いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもなら言の葉、でも今回は記録に残す。広上淳一のマーラー!

シトシト、しとしと・・・。

春の雨が乾いた空気に空気の旨さを充満させてくれる。

花粉症ではないと判明した青トラはいつものように

窓全開で春の夜長をモヤモヤしながらネットを見ていた。

それにも飽きて今度はTVのリモコンをポチポチ・・・。

無意味なザッピング。

しかし今日は違った。

皆さんも覚えがあるかもしれないが自分のお気に入りの音楽は

そうだな・・・2秒中間のフレーズを聴くだけでも、

おっ、とか、おやっとか思ってチャンネルをそこに合わせるでしょ。

その時、青トラはたった2音を聞き逃さなかった。

馬鹿にされるかもしれないが、音楽には疎い。

ただ、たった一人の音楽について日本で何十人かに残る自信がある。

13才の頃から聞いている。

そして今でも聞いている。

同じタイトルを4パターン所有。









すなわち、




オーケストラ


たぶんNHKの番組

広上淳一

京都の交響楽団

グスタフマーラー

交響曲 第1番 巨人

なのである。



リモコン パチパチ・・・・。



おっ、マーラーか・・・

あれ?

いい音出してんな・・・。

なんだ???この指揮者!

すごくない?

いや、コイツは今のところ日本一のマーラーかも!

(朝比奈さんごめんなさい)

失礼だがこの指揮者については全く存じ上げない!






青トラのクラシックは20年前からその時を止めています。

好きだった頃の演奏をCDで聞き続けるスタイル。

演奏会には1回だけ行ったことがあるだけ。

その時もあまりのふがいなさに肩を落として家に帰ったのを

思い出す。

何がふがいなかったって?

だって全然違うんだもの・・・俺が持っていたCD達と・・・。

楽器を演奏するわけでもない、

歌が上手いわけではない、

音譜が読める訳じゃない、

ただ、1日何時間も、毎日毎日マーラーを聴き続け

全9曲の交響曲と大地の歌をマイバイブルとし

交響曲だけで4人の指揮者による演奏(10曲*4人=40セットのCD)

天下の名盤CDを数十枚。

バカ長いマーラーの交響曲達をヘビロテ。

それはスーパーイントロドンでも優勝間違いなしなほど

聞き込んでおります。

最初はサー・ゲオルグ・ショルティ+ロンドンフィル。

このころはCD黎明期で発売されたCDがたった1冊のカタログで

(確か1cmぐらいの厚さだった)全CDタイトルを見ることが出来た時代。

そしてカラヤンとウイーン、ベルリン・・・ここらヘンからミーハー街道

まっしぐらでしょ♪

そしてワルター、レニーに続きます。


情緒豊かに


青トラがポチッたのは第2楽章の始め。

ものの数分で青トラがTVに釘付け!!!

禿げたおじさんがものすごい笑顔で踊る踊る!

一面の花畑、心躍る春の風が花びらを舞い散らす。

生きる喜び、自然への賛歌がそこにある・・・。

そんな第2楽章を情緒豊かに表現する彼の姿は

まさに花畑で戯れるおじさん!!!

演奏だって表現が豊かなせいかミスタッチが気にならない!

何音かはハンニバルレクターが聞いていたら

ガーリックバターでソテーされそうだがココは日本。

レクターはいない。

でも重要なのは人を引きつける演奏であること。

あの名手も、あの楽団も実は間違いするのヨ!

でもそれを超越する表現が彼らの評価を下げさせないのヨ!

日本でも可能なのかと思わせる演奏だった!


(ド素人がこんな事言ってイイものやら・・・)


タコ


第2楽章から第3楽章への小休止、

その表現に磨きが掛かった。

第二楽章が花畑なら第三楽章は葬儀の行進。

彼の顔から笑顔が消え、顔に険しささえ見えてくる。

袖や襟を気にし、その手つきは葬儀に参列する前に

襟を正す仕草にも似ている。

そして片手を額からあごに当て涙をぬぐう仕草。

棒を振って第3楽章スタート・・・・。

重い・・・重い空気があたりを包み込む・・・。

何度か見せる涙をぬぐう仕草。

しかしぬぐう度に、顔は上を向き、何かに立ち向かう

第3楽章の全体を示すような表現。





うわー、久しぶりにTVで最後まで聞いちゃったよ・・・・。


恐るべし

広上淳一!!!

あとでググってみよう・・・

(記事書く前にググれ!)





いやはや、


いいね、最高。







ちゅう方向で!



スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。