いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”Kingdom Fungi”菌界への招待状・・・玉虫色な図鑑達!!!

久々の更新ですね・・・。

皆さんこんにちは、

青トラでございます。




いやー、山菜が採れるいい時期ですね♪

こちらでは、こしあぶら、ワラビ、ゼンマイ、フキ、

山ウド、タロッペ(っぺってアンタ・・・タラッペ)なんかがメジャーどころで・・・

毎日、美味しく頂いております。

ただ、自分で採るより、皆様のお裾分けで

春から夏にかけての山の旬を堪能している状態であります。





人様より頂く山の幸は大変美味しく、

”働かざる者、喰うべからず!”

に反して、くすぐったいような罪悪感と、

食材の旨味に、半毒性の妙薬を足した絶品へと

昇華するような気がしてなりません♪

(皆様のおかげをもちまして、生きていける事に感謝!)





”歪んでいる、歪んでいるのだ!

 分かっている、分かっている!

  天が我を罰したもう、その時まで、

   この飽食を続けるとしよう・・・”




だってさあ、例えば山で撃った”鹿”を貰って、

(足と胴体がくっついたヤツ)

自分でりょってみんさい

    (解体して見ろよ)!!


最高の”背中(腰の当たり)のお肉”だって食えませんよ♪

誰かがりょった(下ろした)ものを頂く・・・

これは商的資本主義が生み出す最高のサービスで

ございますよ・・・。!?

ちなみに鹿の美味しい部位は、ステーキで頂くと

いいね、最高!


ガーリックオイルでレアに近い状態で炙り、

塩・こしょうで頂きます♪



本題からかなり外れてきており、

困惑気味の青トラがお送りする、

”いいね、最高。”



最近は(当初からでは?)、自己満足の

報告書的ブログと化している気がしますが・・・

このスタイルで貫きますかな・・・。


今週の言の葉に習えば、

我が道具を此処に紹介せざるをゑんでしょう!





すなわち、




その名もパーフェクト墨ツボ!限定色 玉虫グリーン!糸が細いんだよね・・・

タジマツール

パーフェクト墨ツボ

限定色 玉虫グリーン(勝手に命名)

なのだ!!!


ビッカビカやぞ!!!


その名もパーフェクト墨ツボ!限定色 玉虫グリーン!うーん、良い色だ!

目立つ色でしょ♪



建設関係者以外の方々におかれましては

”何に使う道具か分からん!!”との

ご指摘を受けそうなので説明します。

”真っ直ぐな直線を現地・現物において描く道具”

でございます。

この中に糸が巻かれております。

筒の部分には墨綿にタップリ含ませた墨汁(正確には違うけど)、

そこに糸を通して墨を含ませ、通過点であるA点、B点間に

糸をピンと張り、その中点にて緊張した糸を、弓を引くが如く、

対象物に対して垂直になるよう引き、放つ!!!!

糸を巻くとそこに残るのは、直線、真っ直ぐな線。

お分かり頂けたでしょうか?




これ(玉虫色)なら無くしませんよ!

良くできた墨ツボでして・・・、


同じく良くできた鉛筆、

グラフフォン ファーバーカステルの

パーフェクトペンシルに通ずるモノがあります!?

その内、買いたい鉛筆で景気が良くなったら

買おうかなって思っています・・・。

伯爵のパーフェクトペンシル スターリングシルバー!

鉛筆にエクステンダー、シャープナー、消しゴムの付いた

鉛筆・・・。価格は6万円ぐらい・・・。

UNIをダース買いして、おしゃれな機械式鉛筆削りと

MONOの消しゴム、楔のエクステンダーを買っても

おつりが来るという・・・お馬鹿な伯爵の鉛筆・・・。

パーフェクト(完璧)な鉛筆。

ただコストパフォーマンスの欠如が嘆かわしい。




ちなみに昔の大工さんが使っていた(今でも使ってるよ!)

墨ツボはこんなの♪

昔の墨ツボ

綿がない、糸がない、ノミが安物とか言わないように!

借り物画像ですから・・・ご勘弁を・・・。

さて、今回購入の墨ツボ”玉虫君”につきましては、

1.土木用には糸が細い!

2.本当にこの色で良かったのだろうか?

等の欠点・悩みもございます。

細糸については、太糸の替え糸がありますので

もう少し使ったらはりかえようと思います。

なぜなら土木管理ではコンクリート面に墨を出す事が多く

摩擦で糸が切れやすいのであります。

大工さんが使う墨ツボ、監督が使う墨ツボ・・・、

(大手では墨出し屋がいるそうですが・・・)

糸の太さで棲み分けが出来る良い商品です。


”玉虫色”出来れば本当にレインボウカラーならば・・・。

職人受けは良いようです・・・。


休憩時間に墨ツボの話、山菜の話、

そして盛り上がるのが・・・・



”きのこ”の話です。

職人さんの山菜苦労話が面白く、

若い頃は食べなかった山菜、きのこが

ここ数年、美味しく感じられるのがふしぎです。


”俺も年をとったモンだ!”

谷底に落ちる話、毒にやられてもがき苦しむ話、

ゾックリ群生きのこ(きのこパラダイス)な話、

山の情報に関する人間の戦略、策略の話・・・。


”実に面白い”


皆さん、頼みますよ!今年もきのこ、

ちょうだいね♪

献上きのこ量で仕事上の厳しさを、優しさに

シフトする時代も近いですぞ!!!

(良いのか?それで!!!)






作業の立場上、毒を盛られる危険性を考慮し・・・・










すなわち、


(職人さんが見てたらホントに毒盛られるね♪)






きのこの世界・・・森のおくりびと。01菌類の招待状、ハンドブック”きのこ”とデラックスな”日本のきのこ”

山と渓谷社の




野外ハンドブック・3

”きのこ”




   と



”日本のきのこ”




であります!!!!


学ぶぜ、毒きのこ!

旨いぜ、山のきのこ!!!

それでは詳しく見ていこう!!!


きのこの世界・・・森のおくりびと。02比べてみよう、ベニテングタケ!

ちなみにハンドブック”きのこ”は初版1977年の

ロングセラーハンドブックであります。

対する大図鑑”日本のきのこ”は                                                                                                    初版1988年、945種類のきのこを網羅する

大満足カラー名鑑でございます。

上の写真は”ベニテングタケのページの比較であります。

美しい写真の”日本のきのこ”♪

ハンドブック”きのこ”も情報量は負けていません。

お互いに素晴らしい!!!!!

きのこの世界・・・森のおくりびと。03比べてみよう、ベニテングタケ!”きのこ”

このハンドブックはスゴイ!!

大図鑑を買って実感しました。

”きのこの本、古くなったから新しいの買おうっと♪”

なんて考えていた私は甘かった!!!

今関 六也さん編集・解説の本書は、

まさにベスト オブ ハンドブックであります。

きのこの世界・・・森のおくりびと。04比べてみよう、ベニテングタケ!”日本のきのこ”

一方、大図鑑は・・・

写真がいい!!!!!!

623ページにわたるきのこパラダイス。

生涯の愛読書にふさわしい名鑑であります。

945種のきのこがワッサワッサ、きのこヘブン~♪



ハンドブックは約200種・・・

それでもメジャーなモノからおつなモノまで

シッカリと抑えてある!!!











ベニテングタケを紹介した所で言っておきますけど、

嘘ですからね!!!

何が嘘かって・・・・

派手なきのこは毒きのこが多いとか、

片葉のきのこは気を付けろだとか、

縦に避けるきのこは・・・とか、

イグチの仲間には毒はないとか、

ナスと炒めると毒が消えるとか、


はっきり言って嘘です!

きのこ全般に関する決まり事や毒の有無、

そんなモノありません!

Aのきのこと、Bのきのこの違いは、

具体的な特徴で区別出来ます。

しかし毒きのこをひとくくりに出来るのは、

”食べるとお腹を壊したり死んじゃうきのこ”

ぐらいなモンですよ!

それだって、調理方法により消える毒もあるくらい

ジンクスってモンがありません。

派手で綺麗なベニテングタケ(毒)!

地味だけど美味しそうなツキヨタケ(毒)!

面白いぜ、きのこの世界・・・。

きのこの世界・・・森のおくりびと。05件のアメリカウラベニイロガワリ!

これこれ、所さんが絶賛の

アメリカウラベニイロガワリ!!!!

見たことありません!こんなきのこ!

旨いんだってね!

でっかいらしいよ!

所さんもきのこが大好きなようで、

自分で図鑑のようなモノまで作って遊んでいるようです。

きのこの世界・・・森のおくりびと。07うげっ!冬虫夏走、見事、チョイきもっ♪

おお、コイツもきのこの仲間か!



冬虫夏草である。


ていうより、

Kingdom Fungi 菌界


 のくくりですからね。

きのこの世界・・・森のおくりびと。08これを漢方薬にする中国って・・・

この写真を見ると我々が見るきのこの

本体と思われる部分(子実体)が実は植物における

花のような役割で、本体は菌糸と呼ばれる地表直下の

細胞列によって有機物を分解吸収し成長する菌である事が

確認出来ます。





そして次のきのこについては

もう少し研究する必要がありそうです。

きのこの世界・・・森のおくりびと。09検証、シシダケとコウダケ!

シシタケとコウタケである。


最強のうどんのだし!

シシタケ!

採ってきたシシタケを糸で吊して干す。

出汁をとる。

うどん、喰う!

ウマ~い!!!

きのこの世界・・・森のおくりびと。10干してうどんの出汁に・・・シシタケ

今関先生が書かれているように、シシタケとコウタケの

研究は道半ばであります。

どの図鑑にもはっきりした答えが無く、

青トラ的には、どっちもシシタケじゃないの?

と思える写真です。風土や老若により

多種にわたる変化を見せるきのこ・・・。

日本には4000から5000種のきのこが

あると言います。きのこ博士はやる事がいっぱいですね♪
きのこの世界・・・森のおくりびと。11コウタケ・・・どう見てもシシタケ・・・?

今年は山には入るぞ!!!!









きのこの世界・・・森のおくりびと。12 二十数年前のハンドブック、青トラの必携ガイドブック!

昔の会社の人に貰ったハンドブック。


それにしても大図鑑の写真は美しい・・・。

きのこの世界・・・森のおくりびと。14 ”日本のきのこ” 美しい写真・・・ナメコさん

野生のナメコ・・・

旨いんだぜ!パック詰めのモノとは違うよ!!!

きのこは全般的に、採るより後処理(調理までの準備)が

大変なの♪

このぺとぺとに落ち葉がくっついていて、

それと石突を落とす・・・。

きのこの世界・・・森のおくりびと。15 マリオのきのこ?オオキノボリイグチ

メルヘンきのこ、

オオキノボリイグチ♪

これを喰えばマリオだって大きくなります。

きのこの世界・・・森のおくりびと。16 ど~だい、ほしくなっただろ~♪書を捨て山に出よ!

しばらくは楽しめる図鑑達・・・。

きのこの世界・・・森のおくりびと。17いいね、情報量がたまらない♪

そうだな、これを機に青トラの図鑑コレクションを

紹介しましょう!!!


長いよ・・・・、なげーよ!!



そうだな・・・






すなわち、


”世界動物大図鑑”01表紙はマントヒヒ系?


ネコパブリッシングの


世界動物大図鑑!!!


”世界動物大図鑑”02今度は日本固有種の図鑑が欲しい


動物いっぱいです!


”海洋大図鑑”01クジラよ、オマエは美しい!そして・・・・旨い!



おなじく、

ネコパブリッシングの

海洋大図鑑!!!



”海洋大図鑑”02オオシャコガイ!

オオシャコガイだ!


”海洋大図鑑”03ゾックゾクするやろ!?

穴子大好き!



そして、図鑑と思いきや 写真集!!!

”世界昆虫記”という名の写真集01辞典かと思ったのに・・・


世界昆虫記!!!!


風景写真や人々の暮らしの写真が・・・。

”世界昆虫記”という名の写真集02こういう絵柄が好き


”玉虫君”

負けてないね!!

R0013842♪ズカン、ずかん、図鑑~、図鑑を買うと~、頭頭頭ぁ~、頭が良くなる~ぅ!?

正に圧巻!!!

図鑑、良いよね~。

R0013843図鑑は面白い、そして読まない!

甥っ子たちに読ませようと買ったのに・・・

ガキ共にはまだ早かったか・・・?

R0013844日本刀・は虫類・両生類・宝石・・・・

そうだ、この手の図鑑は珍しいだろ~。

現物との確認は不可!”絶滅ほ乳類図鑑”01表紙がインパクト有り

絶滅哺乳類図鑑!!!現物との確認は不可!”絶滅ほ乳類図鑑”02こんな猪突猛進なヤツらは嫌だ!

こんなの、いたの???

現物との確認は不可!”絶滅ほ乳類図鑑”03進化とはかくありき

ありゃ、なんで犬とクジラが並んでいるの???

現物との確認は不可!”絶滅ほ乳類図鑑”04犬からクジラへ・・・?

こういう事らしい!!!!

現物との確認は不可!”絶滅ほ乳類図鑑”05排他された者達の記録

滅んでいった動物たち、

”なあ、先輩、俺たちは進歩してるのかい?”

”退化しちまったのかい?”

日本刀、宝石、両生類については後日アップ予定。


ふう長かった♪

最後にデザート・・・。


土佐小夏を喰う!酸っぱく、微妙に甘い!

土佐小夏であります。

酸っぱい!そしてサッパリ、どこかで甘い!!!

土佐小夏を喰う!種も実も皮もスパスパ、見事な切れ味!

なかなかこうは切れませんよ!

土佐小夏を喰う!切れるぜ、この果物ナイフ!

今年のトップはなんと言っても清見タンゴール!

特に三崎共選の特秀L、センサー選別もの!!!

しばらくは蜜柑もお休み!

今年の夏は何かテーマを持って楽しむとしますか・・・。






ちゅう方向で!!
スポンサーサイト

テーマ:男の小物 - ジャンル:ファッション・ブランド

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aotorajet.blog99.fc2.com/tb.php/125-fa32df0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カラー版HTMLハンドブック

カラー版HTMLハンドブック HTMLのタグを覚えるには必要です。

  • 2009/05/27(水) 16:17:53 |
  • もぼなもな書房

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。