いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは木を切る道具です。スチール MS260 エンジンチェンソー!!!

男の子は、動く機械に憧れる。

始めはヒーロー物のロボット・・・。

そして電車に自動車、

生身の体に機械を埋め込んだ

仮面ライダー・・・。

彼についてはバイクにも乗っているという、

ミスター”男の子の憧れ”である。



そして刃物!!!

ヒーローは刀剣を持っている!

ナントカソード(?)、ロトの剣・・・。


そんな機械と刃物が融合し、

今回紹介する工具が生まれた。



刃物と言えば・・・・・

今の子供は、余り刃物を持たせて貰えないんだろうけど、

青トラの時代には鉛筆を削れるように

数人の仲間は小刀を持っていた。

何故数人かというと、学校に電動鉛筆削りが

備えられていたからだ。

刃物を持つ子供は必ず指を切る、必ず切る!

指先を切った時のあの痛み・・・。

いつまでもジンジン痛む小さな切り傷。

他人を傷つけるとどうなるか・・・。

身を以て知る、いい機会だった。

痛みを知らぬ子に、他人の痛みを教える。

今の親御さん達の苦労が目に浮かぶ・・・。




身の回りから危険が排除される度に、

人は退化しているのだと誰かが言った・・・。

と言う事は、人はいつしか排他されてしまうのか?


危険だがコントロールする事により

より良い環境が得られるなら・・・、

リスクを負う覚悟と果たすべき責任・・・。












すなわち、


(これより名インプレッションを目指す!!)






01 スチールMS260 買っちゃった♪

ドイツ

STIHL スチール

MS260

なのである!!



買っちゃった・・・♪

チェンソー、1台持ってるのに・・・

もう1台、買っちゃった~♪

はっきり言って、

素人(青トラ)が持つべきチェンソーではございません♪

02 スチールMS260 ベッドの上で・・・オイルが・・・

これからのインプレッションは、

ミーハーによるミーハー対象の

インプレッションでございます。

山で働く皆様、本気な皆様、

温かい目で見守ってくださいませ。

このチェンソーは、

バリバリプロ仕様の中型機になります。


中型機の中では比較的小さく取り回しも楽で、

熱心な薪割りの方々にも支持されている

チェンソーです。


なぜ青トラは、スチール MS260を選んだのか?




青トラのいいモノを買う基準に、

”枯れた”製品である!

という考えがあります。

最新技術を備えた新製品よりも、

発売から年数が経ち多くの人に使用され、

改善・修正され高い安定性と信頼有る

製品を青トラは選びます。

例え故障しても出玉(出荷量・使用者)が

多い事により長い期間、部品や情報の

収集に困る事がない・・・。


それがこれだ!

THIS IS IT !!!

うーん、

いいね、最高。


03 スチールMS260 こっち側も・・・

ちっちゃく見えますが、

プロが使う中型機です!

ガイドバーの長さは、45CM。

全長は1m弱有ります。

04 スチールMS260 大きさ比較

大きさを比較するために30cm物差しと

ルービックキューブを置いてみます。

結構大きめですよ。

それにしても幾ら新品と言えど、

試運転、試し切りをしたチェンソーを

ベッドの上に置くとは・・・。

実際に切りくずがガイドバーケースから

こぼれて・・・・大変です。



購入したその日は、

嬉しくって・・・ベッドの脇に置いて

寝た事は言うまでもない・・・。


そうそう、

一日室内に置いていたのに、

キャップやパッキンの性能からか、

ひとつもガソリン臭くないですな!

これなら真夏の車内じゃなければ、

ガソリン臭くないのでは?

05 スチールMS260 ロゴで楽しいミーハー道!

こういうロゴもいいよね~。

この中にはフライホイールが収まっていますが、

今回は開けて見ていません。

新しい内にスターターロープの現状のテンションを

確認しよっと。

巻き数もメモって・・・・。

06 スチールMS260 重く丈夫なガイドバー!

ローロマチックE ガイドバー!!

丈夫そうです。

40cmと45cmが選べたのですが、

新ダイワのチェンソーが35cmなので、

45cmをチョイス!

MS260を買う大半の方は45cmのバーを

選ぶらしいんですが、青トラは40cmも

有りだな・・・と思いました。

青トラは伐木作業が少なく、山林にも入りません。

庭木の伐木は重機やユニックを利用できることが多く、

大口径の伐木は皆無です。

これから技術を磨きバンバン切り倒す事が有れば

(気分はそんな感じですが・・・)

45cmがベストだと思いますし、

玉切り程度なら40cmの方が取り回しが

楽かも知れません。

目立ても少し楽になりますし・・・。

これから使い込むとこの意見も変わるかも知れないですけど、

40cmデモ良かったなとちょっぴり考えます。

10 スチールMS260 ローロマチックEガイドバー 74スリスリ(新たな単位)

今までの新ダイワチェンソーは、

25APチェンを使用しています。

35cmバーで76コマ・・・。



一方、MS260は22BP相当のラピッドマイクロコンフォート、

45cmバーで74コマ・・・。

ヤスリも4mmから4.8mmに・・・。

09 スチールMS260 ナット2つで固定します。何との間の孔にはサイドチェンテンショナー

今回は敢えて新機構、クイックチェンテンショナーを

選びませんでした。

クイックチェンテンショナーを採用したが為に

シンプルな構造が細かい部品、可動部が増え

不安要素になっては困るので今回はパス。

あくまで思いこみかも知れませんがそゆこと。

固定ナットが2個であるッてことはいい事です。

ダブルセーフティ・・・。

振動で緩みますからね・・・。

08 スチールMS260 マフラーとバンパースパイク

バンパースパイク!!!

多分アメリカあたりじゃ、

派手なメッキのヤツが出てるんだろうな~。

おしゃれチェンソーみたいな。

07 スチールMS260 上から見て

これがスチール純正ソーチェン、

ラピッドマイクロコンフォートRMC。

どんなソーチェンもそうですけど

新品付けたてはまあまあ切れるけど、ザックザク切れませんね。

やはり目立ては新品でも、軽くあてた方がいいのかな!?

試し切り段階で感じたのはエンジンパワー!

フルスロットルにしてないのにこの迫力!!

慣らし運転・・・早く終わらせたいナー。

是非、フルスロットルで試したいRS260。

あと、2~3タンクは慣らし運転です。とほほ・・・。

11 スチールMS260 キャブ調整・・・いじるなよ・・・だって

キャブの調整はコチラからどうぞ・・・。

そうそう、なんかヨーロッパじゃ排ガス規制とかが

厳しくなったらしくH側設定調整幅が規制されています。

よく見ないと分かりませんがH側のマイナスネジの周りに

赤い樹脂が見えますが、それが邪魔(?)をして

より高回転側に調整出来ない様になっています。

”余り調子が出ないようなら持ってきてください。”

販売店のおじさんが言う。

この人、外す気だ!

規制解除だ!

リミッター解除だ!!

環境無視だ!!!


ダイジョブ、

青トラはH側、

カリカリ(薄目高回転)より甘~い(濃い)設定が好きですから・・・。

エンジンヘリのエンジンも濃いめの設定で

ゆっくり殺人飛行が好きでしたし・・・。



もうそろそろ、青トラが

このMS260を幾らで買ったか

気になっている方もいる事でしょう。

全国にこの瞬間もMS260の購入を検討されている方々、

20人ぐらいでしょうか・・・。

青トラがチェンソーの購入を考えたのが、

11月半ばです。

まずはインターネットで最安値をチェック・・・。

ヤフオクで国内正規品(海外並行輸入品じゃない)が

MS260が63800円で販売しておりました。

これは安い!!!

その下にはキャンペーン中につき年内いっぱい

この値段です。

との記述が!!!


これには、悩みました。

青トラは素人同然!

何かあっても

キャブ分解も出来ないし、

パーツを頼む”つて”もありません。

ネットで買ってもサポートがないんじゃ・・・。

独学青トラは、今までの知識の確認のため

文献をあさります・・・。

そうそう、チェンソー販売店の方のブログ、

山師・木こりさんのブログ、

腕がプロ級アマチュアさんのブログ・・・。

かなり参考にさせて頂きました♪


やっぱり皆さん、地元の頼れるショップで

買っているようです。

プロの方ではその傾向が顕著で、

ホビー(プロ並み本気の遊び)の方は、

海外から個人輸入している方もいるようです。


最安値なら海外から直接並行輸入した方が

安そうですが、MS260については、

主要部分に大きな違いがあるようで、

シリンダ径すら違うようです。

この様な状況では並行輸入品に

価格以上の価値を見いだせませんし、

青トラも路頭に迷ってしまいます。



18 スチールMS260 脱着簡単 キャブレターボックスカバー

これからは自分で出来るメンテは

可能な限り自分で行いたい。

それには機械整備のプロのワザを・・・

そんな大袈裟ではありませんが、

最低限実践せねばなりません。

19 スチールMS260 エアクリーナーも外したところ

地元にいつも伐採やチェンソーの修理を

依頼している林業屋さんが、スチールの

正規販売店をやっています。


便宜上、チェーン販売店 ” T ”とします。



とある天気のいい日に、

”ねえねえ、Tさん。

いまスチール、

キャンペーン中なんだって?

MS260、幾らになるの??”


事務員さんは、何か調べております・・・。

”MS260が98000円

 MS240が88000円

 MS200が84000円

 ですね。お買い得ですよ!”

”あっ、そう♪”

その場を離れ、自宅に戻りました。

一人でチェンソー会議です。

22 スチールMS260 ツールフリーキャップ 閉まっています

正直、MS200で青トラの作業は

十分可能です。

ヤフオクで63000円ぐらい。

MS200にするか・・・

MS260にするか・・・


うーん、でも、

この際、値段の事は考えない事にしました。

本当に欲しいのはどっちだ!!!

それであれば後悔はしないはず(??)。




出した答えは・・・・

27 スチールMS260 腹の下もご紹介

コイツでした。

どうしても近所の販売店さんを

頼りたいので、

ダメもとで、

正直に販売店 T に交渉。

”ネットでMS260が84000円ぐらいで販売しているので、

もし良かったら85000円で売って下さい♪”




事務員さん”えっ、85000円ですか??

                消費税別で?”

青トラ ”いえ、込み込みで♪”

事務員さん ”しゃ、社長と相談してみます!”


次の日にオーケーが出ました。

事務員さんに”特別な価格です・・・”と

念を押されましたが、

それは商品価値を高めるトークとして

受け取りましょう。

粗利は出てるはずですし・・・。

そんなこんなで先日届きました。

29 スチールMS260 未知数の持ち味??

ハンドルの持ち味は・・・

慣れないせいか微妙です。

慣れが必要ですね。

溝が深いと汚れが溜まりやすいですし・・・。

30 スチールMS260楽チンデコンプ

50CCクラスのエンジンですから、

デコンプを使うと楽チン始動が可能です。

格好つけずにデコンプ使うのがミーハー道です♪

31 スチールMS260 ガイドバーのカバー おっきくなったり

付属で付いてきたガイドカバーです。

32 スチールMS260 ちっちゃくなったり

2つのパーツで出来ており

43~63cmのガイドバーに対応していますが、

45cm専用であればもう少し軽量化出来そうな

気がします。

33 スチールMS260 せっかくだから1つ物で作って欲しかった

MS260の重さですが、

やはりずっしりきますね。

今まで4キロ弱の新ダイワのエンジンペッカーを

使っていた為でしょうか・・・。

これも慣れれば気にならなくなりそうです。

34 スチールMS260 チェンスプロケットカバーを外す

カバーを外してみます。

凹凸が少なくお掃除しやすそうです。

ガイドバーとソーチェンのセットは簡単ですね。

2つのナットの間にソーチェンのテンションを調整する

ネジが有ります。

最近じゃあ当たり前なんでしょうけど、

使いやすいですね♪

35 スチールMS260 カバーに付いた樹脂 ゴム


38 スチールMS260 これからも整備点検ヨシ!

意外と重いガイドバー!

39 スチールMS260 付属品は・・・

付属品です。

丸ヤスリとハンドル、トルクス回しとマイナスドレイバー、

工具入れと思われる塩ビ製の袋、コンビレンチ。

それにしても・・・コンビレンチって便利ですね~。

40 スチールMS260 ヤスリは刃物・・・鞘のストロー

最近買った本に・・・

ヤスリは刃物・・・って記事がありまして

その方はストローにヤスリを差しているそうで・・・。

すかさず真似です。

道具を大切にする。

刃物を野ざらし、地べたに直に置く、

これらはいけない事です。

理にかなってますな♪

41 スチールMS260 早く斜角ヤスリを試したい・・・

次に買いたい道具が有るんですけど・・・・

ココで発表してもいいですか?

国宝級の木工ヤスリです♪♪♪

高いんだよな~。

いいヤスリってさ。

今度、欅で椅子作るんです・・・。

それで必要なんですよ。



それとは別にチェン目立てのヤスリ・・・。

ペフォードの

3コーナーと斜角平、

それと25AP用にグーフィー、

試してみたいですね。

今度、ある店舗で取り扱うそうで、

早速、電話してみました。

詳しくは12月号の”林業新知識”をチェック!!!


ちなみに販売店の事務員には、

”スチールにはスチールのソーチェンを

使って下さい。

チェンソーの耐久性に違いが出ますから・・・・”

と自信満々に説明されました。

ただオレゴンの22BP(互換有)も取り扱いが

有りますからその時は言ってください、とも

言われました。

どうしても3コーナー等を試したい青トラ・・・。

なんのためにMS260を買ったか・・・!?

なぜMS200でもなくMS240でもなく

MS260にこだわるのか!



一部の、

ごく一部の皆様はもうお分かりでしょう。

そうです。

その通りです!

MS260には、22BPが装着出来るから・・・♪

そして斜角のヤスリで・・・・・・・・・♪♪♪


♪♪♪!!!!


”このド素人(青トラ)、

   バカだ~!”



そんな笑いを極々、一部の方々に

お届け出来れば幸いです。

全国100人程度の方がこのネタを理解し、

拍手を頂ける事でしょう・・・。




話のタネに、どうでしょう♪

貴方もMS260!!!

お勧めです!!!


42 スチールMS260 ソーチェンはスチールラピッドマイクロコンフォート


こまめな点検・整備。

安定した姿勢で安全な作業。

経験を重ねて技術力アップ。

44 スチールMS260 目立て前 右左


これから慣らし運転です。

これから使い込んでいきます。

まだまだ使用感を伝える事が出来ません。

それらは、後日アップします。


どうですか?

参考になれば幸いです。

一家に1台、MS260!



ちゅう方向で!!!














業務連絡~♪

青トラ関係者に連絡します。

このチェンソーは、

しばらく貸し出ししませんので、

よろしく~!!




新ダイワ エンジンペッカーは、

スーパー整備済、スーパー目立てで

貸し出し可能です♪


なんなら

ゴムボーイ210

貸そうか????


ゴムボーイ


ちゅう方向で♪








休憩時間に職人さんとチェンソー談義・・・

意外と自分で目立て出来ない人が多いのに

ビックリ・・・。


職人Hさんから

”俺のチェンソー、キレねんだよ、

  目立てしてくれる?”

よっしゃ、

ど~うも一部の職人達は青トラ目立てを

信用してない風潮が感じられますので、

ちょっと他人のチェンソーの目立てをしてみようと思います。

この前、違う職人さんのチェンソーを

目立てした時はジャッパジャッパ切れる!と、

喜んでくれたのが嬉しかったな~。

5分後に違う人が伐採中に石を挽いて

横で見ていたら火花が・・・、

ちょっと涙が出ルンですけど・・・。

まだまだ素人の域を出ない青トラの目立てですが、

目立てを繰り返すうちに少しずつ

実用に向いた目立てが出来るようになればイイナと

思う今日この頃です・・・。

安全、切れる、速い!!!

やっぱりココでも安全第一!

Hさん、このソーチェン、刃が細かいね・・・・。

ちっちゃいくせに竹切りチェンみたいに・・・、

骨が折れそうです・・・とほほ・・・。

さて、次の日曜は、MS260の慣らし運転です!

ケヤキの椅子も製作開始します!

皮の部分・・・どう仕上げりゃいいんだ???

手間の掛かる話です・・・。

でもサンダー掛けたら・・・

木目が・・・う、美しい♪

スゴイね、自然は・・・

まるでゴッホの絵を見るようです♪

見た事無いけど・・・。

ケヤキ、欅、けやき・・・。

固いし、臭い(?)し、でもいい感じ!

後日製作過程はアップしますね・・・。

今日はここまで、

ちゅう方向で!!!





スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

コメント

MS260いいですね♪

はじめまして。
私もMS260を買おうか考えていますが、青トラさんのブログでカナ~リ背中押されました。
171を先日購入したのですが、やはりもっとパワーのあるやつが欲しい・・。

その後の260の使用感はどうですか?

  • 2012/02/12(日) 00:40:03 |
  • URL |
  • びび太 #HmAdpEd.
  • [ 編集]

こんにちは、びび太さん♪
いいですよ~、MS260!
はっきり言って私には使いこなせていません・・・。
しかし、時々太いケヤキを玉切る時は自分の腕が上手くなったような感覚になるチェンソーです。
体力に自信があればホビーユースでは万能では?と
考えます。
そんな中、またチェンソーを買ってしまいました・・・。
全然アップしていませんが、角刃の切れ味は格別ですね~。
六角ヤスリがメジャーになった今、次は・・・・。
それではまた!

  • 2012/02/29(水) 19:49:22 |
  • URL |
  • 青トラ #vh1mV2jE
  • [ 編集]

スチール MS260

突然の書き込みで、失礼いたします・・!!
スチール MS260 についての長文のコメントを読ませていただきました。チェンソーに対する愛着心は相当ですネ・・!!
私は個人で樹木の伐採やチェンソー製材などをしている者です。杉丸太で木工工房や車庫も自分で作りました。当然いろんなチェンソーにも関わっています。チェンソーの仕入れ修理や刃作りなどもしています。
http://www.youtube.com/user/hatcham10
ところで、スチールMS260バーサイズ45cmの国内向け新品を84,000円でお売りできます!! オークションにも出品していますが、直接購入の場合にはオークション手数料(5.25%~6.3%)分が安くなります。
ついつい、仕事の話になってしまいました・・。m(.".)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aotorajet.blog99.fc2.com/tb.php/136-78bbbee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。