いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココまで来た!ようこそ我が家へ・・・ペリカン ビッグトレド M900!!!

最近ね、字をね、絵をね、書いてます。

テレビを見ながら、音楽を聴きながら・・・。


小さい頃から字が下手で、宿題の書き取りなんか

絶対、やりませんでした。そういえば小学校の

宿題はほとんどやらなかったかも知れません。

夏休みの宿題なんぞは、言わずもがな・・・。


そんなダメダメ青トラが大学ノートにガリガリ、

字を書き込むようになったのは高校入試の頃でした。

学校の授業はカラッキシ駄目だったんですが、

(カラッキシは方言かな?全然ってこと?)

何故か入試勉強が性に合い、面白おかしく

図解でノートにまとめる事が出来、受験勉強を

乗り越えたことが思い出されます。


その頃から覚えたい事柄を自分なりの解釈で

図解を書き込みイメージで覚えることが得意でしたね。

しかし、その絵は青トラには分かっても、他の人に

貸すと”よく分からないから返す!”と不評でしたね。




今はパソコンでパースや3DCADで正確な姿図が

氾濫しています。そこで下手でも味のあるイメージ図を

お客さんに見せるとあまりの下手さにお客さんから

笑顔が・・・そして説明を良く聞いてくれるようになります。

こんな感じで文字や絵を楽しんでおります・・・。


たまたま、我がブログに来られた方のコレクションの中に

ヴァンゴッホを見付け、万年筆に興味を持ち、その他多くの

ブログや雑誌に感化され、今に至りました。


そして新たなる仲間が今ココに・・・。











すなわち、








箱入り!トレド。


PELIKAN Toledo

ペリカン ビッグトレド M900

      なのである!!!





正直な話、まさか買うとは思ってもいませんでした。

なんか、夜中にパソコン画面を見てたら・・・、こう・・・、ねえ・・・。

分かります?そんな感じです・・・。


オークション写真みたい。


トレド・・・。

この万年筆はいわゆる工業製品ではない。

確かに青トラ所有のM800や№149、ヴァンゴッホも

人の手、職人の手が入っているであろう。

しかし外部装飾を芸術の域まで高めたモノではない。

トレド・・・。

マイスターの手により彫り込まれた精巧な装飾は

唯一無二、個々にシリアルが打たれ・・・、

なんと言っても世界に同じモノがない。

我が家にペットがやってくると評したのも

それ故である。一生手放すことは無いだろう。






とまあ、それくらいにしておいて・・・、

ニブは、Bにしました。

ニブ接写。Bです。


割りがちょっとずれてるのは、ご愛敬です♪

さすがに、Bの為か、ひねり方向に関してシビアですね。

無調整万年筆の限界かな~?



ああ、ペンクリってヤツに行ってみたいな~♪



つい最近、車で1時間半の所にインクの調合師さんが

来られたようです。ああ、仕事してたよ・・・その時(涙・・。)♪

これからはペンクリニックの日程表を必ずチェックするぞ!!!

トレドのケース。


入ってきたケースです。外にも、なにやら

プレートが・・・。

箱のプレート。


ちょっとしたサプライズです♪

ペリカンの母ちゃん。


親ペリカンと・・・

ペリカンの子供達。


子供達でしょうか?


では・・・、

我が家に来たペリカンたちを端から連続でどぞ!

俺のトレド01

俺のトレド02

俺のトレド03

俺のトレド04

俺のトレド05


はい、1周しました♪

青トラのトレドのペリカンは・・・、

”男前な感じ”ですな・・・。

いいのか、母ちゃんペリカンのはずでは?




そして、恒例のやってみたかったのシリーズ


ペンケースと。


これモンの・・・、

黒と金。


これモンで・・・。



ふぅ、満足満足♪





ちゅう方向で!!!









速報!!!

 キャンパスハイグレードノートに書き込み始めて数週間、

やっと一冊書き終えたのでそろそろ過去の

万年筆のインプレを書きたいと思います。

素人、ミーハー路線の青トラがズケズケと

語っちゃいます♪ちょっとお持ちを・・・・。














スポンサーサイト

テーマ:文房具 - ジャンル:趣味・実用

あるべき姿・・・。成すべき事!全ては我々仲間のために!!!

本日、PM5:15顧客Aを訪れプロジェクトの見積もりを

提出してきました。青トラの専門外の工事の為、違う

グループより見積もりを作成して貰い、営業Aと一緒に

見積もり提出をする予定でしたが、営業Aが所用の為、

青トラ一人でプロジェクトのプレゼン的な説明をして来ました。

青トラに言わせれば、営業グループが機能していないと感じつつ、

例え我が社の営業が来ても説明出来ないなら不要!と顧客に

軽くあしらわれるのだから、来なくても良かったかも知れません。





現在の顧客が営業に求める誠意と、ちょっと昔のそれはかなり

違ってきているように思います。

昔は真面目な営業がこまめに挨拶、名刺配り、朗らかに団らん、

二言目には”それでは社に戻り大至急見積もりを作り提出します!”

と言っていれば良かった時代があったようです。

顧客のプロジェクト担当が求めているのは、ノウハウ、価格であって

営業担当の人間性では無いと考えます。ダメダメの人間性では問題有り

ですが、後はスピードでしょうか・・・?


上記は当たり前の事ですが、お年を召されるとどうもイケマセン・・・。

一日、30分でもいいンですが、見積もりや実行予算、プロジェクトを

実際確認し、知識として残すという努力をお願いしたいものです。

でも、今まで養った、仕事をなるべく楽に乗り切る算段しか

思い浮かばないようです。








ちなみに、本日の見積もり提出後の、

顧客Aの担当Kと青トラの会話・・・。



担当 K :・・・・、そうゆう事でお願いします・・・。

       ・・・。あ、そうだ。ちょっといいですか?

コンクリート舗装なんですけど・・・、施工条件は○○で○○、

面積が○○で○○なんですけど・・・。いくらで出来ますかね?


青トラ  :その面積ですと機械回送費抜きで○○円/m2で○○円で出来ます。

担当 K :うーん、そうですよね。

青トラ  :どうしたんですか?

担当 K :ちょっと現場見てもらえますか?

青トラ  :・・・・・・・・・。

      分かりました、施工条件が良いのでさっきの値段でイケますね。


担当 K :やっぱり!?コレをそれの倍で持ってきた業者がいるんですよ。

青トラ  :浮気するからですよ、見積もりだけでもウチに回して下さいネ。

担当 K :そうすれば、あれかな?防火水槽も見積もってみます?

青トラ  :よろしくお願いします。消防申請関連も一式やりましょうか?

担当 K :そうですね、また仕様が決まり次第図面を送信しますよ。

青トラ  :はい・・・・。では。




コレが、 営業の受注スパイラルと青トラは考えます!

これを本職の営業にやって頂きたいんですよ♪

最低限ですよ、こんなの!




学べ!!

青トラからではない!!!

現場から!

顧客から!

数字に裏付けられた経験から!





会社が存続するには仕事が無くては駄目なのよ!

良い仕事をしたくても仕事が無くては駄目なのよ!

仕事中にアスクルのカタログ見て30分も悩んでるなよ!

昼も会社、夜も会社、いつ顧客周りをするんだよ?



かーーーーーっつ♪



頼むから俺たちを煽るくらい仕事を持ってきてくれ!

本気の、必死の、精神を見せてくれ!!!

休みの日は電話出なくても良いから・・・、

出勤時間はビリビリ、バリバリでやってくれ!!!

それが若衆の目標になるんですよ。




よーーーーし、毒吐いたぞ♪


この記事はちょっと差し障りがあるかも知れないので

途中で削除するかも知れません。

でも、言いたかった・・・。彼らには書面や口頭で

やんわりやんわり伝えて行きたいですが矜持だけは

高い奴等です。多分聞く耳持たないでしょう。



青トラが出来ることは結果を数字で見せること!

それはかなり嫌われる行為です。嫌われるのは

得意です。でも誰かがやらないとイケマセン。



仲良く、穏便に・・・は、誰かに任せてこの路線で

問題提起をしていきたいと思う今日この頃です。





ちゅう方向で!!!







追記


文中のコンクリート舗装工事は受注、完成しました♪

もう一つは・・・受注したらアップしますね。

受注スパイラル・・・ハマると凄いんですけどね・・・。

青トラの会社は5月決算ですのでラストスパート!

去年度実績を是非超えたいモノです♪




テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

全ては、趣味のために・・・。稼げ、稼ぐんだ!再注文 フラボナ ペンケース!!

雪の少ない冬・・・2年目です。

3年前の大雪がウソのようです。

冬の朝3時30分、目覚まし時計が鳴ります。

そしてベッドの前のカーテン・サッシを開け

懐中電灯で庭の積雪量を確認します。

3CMで注意、5CM以上で出動準備・・・。

何をするかって?












すなわち、












気温-7°時速25km 体感温度は・・・。



砂まきダー!!!


青トラの住む関東北部山間部は、日本有数の豪雪地域も

有りますが、ホームグラウンドは、平年5cm~30cmほどの雪が

ぽつぽつ降る程度です。1月から3月の最低気温が、

低いために、除雪後(機械で道路脇に寄せる作業)の

道路面の雪が圧雪され凍結します。

通勤車両や物流車両が滑って動かなくなることを防ぐため、

スリップ止めの砂を塩化カルシウムを混ぜて散布します。

遅くとも朝の7時頃までには作業を完了させなくてはいけません。

我々の前に、除雪作業車、塩化カルシウム散布車が、

作業していることは言うまでもありません。


傾いた荷台の上、暗闇の中、激しく揺れる足下。

時速25キロで走る車両、吹き付ける雪、顔に突き刺さり・・・。

衣服に付いた雪は一度溶け、また衣服の表面で凍る・・・。

2時間から3時間、全延長20km以上を何度も往復し、

坂道、急カーブ、日陰を中心に砂をまく・・・。






結構な重労働です。


SLの燃料を投げ入れる作業よりも条件が悪いですね。


荷台の3人は、強いよ、マジで・・・。感謝・・・。



そんな朝早くの作業に希望の光が・・・。

朝日拝んで医者要らず・・・。


朝日です。


今日の砂まきはコレでおしまい・・・。

通常勤務に戻ります。コンビニで朝ご飯を買って食べ、

8時までに自分の現場に直行です。

若いからこそ出来る作業です。現場から帰った後は、

書類整理・・・。所帯持ちには辛い作業ですね。



希望の光・・・それは現金です!



砂まき作業には通常の残業でなく、割り増しされた

時給が現金で支払われます。そんなに高くないのですが、

残業は○○時間まで・・・の制限を受けない時間ですので、

出ればデルほど良いのです。




”雪フレー、都合良く雪降ってクレー♪”

心からの叫びです。

荷台の3人には、感謝感謝です。




あそうだ、我が地域には、地理の教科書に載っている

地形があります。皆さん、覚えていますか?



河岸段丘です!!!


河岸段丘・・・まさにココ!!


川によって浸食され、川に沿って段々と平地が出来る。

コレは川から数えて3段目の平地から川の方向を撮影したものです。

白く見える平地部分には古くから人が住み、遺跡が

発掘されています。ココの平地は風が弱く、暖かですぐに

雪が溶ける事で有名です。住みやすいところですよ。



頑張るには、人それぞれに訳がある・・・。

稼げ、稼ぐんだ!!


”お金では買えないモノがある。”


否、

”お金出さないと買えないモノが多い!!!”





”準備はいいのかい、この豚野郎!”

(HG、SM、次は何が来るんだ、お笑いは・・・)






すなわち、



再注文しました!ペンケース!!



フラボナ ブッテーロ ペンケース

      3本差し ブラック

      1本差し ワイン

 再注文です!!!!




ペンケース 1本差し!ワインカラー!!


ありゃ、この写真はちょとブラウン気味に写ってしまいましたね。

最初の写真の方が色味は正確です。

モンブランの149がぴったり収まります。

革の鎧を纏った149・・・。最強ですな・・・。

1本差しは、全色(5種類)全部欲しくなりました。

お勧めしますよ、このペンケースは!!!

最初に買ったグリーンのペンケースを使う内に

どうしても他の色や1本差しが欲しくなり購入。

色はかなり悩みました。結果はブラックとワインです。



刻印なのよ!


手縫いで有名な方の作ですと3万から5万する

ペンケースの中、ミシンと機械を組み合わせ、

とっても良い革ブッテーロをペンケースにする・・・。

青トラはそうゆうのが好きです。壊れても修理出来る、

又は修理してでも使いたい物・・・。




いいね、最高。







各社の純正ペンケースのぺらぺら感が気に入りません。

餅は餅屋と言ったところでしょうか?

フラボナ ブッテーロ ペンケース!全景


ペンケースを買いそろえました・・・。

次は何を買うのか、決めてしまった感が有ります。

暫くは万年筆道楽が続きますネ・・・。




コイツもどうだ!!

インク遊び・・・。


ハマったな、マジで。




ヨーシ!下半期で○○○の工事出来高目標を達成させ、

(営業かっ!監督なのに・・・。)

雪乞いをして、雪を降らせ、砂まきで稼ぐぞ!!






待ってろよ、ペンケース達!!

ぴーぴー、大きな口を開けて餌を待つツバメの

雛のように・・・。

今にすっごいペンを運んでやるぜ!!

お腹をすかせて待ってな♪

次は・・・・・・・・・。

とりあえず、ガンバろっと。>仕事。



ちゅう方向で!!!



テーマ:雑貨 - ジャンル:趣味・実用

思い出を形に・・・part2・・・棚作るよ♪棚をさ!!

”まずは形(計画)から・・・”

これは青トラの深層心理であります。


”段取りを踏まえず物事を

   始めることに青トラの美意識は、

      耐えられません。”

(ああ、一度で良いから、

     言ってみたかったのサ・・・♪)




実際は、青トラが機転が利かないので、準備しないと

ダメダメのグズグズになってしまうからです・・・。


さーて、小物を飾る棚の完成希望図です・・・。

完成希望の図


これはautoCADで作図しました(今さっきネ)。

普段3Dは使わないのでこれくらいで許して下さい。


3Dの棚!!


これを壁の中央に貼り付けるように固定します。

さーて、木材が無いな・・・、探してきます・・・。


ちゅう方向で!!!




テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

三役そろい踏みであります。それいけ大相撲!緑な革小物達!!!

”娘さんを私にください!”


と、赤の他人に言われるその瞬間、

貴方は瞬時にその判断と冷静な対応を

しなければなりません。


”息子さんを是非、私の部屋で預からせて下さい!”


と、でっかい親方に言われたその瞬間、

貴方の脳裏に浮かぶのは、あの事件と

朝青龍の厳めしい貌でしょうか?



大相撲・・・。いいですね~。


青トラは、相撲が大好きです。


ごく一部の非常識な人々が問題を起こし、

素晴らしい伝統を崩し、節制を欠き、

低レベルなルールを作らざるを得ない状況を

作り出す・・・。

最近は勘違いな横審委の発言を

まともに電波に乗せてしまう報道が

国技 大相撲を貶めようとしています。


それと警察や検察の動きの鈍さ、

国技を配慮しての動きなのか、はたまた怠慢か?

罰すべきは慎重且つ素早く厳格にやって頂きたいです。




そんな大相撲を救う男・・・





すなわち・・・













舞の海ダー!!!

(写真無)




もし、大相撲をオリンピックや世界陸上のように

ワクワク、ドキドキして楽しみたいなら、

舞の海さんの話を聞いてから、読んでから

大相撲鑑賞をしましょう。

舞の海さんが、自分の足で回った部屋の様子、

稽古や怪我の状況、力士の精神状態や最近の悩み、

それらをリアルタイムな情報として仕入れてから

大相撲を見るのです。解説に舞ちゃんがいれば

最高です。

テンションは若干低めですが、織田裕二、松岡修三に

引けを取らない情熱です。

(ありゃ、褒め言葉になっていないかな・・・?)

ともかく、今の有り様をひっくるめて、私青トラは

大相撲を応援します。








それでは・・・三役そろい踏みであります♪








すなわち、









グリーンな革製品。


揃ったね、

左から・・・

フラボナ ブッテーロ ペンケース!

万双   ブライドル 名刺入れ!!

万双   シモーネ カードケース!!!

今日は3種の革を比較したいと思います。



あくまで主観で行きたいと思います!

ブッテーロ フラボナ ペンケース!

ブッテーロ・・・ここ1週間、持ち歩き、太陽光にも当て・・・

結果、購入時より理想の深く光沢のある緑に育っています。

これは良い買い物でしたね♪

手縫いではないけれども、これだけしっかりしていて

大型の万年筆を収納し堅牢な作りであるこのペンケースは


”いいね、最高。”



万年筆を収納するのにクリップを使用するより

そっくり収めてしまう方が数十年使用する上で

クリップに負担をかけない方がいいと考えます。

悩んだあげく、別色の3本差しと1本差しを

再注文しました・・・してしまいました。

後日アップします。でも、もうネットでは買えませんよ、

限定ショップ”fromkobe"はもう終了ですから・・・残念!

ブッテーロ 絞りによる造形。



ブッテーロのバッグが欲しくなりましたね。

スリム系が合いそうです。

でもバッグは飾るほどあるしね・・・。

シモーネことミネルバと共に経年変化の楽しめる

革のようです。かなり腰のある革デス。

ブライドルと近い質感です。










ブライドル 万双 名刺入れ!


万双のブライドル 名刺入れです。

うーん、室内ではこのダークグリーンは、黒だな!

ブッテーロのグリーンが夏真っ盛りの上空から見る

深緑ならば、万双のブライドルは深いジャングルの

中で日の光を遮り、暗闇を作り出している深緑を

下からみた感じです・・・???!

ホコリの多い職場でポケットからの出し入れが多い

名刺入れですので、ちょっと表面が荒れていますが、

黒緑は、堅く鈍い光沢を放っています。

購入後は、深緑から黒緑に変化しています。

ブライドル 実物は黒緑!

ラナパーを塗るのを止めました。

空拭きメインで、とーきどき、水拭きで育てようと思います。











シモーネ 万双 カードケース!


シモーネです。鞄に入れ放しで変化が無いですね。

それに余りカードを収納しているので・・・、

活躍していません。

他の2品に比べて日本古来の渋い緑です。

まだまだエイジングが足りませんね。

シモーネ フラップが妙に良い色に・・・。






並べて接写・・・。


質感は・・・?


緑という発色の難しい色を革にどう着色して

定着させ、汚い色にならないように考えているか

タンナーの業を垣間見ることが出来る絶好の機会です。

使う喜び、所有する喜び、愛でる喜び・・・。

暫くは楽しめそうです。



初めての方もコメント、お待ちしていますよ♪

色々教えて下さいね♪



ちゅう方向で!!!




























テーマ:雑貨 - ジャンル:趣味・実用

思い出を形に・・・グロッグ17L・センチメーターマスター!!!

私の住まいは木造 築23年目です。

和洋折衷の、その当時流行った様式です。

親父さんが大工ですので、ここ5、6年で

リホームが進み、最新の器具、材料を使い

訪れる顧客・友人にアピールする場と化しています。

リホーム前は、現況フローリングの上に新フローリングを

貼れるよう戸枠が上がっていて、リホーム後は同じ高さに

なって、ちょっとしたバリアフリーです。

リホームを見越してこうしたんだ!”と親父さんは言います。

多分そうなんでしょう。



大工が家族の為に(自分の為?!)造った家です。

ともかく狂いが出ません。

木は必ず動きます。どんなに寝かせ、乾燥した欅も

鉋をかけると狂い(ねじれ)が出ます。狂いが出ても

影響なく、ちょっとした調整でまた十年、その機能を果たす・・・。

奥が深く、面白い世界が、木造在来工法には詰まっています。


最近の木造は集成材の利用や金物・接着剤・樹脂を多用し

狂いや鳴り、施工誤差を吸収させる、強いて言えばその工法を

正しい手順で行えば組み立てる感覚で造る事を前提にしています。

最近の木造住宅は安価でも地震に強く、気密の良い家が建ちます。

でもね、樹脂や接着剤は経年劣化が著しいモノが有るのは事実です。

樹脂や接着剤の使用はリホーム出来る(容易)な所に限定し

主要構造やリホーム不可能な所には使わないで欲しいものです。

流行の木造住宅が樹脂、接着剤なしで建たないのは重々承知です。

これから来るであろう、”樹脂劣化によるクレーム・リホームの嵐”。



樹脂・接着剤が悪いのではなく、その性質、特性を理解し適材適所で

使用していく設計や現場監督と、いいモノを作ると言う意志を持った

”もの申す職人”さんが必要です。コミュニケーション無しで良い家は

建ちませんから。




樹脂・接着剤の劣化についてはこんな例を・・・・




ナイキのエアジョーダンのデットストックを手に入れたので

自慢しようとして試合に使ったらソールが取れ、壊れた!!

今思えばウレタンの劣化。  (実話・・・。)




3年寝かせたタイヤや炎天下出しっぱなしのタイヤが

ドリフトするのにいいんだよ!(知人談・・・。)

今思えば分子運動の低下・紫外線による劣化。




・・・そうだ、少しずつ、本編に戻さねば・・・

親父さんに我が部屋のリホームを依頼したところ

”金をよこせ”と見積もりを見せられました。

こちらも負けずにVE案を提示!直接工事費で

施工してくれ!いや、して下さいと頭を下げ、

一週間でリホーム完了・・・1年ほど前のことです。

リホーム費用は45万でした・・・。カーテンは別途。

なんだかんだで50万を超えました・・・。

樹脂ペアガラスが入って、冬あったかいです・・・。

うーん、魅せる収納棚が欲しいナー。

飾るモノは色々あるし・・・。

コルトガバメントも飾ろう!趣味の部屋、

男の遊びの書斎!いいねっ!!!

ヨーシ!autoCADで図面を引く、引いた。

木材は会社の産廃ボックス(木材)をちょくちょく

覗けば集まります。傷がある長板モノは担当監督より

”青トラ~、傷物出たけど取りに来る~?”と

連絡が来ます。いい職場だ~♪

そうだ、飾るであろうコルトの仲間達を・・・・






すなわち、










東京マルイ グロッグ17L 姿


東京マルイ GLOCK17L

       グロッグ17L  と~、





東京マルイ センチメーターマスター 姿


同じく、

東京マルイ CENTIMETER

       センチメーターマスター


     の両雄である!!!!


購入動機は・・・・・

ロングバレルだという事!!!

それだけっ!!!

ロングバレルは命中精度の要です。

しかし、しかしデス。青トラはまだこの2つに

BB弾を詰めて撃っておりません!!まさに

オブジェ!飾るだけか、そうなのか?これで

思い出のハンドガンが3丁揃いました。

ふう、満足、満足。

特にグロッグは超ロングバレルです。

センチメータマスターは見せかけです。

先っぽまで金属バレルが伸びていません。

グロッグは、実銃が樹脂を多用しているため

リアルに造られているかと思いきや上部の作りは

非常にチープです。でもロングバレルだから許します。



東京マルイ グロッグ17L ちょっと上部


グロッグのトリガー部のセーフティ部は実銃と同じです。

たった今、BB弾を入れて撃ってみました。

発射音が鈍いと言うか低音です。ロングバレルの賜物か?

部屋の中でしか撃っていませんので飛距離、命中率は

不明です。







東京マルイ センチメーターマスター 裏


おお、この写真は雰囲気出てるじゃありませんか?

露出アンダー気味なのがいいみたい・・・。

金属な質感が若干見られます。









それにしても、写真の腕前は上達しないな。>青トラ。



ヨーシ、飾り棚を作ろう♪

お気に入りの雑誌や小物、自慢の逸品を飾る棚を・・・。

工期は2ヶ月を予定!!!

施工計画をまとめましょ♪

壁に直接固定を予定!

色は・・・。渋い色!!いつもの色!!!



ちゅう方向で!!!















テーマ:玩具・ホビー関連 - ジャンル:趣味・実用

半年にわたるプロジェクトの完成・・・そして・・・。

本日、正確には昨日、去年の7月から1月末まで

起動していたプロジェクトが完成検査を迎え発注者、

検査課より合格を頂きました。



比較的単純明快である下水道工事のはずでしたが、

市内で最も深い開削配管(溝を掘り、トンネルとしない

工法)でした。事故もなく、隣接光ケーブル、東電地中

高圧電線をやっつける事無く、もうけも少なく、完了しました

ことをここに報告させて頂きます。

地元対応、試掘による危険箇所の除去・施工手順の

見直し、人力による隧道支保工の組み立て、地下

6.5mの人力横穴掘削、次期発注の工事を配慮しての

平面配置、縦断計画の見直し・提案などなど・・・。

工事隣接者の利便性と、市政の経済状況(少しオーバーか?)

を考慮してプロジェクトを運営した結果を評価されるとは・・・、

いつもは冷たい検査官から人間味のあるお言葉を頂き、

ちょっと鼻高々な青トラとKBちゃんでした。





発注者より高い評価を頂き、関係協力会社、そして途中から

工事を引き継いだ監督KBちゃん、感謝の言葉もございません。

細かく諄い青トラの指示、方針によくぞ耐えました。

本人を前には褒めませんので、ここにそっと褒め言葉を

置いておきます。

”ようがんばった、辛かったろうが、

       その先に喜びは有る。それがMの世界・・・”

最後はよく分からんが、そゆこと!!!



隣接地下埋設光ケーブルは東京と新潟を結ぶ

最重要ケーブルらしくNTTの立会人も真剣な眼差しで

我々の作業を見守っていましたね。

ああ、懐かしい、今となっては立会人のダウジングは

笑いのタネです。

詳しくはこちら・・・






検査の前日、とても他人事ではない労働死亡事故が、

起きました。

群馬県で防火水槽の工事現場で、一酸化炭素中毒

により2名の方が亡くなり、救助に入った1名も重体

とのことでした。

新聞等の報道から大筋の経過が伝わりこの話をした

職人さん達は私も含めて身を竦めました。

あり得るのです、我々には常にその状況が・・・。




冬季にコンクリートを打設します。

コンクリートは硬化初期(1~3日)に0°以下になると凍結し

最終的に求める強度が得られない時があります。

それを防ぐために、養生マット(スポンジとポリプロピレンの

サンドウィッチ)と皆さんおなじみのブルーシート等で湿潤、保温

します。夜の冷え込みは、天気予報よりもかなり厳しく空気の乾燥

による気化で奪われる熱は外気温0度でも容赦なくコンクリートを

凍結させてしまいます。まして氷点下-5°から-9°が当たり前な

この時期のコンクリート養生(寒さからコンクリートを守る)は

必然であり、品質を保つためにはおろそかに出来ない作業です。


ここまでの話の中で

”なんで冬季にコンクリート打設するの?

    あったかい時にやればいいジャン!!!”

と思った方も多いと思います。


ほとんどは発注者の事情が多いですね、

施工時期については・・・。

予算や完成させたい時期、やむを得ず、しょうがなく

と言ったところです。

冬だから養生費用を余計に計上する発注者はいません。

それでいて、2月中に完成させろ!

        ゴールデンウィークには入居したい!

ちょっと勉強不足、計画倒れと考えます。

こちらが上手く誘導してあげれば民間はいいのですが、

公共工事はそうはいきません。



シート養生だけで間に合わない場合は熱源を利用します。

今回利用された練炭は手軽で夜間、火事の心配も無く、

自然に消え、電源も要らない、小規模工事や山林工事で

多用される一般的な熱源です。

しかし火を使う為、狭く気密のいい状態で使用すると

酸素を消費し不完全燃焼を起こし、一酸化炭素を発生させ

人間が一息、二息でめまいがして、昏倒すると聞いています。

無味無臭、無色透明。見えない危険。


例えば・・・その日に初めて来た職人さんが、

何も知らずに小さな部屋に入ったとして倒れる。

周りの職人さん達は、必ずそこに入るでしょう。

なぜなら

 ”仲間を助ける!” 

皆、危険を冒しても行動に移すし、その状況では

正確な判断は無理でしょう。


我々が出来ることは・・・

・密室での練炭・燃焼器具の使用はしない。

・高気密の室であればコンクリートの硬化熱で

 内部については必要のない場合が有るので

 地元の経験豊富な人と良く打ち合わせをする。


・密室に入る前に、確認し、十分に換気する。

・確認するには必ず毎日、機器等で基準値を確認する。

 しかし高価なガス検知器は持っている業者を見た

 ことがありません。

 青トラも最近やっと換気のための送風機と

 10m分のホースを揃えたばかり・・・。

 下水道工事もマンホールに入り、意識を失い

 死亡する事故が後を絶ちません。

 低酸素・有毒ガスが主な原因です。

 安価な検知器が望まれます。

 下水道工事では火気を使用しなくても

 有毒ガス・低酸素などで事故が多発しています。



安く、簡易で、そうベルトに付けておいて

アラームが鳴るようなガス検知器があるといいですね。

職人さん一人一人に渡るように標準装備になると

いいと思います。これに関する改善は近日中に

部内で取りまとめ協力業者に通達します。




私の仕事は、職場の安全を確保すること

が第一です。

安全のためには妥協せず、大事な命を守る。

此に徹する事をここに誓います。

安全第一! 

 2008/2/8 青トラ




2名の方のご冥福と、1名の方の一刻も早い回復を

ここにお祈りします。




追記

誰もが当たり前に自宅に五体満足に帰れる職場、

それを実現させる!誰がやるんじゃなくみんなで

実現させる!批評だけで終わる輩は口を閉ざして

欲しい。たとえみんなに憎まれようと、嫌われようと、

私はそれを実践する。









FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。