いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、どんな車を買おうかな?青トラ自動車的考察!

青トラの白アリさん・・・


ドナドナ

ドナドナになってしまいましたが、

まずは白アリさんについて語るとしましょう。




その前に青トラの車遍歴をお話しさせていただきます。

初めての車・・・それは・・・

当時は欲しかった車でしたが、今思えば何でそんな車買ったの?

と首をかしげるくらいの中古のファミリーセダンでした。



エンジンは2リッターNA・・・。

悪あがきで吸気系とマニホールドを変更。

それでも全く上がらないパワー!

サスをチョイ下げ、ちょい固にするも元々、

走り屋ではないためゆっくり走るファーストカーでした。

あのころからオーディオにはこだわりを持っていましたね。

当時はカロッツェリアとx(カイ)で構成。

まだ海外ブランドの情報が少なく、それでも大満足の

クリアサウンドでした。(ドンシャリ大嫌い!)



ローンが払い終わる頃、交差点で事故を頂きました・・・。

初心者マークのお兄ちゃん2人組が交差点を右折・・・。

直進していた青トラは避けきれずに相手の側面にどーん。

なぜか、冷静でしたね、その後の事故処理は・・・。

親の車を借りて乗り回していたお兄さん達はおろおろ・・・。

ささっと携帯(当時もっている人は少なかった)で保険屋に連絡、

警察を入れずに(今ではあり得ない?!)保険屋同士で処理。

後日、保険屋さんが過失割合を8:2と教えてくれました。

もちろん、相手が8で、青トラは2です。

それでもショックでしたね、

”あんなの避けられないし、止まれないよ!!”

それでもなお、自分が停車していない限り必ず過失が付く!

という事実を教えていただいたティーチングケースでした。

このころから運転の仕方が変わり、自分に過失が付かない走り方を

心がけてゆっくりと、すっ飛ばしましたね。

そのせいかそれからは大きな事故はなく、現在に至ります。

急な事故でしたから蓄えが無く、中古のスズキのアルトワークスを

中古で購入し、しばらくつましい生活を送ります。

なぜって?

貯蓄の重要性を感じたからですね・・・。

長かったですね、アルトワークスは・・・・。




アルトワークスを評するなら・・・

単車のような加速!”

乗っている本人は速い車だ!と勘違いしてしまう恐怖感!

音と振動で速く感じるのも無理はありません。

たぶん時速100kmで衝突したら半分半分で搭乗者がお亡くなりになる車。

燃費も14km/kmとターボ車としてもGOOD!

何年ぐらい乗っただろう・・・・結構長く乗ったワークスでした。









しばらくして、トヨタ販売店とお付き合いする機会があり、

白アリさんを見いだしました!

トヨタ アリスト V300 ベルテックスエディション(新車)

シャーシはクラウン系のシャーシ、

エンジンはスープラのツインターボ直6エンジン、

馬力は280hp、トルクは40オーバーでしたね。

トヨタの営業さん、現金で買うよって言っていたのに

最後まで冗談だと思った・・・って・・・アンタ・・・・。



山道を攻めるといくらでもスピードが出ますが、

谷底に落ちそうになるモリモリツインターボ!

しっかも重いので曲がらない事、曲がらない事♪

運転技術が未熟な青トラ的には白アリさんの

50パーセントも引き出せなかったと思います。

一方高速道路ではGOOODカーでしたね~。

セダンとしての静かさは期待以上。

乗り心地はさすがにセダンぽく無いですが、

シンプルなインテリアが良かったですね。

スピードですか?

リミットまでスウーーーーッでしたよ。

田舎の高速道路ですから車も少なくていいですが、

その速度を維持する輩の凄さを実感できたと思います。

青トラには100km+αで十分ですね。

でも青トラは、言いたい!


確かに車は150馬力もあれば十分!

130kmも出れば実用可能!

しかし!夢が欲しい!

ス-パ-カー然り!

アメ車のマッスルカー然り!

無駄にでかい馬力や、

コントロールできないスピードは、

男の夢だ!

当時のミーハー青トラが買えるマッスルカー・・・

それが白アリさんだったのです。

(このころもアメ車が欲しかったんですけど、

 車の知識もなく近所に腕の良い整備工場もなかったので、

 アメ車はあきらめました・・・。)





さて、今回の車購入の動機を整理しましょう。

1.ちょっと、白アリさんから心が離れた・・・。
 
 車検と車検の間で1000km走らないことが多々あった。

2.海釣りをするようになり、2時間以上掛けて釣行する機会が増えた。

 鮎釣りを始めて、河原に車を駐車する河川も有るのに驚いた。

3.高速および巡航運転、山道すいすい、快適居住空間を重視したい。

4.釣りやアウトドアグッズがたっぷり積めるスペースがほしい。

と、まあ、こんなところです。

もう一台のメインカー、白トラについて考えてみましょう。

セカンドカーの白トラ(白い軽トラック)の使い道は・・・

ワカサギ釣行用!

ボートエース運搬!

ラジコンヘリ運搬!

そしてプロジェクトの良き相方!


ということで白トラはあと10年は、キープしておきます。



予算も限られていたのでそんなに多くは望めませんでしたが、

色々探して、試乗までした車は、

日産 エクストレイル でした。

l_grade_dl0000319989.jpg

遊びに特化したエクストレイル!

なんせアウトドアには嬉しい装備の数々。

シート周りの収納、

後部座席のあきらめにも似た、割りきり方!

荷台の使い勝手の良さ!

うーんすばらしい!

しかもクリーンディーゼルは、燃費が良いわ、

トルクは半端なくあるわ、

しかも助成金や免税で30万弱お得!

一番先に試乗させて貰ったのがこのエクストレイルでした。

それまでセダンや軽自動車、会社のADバン等しか乗ったことがなかったので

視線の高い車(RV SUV)の運転のしやすさは新鮮でした。

(2tダンプ 4tダンプは別ですよ・・・乗りやすいけど・・・)

試乗で山道を走らせていただきましたがパワーももっさりした感じもなく

モリモリ感も感じられるほどトルクフルでした。

しかし、しかしですよ、いかにもSUV、高速はどうかな?って感じでした。

アイドル時も昔のデーゼルに比べれば静かになりましたが、

体格の良い猫が喉を鳴らすようなゴロゴロ音。あひゃ・・・!

ディーゼル不慣れな青トラにはちょっと・・・・。

同じ趣味を持つ人がいたらたぶん一押しの車です。

ま~た、担当営業が上手いんだ!!

初めて訪れたその日に怒濤のアプローチ!

金額提示も上手く、即断即決を迫ります♪

危うくハンコ押すところでした。

当日にはクリーンディーゼル搭載車両がなかった為、

やっとの思いで帰宅♪

クロージングされる顧客の気持ちが分かりました!!!

2回目に試乗!

最終見積もりの提示を受け再度帰宅。

なおこちらの北部山間部で、エクストレイルは1日10台は見るような

人気車のようです。(実際、よく見る)

そうなるとミーハー青トラの天の邪鬼・・・人と違うのがいい・・・。

と、なり・・・。

却下!!!!



まてよ・・・

確かエージェント I の車、スバルの新しいレガシーだったよな・・・。

確か1度、運転手で乗らして貰ったけど乗りやすかったな・・・・。




スバルか・・・・。






ここから、我が県が誇るスバルへの感心が青トラの触手を

動かすのである・・・・。





ちゅう方向で・・・・。



つづく

(長いね、この件・・・)













スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

そうだ!車を買おう!まずはドナドナ、さようなら白アリさん♪

いつもですがお久しぶりの更新ですね・・・。



私ですか?

青トラって名乗っています。

ブログですか?

ええ、”いいね、最高。”ってブログの

書き手をやってます。




リピーターの皆様を尻目に、会社のブログに勤しみ、

社内ブログ努力賞(5千円)のために、2週間に12本の

記事を怒濤のアップ・・・。

会議で、そんなのありかよ・・・!!って他の社員の皆様の

冷たい視線の中、努力賞をゲットしましたよ・・・。

半年で18本、記事を書くと努力賞を頂けるこのシステム・・・。

楽勝ですね♪ (関係者激怒!)

さすがに最優秀ブログ大賞はエージェント I がゲット!

妥当な線でした・・・。

更新がなかった我がブログは結構な放置状態・・・。

更新がないときでも”今週の言の葉”はちょこちょこ更新させて

いただきましたが写真のないブログはつまらない・・・という

エージェント I の言葉通り、青トラ的にもどうもしっくりしません。




ここ最近の青トラは・・・・

営業部なのに現場・・・。

つまりは前回のプロジェクト以来、どうも現場復帰らしいのです。

青トラの営業異動人事は、そもそも失敗だったようです。

とりあえず来年の1月いっぱいは現場人みたいです。

青トラには、営業という仕事は無理なんですよ。

だって、不真面目だし、好き勝手するワガママ社員だし、

他の上司に刃向かうし(我が部長には絶対忠誠)、

・・・・。



ただ、お客さんと一緒に、いい仕事するのがたまりません。

まだまだな青トラ・・・。

いいお客さんに、いい地権者さんに、

恵まれています。

いままで、本当によくしていただいています。

楽しい、感謝、円高還元セールで顧客満足を得たいと思います。




懸念されているのが公共工事へのシフト・・・。

顧客である住宅オーナー様へのサポートは、コールで対応できますが、

問題は企業顧客・・・・。

これは訪問回数、提案数、見積もり数に完全比例です・・・。

現に青トラ物件の減少はとんでもない状態です・・・。

早く青トラをフリーにしないと・・・大変でないの??>会社。

公共工事で通常2名体勢でやる物件を青トラ一人で乗り切る・・・。

でもそれにより得られる粗利は・・・・。

頼むから数字を見て・・・。

諸問題ゆえにその数字から目をそらすのは止めて・・・。

2ヶ月でその粗利を出せるよ・・・俺なら・・・・。

一社員じゃどうにもなりませんね・・・・。


久しぶりの更新は、愚痴のはけ口となりました♪



えーーーっと、

タイトルは・・・っと。

おおそうだ、

今回の記事は車についての更新です。

青トラがここ数年、釣りを嗜んでいることは皆様ご存じの通り。

しかし、遠出をするときは仲間の車に同乗して釣行に行っていました。

ワカサギ釣りは我が白トラ(白い軽トラック)で群馬県内ならどこでも行きます。

何でも積めてとっても便利なんです。しかも小回り最高。

しかし海釣りというと話は別です。

道具仕立てが半端じゃない青トラ・エージェント I ペア・・・。

荷物が積めて、高速道路が快適・・・。

最近始めた鮎釣りでは河原に降りることもあり車高は高めがいい・・・。

そんな妄想をしているとアタマがぐるぐるちょっとしたハイ状態に!!!

” 車が欲しいの!! いい車が欲しいの!!”

でも、青トラに3台の車を所有する経済力はなく・・・。

泣く泣くお気に入りの白アリさんを手放す覚悟を決めました。

ドナドナです・・・・。








すなわち、




ドナドナ


アリスト V300 ベルテックスエディション 

ドナドナなのである・・・・。


(悲しいかな、車検切れ中)


在りし日の白アリさんです。

新車で我が家に来た13年前・・・・。

それからナント、驚きの走行距離38000KM強・・・。

車検を受ける度にもっと乗ってくださいよ・・・と

整備員からのお話も耳が痛い青トラでした。

倉庫に保管されていたためちょっとしたGOODコンディション!

これは高く売ってあげなければ白アリさんに失礼です。



【白アリ売却の流れ】

新しい車を買うにあたり、この車を下取りに出そうとは考えませんでした。

新車購入のブログや記事をのぞくとどうも下取り査定と新車値引きが、

ごっちゃになって本当に高額査定して貰えたのか?

本当に最大幅の新車値引きが成されたのか?

どうもディーラーの営業の思うがままのような気がして、

売却は買い取り専門店にお願いしました。

一番、レスポンスがいい買い取り業者に接見~♪

車をまじまじと確認・・・45分。

話を聞くとそのまま販売もするらしい。

その間青トラは、軽トラの背中で、

親父のチェンソーの刃の目立て・・・。

2人組の営業と楽しくコミニュケーションをとります。

初回提示価格 40万円♪

青トラ、問うて曰わく・・・

”逆に、これをいくらで売るの??”

先輩営業マン、そこら中に電話・・・・。

どうも上司と話しているのではなく、

販売支店の販売担当(決裁権有り)と話している模様!!

おっ、コイツはいけるぞ!(青トラ)

”どう、いくらで店頭に出せるって?”

この車種でこれほど走行数が少ない車はほとんど無くて

データー(実績)がないんですよ、もうちょっとお待ちください。


30分ほど時間がたつ・・・。

青トラは若い営業マンを捕まえ、チェンソーうんちくを聞かせる・・・。

売価で100万前後ですね!

おおっ、正直なヤツだ!!

青トラ、ここで金額提示、65万だな・・・。

驚きつつもまたそこら中に電話する先輩営業マン!

その後、電話を掛け・・金額提示を繰り返し、

50・・・・55・・・・58・・・・とだんだん刻んできました。

58万と提示を受けたのが開始から約2時間。

ここで青トラ、全部のチェンソ目立てと蘊蓄が終了・・・。

60万円これ以上は・・・・。

この言葉を聞いたのが開始から2時間半。

この先は、ご想像の通りです。


青トラ: ” 飽きちゃった♪ ”

60万円で決着です!!!


自分が顧客であるというお久しぶりの駆け引きを

堪能した青トラ・・・。

40パーの粗利を許した青トラ。

まあ、60万円も値が付くとは思わなかった青トラ。

この営業もとっても魅力のある営業力を持っていましたね。

こんな感じで顧客に接することが出来れば

いいな~と思った青トラです。

後日談ですが、我が白アリさん、実際99.9万円で売られていました♪

正直でしょ、あの営業さん。

物品売買、不動産販売・・・、大変だけどやりがいありそうだな・・・。(ニヤリっ)

さて、次回は気を取り直して車購入編です。




ちゅう方向で!!!






テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。