いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草むらに落ちているチャンス、拾うか見付けられないかはオマエ次第!ペリカン M320 グリーン!!!

我々の仕事は・・・

顧客・関係者との挨拶・打ち合わせにタップリと

時間を割ければ、大体の問題は解決します。

営業の方なら誰もがそう思い、実践の困難を

感じていることでしょう。

日々の諸業務の中、自分が優先したい仕事が

複数重なってしまった時、本人の嗜好により

顧客優先や書類優先、現場優先が分かれる

所でしょう。



人と会い、直接話をする。




メールや電話、FAXに郵送・・・

どんな便利なツールも、直接面と向かって

話す事を前提として取り扱うと正に


鬼に金棒!!!




顧客満足、現場満足、経営者満足が得られる事、


間違いないっ!!




現場な人、青トラですが技術者+(営業)として

自分の出不精を改善しなければ・・・と反省しきりな

今日この頃であります。





今日はお休みでしたが、今お世話になっている地権者さんちに

行ってきました。

この現場は色々な事(!!!)があり、この現場だけで

ブログの記事に困らない素晴らしい(?)現場です。

青トラ的にはあり得ない!

そして何故か青トラが問題解決に

奔走したプロジェクトであります。

(大した役に立ってないかも知れん・・・。)

午後1番、自宅に伺って借りている土地の

復旧方法や日程、立ち会いについて

説明させて頂きました・・・。


4ヶ月近い新築工事の工期、たった2週間、外構工事を

設計、施工しただけの青トラが何故・・・!?

担当者は?営業は?直属上司は?

そんな輩はすっ飛ばして、(ちゃんと筋は通しましたけどね)

我が社のエージェントAより許可を頂き、暗躍しております。

実はこの作業も将来顧客になるかも知れない地権者との

大切な出会いの場であります。







顧客の選択肢の1つになる・・・。


これが第1歩♪

見積もりを経て、適正価格にて、注文を頂き、

仕事で、我が社のファン(お得意様)になって頂き、

信頼を得る・・・。

1・2年かかるかも知れない・・・下手すりゃ5年ぐらい・・・。

その間も時々、挨拶がてら、世間話をしてくる・・・。


こりゃ、人が好きじゃなきゃやってられまへんわ♪

(カンサイ人な感じ♪)


青トラの場合、

オシャベリが好きなだけなんですけどね♪





ちょっと、毒吐きま~す♪

でも、こんなチャンスを現場青トラに譲る(?)我が社の

営業さんは・・・、ぬるいね~、ぬるいっ!

仕事の少ない地方で働く営業として決定的に何かが

欠けています。本人が見ているとして記載します。

”アンタぁ、足らないよ!決定的に何かが!!”





お借りした敷地に、茂る雑草が夏の香りと湿度で

青トラの鼻をくすぐります。

こんにゃろ、明日、我がホンダ製4サイクル草刈り機で・・・、


”刺身にしてやる(桑畑三十郎風)!!!”


夏が来ますね・・・


深緑の緑・・・










すなわち、














M320 グリーン 全景




ペリカン スーベレーン M320

  ワンタイムエディション!


    グリーンなのだ!!!



いまさら、ゲット!!

M320 グリーン 姿


ちっちゃ~い!まじで小さいよ。

手のひらの幅に隠れてしまいます♪

M320 グリーン スリップオン きつい・・・


あまりの小ささに、

”鉛筆しか入らんダロ!!”と

小箱の隅に追いやられていたスリップオンの

ミネルバボックスペンケースに突っ込んでみました!!

ぎりぎり入りましたヨ♪キツキツだ~!

小綺麗なペンですね~。

M320 グリーン キャップ色


青トラは色むらのあるペンが好きです。



濃い色に・・・

M320 グリーン 軸色 濃いね



淡い色・・・


M320 グリーン 軸色 明るいね


1本で2度美味しい・・・。

いいね、最高。 

にしても、ちっちゃいな♪

M320 グリーン キャップの横顔


これは会社で使いましょう。決定!!!


M320 グリーン 集まり


緑なヤツらで記念撮影♪

ブッテーロペンケースも良い味、出てきましたよ。

一番上がM800です。

大きさが比較出来ると思います。

グリーンなコレクションに新たな仲間が加わりました。



そしてまた・・・

グリーンなマグカップがやってくる。

from USA♪

2週間かかるってさ、届くのに・・・。

後日アップ予定!

こうご期待♪






ちゅう方向で!!


スポンサーサイト

テーマ:文房具 - ジャンル:趣味・実用

青トラも、この人には逆らいません! 我が K部長♪

青トラは今所属している会社の前に3カ所の職場を

経験しております。



最初は・・・アルバイトで地元のスーパーで働いておりました。

まあ、中学生~高校生の間の小遣い稼ぎでございます。

わいわいガヤガヤ、暇さえあればしゃべり場状態、

今考えれば良く雇ってくれたものです。

(とろい経営者♪

  または最低賃金ぎりぎりで自由な時間に学生をこき使う

    名労務プレイヤー♪多分・・・後者だな。)




次は・・・専門学校に通いながら警備会社に準社員として勤務。

浅草のROXビル(知ってる?)に、常駐して警備しました。

正社員の勤務時間の60%以上勤務すると、寮に入れてくれて、

且つ、給与を頂いておりました。(勤労学生♪)

さすが都会(?)の職場!

いろいろな人々と出会うことが出来ました。

”世の中には本当に変態って、いるンだな~♪”と、

実感したものです。

デカイ会社で、当時業界第2位の警備会社でした。

研究所には、ジオングに似た警備ロボットが配備されており、

現在は有名柔道選手を配備している・・・ようです♪



そして・・・また地元に戻り、最初の建設会社に就職、

4年半ほどで辞めて(最近倒産!)・・・、

現在の会社に至ります。



いろいろな人に会いました・・・。

個性的な人、マニアな人、変態、ホントの真面目、

レスラー、人間凶器、銃で撃たれた人・・・。


青トラが他人から強い影響を受ける・・・

まあ、1年に2~3回ほどある事ですが、

方向性を180°グリンッと捻られたのは唯一人・・・、











すなわち、










我が部の、 K部長 である!!!



青トラ的、支持率98%なのである♪

準ゼネコン出身者らしいのだが詳しくは内緒。

詩吟を嗜み(昔?)、最近ではハチロクの分解・組み立てを

特技として、どんなプロジェクトも自分の技術でかみ砕き、

計画、実行する・・・、孤高なる勉強家であり努力家であります。

時々チョイ古めの知識や、その場を上手く納める仮パッチには、

困った方々も多いと思いますが、そんなことは各担当者が、

修正すれば良いだけの事!

本来、各現場担当者が見積もり、設計、計画、実行、確認を

行えば、部長自ら各現場担当者がやるべき事をお膳立てせずに

済むのです。

文句があるなら、1から自分でやってから言ってくださいな♪

齢40近くなってそんな事言っていたら・・・クビ・・・てゆうか

不要ですよ・・・。




部長の計画の骨子は、過去の綿密な歩係りによるもので

経済性を留意し、現場に則した考察によるものです。

部長が怒る時、それは成すべき事をしない時、

それはやれば出来るのに実行しない時・・・。



”ヤッちゃえよ~~! ○○!!”



これが甲高い 声で聞こえたら、”はい”と

答え、それを実行すべきであります!




何でも工夫して仕事をこなす。

柔軟な発想で、若い部下の意見も有益なら採用する。

分からなければ勉強する、人に聴く。

他者がダメなら、自分で実行する。




それが、 K部長 です。




口べたで、調子の良いことは言いません。

時に誤解されそうな発言もして、反感を買う事もあります。

嫌われる時はちゃんと嫌われ、会社が持つべき、

”3つの使命”も基本を外さずプロジェクト運営が

なされています。

しかし、他の部の長が仕事嫌いで利己主義、

”所詮、会社の金だから・・・”と公言する輩だが

口が達者でお調子者であれば、そちらの方が

経営陣の評価が高いという現実・・・。







ああ、本当にK部長が我が部長で良かった!!!


心から言える人物であります。






K部長も数年で定年です。

出来ればあと15年いや10年は、会社に残って頂き

色々学びたい事があります。

デモ、部長の健康面を考慮すると無理も言えません。

現場に傾倒せず、もっと部長から積算を学ばねば・・・。




経験値・・・プライスレス。

お金では買えないモノがある・・・。





ちゅう方向で!!!








褒めすぎたか・・・!?

写真は本人の許可が必要なためアップしません♪

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

さすがプロ!ダメな青トラ!!もう1回修行し直します♪

梅雨で、空気が肌にまとわりつく今日この頃、

皆さん、どうお過ごしでしょうか?

本日、青トラはエアコンのお掃除をして試運転中です。


”うお~、除湿・・・気持ちいい~!!”


青トラは成分の4分の1(?)がモイスチャーミルク(脂肪とも言う)で

出来ている為、低湿度環境に心地よさを求めます。







ここ数日、青トラをヘコます事案がありました・・・。

事の始まりは、住宅外構のコンクリート舗装を施工するに当たり、

”なんか、寂しいね、もうちょっと何か欲しいね・・・”

と、青トラが”欲”を出して・・・、それじゃ乱張り石で

ワンポイントアクセント付けようか・・・、って話になりまして・・・。

いやね、ちょっとした乱張りなら余裕でいけるさと自信満々で

”俺に任せろ”と言ったわけですが、今回注文した板石が・・・・

堅~い!堅~い!目がもろい!

凍上融解しない石だが

御影の節目よりタチが悪い!


思った形状にならず、調整中にまっぷたつになってしまう石も

多々ありました・・・。

”ギッ、ギブアップです・・・!”



ああ、調子に乗っていました、大した技術もないのに

ちょっとした物なら道具と道理でどうにかなると自惚れていました。

たまたま雨で工程が伸び、半日悩んだ挙げ句、石屋さんを

呼び、目地部の調整をして頂きました。

さすが石屋さん、こつこつと石の端から小割りして

形を整え、自然に、素直な曲線に、大小様々な板石を

”そこにあるべき形”に仕立てていきます。


”あまり、規則的にしないでね、ナチュラルにね・・・。”と、


指示を出した青トラの心中は・・・、自分の技量の無さと

実行予算(原価計算含む)の変更と、完成後の出来上がりの

イメージの構築で頭の中がグルグル回っておりました。

”くっ、くやしいでずっ!!!!”


よし、決めた!

今年度の外構テーマの一つに乱張り石を加えます!

青トラは修行します。売り物になる頃また報告させて頂きます。

ちなみに今回のコンクリート舗装は後日アップ致します。



格好良く、施工性が良く、凍上融解が無く、丈夫で、安い板石・・・

ないもんかなー?



ちゅう方向で!!!











テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

ロシアよりマネーをこめて・・・それは歴史が証明する! 英国 アンティークスプーンとホールマーク!!!

今、イギリス本土に吹く風は東からである。

そう、かつての大国ロシアが古き世界都市

”ロンドン”を復興する勢いだ!

ロシアンマネーは膨大、眠れる熊が目覚めたのだ。

ロンドンは選択した、外資を受けて真の世界都市

”ロンドン”の再生を目指す事を・・・。




国の方針、都市の方針により一般国民が翻弄される現状。

長いイギリスの歴史の1ページに、いや数行に過ぎない

ロシアマネーの流入も、過去の出来事も、悪影響を請けるのは

昔も今も労働者・・・、外国人労働者に職を追われ、安定した生活が

望めないそうです。









国際競争力?

物価も人口も文化も品質も違う国と張り合ってどーすんの?

低レベルな品質管理、人権侵害国家に衣食住を任せる

激安大好きの日本、ヤバくありませんか?

(”ヤバい”を使うことに2分ほど悩みました・・・そんな年頃。)

そんな国とコスト優先で競ってどーすんの?

もうちょっと、違うところで競いましょうよ、

圧倒的な技術力で、他の追随を許さない国作り・・・。


かっこいい日本、

世界都市を目指そうぜ!!!







今、我が県の農家の皆さんは大忙しです!

ウハウハだそうです♪

何故って?ここ最近の食料問題で、


”やっぱり国産が良いね”って・・・、


一過性の流行が始まってるらしいですよ。

ここらで本腰入れて、国内自給率を上げないと、

武力でなく、食料政策で侵略されちゃいますよ。

出来れば国からの助成金無しで自立出来る

農業環境を望みます。本当に頑張った農家に

収益が手元に残るのがベスト・・・。












おおそうだ、話をイギリスに戻さねば・・・。

歴史に裏打ちされたイギリスの文化、かつて

いろんな事があったでしょう、


よく知らないけど・・・。



ナガーイ戦争もあった、

海にお船を浮かべて遠くに行った、

鉄製の女性を産み、

スケベな諜報員と格好いい車を

空に飛ばしたり、水に潜ったり・・・。そんな中でも、

700年間、変わらず運用されているシステムが

イギリスにあります。









すなわち、







英語かよ、ホールマークの本03


ホールマークである・・・。

金や銀の偽造を防ぐため、刻印することにより産地、

品質、年式、メーカーを識別するシステムであります。

ハンドブック片手にその製品の出所を知ることが出来る、

アナログなトレーサビリティシステム!!!


700年前の人、アンタぁ~、いいね、最高。


このシステムがイギリスの貴金属文化を

世界に誇る、不動のコレクターズアイテムに昇華させているのです。

ところで、このガイドブック・・・・、


英語かよ、ホールマークの本02


英語だよ~~!読めんよ、読めません。

英語の授業は寝てたっちゅうの♪

試験は雰囲気でクリアしてたっちゅうの♪

OCRで、読み込んで、訳させても、ろくな

和訳出来ないし・・・マザボの英語マニュアルのほうが

まだ読みやすい・・・つうか雰囲気読めます。

英語かよ、ホールマークの本01


本の表紙は・・・・

渋いネー!

だれか、訳してクレー


自分で訳すしか他なさそうです・・・。















そうそう、この記事、ジャンルを何にしようか探しましたよ。

ヨーロッパ経済か、文化か、釣りか、たまたまあった”イギリス生活”、

生活してないけど、適当にココに置いトコっと。

時差9時間あるけど許してね・・・。




これから暑い夏がやってきますヨ。

あっちいお外から帰ってきて、飯食って、風呂に入って、

アイスを頂ければ、天国至極にございます。

今年はね、そんなアイスを楽しむツールを揃えましたよ・・・。













すなわち、


(お、2段構えのネタだね・・・。)












アンティークスコップ01 ピクチャーバック1896 箱入り


アンティークスコップ11 シェル1874 セット


アンティークスコップ12 フィドル1900 セット


英国 スターリングシルバー

    アンティークスプーン

 6本×3セット=18本


18本っ??

どーすんの?スプーンセット なのだ!!!
 










詳しく見ていこう・・・。









最初は、

1896年製 ロンドン産 ピクチャーバックスプーンだ。

アンティークスコップ02 ピクチャーバック1896 姿


アンティークスコップ04 ピクチャーバック1896 ホールマーク


ロンドン産を示す豹の頭、

その下にはスターリングシルバーを示す歩くライオン、

小文字のaは細かい年を示します。一番上はメーカーマークですね。

豹はちょっと間抜けヅラですね・・・。

アンティークスコップ05 ピクチャーバック1896 ピクチャー


可憐な模様がボウルの裏側を飾ります。

アンティークスコップ06 ピクチャーバック1896 どアップ


英国では100年以上昔の物をアンティークとしているようです。

今回購入したスプーンもやっとこさ(方言?)、アンティークに

なったばかりの新人さんです♪

アンティークスコップ07 ピクチャーバック1896 柄


アンティークスプーンのディテールを探ると

いかに現代のスプーンがそのデザインを踏襲しているかが

分かります。シンプルな物、ちょっと飾りの入った物、

それらは過去に試された造形に近くそれを超える物は

あまりありません。















お次の品は・・・・

アンティークスコップ08 シェル1874 姿


1874年製 ロンドン産 シェルスプーンだ。

シェルとは貝のこと・・・。シャコ貝みたいだね。

アンティークスコップ09 シェル1874 ホールマーク


またぁ~、見づらいところにホールマークを・・・。

アンティークスコップ10 シェル1874 シャコ貝


このスプーン、1本20グラムほどあり、とってもしっかりしています。

この頃、銀製品に税金が課せられていたため女王陛下の

横顔も刻印されています。

とっても良い感じです♪













さて、最後のお品は・・・、

アンティークスコップ12 フィドル1900 セット


1900年製 ロンドン産 フィドルスプーンだ。

フィドルとはヴァイオリンのことらしい・・・。

アンティークスコップ14 フィドル1900 柄


アンティークスコップ15 フィドル1900 ホールマーク


アンティークスコップ17 フィドル1900 彫り


現代の物より全体的にボウル部が深いようです。








さーて、今宵のアイスクリームは、どのスプーンで食そうか・・・。

食うべきか、食わざるべきか、それは問題ではない。

(え、問題だじゃないの???)

どう食うか・・・。

飽食の悪源・・・お馬鹿な青トラの無駄使いでした・・・。




今宵はどのスプーンで・・・




ちゅう方向で!!!








テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

我行く道は、プロムナード・・・ムソグルスキー 組曲”展覧会の絵”!!!

ちょっと前に欲しかったもの、

ハイグレードの三葉虫の化石。

”ゴキブリとの違いは?”






欲しいなぁ~ と思う物、

平凡社の世界大百科事典(全35巻セット)。

”まさに圧巻!!!”






今狙っている物、

アンティークのスプーンセット。

”夏のひととき、アイスやかき氷を食べるのに・・・”







ブレにブレまくる我が価値観・・・。






そんな雑記を”プロムナード”というカテゴリーで

語る青トラの部屋・・・”いいね、最高。”

実は、散歩道的意味合いで、ある組曲の

重要な間奏曲がその名で、奏でられております。

自分で展覧会など行ったことのない青トラが、

耳から伝わるその曲に、いろいろな絵を頭に描く・・・、









すなわち、








音に聞く・・・しんなりした感じ 展覧会の絵







ムソルグスキー

 組曲  ”展覧会の絵”

   こりゃ、名曲だ~。



ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

そして・・・

ヘルベルト・フォン・カラヤン!

1965・1966年録音

レーベルは、グラモフォン・・・


まさにミーハーを唸らせる組み合わせ・・・。

こうゆうのにちょっと弱い青トラです。

”展覧会の絵”は、このCDで3枚目です・・・。

譜面は同じはずですが、3枚とも全く違う絵が

描ける・・・これがクラシックの醍醐味なのです。



10枚からなる絵・・・5つのプロムナード・・・。

亡き友人ハルトマンに捧げるムソルグスキーの”展覧会の絵”。

目を赤らめ、鼻をすすり、絵を見上げるムソルグスキー。

彼の悲しみ、戸惑いそしてそれを乗り越える力となった絵。

彼の歩みがプロムナード。

考え、悩み、喜ぶ・・・。

それがプロムナード。




か、完璧だよ、カラヤン♪




いいね、最高。




初めて買ったLP・CDがカラヤン。

これは不幸なことだ。

別の指揮者に失望するかも知れないからだ。

これに勝るは、キレたレニーと、キレまくりワルターか。

うーん、これは独断が過ぎたか・・・。


ともかく、

 暗い名曲の数々、そしてラストの

     ”キエフの大きな門”
         こいつぁ~、必聴ですっ!!!




こりゃ、しばらくクラシックネタで行ってみようかな?

ネタに事欠かないからね・・・。

(来訪者離れが心配だぁね♪)


あ、そうだ、展覧会と言えばキース・ヘリングの

展覧会に行ったことがありました。

15、6年前、新宿のデパートだったよな~。

懐かしい・・・。



ちゅう方向で!!!


テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

薄氷の上、風前の希望の灯火・・・ショスターコービッチ 交響曲第5番 ”革命” !!!

それは或る道の駅での出来事・・・。



最初は、我が社の営業と共に公共施設の

営繕の見積もりの為の現地確認の時でした。

これから直すインターロッキング舗装と縁石(正確には

歩車道境界ブロックBの片面テーパー!)を確認し

”1日で終わる仕事だな”と判断。

その時、縁石脇の駐車場に1台の軽乗用車が・・・。

軽自動車でバンタイプ、周辺の構造物に

毛布らしき物が干してあります。

”ああ、キャンピングカーじゃなくもお泊まり旅行も

出来るんだな~♪”とその場を去りました・・・。







その1週間、その仕事を受注し詳細確認の為現地を

訪れると、またその車がありました。

”もしかして・・・”

その車の持ち主である老夫婦と1匹の犬をチラリと見て

会釈し帰社、そして本日、施工日になりました・・。






工事箇所は役所の担当がバリケードで囲ってくれたので

少し離れたところにまた、同じ自動車がありました。

どうもココに住んで居られるご様子・・・。

確かにココはトイレもあり、温泉もあり、水道もあります。

よく、キャンピングカーが来て、閉館している夜間も

駐車場に車があることはざらです。

しかし車、いや家と化した4輪のついた部屋の

住所が”東側の5番目の駐車場(仮)”では話が違います。

10時の休憩で我々が休んでいると、どうも

車の中で犬に餌をやり、車内が汚れないように

ランチョンマット(?)を敷いていたようです。

そのランチョンマットをバンバンと叩いて、

犬の食べ残しを、きれいに除草された庭に捨てています・・・。

青トラの、この老夫婦に対する考えが、第3象限にMAXベクトルを

示したのは彼らが発した次の言葉です。

我々が直している舗装についてその女性が・・・


”キャンピングカーの人たちが、歩道の方に大きい車を乗り入れて、

それで舗装が下がったのよ!困ったもんね~♪”





”なんだと~!こんな歳まで生きてきて、

      なぜそんなデタラメを!”




その歩道の下がった原因は

1.冬季の大型除雪車両による荷重と応力による物。

2.施工時の転圧不足、又は元の地盤の雨水による沈下。

普通車、キャンピングカー程度の荷重では下がりようがありません。


自分で確認もしていない話で他者を貶めるとは・・・



ダメだこりゃ、最悪!!!



いくら公共施設とはいえ、目的外の駐車場の利用、ましてや

マナーのないゴミ捨て!!!!

彼らが、どういう人たちかは知りません。


でも、でも、もう一度。


ダメだこりゃ、最悪!!!





負け組、勝ち組、格差社会・・・。

努力もしなかった、老後を考えずに自分のために散財した、

国民の3大義務を無視、障害者を装う健常者・・・。

そんな”自称 社会的弱者” の為に膨大な予算を組む日本。

本当の弱者に届かない生活保護。





自称さんに警告する!!!

人間で良かったな!

人間だけだぞ、退化が許される生物は。

次も人間に生まれることを祈りな!

さもなくば・・・強者の餌だ!!!







チョイ昔、

圧制下、もがき苦しみ、削り研ぎ出した音に

希望の光を見出したヤツがいた。








すなわち、








音に聞く・・・ショスタコービッチ 交響曲第5番 革命


ショスタコービッチ さんです!!


そして、ヘッドホンを付けて一人で聞きたい、

交響曲 第5番 ”革命”

   ざ~んす!!




特筆すべき名演!!!

1979年 東京

  レナード・バーンスタイン

    NYフィルハーモニック

ライブ音源 リマスターなのだ!!!


値段もお安く1680円!!!




聞いてびっくり!

多分、タブンですよ、

最終第4楽章終わってゲロ吐いた楽員が

居るのでは・・・と思わせる怒濤のテンポ!

なぜショスタコービッチ???

うんとね、なんか尊敬するマーラーさんと似てるんですよ。

最終的に天上世界や希望の光に向かおうと音が紡がれて

いるんだけれども、そこに見え隠れする不安、迷いが

何とも合点がいく・・・そんな感じです。

例えば最終第4楽章のクライマックス、

高らかに奏でられる音には、不安な未来への戸惑いが

感じられるし、安心して聞ける音がまるでない!

このドキドキ・ハラハラ感が、

いいね、最高。





はっ、速いよ! レニー!!



たぶん楽員、汗だくだね!




ネットで検索すれば引っかかりますから

是非聞いてみて下さい♪お勧めです。

ただこれほど名演は、なかろうと思います。







ちゅう方向で!!!

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

集まったねぇ~、青トラの優雅な万年筆ライフ・・・全員集合!

テレビ大好きの青トラです。


帰宅するなりテレビリモコンのスイッチオン!

基本的にいろんな番組を見ます。

ジャンルは決めず、何でも見ます。




今日もゆったりテレビを見ていたら、びびっと来た

お言葉・・・。

途中から見たので状況を完全に把握出来なかったが

どうも、町の集会場で役所のお偉いさんと町民の

言い合いが続いているようだ。


町民A:命の問題だよ!お金じゃないんだよ!

役所:でも金がない!


(こんな感じ、詳細は気にしないで下さい。)



ははーん、どうも地方の医療問題のようだ。



”医者が居ない、来ない、金がない。

    誰が悪い!これからどーすんの?”

こんな話し合いのようである。


そんな中、一人の若い医者が一言、

その一言で、皆黙った!




”皆さん、医者が来ない、病院が潰れる、どうにかしろと

おっしゃいますが、ある潰れそうな病院が借金が□□億円ある。

そしてその町の町民税の未納金額が□□億円です。

皆さんはその大切な町の病院が潰れないように何か努力しましたか?

ちょっとした病気の時、よその大病院に行き、入院したい時だけ

地元の病院に行きたい。地元の病院だって経営難になりますよ。”




細かい言い回しは違うと思いますがこの様なことを言っておられました。

ここ最近の報道で、明確に市民が、町民が、村民が

今こそ負担すべきだと言った方を初めてテレビで見ました!!!



この若いお医者さん、いいね、最高。



青トラは、キッパリ宣言します!!!


”負担すべきです!負担しましょう♪”


青トラの町民税を月額9800円ぐらいなら増税してもイイです!

私は働き盛りです!私の給与は、全国の平均給与金額より

約○○%以上低いです。でも、病院が無くなっては困ります。

地方自治体が潰れては、生活の基盤が成り立ちません。


私は、消費税の増税もするべきだと思う少数派です。



”役人の無駄使いを無くすのが先だ!”



この理論は、”核兵器を減らすならオマエが先だ!”

と同じじゃないでしょうか。ケリがつきません。


だって、人間だもの、人間はずるくて、臆病で、楽をしたがる

生き物です。青トラだって自分をコントロール出来ません。

公僕と称される人々も人間です。自分さえ良ければ・・・

そんな人間です。日本全国そんな感じです。



私は違うよ!



声高らかに言える人に私は会ってみたいですね。

悪いコトする輩は、めちゃくちゃ厳しい罰則を設けて処罰し、

足りない税収はみんなで負担しましょう。

年収に応じて負担、これに合致するのは消費税しかないと

思います。自分の住む町を守るために、自分が節約する。

もうそろそろ、借金を返し始めましょうよ。


消費税が上がっても欲しいものは買います。



そうゆうモンです。


稼ぐぞ~!






すなわち、








我が忠実なるファウテンペン達・・・


ばーん!!!



我がファウテンファウンテンペン・コレクションです♪


ちょっとココで補足♪

恥ずかしながらファウンテンペンをファウテンペンと

長らく間違えておりました・・・・。

お恥ずかしい・・・。

なんで気づいたかって???

ファウンテンペンホスピタルのサイトを探そうと

ファウテンペン・・・・とゴーグル検索したところ、

ページトップに青トラの”いいね、最高。”が・・・・・。

おお、すごいな♪と思った瞬間、嫌な予感がしました。

だってそうでしょ、本当に素晴らしい万年筆サイトを

押しのけて、ましてやあの”ペンペンペンファウンテンペン”

の関連サイトが出ずに青トラの”いいね、最高。”が・・・・・。

お恥ずかしい限りです・・・。

しかし、数十人の方々が私と同じ間違いをしているのを

見て、ちょっと安心している、青トラです。

あーあ、”ペンペンペンファウンテンペン2”出ないかナ~♪

と言うことで、補足終わり。








ブログで自慢です、そのためにブログ始めました・・・。

”自慢したい”→見てくれる人がいる。→”嬉しい♪”

会社じゃ煙たがられますから・・・(泣)。


ブログ・・・いいね、最高。

誰だ! ”コイツ友達、居ないな。” って言ったヤツ!!!

ペンケース、全員集合!



ペンケースも結構揃ってきました。

持ち歩いていますので、丈夫なこのケースは

最適です。


ブッテーロ・・・、いいね、最高。


万年筆はほとんど現行品なので説明は避けます。

3本はチョイ古万年筆・・・。

各ペンの好きなところを解説+写真つきで

お送りします・・・。ま、まぶたが重い・・・。

・・・追記します・・・、眠たくなっちゃいましたんで・・・、

寝ます・・・。スマソ・・・。


ちゅう方向で!!!

よーし、追記しますよ!

まずはこれ!

イタペンは・・・かっちょいい。


アウロラ オプティマ さんです。


グリーンをチョイスしたのですが今となっては

普通な感じです。バーメイルでピカピカな

感じをグリーン・ダークグリーン・ブラックのボツボツが

(ボツボツは、まずいだろ・・・。ボツボツは・・・)

上品に見せてくれます。

特筆すべきはクリップの横顔!良いラインだね!

昨今、造形に対する商標登録が叫ばれております。

訴えられないうちにコー○シェイプボトルラインの

意匠擁壁を増産しなくては!!!

ペン先のとがり具合も他の物に比べ、

”シュッっと、シュシュッと!”

スリムに先に伸びていて・・・GOOD!!

書き味に関しては、高音の小さなノイズが

わずかに指先に来ます。インクフローは

ちょうど良くドバドバ!まだ無調整ですから納得の範囲です。



お次は・・・

キャップの彫り込みで買っちゃった。M400


ちょっと前のM400♪

彫り込みキャップのが欲しかった・・・。

タダそれだけで・・・購入。




ああ、もっと勉強しとけばもっと安くて

面白いモデルが買えたのに・・・。

故に、ブログでは初紹介です♪

ある方に調整して頂いてウルトラなめらかに変身!

他のペリカンは独特の横細縦太をほぼ同じ太さに

研いで頂いてあるのだが、コイツだけは調整のみで

ペリカンBニブのノーマルが楽しめます。

その内、古めのペリカンに手を出しそうです。

それにはまだまだ修行が足りないような気がします。

フォルムだけならペリカンのゴールドやブルーなどの

選択肢もあるんですが・・・。



さーて、つぎは、


ペリカン 100 ホワイト。


オークションで買った、白ペリカンです。




安いのに吸入式です♪本物かどうか

よく分かりませんが、きれいにお掃除、インクになじませ、

ちょっと擦って、書き書き・・・。繰り返すうちに

ちょっと軟らかいラミーのような書き味に!!!

やった!!慌てて2本目購入です♪

だってラミーの半値ですよ。鉄ペンですがこれなら

ガラガラと筆箱に入れても惜しくありません。

ラッピングフィルムの練習台にもなってくれました♪

2本とも抜群のインクフローで、へたくそな研ぎを

カバーしてくれます。書いた文字が少しこんもりする様は・・・、

結構、お気に入りです♪

極太!デロデロインクフロー!


おいおい、ピントが・・・ピントが・・・。



スマン!GX100!次に生まれ変わったら

どうか腕の良いヤツに買って貰ってくれ。

だから壊れて直せなくなるまでの間、ガマンして

俺についてきてくれ!!!へたくそでゴメン。

>GX100さん。


そーじゃ、無いんだよ!

極太って文字を取りたかったんだよ!

分かるかな~?このテクニック!!!

ねっ、”極太”、読めるでしょ!

ぶってー字が書けます♪

軟らかいです。心地良いです。

中屋万年筆 ブライヤーさんでした。


またまた、睡魔が、襲ってきましたよ・・・。

もう一踏ん張り!

玉虫色・・・素晴らしい。ヴァンゴッホ。


ビスコンティのヴァンゴッホさんです。



このシリーズのブルー・ブラウン・グリーンの色合いは

何とも言えない色彩のるつぼを、のぞき見るようです。

もし各々、30本用意して頂き軸を見ながら選択させて

頂ければ全色購入します♪もう1本1本、全然違う!!!

同じ軸でも120度回転させると全く別のペンに見える!

それがヴァンゴッホです!ああ、コイツにペリカンのニブと

吸入機構がつけば・・・イタペンめ、やりおるわい・・・。




よっしゃ、おつぎは・・・


軸がいいよね、そしてペン先も・・・




ペリカン M400 ホワイトトートイスさんです。




意外と普段使いに優れたペンです。

Bニブは縦横同じ太さに研いで貰っています。

エルバンのティーブラウンを吸わせて使っています。

ブラウンって文字を書いても絵を描いたような

柔らかさ・優しさがあるような気がします。

最近、ブラウンに、はまっています。





ういー、氷水が旨いね。田舎だから水道水も旨い!

重さと太さのバランス、そして造形。


値段、ブランド、見栄、全てを取り外して

一番持ち心地が素晴らしいのが

ペリカン M640 サハラ さんです。



クリップがペリカンさんでなく、カモノハシだ!

ちょっと重い!

♪デモ、そんなの関係ないです!♪

(大人ですから”ネー!”とか言いません。)



ああ、しっくり来る。冷たい感じがこの夏、

ほてった体を、氷水、ロッテのスイカバー、サハラが

優しく、クールダウンしてくれることでしょう。


すみません、またまた、眠くなってしまいました。

また追記しますね!

また明日!!!






さーて、追記その2です。

透けてるから・・・


M205 デモンストレーター でございます。

ペリカンの内部機構をのぞき見るのに最適なモデルです。

インクがトロトロッと動く様は1度は見たい物です。

ペン先はスチール、かったいペン先です。

書き味におもしろみを求めるペンではございません。



次もスケルトンモデルです。

八百弐拾参、なかなかインクが終わらない。


パイロット カスタム 823 プランジャー式ですね。




トランスルーセットなブラウンです。

あまりにも大きいインク室、おかげでまだ1回しか

プランジャー機構のビュッとインクが吸い込まれるのを

見ていません。惜しいことです。悲しいことです。

意外と重量感があり、しっかり腰を据えて字を書きたい・・・

そんなペンです。

お次は・・・、

普段使いでいいんじゃないの。


ペリカン M900 トレド です。


コイツが来た時、今週の言の葉で我が家にペットがやってきた・・・

と前ふりをしたのを憶えています。

その時、紹介した我が家の愛犬 レモンちゃん・・・。

最近、病気で死んでしまいました。丁度、コイツが来て

数週間の事でした。

12年と6ヶ月・・・、青トラの部屋の外、3mの所に

レモンの犬小屋があり、夏は窓全開で寝る為、

レモンの寝言、寝息、いびき、すかしっぺ・・・

夜、ベットの外の静寂は、レモンの不在を知らせています。

そして庭の一角に、レモンの墓が出来ました。


レモン、

寂しいよ、

静かな夜は・・・。

オマエの寝言はもう聞けないのか・・、

我が家の来てオマエは幸せだったのか?

俺たちはオマエが居て良かったよ。

ゆっくり寝てくれ、レモン。

オマエはいつまでも俺たちの家族だよ。


えっ、トレドのことを語れって・・・、

ごく一部の、ごく一部の万年筆好きのために

インプレしますと・・・、

最初、何度も販売店を通してペリカンに

調整をして頂いたのですが、どーしても

カスレに、引っかかり、そんな症状が消えずに

ちょっとした失望感に浸った万年筆でした。

そんな時、ある方に調整をして頂きました。

帰ってきたトレドは・・・

毎日、そう毎日トレドを使っています。

自分の為の1本を見付けました・・・。

彫金がくすみ、鈍い光を放つその時まで

コイツは私の傍らでお馬鹿な雑記を記し

続ける事でしょう。




えっ、レモン?

レモンのお墓は土まんじゅう状態です♪

(分かるかな?土まんじゅうって・・・)

最近、少し高さが下がったような・・・。

生き物 全て 土に 帰る 



さっ、さーて、お次は、

別格、これは1本、有ればいい。



モンブラン マイスターシュテュック №149 さん。



現行です。

色々、いう人がいます。

現行はどーだの、昔はこーだった・・・。

青トラはモンブラン、これしか持っていません。

たまたまかも知れません、

たまたま良品に当たっただけかも知れません。

青トラの149・・・調整不要です♪

当たり前に、普通に、その時、その場で

サラサラと、スルスルと。

なんか、字が上手くなったようなきれいな線。

もう、1本。いや、モンブランはもう要りません。

これで十分、これで完璧です!!!

お次は・・・


裏切らない・・・M800


はっはっは、最後はM800 スーベレーン 緑縞です。


コイツもなめらかに調整して頂いております。

トレドとM800は基本的に同じはずですが、

軸の重みか、重心の違いからか、

トレドの方がペン先にしなりを感じます。

M800の方が腰が強く、しっかりした感じ。

どっちもお気に入りです。



M1000も欲しいですが、ペリカンの

ちょっと古いペンも面白そうです。

システマチックなペリカンがときどき見せる

ちょっとした異変(?)を探す喜び・・・。


万年筆遊びは・・・しばらく続けそうです。





それでは、皆さん、ごきげんよう・・・。














テーマ:文房具 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。