いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとした工夫・・・ブッテーロペンケース!

”誰か、モンキー、持ってない?”



我々のプロジェクトで、たびたび叫ばれるこのセリフ・・・。

けっしておサルさんや、バイクを指す言葉ではありません。

”モンキーレンチ”

つまりは大小のナットを一つの工具で回すことが出来る

万能ナット回しでございます。

コレがモンキーレンチ!




必要になる時・・・それはプロジェクトの重要な局面、

例えるなら、



これからこの機械を使って作業しよう!!



機械故障!なんか、目詰まりらしい!!!



工事中断!青トラ、イライラ、時計をみる・・・。



”なんか、モンキーみたいの無い?”



誰かが、作業車に飛んでいって、整理整頓されていない

工具箱からモンキーレンチを探す、探す、探す、見つかる頃には

何とかなっている。(ガンガン叩くのが基本♪)



”我々には時間がない!”

ロハスと対極にある我がプロジェクトでこの様な

非効率的修理行為を見逃す事は出来ません。

ちょっとした工具がさっさっさっと出る環境を構築しなければ・・・。

また工具道楽が始まろうとしています・・・。



ちょっとした工夫で利便性・実用性は上がるモノ・・・。

そんな工夫、それにより得られる作業効率の改善、


いいね、最高。





とある生産現場では、1サイクルの組み立て作業で工員の

歩数減少のためにあらゆる改善を話し合い、効率換算して

実践し、その改善の採用の諾否を皆で決定するそうです。



ちょっとした工夫・・・・

青トラもちょっと・・・・


すなわち





紙芝居のように・・・




一工夫・・・革、切リーの、
一工夫・・・取っ手とクリップの逃げ作りーの、
一工夫・・・入れーの、
一工夫・・・こんな感じーの、
一工夫・・・収まりーので、
一工夫・・・逆さペリカン!

写真にマウスポインタをあわせると・・・




ブッテーロペンケースはペリカンのM400サイズには

ちょっと大きすぎます。スキマをふさぐのに余りの革を

裁断して入れてみました♪

トコフィニッシュ、コバコート等は使用していません。

(相手が樹脂ですから、溶剤との相性が分かりませんので)

今回は引っ張り取っ手を付けてみました♪

M400や1931・1935は短いので、奥まで入って

取り出しにくくなってしまうので、この様な詰め物を・・・。


うんうん、いい感じ!



万年筆達よ、寝心地はどうかな?

しっかり上を向いていておくれ、ロゴがかっこいいんだから。



それはそうと、モンキー、ドライバー、ニードル等をセットにした

工具セットを考案せねば・・・。

腰袋にいつも付けて置くには重たいし・・・。

求む!いいアイディア!

早速、明日のTBMにて緊急動議だ!!!


後日、レポします!!!




ちゅう方向で!!




スポンサーサイト

テーマ:文房具 - ジャンル:趣味・実用

地味で結構!3本まとめてドドドドン!

久しぶりの舗装工事で、いい汗かいている

青トラであります。



爽やかな秋の風は暖かい日差しと交わり、例えるなら・・・




冷えたご飯にあったかいカレーライス・・・



冷えたご飯にあったかい2日目以降の

どろどろほうとうライス・・・

(一部の地方の方ならお分かりだろう)




冷たいアイスクリームをお皿に取り、

自販機のホットなおしるこぶっかけアイス・・・

(青トラオリジナル♪お試しアレ・・・)





幸せな時間を与えてくれます。

どんな料理もスプーンには困ることのない青トラであります。





今回のプロジェクトで青トラが苦労していること・・・。

それは、いつもと違う協力業者さん(つうか初顔合わせで後がない)・・・。

青トラがいかに今までの協力業者(仕事仲間)に支えられていた事か・・・。

今回は細かいところまで、青トラがしなくてはイケマセン・・・。

”うう、青トラクオリティを保つには、皆の協力が必要なのか?”

これは、今回よーーーく実感しました!

それにしても業界第2位の道路ゼネコンが我が社の

孫請けとは・・・ホント、この業界のお馬鹿な所であります。



プロジェクトの最中、ストレスを買い物で紛らわす青トラです。

川口氏との語らいから半月が過ぎ、ちょっとお買い物をしました。





すなわち、


M400 茶縞 01


ペリカン M400 茶縞であります。


オヤジ臭い?いえいえ渋めも味の内ですよ。

M400 茶縞 02
M400 茶縞 03
ニブはBBであります。

今回はコイツを自分の好きなように先っぽを

削りたいと思います!む、無謀かな?

目指すは、日本語に適したあの筆のような線の丸さ!

手本にすべきペン先は数本有ります。

BBがEFになるまでには到達したいと思います。

M400 茶縞 04

うーん、どうやってアノ丸みを出すんだろうか?

しばらく楽しめそうですね♪

近所のホームセンターでラッピングフィルム(3M)を買い貯め、

一人、おっかなびっくり研磨中の日々でございます。

(万年筆に興味のない方はこの文章すら意味不明なのでは・・・。)




さーて、お次の2本は限定物ですよ♪




すなわち、

箱です♪

分かる人には分かる!!!!

ペリカン

  1935 ブルー

  1931 ゴールド


である!!!



はははっは、買っちまったナぁ~♪

このシリーズ・・・

全部集めるにはまだ時間とお金が足りません。

早速、詳しく見ていきますか!?






まずは、ペリカン 1935 ブルー ニブM!
ペリカン 1935 ブルー 01

短っ!!!

それが第一印象。

セルロイドで出来たボディ・・・。

カンフル臭はあまりありませんでしたよ。

しかし、キャップ内部の臭いはツンツンカンフル臭!!

”こ、これは!昔の三角スケールの臭い!”

竹の心材に、セルロイド樹脂でスケールが刻まれた、

懐かしの三角スケールの臭いです!

クリップの形状がイイじゃないですか♪

それにキャップ!ペリカンのロゴが背高帽に刻まれている

様です。愛嬌タップリのキャップ♪

ココに惚れてしまいました。

ペリカン 1935 ブルー 03

”なぜ、この万年筆を買ったの?”

フォルムがいいっ!!!!!

ビンテージ物も考えたんですが、これから使い込む

万年筆ですから、経年劣化により、使用出来なくなった

”お飾り万年筆”を手元に置きたくないとの考えからです。

気軽に修理してくれるお店が近くにないのも理由の一つです。

ペリカン 1935 ブルー 02

このマーブル加減のいい加減さが古き良き時代の味・・・。

青系の万年筆は初めてなので良しとしましょう。

出来ればグリーンも欲しいものです。

ペリカン 1935 ブルー 04

ペリカン 1935 ブルー 06

他のブログにも書かれていますがしっかりしたニブで、

軟らかい書き味を求める人にはカターイ棒きれに

思えてしまうかも知れません。

しかしインクフローの良さと滑らかな書き味からか、

不満はございません。固めのニブに慣らされているからか・・・。



もうそろそろ、一番軟らかいとされるM1000を

買いたいのですが、なかなか踏ん切りがつきません。

軟らかいニブに交換することも可能な様なので、

しばらくはこのまま楽しみたいと思います。




また、ペンクリに行きたくなりました。

さーて、もう1本、行っとくぅ~?



すなわち、


ペリカン 1931 ゴールド 01

ペリカン 1931 ゴールド

なのである。



ペリカン 1931 ゴールド 02
ペリカン 1931 ゴールド 03

えっ、軽っ!!!!

意外と軽いですね~。

ニブはBです。しっかりしたニブです。

ペリカン 1931 ゴールド 04

青トラは緑色に弱いのです・・・。

どうも緑色の物を収集する癖があります。

この緑色のロゴを見た瞬間・・・。



ペリカン 1931 ゴールド 06

この緑色のマークを見た瞬間・・・。

ペリカン 1931 ゴールド 07


購入決定です♪






古き良き時代のフォルムを今の技術で再現する、

このシリーズ・・・。

キャップにシリアルナンバーが付いてなければ・・・。

青トラ的にはシリアルナンバーも字体を考慮して頂きたかった・・・。


ペリカン 1931 ゴールド 08

これからもペリカンさんに期待大です♪

3本一気に増えたので、ケースも新調しました。

ペンケース ずらり♪


右上2番目のチョコが仲間入り♪

ブッテーロペンケースは、少しずつ熟成中であります。

グリーンの発色がいい感じです。

鉱石的な深い透明感が出てきました♪

ちらりズム!

万年筆・・・。

なにが面白いって?

なかなかうまくいかない!

色々やってみる。

良くなった♪

また楽しめる。

なかなか人には伝わらない楽しさがそこにあります。

前にやっていたRCエンジンヘリコプターに似た感覚。

ともかく使って、使い込んで、整備して、自分の物にしていく・・・。

小さいながらも全てがそこに凝縮されている世界。

いいね、最高。

しばらくはプロジェクトに集中しましょう。

そして、新規工事契約を貪欲に引き出していきましょう。

時間が空いたら少し休もうかな・・・。

冬も近づいている頃だし・・・。


ちゅう方向で!!!










テーマ:文房具 - ジャンル:趣味・実用

有給休暇は誰がために?ペンクリニックBY川口明弘氏!!

青トラが有給休暇を取ることは、

  余りありません。


日曜日でさえも遊びに行く方面の顧客と

打ち合わせやお土産を持って挨拶がてら様子を

見に行く・・・趣味の仕事を楽しませて頂いております。

そんな青トラが有休を取る時、それは休むための

条件が整った瞬間だけ!

となると、事前に有給休暇届を出すことは皆無であります。

前日の夜、しかも夜、部長が帰社した後に提出です。

社会人として”自分のスケジュール管理の出来ない無能者”

と呼ばれても仕方ありませんが、スケジュールに”スキマ”を

空ける事に違和感を感じる青トラです。”スキマ”が空いたら

休むのではなく、他人に出来ない”青トラ品質(クオリティ)”まで

引き上げるための、又は技術者がやらないことを実践する

時間にしたいと考えています。

”届けの直前出し”は社会人マナー最悪ですが、

部長との報告・連絡・相談は密に行われている為、

”一段落したら間を見て休みます♪”的感情は

部長も感じ取っているであろうと思いますので、


K部長:”休むンじゃなかったの?休めヨ~!”


と毎回ツッコミを頂いております。

そう、何故か有休届を出しても半日出てくる羽目になる

青トラであります。





話の始まりは、1ヶ月ほど前になりますかな?

インターネットブラウザの”お気に入り”の整理をしていた

その晩でございます。

なんと!

 セーラーの川口明弘氏が

  我が県にやってくる!!


penclinic-image2.jpg

日時は10月3日(金)・4日(土)!!

場所は、ジョイフルホンダ(デカイホームセンター)内

     ”ジョイフル2”
  
 


よっしゃ、そこなら車で1時間チョイで行ける!!!

その次の夜に我が部長に報告!

青トラ:”部長、10月3・4日!休ませて頂きます。”

K部長:”いいんじゃないの!?”



青トラの

”ペンクリニック 川口氏と語らう”作戦の

開始であります。



どの万年筆を見て頂くか?

何を聞きたいのか?

その日からワクワクが止まりません・・・。



しかし、夢や希望が自分の思うようになるならば、

この世に、”幸運や幸福”という言葉が無いことでしょう・・・。





ペンクリニック開催1週間前・・・。

止まっていた新規プロジェクトが動き出し、

クリニック直後の月曜日から開始する事に

なってしまいました。

デモ、大丈夫!事前の準備は完了しております。






ペンクリニック4日前・・・。


エージェントTより連絡がある・・・。

T:”青トラちゃん、金曜(3日)空いてる?”

青トラ:”なんでしょう?”

T:”住宅の起工前測量なんだけど出来る?”

青トラ:”場所はドコですか?”

T:”うーんとね、○○と□□の2カ所なんだけど。”

ココで青トラは悩みました。これは明らかに急ぎの仕事です。

次の週からはプロジェクトが始まってしまい測量どころでは

ありません。幸運にも(!?)ペンクリニックが開催される

”ジョイフル2新田店”から10km圏内であります!

青トラ:”分かりました、その代わり、現地集合で

     ○○時にスタートと言うことで!”

3日(金)のAMが埋まった・・・。



ペンクリニック3日前・・・。。



プロジェクト開始に伴う準備に不備が見つかりました。

今までならばその準備で十分でしたが、

事前情報(情報提供者Mスペシャルサンクス♪)により、

プロジェクト進行を根本から見直すことになりました。

金曜日(3日)はTより依頼の測量!

プロジェクトの準備工修正は土曜日(4日)しか無い!

1日で段取り替えであります。(ダブルH、サンクス♪)

4日(土)、終日埋まった・・・。



半日、半日でイイから川口氏に逢いたい・・・。




ペンクリニック当日(金曜日)!。


朝、青トラは高速道路を南に下っていった・・・。

まずは1件目の現場!

なんだこりゃ!

更地って聞いていたのに・・・母屋・小屋・植木・塀・・・。

こりゃ、放射トラバース測量で外周から位置を測量するしか

手がありません。早速、道路に測量鋲を打ちます。

ただ打つわけではありません。最短最速を目指して基準点を

設置していくのです。(この下りは関係者以外は、ポカーン♪)

一緒に行った営業*2名、設計*1名が見ていないところで

青トラはダッシュでラッシュ!

ナントカ、2時間半で測量を完了させる。



2件目のお宅に行くと・・・・

同じような感じ。これは2時間コースですな。

しかし、現場説明を受けているとどうもおかしい!

”何っ、都市計画区域内(道路新設による)だって!

 それじゃ座標と基準点が分からなきゃダメじゃん!!”

営業は、概要でイイからと測量することを要求してきます。



概要なら都市計画の平面図に宅地位置も出てるから

それをスケールアップすればいい。全て書類を揃えたら

青トラによこして下さいな!と言うことで終了!!!

時刻は12時を回ったところ・・・。



測量中に新規プロジェクトの役所の監督員より、

担当監督員O:”書類を会社に届けましたんで、

          これから確認出来ますか?

          確認し次第、連絡して下さい。”


午後を”ペンクリニック 川口氏と・・・・”作戦に当てていた

青トラは、その電話を受け、思わず言ってしまいました。



”今日ですかっ????!!!”


しかし、本日の青トラはペンクリモード!


青トラは会社に向かわず、県道2号線を東に向かう。



”おお、翼よ、アレがジョイフルホンダの灯だ!”

県内屈指・最大級のホームセンターであります。

その中に目指すジョイフル2があります。

初めてのペンクリニック。

そして川口明弘氏!

広い駐車場をグルグル回り目的地前に駐車。

作業着を脱ぎ捨てお着替え・・・。

ズボンは・・・、まっ、いいか。

Tシャツとシャツを着替え、万年筆を詰め込んだ

バッグを持ちいざ出陣!!!!


最近流行りのプロジェクトの合い言葉・・・。

”我々には時間がない!”


それを実践する時が今ココに・・・。


階段を上がると、そこはハンドクラフトや

文具を扱うフロアになっておりました。

その中心に万年筆売り場があり・・・、

いらっしゃいました・・・。

川口明弘氏であります。

白衣に身を包み、数名の方々と談義しております。

和やかな雰囲気・・・。

近づくと変なおっさんが・・・

”どうぞコチラへ♪”

お、素晴らしいタイミングの声掛け!

アンタ、ベテランだね!

並んでいる2人の女性と川口氏、そしてその手元に

意識を集中させる・・・。

川口氏:”万年筆は力を抜いて・・・”

     ”これでどうでしょう・・・”

     ”万年筆が増えてますね~・・・”

おお、結構ペン先を研磨してますよ・・・。

真っ黒になった研磨紙(?)にて雑誌で見た、

アノ手つきを惜しげもなく披露してくれます。

それだけでミーハー青トラは有頂天に・・・♪

それにしても男性は青トラ一人・・・。

青トラの左右も女性ばかり・・・。

そして青トラの番に・・・。

川口氏:”貸してみて・・・”

①アウロラ オプティマ

②ペリカン M640 サハラ

を順に手渡す・・・。

アウロラは、書き味というか紙と擦れる時の

些細ではあるけど音が気になります。

川口氏は、試し書きをし、ルーペでペン先を見、爪の先で

ペン先をチョチョッと何かしています。

(チョチョッとが分からないのヨ♪)

そして試し書き、そして研磨(20秒ほど)。

試し書きをし、青トラに手渡します。

手元のメモ用紙にそっとペン先を接地させ、

自分の名前をささあっと書く・・・。

ええええええええええええええええぇ~!オイオイ!

こっ、これはたまげた。

無音、スムーズいやスムース(濁音を使いたくない)!!!

川口氏:”これは(切り割りが)開きすぎです。”

青トラ:”私はまだ万年筆を使い始めて半年ですが、万年筆は

     使い込んで、それでもダメなら調整に出すべきですか?”

川口氏曰わく、

川口氏:”ちゃんと調整した物を使う方がいい、

      そしてしっかり使って下さい。”



お次は、ペリカンサハラ!

調子が良かったんですがペン先を抜き差ししている内に

インクフローが悪くなってしまいました・・・。

川口氏に手渡すと・・・、

調整中にパチンっ、パチンパチンと音がします。


何だ!この音は!!!!


しかし、藍色の指先に隠れよく見えません。

ずいぶん時間を掛けて試し書き、ペン先いじりを

繰り返し、最後に手のひらを返し、アノ動き!

そう、親指と人差し指の間を開き、万年筆に添え



”無筆圧筆記!!!”



こっ、これか、これが川口氏のこだわりか!






ココまで来て気づかれた方もいらっしゃると思いますが、

今回、写真が全くございません♪

だって、”写真を撮ってもイイですか?”って一言が

出ないですよ、あの場じゃ・・・。

ほんとは、握手している写真をその場の誰かに

頼もうかと思ったンですけど・・・、無理っ!!


話はサハラに戻ります。

川口氏:”これは調整しましたか?”

青トラ:”はい、○○さんに調整して頂きましたが、

     その後、自分でいじり壊したかも知れません”

川口氏と変なおっさんは目を合わせニコッと笑っておりました。

渡されたサハラは、Mのペン先に要求されるズバリの

インクフローに調整されております。

線がシャープな感じもします!

青トラは試し書きの際、何を思ったか、緊張のためか、

右下から左上に線を引いて見ました。

すると・・・

川口氏:”その方向には書かない方がいいですよ”

ちゃんと見てますね、川口氏・・・。

お一人様2本までなので、しばらく後の人の

話を聞いている・・・。

なかなか人が減らないな~♪

あれ、どうも様子がおかしい、

え、スタッフ?もしかしてみんなスタッフ?

確信は有りませんがそんな感じです。

ウロウロしてるとあのベテラン変なおっさんが

”どうぞ、空いてますよ。”と

座っているスタッフらしき人々をどかしてくれる。

③ペリカンM320 グリーン

④ペリカン M900 トレド

を川口氏に手渡す。

M320は5分ほど掛けて調整して頂く。

全く無料とは思えない!!

青トラも働かなくても食っていける身分になったら、

無料で趣味の土木クリニックを開くとしよう・・・。

川口氏もスゴイが、セーラーの社長・・・

最高の賛辞を・・・・



いいね、最高。



ガリガリの書き味だったM320・・・。

こんなに軽いペンが無筆圧でインクが出ます!

半年に1回のペンクリニック・・・。

これからは毎回参加させて頂きたい。

最後に現状最高の書き味のペリカントレドを、

川口氏に手渡す・・・。



川口氏・・・あきれ笑いっ!!!

青トラと目を合わせ、また笑っ!!

ぶ厚く、日焼けした黒い手から出てきた

トレド・・・。

不意を衝いたに違いない!




ルーペで覗くなり

川口氏:”これは良く調整されていますね。

      楽しんで使い込んで下さい。”

青トラ:”はい、来年また来させて頂きます。”

ちょっとした名刺代わりの軽いジャブを放った青トラです。

おっと、時間です。1時間弱ですが有意義な時間を

頂きました。また頑張れる気がします。

緊張のためか、川口氏との会話はほとんど忘れて

しまいました。

2時半に会社に戻り、書類を確認!

座標計算後、作図!

測量し、境界杭の不在を確認!

測量成果表の不備を監督員に報告!

ああ、面白かった~♪

またうまくいったね、土木の神よ・・・。




自宅に帰り、改めて調整して頂いたペンを

試し書きし、ルーペでペン先を確認します。

書き味については言うに及ばず、

特筆すべきは日本語が美しく書ける事!!!

これは確信出来ます。例えば”永”の字。

各端部がとても綺麗に決まります!!!

”書き惚れる”

物書きではない青トラが万年筆を嗜む、

必須のフレーバーが我が万年筆に加わりました♪

ペン先の形状は・・・、

一つ言えることは切り割りの開き!

これ以上ないくらいに平行なところが平行です!

我々の世界で、一直線を見ることを”ためる”と言います。

それは人の目が持つ能力を最大限に使った見方です。

40mの距離で2mmぐらいの誤差を”読む”ことが出来る、

人の目!!!

その目をして、非の打ち所のない平行・・・・。

とっても綺麗にその切り割りにインクが満たされております。

ペン先はこれから毎日一本三分ぐらい眺めても一週間は、

楽しめそうです。

有意義な1時間、余韻が心地よい1時間・・・。


素晴らしい時間をありがとう。

スペシャルサンクス♪皆さん。

駄文でスマソ・・・エブリワン♪



今度はセーラーの万年筆を買って、

川口氏に調整して貰おう・・・、

そう感じた青トラでした。








ちゅう方向で!!!





テーマ:文房具 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。