いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急製作!ビビッと、パクリのパクリ!コロコロ滑車!!

よーし!

今年最後のワカサギボート釣りに行こう!

えっ、今までの手返し重視の短い仕掛けじゃ・・・

広いレンジに対応できない??

長仕掛けを使えって!!!

我がライバル 

 エージェント I もコロコロ滑車作ったって???

よーし!

作っちゃル!

なんかイイの、無いかしら~

検索したら・・・

ありがとう・・・開拓者達・・・先人達よ・・・

青トラ、パクリます。

その人も無断でパくったそうです♪

みんなも、仲良くパくりましょう!





先駆者に敬意を込めて・・・・









すなわち、






コロコロ滑車10

オールパクリだと

なんか寂しいので、

一部オリジナルの、

青トラ ワカサギ コロコロ滑車

完成です!!



さて詳しく見ていきましょう。

コロコロ滑車01

クランプは、アルミ木工用クランプ100mm(75mmも可)を使用。

ホームセンター(セキチュー)にて購入。

穴は、仕事で使っている14.4Vのインパクトに、

ホームセンターで1000円ぐらいの鉄工ドリルセット(6角軸)を装着して

穴あけです。

コツ>安いドリル刃でも切削油を使うと刃持ちがいいですよ~。

   無ければCRC(呉556)でも良いので毎回注油しましょう。


アルミですから施工性はGOOD。

ここのねじはM6を採用。

手締めで操作したかったので、

ノブスターを購入。

黒いつまみのことです。




使用感 追記>ダブルノブスター・・・気温零度でも操作性GOOD!



コロコロ滑車02

クランプと一脚の継ぎ手には、ステンレス曲げ板を採用。

ノブスターを左右に配置したには訳があります。

ノブスターを採用したところは収納時に緩めて

折りたたむ必要がある箇所で、

かじかんだ手でも操作性が良いよう、力が入りやすいように

両手でねじを締められるように、ノブスターダブルなのです。

ねじはM6 25mmのナット、ワッシャ、スプリングワッシャセットを

ホームセンターで購入。



問題は、三脚、一脚等に使われているねじ

   1/4Wの蝶ナットであります。


青トラも探したのですが普通のホームセンターではMシリーズ・・・

M6 M8 M12などのミリ単位のボルトやナットはすぐ見つかるのですが

1/4 3/16等のインチ系のねじ関係パーツを置いているお店が少ないのです。

使用感 追記>ここの蝶ねじ・・・緩みやすい

          ねじロック塗布だけではちょっと寂しい

          ノブスターに出来ないかな・・・検討中。


ドデカホームセンターに探しに行ってもイイですけど、

青トラは半径30kmにどでかいホームセンターがなかったので、

ショーが無く、モノタローでワンパック買いました。600円もした・・・。


それにしても、一脚の足を使うとは思いつきませんでした・・・。

コレの良いことは

1.アルミ製で軽い!

2.雲台(カメラを乗せるところ)が自在に動く!

3. それにねじがもう着いている!1/4W

4.伸び縮みがかーんタン♪

5、安い!


エージェント I は、のぼり旗の伸縮ポールで作っていました。

それをアルミアングルにつけたちょっと厚めの木材に

配管Uバンドで固定していました。

コロコロ滑車04

ハイここが肝心要のコロコロ部!

コロコロは農業系ホームセンターにて購入!

こちらで言うファームドゥっていうホームセンターですね。

どうも、ホースやロープを引き回すのに使う資材らしく、

このコロコロに金棒とガイドプレートが付いてきました。

コロコロの中心の穴の径は9mm!

今回採用の軸は6mm全ねじを採用。

9mmでも良かったが軽量化と、各種穴あけで9mmの穴を

開けるためにドリルの刃を買うのが馬鹿らしくて却下。

径が足らない分はビニルテープを巻いて調整。

両サイドはダブルナット+ねじロック剤でねじロック。

コロコロ滑車03

皆さん悩むと思うのが、

どうやって、一脚の足とコロコロを接続するかって事だと思います。

コロコロからステンレスL金具で方向を変えるまではイイですよね。

青トラは、

フライス盤(自慢♪)を持っていますので、継ぎ手金物を真鍮で

自作~♪

まずは写真で見ていきましょう。

コロコロ滑車07

この一脚の足はアルミですがリブ形状が独特。

このつぶれ具合を利用してコの字に加工。

つぶれ方向で9mm強。

つぶれてない外径で10.5mmぐらい。

ちなみに、コレが、青トラ一人で作った初めての

フライス加工品です♪(パチパチパチっ!)



うーんフライスは段取りが大変!

全くの独学なので、各種参考書を読み返しますが、

2ページも読むと眠くなるタチなので、

どうも要領を得ません。

加工順序もよーく考えないと無駄になる加工もアリ♪

真鍮は、快削真鍮の20mm。

エンドミル(ドリルの刃みたいなモノで側面でも切削可能)は

10mmと16mmを使用(フライスのセットに入っていました)。

穴はフライスでドリルアダプターを使用し3.2mm(M3用)と

6mm(M6用)の穴を開けました。

それにしても、金属を削るって、ヘンな心地よさがあります。

2時間ぐらいあっという間・・・。

この形状ならば、折りたたみも可能になります。

フライス盤のない人は???

大丈夫です。


未確認ですが、釣り具の上州屋にへら用金物として

真鍮製のローレット加工・ねじ加工済みのモノが400塩ぐらいで

売っているそうです。



30マソも出してフライス盤を買う必要はありません!

間違っても金属加工の経験が全くないのに、何か夢を見て

旋盤やフライス盤を買わないように!!

アマチャン熟練工への道は、こちら♪


宝の持ち腐れ・・・・

ブタに真珠・・・・

青トラに旋盤・フライス・・・




上州屋金具 写真>>コロコロ 一脚 で検索!!


コロコロ滑車11

イイね!

こんなモンかな!

よーし!!

それでは、

最高(最適)な一脚をご紹介。

ケンコーの一脚ですね。

このケンコさん、よく考えたら青トラのカメラ系資材に

ちょくちょく登場(所有)しているメーカーなんですね。

華奢なイメージがありましたが、各資材とも必要十分な

強度となかなか壊れない(壊れても痛くない価格)のが

嬉しいパーツ類なんですね~♪





一番安いくせに、要所要所が金属製!

雲台も金属製!

しかもカメラの一脚としては少し小さめですが

ワカサギ釣りのコロコロの柱としてはコンパクトなのに、

グイーーーンと必要十分に伸びる!!

コレは、ワカサギ専用設計の一脚

    と言って良いのでは?!  


使わないけど、収納袋も付いてきます。

他メーカーは雲台が別売りなのが多いカモ・・・。



うーん、アフェった♪ 青トラの商売上手♪

でも、青トラは、自分で買ってお値段以上と思ったモノ、

誰かに教わっておけば良かったって、思ったモノしか、

お勧めしません。

それが、青トラのルール。

一個人の意見です、でもお仕事でもそうですが、

仕事が終わってしばらくして、会心の笑みで迎えてくれる

お客さんを見たいんですよ、青トラは!!

それには、自分の経験、伝えること、重要!!






そして名脇役もご紹介!!




ノブスターです。

ボルトやナットを手で回すことが出来るツール!

自分でボルトオンパーツを作る人は知っている!!

サイズはM6~有ります!

自作派はまとめ買いをお勧め(送料がお得)。

青トラは、各サイズを10コづつ購入済み!

今度、ボートエース(樹脂製の舟)のフロートを

ステンレスパイプで繋いで本体を固定するのに使います!

ワカサギ釣り本番は寒い時期に集中します。

かじかんだ手でも操作性の良い大きめの操作系は、

何にもまして釣り現場で有利~。





コレがないと始まらない・・・・




コレばかりはホームセンターの方が安い!!



とても軽くて、穴も開けやすいので、

ボート用に、桟橋用に、氷上用に・・・・

いろいろなアタッチメントを作っておくといいかも。


ちなみに青トラ、

ボッシュの3.6V電動ドリルに、

10mm?ディープソケット(六角軸)の先端10mmを

高速と石切断機で真ん中切り込み入れたモノで

電動ねじ巻きしています♪

(蝶ねじ回しソケットの自作??)

コレには 釣り友の会メンバーも呆れています。


しつこいようですが、

近所にホームセンターが有ればまずはそちらで

素材探しをしてください。

その方がだいたい安いですよ。

超大型ホームセンターは比較的お値段も高めなので、

青トラも滅多なことがない限り利用しません。

むしろ遠くまで車等で移動するならネットで購入します。


さて、今週末は、デカワカサギ(15cm級)を

釣ってきま~す♪


釣行追記>行ってきました勤労感謝の日に!

       15cmは無理でしたが、アベレージ10cm越え、

       しかもまるまるパンパンのワカサギさんの横走り、

       水深21mからのお楽しみ巻き上げタイムを堪能しつつ、

       釣行終了♪
      
       今日はマス釣りの方も爆釣だったようです!

       ルアーマンの方が一投・1ヒットを連発しているのを見て

       ちょっと嬉しくなった青トラでした。

       休日だったけど人が少なく、雨降る中でがんばった

       釣り人達にちょっと早めのボーナス的な一日・・・。

       スキー場の花火打ち上げ音にビッビた青トラ♪

       お隣のスキー場も本日オーペンだったそうな・・・。

       

       今度、ボートを整備して、神流湖に行ってみたいな♪
 
       新井さんのお店(新勝流)にも行ってみたいな♪

       来年もピットの鮎大会に出て1匹でもイイから釣り上げたいな♪

       いやあ、来年も楽しみだのぉ~。


       とりあえず年内の釣行は・・・

       有りません♪

       (たぶん、でも、だって、行くかな?!)




       現プロジェクトに集中せよ、

       年内に新規物件の契約(2件)をまとめよ、

       やることは多々ある・・・。

       遊ぶ・・・働く・・・

       うんと遊ぶ・・・かなり働いて稼ぐ・・・

       いいね、最高。

   
       (ここらヘンがこのブログの○○なところ・・・)

       

       
   
      

       


ちゅう方向で!!


以上、緊急製作報告終了!!

パくる人は、拍手をお願いします♪(パくらなくとも拍手OKィ♪)

          ↓  ↓  ↓

スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

スバルのやってのけた事、海釣りが楽~ぅになったよ、アイサイトVer.2♪

追記有り!2014年10月末日!


また始まりました・・・。


何かって言えば、新たなプロジェクトです。

去年お世話になった例の畑のプロジェクト・・・。

地元のアツイ要望を受けて今年も・・・


”また良い畑、作ろうよ♪パート3工事”



プロジェクトスタートです!!


天の声があった数十年前ならまだしも、

がつがつたたき合って入札しあうこのご時世に3年連続、

このプロジェクトに参加できることを

ここに喜びと、落胆 驚嘆の意を込めここに記します。






 初年度は、我が先輩Tが下請け会社として参加!

元請けといろいろなしがらみをくぐり抜け完成、

そして表彰を受けます。

先輩Tはコミュニュケーションの達人。

達人なのです!!!!

そのあとのことは書きません!

(本人がこのブログを見ているので♪)





 2年目は青トラ担当!

誰も手を挙げない(入札したがらない)狭矮で急勾配な現場。

しかも小さいくせに(2ヘクタール)が分割されて、

休耕畑ばっかり、しかも一部は雑林化している

とんでもない現場でした・・・。

こうゆう物件が好きなのか、我が社の営業は喜んで受注!

しっかも、

工事金額も大きくなり2分割されトホホの隣接工事扱いに・・・。

(その1工事とその2工事が隣接していると、受注者が同じ場合、

経費が1割削減されるのだ、つまりは普通にやっても粗利1割減の

究極の罰*罰ゲームなのです。)

だが、初年度のT先輩のがんばりと、2年目のお調子者青トラの

地元優先・設計無視の現場運営で地元より多大なご支持を受け

無事工事を完了できました。

地元の委員会の方々に色々ご指導を受け・・・、

スーパーオペレーターKの畑の神の教えを胸に刻み・・・、


地元の方から

”次の工事も青トラさんのところで出来ないの?”



との言葉も頂き、2年目を終えたところでした・・・。









地元の投票方式の入札制度なら我が社、落札間違いなしです。

しかし地元の要望が強かろうと、支持が全くなくとも受注できるのが

今の工事入札システムなのです!

どんな最低な人智にも劣る工事をしても安い価格を入れれば

仕事が取れちゃうのです♪

一部工事に過去の工事の実績を評価し、優秀な施工者に

入札に有利にした入札システムもございますが、

はっきり言って大手建設会社に利益誘導するような仕組みでございます。

簡単に言えば発注者が喜びそうな仕事をすると工事評定が

グッと上がり、高得点により表彰対象に・・・。

表彰もポイント化され

入札金額が高くても逆転落札・・・なんてカンジです。

ここでキーポイントは発注者が喜ぶ仕事をすれば高得点ゲットなのです。

現場の出来・品質は、規格で評定されます。

そもそも・・・・




(一部記事に不適切な発言がございました、身の危険を感じ削除します。)




という具合ですよ・・・。

一般論ですよ・・・、現プロジェクトのことではありませんのであしからず・・・。





規格という最低限度の決まり事が

クリアできていれば

安い方が良いって考え方・・・。






皆さんが判断してください。

好きでしょ、最安値って・・・。

いいですか?

規格って最低限度のどーしょうもないラインなんですよ。

抜け道もいっぱいあるし・・・・。


昔は現場上がりの発注者の担当がいたりして、技術的・現場的な

つっこみを建設業者に入れてくる方々もいました。

現在ですか?

机上の空論家が多いこと、多いこと・・・。

もう少し、業者の手の内を読んで欲しいですね・・・。

いや、手の内でなく、本当にいいものを作る為の工夫や技術・・・。

本当にその規格でいいのか!

標準構造図の落とし穴は!

規格と耕作者の利便性を両立させる畑とは!?

他社の追従を許さない満足度90%のほ場とは!?
(100パーは無理、一生無理、気分は110パー、他工区は30以下か・・・)


誰でもいいから我がほ場(畑)現場に来て♪

案内しますから・・・

チョコと黒飴、あったかいおーいお茶と

冷え冷えクリームソーダをご用意してありますから・・・

機嫌がよければ1時間の現場ガイドを承ります♪



だーれも来ないのよ、我がプロジェクト・・・・とほほ~。



日本一、人徳のない現場馬鹿ん督、青トラ・・・。

営業よ、敬愛なる部長よ、経営陣よ・・・。

見にこいやぁ~!!!


あれ、この書き方だと現場馬鹿みたいでかっこいいな♪

現場馬鹿ではなく、バカな監督ですから、青トラは!









話がそれましたが、

結論から言えば、青トラがスゴイのじゃなく

この工事の土工事を施工してくれている

スーパーオペレーターKがとてつもなく凄く、

彼の”教え”を実践していることなのです。

職人がどんなに優秀でも、その上に立つ(語弊があるな)

現場監督が無能なら

通常は普通の工事なのです。

少なくとも青トラは天下一品の無能なので(自信があります♪)、

無能な現場監督を上手く操作し、元請け会社の、地元・発注者の

完全なる信頼を構築した

スーパーオペレーターKの ”畑の神の教え” は

劇薬であり唯一の教えなのです。

Kの教えの唯一の弱点は(たくさんの問題があるな!)、一からその畑を

設計し直さないといけません。

軽微な設計変更は畑のプロジェクトではざらです。

そもそも土と水が相手ですからお天道様に聞きながら設計変更しますが、

全く別物の現場に仕上げるとなると話は別です。

道路・排水・畑の諸条件をすべて整合させて設計することの苦労は

景気のよかった、仕事をすれば儲かった時代に、2人以上の現場監督のいる

現場ならたやすいかもしれません。

しかし我が現場は無能な青トラ一人・・・

現場で七転八倒、

夜な夜なPCに向かい、

何枚も何枚も図面を書き直し

(整合を確認するため、発注者にプレゼンするため)

Kの教えとの答え合わせをしながら現場を進めて行きました・・・・。

やっとこさ、現場を終わらせ、

もう二度とこんな現場嫌だと思っていた矢先、


○○が次期工事を受注したってさ♪

なんて話が聞こえていました。






 3年目の夏・・・・。

一つの非正規のオファーが舞い込みます。

青トラさんのトコロで次の工事の下請けに入ってよ。

えええええ!ううううーーーーん。まじで・・・。

その後、我が社が元請けにオファーという形で下請けに。

コンプライアンスは取れてるけど・・・・。

青トラ的には微妙・・・。

結局、3年目の秋、青トラの会社が下請けになりました。


”また良い畑、作ろうよ♪パート3工事”


3年目なんだから今度こそ

スーパーオペレーターKをコントロールするぞ!!!!

やっちゃル!絶対やっちゃル!!!

負けてなるモノか!




結局、

この長文で何を言いたかったのって言うと・・・

2月いっぱいは青トラ忙しいよ、

って事。





農家大満足の畑を作る(あくまで90パー)。

その現場の条件で作る。

他社?

ふっふっふ。

ありゃ、大失敗だな♪

作り土直下の小石をどう処理するか、

ましてや作り土と表土の違い、使える黒土と

混ぜるな危険の黒土の違いを分からないとは・・・。

ド素人以下だな、大昔の土建屋オペの典型♪


性格悪♪>青トラ。







畑のプロジェクトも基準となる丁張りも出て、

Kが土工を始めております。

11月1日から土工事をスタート。

本日11月17日。

17日目の作業(休み無し)を終えたところでしょう。

日曜日に、1日現場を離れた青トラ、

明日、現場ががらりと変わっていることでしょう。

現場を離れてどこに行ったか?













ここからが本番!!

新潟は、能生に海釣りです♪


我が住まいは群馬県北部山間部。

新潟には高速道路と一般道を利用して移動します。

関越自動車道 六日町インターを降りて

国道253号線をひたすら上越(直江津港)に向かって走ります。





上越・直江津港まで高速道路で行かないの?って方!

はい、ここでお得情報!!!

実はこの国道253号、

海釣りにとっての夢の一本道なのです!

是非地図でご確認ください。

まさに一本道!!!

我が家から直江津港までだいたい150kmぐらい。

夢の中速道路(!?)国道253号・・・

お勧めなんだな~♪

夜の253号は、フイッシングハイウエイ!!

たぶん走っている車はグンマから釣りに行く人ばっかり(ウソ)。

高速乗るより速いし、安いし、すぐ着くし・・・。

夢の海釣り気分ハイ・ウエイ253号、紅葉もGOODでしたよ~。

実は、紅葉で有名な写真撮影スポットも・・・・。

台風被害で工事を行っていて交通規制もあるけど迂回路が

分かりやすいから大丈夫。





何故能生に行くのに、直江津港に行くかというと

オールナイトで営業している釣具屋さんが

直江津港に集中しているんですね。

青トラの釣りはサビキ釣りですからコマセエサが必要です。

仕事が終わったあと、午後7時頃自宅を出ます。

コマセは冷凍されていて解けると素晴らしい!!匂いがするので

現地で調達して密閉できる容器に入れて運搬します。

海無し県の我が県では海釣りの仕掛けも限られますから

夜遅くまでやっている釣具屋さんのある直江津は、

まさに我らが海釣りのベースキャンプなのです。

そうだ!

もう一つお勧め情報!”

お弁当買うなら新潟のナルス!!

ナルス!!

地元のスーパーなのですが、

24時間営業の店舗がありともかくお弁当が旨い!

しかもPM10時ごろにお弁当半額セールが始まり

まさにお祭り!

夜のスーパーの一角で人だかりが出来る人気ぶり。

お弁当のお米が、ご飯が冷えてもおいしいの♪

新潟だからかお米が旨い!

冷えたお弁当がここまで旨いのは新潟ならでは・・・。

焼きそばも油っぽくないし、肉団子もやみつきになる旨さ!

しかもレジ脇にでっかい製氷器があって

ちょっと大きめの袋に氷が貰えるGOODサービス。

でも皆さん、クーラーボックスを持ち込んで氷を貰っちゃいけません。

マナー違反です。

付属の袋でお一人様、一袋限りです。

いやー、コンビニでお弁当やおつまみ、ビールを買うのが

馬鹿らしくなりますよ♪

・・・・・・。

うん?

何の記事だ?

ああそうだ、車だ。

愛車のインプレをお届けせねば・・・。



アウトバックで検索された方・・・・

お待ちかね・・・・

あまり役に立つかどうか・・・

一個人の意見ですから・・・・





ここから我が”黒バック”のインプレですよ!

ここから読めば用は済みます。



まずは、最近買った我が愛車を紹介しましょう。





すなわち、



1


スバル レガシィアウトバック (BR9)

2.5 アイサイト Sパッケージ

だそうです。


まずはカタログチックに・・・・

  • エンジン

    2.5ℓ DOHC

  • 駆動方式
    [トランスミッション]

    AWD[リニアトロニック]

  • 最高出力[ネット]

    127kW(173PS)/5600rpm

  • 最大トルク[ネット]

    235N・m(24.0kg・m)/4100rpm

  • JC08モード燃費

    12.4km/ℓ

  • 10・15モード燃費

    13.2km/ℓ

疑問に思うのは・・・

AWDリニアトロニックってなんだい?

燃費は本当なの?

ってトコロでしょうか。


AWDは頭のいい4輪駆動車の意味。

リニアなんとかは、オートマミッションで、

チェーンを使ったオートマのことらしいです。

燃費は、慣らし中ですがただいま5タンク目で

11.8km/リットルぐらい。

2.5リットルエンジンではいい方じゃないかと思います。

しかもレギュラー仕様だし・・・。

馬力についてですが、173PS・・・。

コレをどう考えるかですが、青トラは軽トラ、

ツインターボのアリスト280PSに乗っていました。

そんな青トラが言いますヨ!

はっきり言って十分!

不足無し、不満無し、高速道路でもその半分も必要ありません。

かといって100PS以下では満足しないんでしょうけど・・・。

山道、高速、町乗り、力不足を感じることはありませんね・・・。

たぶん一昔前の馬力とは比較にならないほど効率よく

さほど馬力を必要としない走りを実現しているのだと思います。

このクラスではかなり軽い車体ですしね。

そしてこのオートマ・・・

滑らかですね~。

唯一気に入らないのが発進時にパーキングやバックから

ドライブにチェンジしたときほんの少し、そうほんの少しだけ

タイムラグがあること・・・。

許容範囲ですけどね。



ここで青トラの仕様をご紹介。

◆ナビはマッキントッシュサウンドシステム(音が良いはず)を採用しましたので

  画面のデカイ純正ですね。(結構お高い)

◆本革シートを選択。本革シート大好き!

 

◆サンルーフは付けませんでした。はっきり言って要らない!

◆荷室関係では、カーゴトレイマットを敷き込み、

  ステンレス製のカーゴルームプレート・カーゴステッププレートを付け。

  多少のぬれモノオッケイ!

  ワカサギのカタツムリテントも乗せるのでバンパーのトコロにもステンのカバー!

◆ナビ連動ETC(情けないのは、しゃべらないの!このETC!)。

 代わりにナビがしゃべります。

◆運転がへたなのでフロントコーナーセンサー(実は要らなかったかも)。

 初めての暗くてほっそい夜道に効果的!!

 どんどん運転が下手になっちゃう!

◆純正エンジンスターター(本当に意味無い!!)

 コレは価値がない!社外製でもっと遠くからエンジンスタートできなければ

 全く意味がない!一番後悔したオプション!

◆SUBARUホーン(音がイイらしい、鳴さないので分からない)。

 いやらしい音はしません♪

◆フレキシブルタワーバー(フロント)。

 違いは・・・いやいやミーハーですから・・・。

◆ナビが運転中に使えるキット。

 スイッチボタンを押さないと運転中ナビ操作はできないのが残念。

 スイッチを押すことで停止していると指令を出すので、

 GPSを補足しなくなります。

◆ガラス系ボデーコート。

 社外でペイントプレーティングあたりの方がいいかも・・・。

◆お腹周りちょっとイイ黒吹き塗装(3M系)

こんなモンかな・・・・。

オプションは。






オプションだけで結構な金額でした・・・。

それでも販売後のオプションに関する、いや、

車体本体に対する説明は一切!一切ありませんでした。

オプションに関しては、センサースイッチの位置すら説明しないため、

しばらく意味不明のスイッチがハンドル下にあった状態・・・。

ナビ運転中操作可能切り替えスイッチは、ダッシボード裏に貼り付け!

振動でぽろりと落ちたのを青トラが発見し、コレなんですか?で、

スイッチがあることが判明!

(それまで運転中にナビ操作できなかったの・・・♪)

ね、楽しいでしょ、俺のSUBARUの担当営業さん!

この件で、青トラは一切、クレームを付けていません。

だってこの車を選んだのは青トラですもの、

たまたまついてきた担当営業は書類作成員と考えれば、

腹も立ちません。

SUBARUの営業職の方、このブログを読んで不快に思うかな??

一番恐ろしいのは相手にされないことだって事を思い知るがいい!

そのうち彼は誰かから大クレームを受けるだろう・・・、

所長を連れてこい的なカスタマーを引き当てるだろう。

青トラは車検の度に彼が事業所にいることを、首になっていないことを、

願うばかりであります♪







さて実写、もとい、実車・・・。

アウトバック AS F kuro


正式略称は、”黒バック”に決定。




外観で一言言うなら、

いいね、最高。





フロントマスクをもっと悪顔にした方がいいと思うけど、

それだと中高年が買わなくなるのでいたしかたないかと思います。

ボンネットの左右のふくらみ(エラ?)が、

運転席から目立ちますが、このエラが不思議なことに

前方の見切りが格段によくなります。

簡単に言うと、車の鼻先が手に取るように分かるみたいな感じ。

運転へたくその青トラが言います。

”この車は、運転しやすい!

    大きさにデメリットは無い!”


普段軽トラを乗り回す青トラです。

会社から渡されている車はADバン。

取り回し的には、ADバンと大差有りません(ホントに♪)




側面のカンジは、大きさを感じられるのでGOOD。

ファミリーカーにはない雰囲気がいいと思います。

大きさや利便性だけならファミリーカーや

でっかめのラグジュアリー(?)ワンボックスも

候補に挙がりましたが、SUVってアクティブさが

今回の選択に大きく貢献しているのです(自己満足?)。

”ファミリーカーとは違うのだよ、チミっ!”

ってカンジ・・・分かります?


後ろ姿は、スバルとトヨタの中間的なカンジ。

要望としては、後ろ姿に強烈な個性を出せれば、

スバルデザインもいいと思います。



ボディーカラーは、クリスタルブラックシリカにしました。

クリスタル  鉛の入ったガラス

ブラック   黒い

シリカ  石英的な

こういう事でいいんですか、スバルさん?

実際、薄めの黒でキラキラフレークが見て取れます。

真っ黒より多少、汚れが目立たないというか、擦り傷も

目立たないというか・・・。

やっぱり洗浄キズ目立つかも・・・。


実際、一目惚れと衝動買いだったので文句は言いません。

いい色じゃないですか!

本当はパールホワイトと悩んだんですよ・・・。

でもエージェントI(専務とも言う)がパールホワイトなんです。

グレードも同じなので・・・

あえて黒にした感もあります。

白もキレイですよ~。

品も出ますしね・・・・。

ボリュウム感も白はGOOD!

でも黒!!



海釣りで、チョイ投げコマセかご釣り・・・

チョイ投げ時に、車にオキアミがたっぷりとかかり・・・

潮風で真っ白、

おまけに振りかぶった時にオモリがコツンコツンとドアをノック。

うーん、まさに海釣り仕様!!

黒は、海釣りには向かないですね♪(キッパリ)

でも粋でしょ、黒って♪



濃色特有の外装の剥離(偏見かもしれませんが)は、

保管が車庫内なので多少は防げるかと思います。

普段、乗り出さないので・・・。



外観はこんな感じ。

外観の得点は100点満点中、86点かな。

(青トラのこの評定は75点以上が表彰対象、

  80点以上が局長表彰対象で有ることをここに期す。)

↑ 一部の方々のみ理解可能♪90点は超えません!






内装に移りましょう。


購入時にこだわったカーゴスペースは?

荷台周り01 ラバーマット


セダンに比ぶれば、そりゃ広い。

2名程度の道具仕立てばりばりの釣り師でもOKですよ。

いざとなったら後部座席を倒して後部を全部荷室に出来る

訳だし・・・。

何故ツーリングワゴンを選択しなかったの?って聞かれれば・・・

アウトバックの方が、車高が高いって言うのが理由です。

こちらは北部山間部、ヘンなエアロ的リップは、雪を押して

ぱきぱき欠けてしまいますし、釣り師用ですから、

石のゴロゴロ下川原にも寄せたいし、

除雪されていない丸秘湖に氷上釣りに行かなければなりません。

昔、走り屋風な感じはツーリングワゴンってイメージ。

良いおじさんがゆっくり乗るのがアウトバック。

私は良いおじさんでありたいので、アウトバック!?



荷台を見てください。シェードがありますね。

標準装備の荷物隠しのシェードは目隠しとしては必要有りません。

目隠しとしてはガラスがえらく黒くて車の中は、見えません。

しかしUV(太陽光)カットとしては必要ありかと思います。

いかんせん、釣り具用品は太陽光に弱い!!!

使わないのならなるべく太陽光には当てないこと!

絶対ですね・・・。

ちなみに、このシェードは見事にこの荷台のマットの下に収まります。

荷台周り04 でかいクーラー


手持ちのコールマンのデカイクーラーがキレイに収まります。

50リットルだっけか?

このクーラーの保冷力は半端じゃないですよ。

コレに関しては実売3~4万円のダイワやシマノのそれを凌駕します。

デカイですけど、作りが単純で蓋にパッキンがないけど・・・お勧め!

単純だけど、しっかりした作り、丈夫ってなるとアメリカ人のデザインって

素敵ですね~。

会社で毎年するキャンプ大会(?)では大活躍のこのクーラー!

氷は買っては駄目ですよ!

行きつけのスーパーに前もって連絡すれば、たっぷりと

氷が貰えます♪

その代わりジュースや野菜やお肉をそこで買ってください♪

相談すれば業務用のお徳用楽々焼き鳥やフランクフルトも

売ってくれますよ。

青トラはもっぱら1.5リットルペットボトル氷使用です。

3本も有ればだいたいOK!

過冷却を避けたいときは置き方を工夫します。

新聞紙に包むのもGOOD!




アウトバック 荷台05

まだ余裕がありますね。

ここでコールマンに提案です。

蓋の上にカップホルダーを付けたのなら、昔の工具箱よろしく

蓋が水平スライドできるようにしたらどう?

蓋を開けるのにジュースをどけるのってちょっと面倒でしょ。

テーブルとしても優れたクーラーなんだからそこんところヨロシク♪

アウトバック 荷台06

もう一つ、クーラーボックス登場。

こちらは趣味製の高いクーラー。

スチールベルトシリーズ!

まさに鉄!

でも色と昔懐かしな素材感がGOOOOD!

表面はエンボス加工で細かい凹凸があります。

そのおかげで落ち着いた色に仕上がっています。

緑大好きな青トラ・・・緑トラにしないのが不思議なくらい・・・

取っ手や金具に昔懐かしの金属的ガチャコン感があり・・・

いいね、最高。

万人にお勧めしません。

でも自慢できるいい品です。





輸入品のため、持っている人が少ないのがいい!

そして誰も選ばないこの色!!

コールマンの赤いステッカーを貼って使用しています。




人気なのは、このタイプ♪



いかにもアメリカって感じが青トラの心をくすぐりましたが、

敢えてここを外して緑色に行くのが青トラ流!

コレにステッカーチューンしたらかっこいいだろうな~。

たぶんそのうち、買うな>青トラ。



このあたりはコールマン好きにはたまらない!?

ダークレッドなクーラーボックス!



いい赤だ!

コレも欲しいな~。

昔のペプシのステッカー貼りたいねえ~。

お店のディスプレイにもお勧めだの。



寒くなってから、

オフシーズンになってから、

皆様にお節介なお勧め情報をお届けするこのブログ!

いいですか、皆さん、

”麦わら帽子は冬に買え!!!”


ですよ。

夏ならこれらが22800円まで値上がりするんですよ!

冬は夏物が安いの!





アマゾンだって、ハイシーズンにはマニアックモノが

値上がりするんです!

アマゾンジャンキー 青トラの値段推移メモを

皆さんに見せたいですよ。(震災後は本当にひどかった!)


また、大きく脱線しますね、インプレから・・・。

アウトバック 荷台08

釣り師仕様ですから

オプションのカーゴトレイ(防水タイプ)をチョイスします。

縁がちょっと高くなっていて水しぶきぐらいならOK!

取り外しはマジックテープ方式なので簡単、

汚れは座敷ほうきでさっさと払ってお終い。

キレイ好きな人はキッチンぺーぺーを濡らして拭けば・・・。

荷室を広げるにはリヤシートを前方に倒します。

左:右=3:7で倒すことも可能で、

ロッドやポール系の長ものもOK!

サビキの竿なんかはリール付けたままポイですよ。

イイ竿ならケースか、塩ビ管にでも入れておけば良いんじゃないんですか♪

後部座席を倒した状態でも運転席・助手席共に

ゆったり睡眠ポジションを確保できます(確認済み)。

コレが出来ない車が意外と多い!

倒すのはワンタッチ!

前からでも後ろからでもOK!

アウトバック 荷台09

後部座席の背面にも同素材のものが付きます。

シートは本革シートに変更。

本革シートとこのトレイの組み合わせって日本中探しても

数人しかいらっしゃらないと思いますがどうでしょう?


荷台の右端においてある棒、2本はロッドホルダーにするための

1000円くらいの凡用伸縮バーです。

買っては見たモノのたぶん使いません。

つうか、コレ使うと居住性が悪くなります。

たかがロッドのために青トラの居住スペースを犠牲にするなど

もってのほかです。

ロッドはロッドケースに突っ込んで、荷台に投げておけば

よろし!

1本20万を超える竿を買うようになったら

潔くスーリーのジェットバックを買います。

荷台周り02 アルミプレート

釣りをしながら荷台に腰を掛けようと

バンパーにステンのカバーを付けました。

雨が降ってきたらリヤゲートを屋根代わりに釣りしてもよし!!

前回の釣行はそんな感じでしたね。雨時々曇り。



それぞれオプションですが個性があっていいですよ。

それにしてもスバルって、SUBARUって入れたがるよな~。

この辺は、サッポロビールに近いモノを感じます。

(良いことですけどね♪姿勢としては・・・デザインは別)


荷台の点数は、89点/100点ですね。


カーゴトレイの下にちょっとした荷物室があるんですけど

ここのアプローチが悪い!

荷物をほぼ卸さないと開きません。

でも荷台に関しては、よーく調べてから納得して買ったので

ほぼ満点の89点です。

他社にあるのですが、そこら中に、ボルトオンできるための

ボルト穴的な取付箇所を付けていただけるとありがたいですね、

スバルさん!(見てるかな??)











ここで考えてみます。

スバルの良いところ・・・

資本力はトヨタに遠く及ばず・・・

技術に対する異様なこだわりはホンダに敵わず・・・

突飛なデザインはニッサンの独壇場・・・

ではスバルの良さは???

4WD(AWD)とアイサイト、そしてボクサーエンジンにそれを

見ることが出来ますね。

それを交えてリポします。




今回重視した乗り心地と居住性の良さを見ていきますか。


アウトバック 荷台10

シートはここらヘンのSUVの中ではかなり大きいと思います。

シートがチャチイと青トラは納得しませんからね。

シートポジショニングは、運転席側はフル電動。

運転席側は、ポジションを2パターン記憶できるので、

青トラは、運転姿勢と睡眠モードの2種を登録!

少し堅めのモッチリしたシートです。

青トラのデカイ体をしっかりホールドするシート力を感じます?!

シートは本革をセレクト。

Sパッケージは革ベージュが選べないのが残念。

その代わり縫い目(ステッチ)がシルバーです。

内装にはトヨタなどの高級路線を踏襲したデザインには、

追いついていないかもしれません。

でもね、必要十分ですよ、スバル内装。

この価格帯の車とすれば普通じゃないですか・・・。




アンチ革シート派の方も多いと思います。

青トラ的には裸で座らない限り(そんな状況は?!)、

本革は良いと思いますよ♪

自宅の書斎の椅子も、現場事務所の椅子も、

ソファーも本革で、本革慣れしているって言うのも有りますかな。

ちょっと拭けばつやも出ますし、モッチリ感も病みつきです。

まだ試していませんがシートヒーターも付いてきます。

このシートの寝心地も重要!

1-2時間ならぐっすり眠れるシートですよ。

後部座席を前方に倒しても干渉することなく

ゆったり睡眠シートになります。

腰の部分のもっちり感が腰痛持ちにはありがたいのですが、

寝るときはおしりの部分に薄い座布団を入れると良いかも・・・。

シートヒータも装備!

直ぐに暖かくなるのでわかさぎ釣りの帰りも最高です。


このシートは釣行に行った仲間には大好評でした。

楽だそうです。

実際楽です。

アウトバックの車高の高さがこの車の乗り込みを

大変楽にしています。

青トラの慎重は177cm。

オーダーしたソファーのようですね。

普通の車では、よくありがちな事務所のソファーみたいに

腰が沈み込み、立ち上がるのに”よっこいしょ”って感じで

腰痛によくありません。

立ち姿から自然に座り込めて、すっと降りることが出来るスタイル!

車で遠くに行く・・・近場で乗り降りする。

このシートは、

90/100点ですね。


アウトバック 荷台12

次は走行性能について・・・。

これが2.5リットル、水平対向ボクサーエンジンです。

なぜかオプションのタワーバーを装着!

ミーハーですからね♪

ボクサーエンジン・・・。

振動少ないはずですが、

走り出し時に、ほんのわずか、ほんのわずか、

シャドーの素振り的な振動を感じます?!

気になりませんよ、ええ。エンジン掛かっているぞって感じ!

ハンドルに付いているスイッチでエコ運転の Iモード、

ちょっと元気なSモード、

全開ばりばりS#モードに切り替え可能です。

でも、よく他のブログで鈍いとかワンテンポ遅れるって噂の

Iモードで十分です!

他のSUVに比べて車体がものすごく軽いんです。

ここらヘンの考え方はスバルの優れた点と考えます。

だって300馬力オーバーだって2トン近く車重があれば

パワーウエイトレシオ以前に取り回しの面でも

運動性能(足回りとの関連)でもデメリットの固まりを

パワーで補う的な設計になってしまいます。


軽いと言うことは、良いことだ!

まちげえねえ♪

(青トラ関係者大爆笑!)

この2.5リットルのエンジンは、173馬力を発生させます。

白アリ(280馬力)に乗っていた青トラが言います。

このエンジンはアタリです!

100馬力以上少ないこのエンジン。

必要十分?いえいえ、大満足のパワーです。

特に加速は滑らかスルスルパワー!

モリモリじゃありません、スルスルですよ。

要はそんなに吹かさなくとも加速が出来るのです。

スピードリミットまでキレ~イに回りますよ!

ここでもSモードで十分。

S#モードを試しましたが、必要有りませんね。

慣らし運転が終わったら峠でS#を低速からの加速テストで

試してみたいと思います。

でもね、スピードメーターの上にエコメーターがあって、

常に貴方の運転はエコですよ~ワルですよ~って棒グラフで

表示されるのでエコを意識した運転になってしまいます。

なんてことをするんだ、SUBARUよ!

おかげで I (インテリジェンス) モードで十分とか言う人に

なっちゃった青トラ!

マッスルなアメ車に乗りたいって行っていた青トラはどこに行った!!!

一つ上のグレードの3.6リットルに乗ってみたかったけど、

まだ未練があるけど・・・、

こっちでよかったと思います。

経済的にもね。

エンジンは

91点/100点!!!

(コレは超高得点とお思いください。)



足回りも書きますかね・・・。

足はビルシュタイン製。

えっ、分かりませんよ、違いなんて・・・。

サスの本体が黄色ってくらいかな。

ノーマルとビルを乗り比べてもわかんないんじゃないの?

あとはみんなに説明するときに”いいサスが入っているんだよ~”って

説明出来るぐらいです。

しかーし253号の山道でその粘りは健在。

アブソーバーの性能はとても良いようです。

ばたつき感はありません。

このサスのせいかセダンより堅いイメージがしますが、

走るとこのビルのハンドリングは素直です。

アウトバック 荷台16

Sパッケージに付いてくるこのアルミホイール。

これがこのSパッケージを選ぶときに後押ししてくれたファクター。

良いね~。

この重そうなアルミ!!

野暮ったそうな個性がイイ!!

車高が高い車なので、ホイールに力がないと寝ぼけた車になりそうだったので、

ホイール選びは難しいです。

大満足のホイール、実際、とっても重いの、このホイール♪

鋳鉄じゃないの、アルミじゃなくてさ!

写真じゃ伝わらないな、このホイールの良さは。

夜なんかこのホイールがかっこいいのよ♪

足回り採点は~

75点/100点かな。

普通です。

普通ですって書けるぐらいイイって事です。

乗り心地が良くなるアイテムじゃないですからねこの2点は。

アルミは88点なのよ。





さーて、ここで、

SUBARUの本当の良さを語るとしますか。


今回の最大のアタリは・・・・

ふう、もう長文過ぎ!

この次は次回を待ってね。

(アイサイトはドーしたのよ???)



ちゅう方向で!!


テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。