いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独創、模索、独断?!悩むな!そこで!ペリカン グリーン 1935!!!

分かっている・・・。

分かっているつもりでした。


筋を通しておいてもこの手法による見積もり、設計、受注、施工に

伴う、社内的リスクについては・・・・・。






つい最近、上司より、つううか、エージェントA(専務とも言う)から

青トラに対して独断が過ぎる!との指摘を受けました!

それは夜分、時計が夜の12時を回ろうとしていた時、




青トラ:”エージェントA、明日から○○のプロジェクト、着工します。”

A ”おおそうか、頑張ってクレよな、トコロで下請けはドコ?”

青トラ:”基礎は○○、設備はSです。”

A:”なにぃ、そんなの聞いてないよ!”

青トラ:”あれ、受注票・実行予算・見積もりにも書いてあったんですけど・・・”

A:”俺見てないよ、いつの話?”

青トラ:”見積もり・実行予算は3週間前、受注票は3日前です。”

・・・・・・・・・・・・・・






社会人の方ならその後の展開は想像頂けるでしょう・・・。


”決裁”



どんな小さな物件でも、その金額に応じた権限を持つ者が

判断し、決裁をする!それが組織であり会社であります。


社内稟議における大切な書類が、机の上で埋もれている現実。

見ていないはずです。その書類の山の中にあるのですから・・・。

お馬鹿な意味で、圧巻ですよ!その山は・・・。

我らが見積もりは正に積み上げられ、その山の基礎を担っています・・・?!



青トラが、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)を怠ったのか?

青トラが、下請け業者選定に手心を加えたのか?

青トラが、提出すべき書類の提出を怠ったのか?


否!!!一切無い!!!



現場に嫌われ、諄いと言われ、

社益のため、仲間のため、社会貢献のため・・・。

何より、本気で頑張っている人のため今までやってきました!

(+自分の為に・・・・・・・・)



今回の仕事も普通の業者であれば細かい割にめんどくさい

工事です。

どの業者も

”分からない、やったことがない、そんな金額じゃ無理・・・。”

唯一、資材を調べ上げ、図面化、見積もりした業者がSのみ・・・。

金額も、先方が前回他社に見積もり依頼した金額を遙かに下回り・・・。

なかなかこのご時世で先方の稟議通りにくい中、受注となりました。

エージェントAが、業者Sを排除しようとする思惑はココでは書きませんが、

かなり低レベルなお話であります。

青トラは言いたい・・・。

いい仕事をして、見積もりが安くて、アフターフォローが

しっかりしている業者・・・

その業者が実は、夜中、顧客Aの緊急事態に作業員を集め、

我がプロジェクトで、顧客Aの青トラに対する信頼関係を

構築するのに多大な貢献をしたことは,余り表に出ていません。

業者を褒めることは、諸刃の剣であります。貢献する業者については

直属の信頼出来る上司にしか報告しません。

その上司が上に報告するかしないかは上司判断です。




確かに、

時々、高めの見積もりを出してくる時も有ります。

しかーし、そこには”青トラチェック”が入ります・・・。


”高いね、何時間で作業するつもり?あ、そう、それじゃ、ネットは、

○○円だね。それじゃ値引きね。あれ?コレはこの金額で足りるの?

どうやるの・・・・¥¥¥¥¥・・・。”

業者の見積もりから得るもの、得られるモノ・・・・。



プライスレス・・・・。






A:”青トラよ~、勝手に決めるなよな!”

青トラ:”それじゃ、明日のプロジェクト、中止しますか?”

    ”今から業者を呼んで値引きなり、下請け変更なりしますか?”

A:”そんなこと言ってないよ、いまいち話がかみ合わないな~”


話がかみ合うわけ有りません!プロジェクト開始まで

後、8時間を切っているのですから・・・・・。

青トラもこの時、かなり頭に来ていて言わなきゃいいことを

かなり言いました。


青トラ:”センムの机の書類の山に稟議書が有るんじゃないですか?

     部長には出しましたよ、稟議書!部長は書類を無くさないですよ。”


あちゃー!青トラのお馬鹿さん♪




そんな青トラが大好きな色・・・・



それはグリーン♪

緑色であります。

都会にあっては派手な色、

田舎にあっては地味な色、

心にあっては思い出の色、ふるさとの色・・・。



行くぞ~♪











すなわち、








ペリカン グリーン 1935。

ペリカン グリーン 1935

なのだよ、君ぃ~!

見切れてるぅ~。ガクンっ。


若草色とはこの事か?

いいグリーンだ♪

10年前に発売されたペリカンの限定万年筆です。

創業当時の万年筆を忠実に再現、復刻し、内部機構は

現在の機構を採用した、

正に外見は優雅な帆船、内部は最新イージス艦みたいな・・・。

だ、だめか、この例えは・・・。

詳しく見ていこう・・・・。

これぞ、ペリカン!

ロゴがいい!(感化されてるな>青トラ)

ロゴもイイ!

この頃は子だくさんだったんですね~。

マーブルと言うより・・・

このグリーンの色味は筆で書いたような暖かさがあります。

堅いけど、調整要らずなMニブ!

このシリーズはインクを入れてすぐ書き出しが出来ます!?

うん?この書き方だと変な誤解を生みそうな気が・・・。

ちょっとナデナデすると心地よい書き味に・・・。なりました♪

固いかも知れませんが、余りニブにしなりを求めなければ

いいと思います。

M800との比較。

M800と比べると控えめな万年筆ですね。

ていうか、M800もデカイのね、意外と・・・。

並んで写る3兄弟。

このシリーズは5本有ります。

あと2本を手に入れるのは・・・・難しいかな?

まあ、頑張ってみますかな。

キャップが重要、3兄弟。

やっぱりキャップだ、3兄弟。

上から順に・・・好みです。

ブッテーロペンケースの3兄弟。

揃ったネー♪

会社で万年筆話に食いついて来るのが

エージェントAだけであることも確かです・・・。

素直にハイっと答えますかな♪



これからも、模索し、独創性に富んだ見積もり、提案を

提示し、独断でやっていきたいと思います♪

(確信犯かよ!)


仕事をとらぬ、営業よりマシ!!!!!





ちゅう方向で!!!!
スポンサーサイト

テーマ:文房具 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。