなりません。

エンジンペッカー君 白トラで目立て

いやはや、

目立ての入り口でココまで楽しめる

チェンソー・・・。

ラジコンエンジンヘリコプターに

似てますナー♪

こんなお話しを聞いた事があります。



RCエンジンヘリは究極のホビーだと・・・

RC飛行機はお茶漬け、

RCエンジンヘリはステーキ!





ならば俺は、

出来うる限り毎日、ステーキが食いたい!



(お茶漬けも美味しいけどね・・・。)



ちなみに下の2行は青トラの言葉・・・♪












おっほん、


最後にお茶漬け的な話を・・・



嗚呼、歴史の臭いがする!!

この写真、






タダの畑ですよね・・・。







実は・・・・。














ドッキドキ、土器!

昔の土器がザックザック出てくる、

歴史ファン待望の畑なのだ!!

わーーい♪

ちょっと歩けば潮干狩りのアサリのように

土器がワッサワッサと出てくる出てくる♪

え?

何遊んでるの!!!って?

仕事ですよ、仕事♪

遺跡調査の為の機械掘削です。

青トラはそこにちょっとご挨拶しに来ただけ♪

1500年前の土器だそうです。

古墳時代のモノですね。

縄文・弥生時代の後です。

外側の縄目だけでなく内側にも

槌目が入っています。

高台らしき山が・・・・たまりませんな♪

文化財保護の担当者に昔集めた黒曜石の事を

話したら、長野方面から渡ってきたモノでしょう、

との答えが・・・。

嗚呼、歴史浪漫!

ココにでっかい鉄塔が立つとは・・・

古墳時代の方々も想像しなかったのでは。

最近3回ほど遺跡調査の仕事をしている、

青トラでした・・・。

次の調査にはちゃんと立ち会って、

土器をちゃんと回収せねば・・・。



15年近く、土と戯れて生きてきたけど・・・

徳川家の隠し財宝は見た事ございません。

最大で4万立米の土砂を動かしたのにね・・・。

多分、隠して無いと思います、徳川家・・・。










ちゅう方向で。
スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aotorajet.blog99.fc2.com/tb.php/138-c8c75008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。