いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと高いけど、その価値有り!K.I.ドリルの静カッター KH-125フランジ付!

切る・・・。



其れは人の英知の結晶。

どう切るか、速度、精度、品質、食感、人事(?)・・・。

色々な要素が求められる中で人々の英知が、

結集された刃物達・・・。



尖っているだけが刃物ではない・・・。





そんな中でも、今回の我がプロジェクトで大活躍な

刃物を紹介しよう・・・。







すなわち、






ダイヤモンドカッター フランジ付 M10ネジ Φ125 パッケージ

K.I.ドリルの

静カッター(フランジ付き)

KH-125

ダイヤモンドカッター(ドライタイプ)

である。


使用目的は、コンクリートの切断♪

切断面をキレイに・・・でもそんなに平滑性は

要りません、ともかく速く、誰でも、簡単に・・・・。

が合い言葉の刃物です。

K.I.ドリルさんも多分有名な会社なんでしょうけど

存じ上げませんでした・・・。

HPも開設されております・・・。

社員の方、もしこのブログを読まれたらご一報下さい。

頼まれないのに紹介しましたよ・・・。

これで全国から注文が殺到します。

お盆休み返上で製造しなくてはならないかも・・・。

お礼ならこの静カッターを5枚ほど郵送して頂ければ

結構ですヨ♪待ってマーッス♪


おっほん♪さて、

なぜこのダイヤモンドカッターが選ばれたか・・・?

順を追って説明しましょう。

まずは外観を見ていきます。

ダイヤモンドカッター フランジ付 M10ネジ Φ125 全景

軽量化のためか円形の肉抜きがなされています。

高速で回転するモノ、応力の掛かるモノに肉抜きや

形状設計をする場合、この円形が、つまりは円が

とても重要な形状である事を憶えていて下さい。

円は極めて優れた切り抜き形状であります。

その強度たるや・・・、三角四角の比ではありません。

ダイヤモンドカッター フランジ付 M10ネジ Φ125 確かに高音が抑えられている・・・

ちなみに、この刃の前は三京ダイヤモンドの

同形状ダイヤモンドカッターを使用していましたが、

残念な事に廃番になってしまいました・・・。

なぜ廃番になったのか、其れはある理由からです。

しかし、それは

   この刃物の最大の売り!!!


なんと、

ダイヤモンドカッター フランジ付 M10ネジ Φ125 M10 コレがミソ!

Φ125(直径が125mm)で、フランジの取付ネジ径が


M16でなく、M10である事!!!




いいね、最高。



競合他社の製品は125タイプは、

全てM16なのだ!!!!

このアドバンテージはデカイ!!!

でも売りに出来ない事情もあるのだ。

察して下され・・・。

違法じゃないよ、名誉のためにも書くけど・・・。






知っている人は知っているのだが、コレを取り付ける

機械はコレ・・・、

サンダー それはΦ100用

サンダーさんです。

まあ、ディスクグラインダーって言うのが正式かも・・・。

(余り推奨しませんが)片手で操作出来る

切断・研磨機であります。


実は、我々が普段使っている機械は刃物直径Φ105用でして、

回転部分のネジの大きさがM10と言う規格であります。

基本的にはΦ125の刃物を使いたい時はワンランク上の

機械を求めなくてはなりません。(Φ125用等)

Φ125用の機械は取り付けネジ径はM16であります。

コスト面、凡用度、重量面からもM10の機種を皆が

求めます。従って刃物もΦ105を標準とし、工夫しながら

いろんなモノを切っています。



”コイツにΦ125の

    フランジ付(コーナーカット)が付けば・・・。”


そんな夢を叶えるのが”静カッターフランジ付き”。



ちなみに、

コーナーカットとは、刃物背面に余計な突起物が無く、

一番端っこから切断可能な刃物の事です。

通常の刃の形状ですと、裏面に刃を取付固定するための

円形のナットが装着されます。その為壁と平行して

ギリギリまで切りたい・・・てのは無理です!

ナットの分までオフセットしてしまいます。




ダイヤモンドカッター フランジ付 M10ネジ Φ125 裏面フラット コーナーカット可

見て下さい!

フランジを装着する事により

裏面には突起物ナッシングです♪



コレにより直径が小さな刃物でも、刃の角度を変えずに

平坦な断面を得る事が容易に出来ます。



そりゃ直径12インチのエンジンカッターを持っていれば

一発で斜め切りとか出来ますよ。

無いんだから・・・、

それに重たいでしょ・・・、

腰痛になっちゃうよ・・・、



ほっしいな~♪

エンジンカッターの大きいヤツ!

噴霧器か集塵機のつくタイプ!

結構高いし・・・。

そうだ、静カッターの話に戻ろう。



ダイヤモンドカッター フランジ付 M10ネジ Φ125 ロックタイトが塗ってある

値段は実売13,000円程度・・・。

ネットならもう少し安いのですが、

なんせこの手のカッターが見つからなくて・・・。

商社にかなり探させました・・・。

今回はそのお駄賃代わりに高いけど購入。

コーナーカットはとても便利なモノで、

現場では大変重宝します。

直径が105mmのモノと125mmのモノ・・・、

微々たる違いですが施工精度と速度において

決定的な差があります。

1施工単位当たりの作業時間の短縮、

誰でも簡単に決められた施工精度を出せる

ワーカビリティ・・・。

後はコレに安全を加えたい所です・・・が、

完全な対応は出来ません。

安定した状態で、安定した姿勢、そして

必ず保護具を付ける事!!!

そうすれば事故は限りなく起きにくい状況になります。





我がプロジェクトでは4機のサンダーさんが活躍中で

あります。

1.ワイヤーカップ着用仕様(メタル掃除)

2.切断と石(スーパー雷鳥)着用仕様(旧配筋切断)

3.ダイヤモンドカッター(1枚200円、結構切れる)着用仕様(スジ付サイコロ切)

4.そして静カッター着用仕様(コーナーカット、縁石角度切)

刃の交換取付時間を惜しむこの工程管理・・・。





”みんな、ついてきてる?”

昔は、確かに良かったよ・・・。

日暮らしで良かったんだ、

いや、そうだったらしい・・・。

余裕があったよ、

予算にも、工程にも・・・

でも今は違うよ!



あなた達に原価管理しろとは言わない・・・、

でもコストと危機意識は持ってちょうだい♪

”やばい!”なんて言葉じゃなくて、

問題点を自分で見付けて、皆で改善してちょうだい♪




我々も説明が足らないかも知れん。

易きに軽んじる傾向もある、それでも、

”正”に向かって、

    進もうじゃないか!


逆風の中でも、腐らず、悪びれることなく、

黙々と朗らかに・・・。



便利な道具とちょっとした工夫で、

皆の肉体的疲労と精神的苦痛を

取り去る事が出来れば、

それは安い買い物であると、

青トラは思う・・・。






でも~♪

原価管理と見合わない時は、

自腹で買っちゃうよ♪














現ナマ勝負だ!!!





負けないぜ!!!


(えっ、誰と戦っているの?)












ちゅう方向で!!!





スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aotorajet.blog99.fc2.com/tb.php/123-52e2e333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。