いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石を切る漢(おとこ)!!

以前お話ししたハマダさん を、皆さん覚えてますか?

そう、あの石職人、ハマダさんです。

これからお話しするのは、ハマダさんについて・・・です。

その前にハマダさんの仕事(作品)を見て頂きましょう。

まずは・・・

20070731213709.jpg


20070731213814.jpg




仕上げ直前の全景写真です。

これが個人宅の庭であることが驚きです。

しかも田舎ではなく、一坪の土地評価額が数百万円

、ビルとマンションの間にある広大な敷地に・・・。




お稲荷様から見た写真です。

20070731213604.jpg




石階段です。これは裏門です。あしからず。

20070731214707.jpg





階段おりてすぐの大石畳です。

シングルベッドより大きいんです♪

20070731214857.jpg




そして、その職人は石を穿つ・・・

20070731215154.jpg




堅く、石英を含むその石は、石頭(せっとう)に

打たれた石ノミにより、丸いすり鉢状になっていく。

削(はつ)られた石の破片は、花火のように弾け飛び、

厚い綿の作業着に突き刺さる。

一連の作業の中、手を休めることは無い。ただ、

そこには鈍い金属音と火花が存在し、見る者に沈黙を促した。

削り終わったその内側には、中心に向かって渦のように

無数の筋が残っていた。

この手水(ちょうず)には、これからも何代にわたり、

水がたたえられるが、これを刻んだ者の名は残らない。

ただいつの日か、

”これいいじゃん、いいね、最高”

と、10年に1回ぐらいは

言わせることが出来る喜びが今ここにある・・・。

彼は言う、

”石は削ルンじゃない、切ルンだよ♪”

文章では軽いが、言葉はとても重かった。

【雰囲気で分かって下さい】

私は、6,7歩離れた所でその作業を見ていた。

しかしその距離はとてもとても遠く感じられた。

ばーい、青トラ!

(小説風!?中学生レベルかな?)






まあ、そんなこんなで、この仕事中は

結構勉強になりました。自分の中では

古い石(御影)と新しい石(蛭川石)そして

コンクリートをいかに融合させ、コンクリートが

昔からそこにあった石のようにコケがむし、色あせる・・・

そんなコンセプトで設計しました♪

まだ、施工後3年しか経っていませんが20年後には

いい感じになっていると思います。


”しっかり打ったコンクリートはその仕上げにより

究極の石となる・・・。”


これが私の持論です!!!


それにしても、過去の施工写真を見ると

”あーしとけば良かった。こーするべきだった・・・”

と、思うところがたくさん出てきます。


テレビで偉そうな人が、偉そうに

”毎日が勉強デス。今まで満足した作品は一度として

有りません”

などと、言っておりましたが、まったくそのとおり

ですな♪


”これなら、人間国宝になる日も近いな、

かーっかっかっかー。”(水戸黄門バリに・・・)


さーて、調子づいたところで・・・

ああもう、こんな時間。


ちゅう方向で!!!
スポンサーサイト

テーマ:お仕事記録 - ジャンル:就職・お仕事

青トラって・・・なんなんだ?

私の名前・・・青トラジェットとは、なんなのか?




皆さんは知りたくもないでしょう。




でも、お教えします♪




聞いて下さいませ・・・。





私は一時期、車を3台所有していたことがあります。

まあ、メインマッシーンはともかく、その他2台は

軽自動車ですけど、癖のある2台でした。

その内の1台を紹介します♪











すなわち・・・、


20070727231040.jpg


青トラだ~~~!!!わーい!!

くっくっく、見て下さい、このおんぼろ軽トラを!!

3年ほど前のお姿です。

昭和57年頃のホンダ、アクティです。

6年ぐらい前に山に捨ててあったのを、持ち主から

譲り受け(?)15万円掛けて走れるようにしました♪


こいつは、短い間でしたが、最高の相棒でした。

何故過去形なのか?それは・・・


半年ほど前、泣く泣く廃車にしてしまいました・・・。





こいつには、手を焼きました・・。でもこいつは、

そこら中、ぼろぼろになっても走る走る、超元気!!


走行中にルームミラーが経年劣化で落下・・・

リザーブクーラントタンクが経年劣化で破断・・・

荷台の鉄板が腐って荷台の雨水がコックピット(?)に

侵入し、水たまりができ、コケが生える・・・

一見さんは、エンジンを掛けるコトすらできない

キャブエンジンの妙・・・


うーん、かわいいヤツめ・・・♪



そんなヤツですが、今年の冬、お別れの時が

やってきました。私のミスでラジエターを壊してしまい、

直すには多額の費用が必要になり、もう1台の軽と

一緒に廃車となったのです。(ホントに悲しかったね)


いつまでもこいつと走りまくりたかった。

農家のオジサンばりに、畑を縦横無尽に走りまくった

あの頃が懐かしッス。

こいつのおかげで、軽トラの楽しさ・利便性を知り・・・


あえて言いましょう世捨て人 カーオブザイヤー

有れば間違いなく受賞することをここに宣言します。


(いい意味でね、いい意味で・・・所有者、怒るなyo)




皆さんも乗ってみて下さい、軽トラに!!

いいっすよ~♪


ちなみに現在はメインマッシーン+軽トラ(新車)で

2台で楽しんでます。そして新軽トラの名前にJETが

付くから・・・・



青トラジェット



なのです! 


 どーん!!!!



うひゃ、ひゃ、ひゃ、ひゃー!!






ちゅう方向で!!!

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

怒濤の1ヶ月・・・

いやー、やっと仕事が一段落しました。



4つのプロジェクトの内、3つのプランとコストが

まとまり、顧客の会社側稟議待ちになりました。





うーん、今回の課題は、プロジェクトの基準を設定

出来ない顧客のプロジェクト担当Aに、社会人であれば

出来るであろう、

プロジェクトの骨子となる稟議書を提案し、理解させ、

A氏の会社の作業効率まで考え、分かりやすく説明

出来るか? でありました。


要するに A氏は稟議下手なので~あります。

彼のおかげで(?)、彼の会社の稟議基準が厳しくなった

ほど、問題稟議(手抜き)を連発していたらしいデス。


おかげで(?)我が社のような小さな(小回りの効く)会社に

声がかかるんですけどね・・・。

稟議に時間が掛かりすぎて、決済後10日でプロジェクト

始動だそうです。(特殊器具納期、まにあわね~♪)

愚痴を言ってもしょうがない。




他山の石じゃないが、これを教訓にして


指示をする者は、5W1Hを明確にし、基準と方向性を

もって(全ての)運営を行いましょう。



なーんて言ったりして・・・。







愚痴を聞いてくれて ありがとね♪

面白いこと有ったらまたアップしますね!



ちゅう方向で!!!




(コメント待ってマース♪)

こんな真面目な話してもいいのかな・・・?




ふふふ、記事を修正しました!!

悪口は良くないよね~♪(読んだ人はワカル・・・)









テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

よっしゃ!万双の ロービキダレスバッグ!!

届いたぞー!!みんなっ、届いたんだよ♪


万双のロービキダレスだ~!!!



わーい、うれしっス。


色はキャメルまたはダークブラウンかと悩みましたが、

ダークブラウンにしてみました。


皆さん、見てやって下さい・・・。


万双のロービキダレスさんです、パチパチパチ。

20070717225856.jpg


こんなおいらが、こんなええ鞄を・・・うううっ(涙)。

みんなのおかげだー、そして・・・


”偉いぞ、昔の俺!ようがんばった!”



と、自分を褒めつつじっくり鞄を観察します。

20070717230308.jpg


表も裏もびっちり、タロウが浮き出ています。

スーツ着用の人はしっかり、から拭きしておきたいところですね♪

ちなみに隣はロービキ 二つ折り財布(ダークブラウン)です。


20070717230914.jpg


側面はこんな感じです。

構造上、前後の革の曲げ方は対称では有りません。


20070717231512.jpg


フラップの革がともかく、しっかりしていてバネの様です。

スライドボタンを下に下げるとバチンと音を立てて外れます。

はっきり言って気持ちいい瞬間です。

フル開口の状態でフレームがロックしますので、

出し入れは楽です。立ち姿は以下の通り・・・。


20070717232258.jpg


キャンバス生地やナイロンバックでは多分この曲線は

出ないっしょ!


確かに革鞄は不便です。雨に濡れたら拭いたり、何かの角で

すぐに傷になるし・・・でもいいね、最高。


20070717232814.jpg


内部は3マチタイプです。ヌメ革ですね。

よーし、ガシガシ小物をぶち込むぞ~♪


そうそう、言い忘れましたが分厚いブライドルレザーを

使用してる割に意外に軽いんですよ。ちょっとビックリ!!


20070717232807.jpg


これが万双ダレスの売り・・・鞄の肩のライン♪


他社にも、なで肩ダレスは有るけれども、この迫力は有りません。


20070717233519.jpg


20070717233612.jpg


左に見えるのはキーケースです。

鍵は安っぽい感じですが、キーケースがそれを補っております。

革ひものコバもちゃんと磨いてあります。

こりゃ、外して他にアクセサリーとしてもイケてます。

20070717234004.jpg


金具については、実物の方が写真よりいいです。

無垢で分厚い金具類ですよ。

20070717234227.jpg


これが革だけで出来たハンドルです。

まあまあデスね。



20070717234438.jpg



肩の縫製です。

多分ミシンですが、手縫い一番主義でないので


これでいいのだ!(バカボン?)


20070717234659.jpg


コバはとてもきれいです。

”もっときれいなコバを知ってるぜ!”


という方は教えて下さいまし。

買って確認してみます。

にしても、分厚い革です。


さて、タロウ落としに、かかりましょう♪

まずは半分・・・・・



20070717235134.jpg


うおー、白いタオルが・・・

そういえば昔、アニメでこんな顔の悪党がいたような・・・。

よーし、仕上げだ!!!

かんりょー。



20070717235458.jpg


いやー、よかったよかった。

まだ万双の実店舗に行ったことも無いですが、はっきり言ってファンです。





しかし客観的に見るのが私の主義です。

気に入らないことが有ったら後でアップします。






でも分かるでしょ、自己紹介でも書いてあるように


”好きこそ物の上手なれ!!”


通販で買った物は、自分のために生まれてきたと思って

長所も短所も楽しむのが最高ですよ、多分・・・。








長文、読んで頂きアリガトウございました。




ちゅう方向で!!



ああ、満足、満足。(書きまくったコトにか?)






ちゅ、ちゅう方向で!!!





追記

文面からも、当時の青トラのハイテンションぶりが

見て取れますね♪全然、レポになって無いのが痛い!

今になって言えること、それは、

”この鞄を買って良かった!!”

という事です。

万双の店主とは会ったことは有りませんが、

いい鞄を安く、良い品質・出来で提供している

商売上手なオヤジ(最高の称号)であります。


私にこの鞄が合うかどうかは解りません。

でもこの鞄を持ち続けたいと思います。

万双のブライドルレザーについて色々掲示板等で

書かれていますが、この金額でこの品質は素晴らしい

と思います。決して”紙みたい”なんて事はありません。

革製品が好きなら 上野の万双・・・いいですよ♪

H19.10.8



追記2

万双から2マチのロービキダレスバッグが出たようです。

実店舗では2マチダレスは有ったようですが、HPで見る限り、

ちょっと、欲しくなりました♪でも資金が・・・。

3マチに比べて薄く、軽いようです。

カラーはキャメルがねらい目か・・・。

うーん悩みどころがまた増えちゃいました♪

最近、”万双 ダレス”の検索でここにたどり着いた方が

多くなりました。

一つだけ豆知識を・・・。

万双のコードバン(何故か牛さん)は、ちょっと微妙・・・。

パスケースで良ければアップしますよ♪

希望者は拍手を押してみて下さいませ♪



追記3

拍手確認しました。

コードバン定期入れ、ネイビー アップします。

いいモノじゃないんで、チョイ恥ずかしいケド・・・。

最初に言い訳・・・

写真がうまくないので忠実に色を再現してるかは

自信ありませんので、実物見た感じでレポします。

まずは比較写真

(左ロービキ名刺入れグリーン・右コードバン定期入れネイビー)

01比較 斜

02比較 正

万双のロービキは、しっかりしていて寝ぼけやすいグリーンですら
硬質な質感・光沢があり多少の擦り傷はへっちゃらです。
コードバンは確かにきめの細かい革を使用しているのは分かるけど、
質感的にはベルベッドを思い浮かべて欲しいです。
触っては気持ちいいけど、そのきめ細かい革は、ホコリを絡め、
水分を吸い、シミ汚れになり、傷になりやすいように感じられます。
綺麗にエイジングするかどうか私には難しいかも知れません。
こういう革だと思って買えば後悔は無いと思いますが・・・。
コードバン=堅く締まった革と考えた私にとっては見当違いでした。
写真では分かりづらいですね。



ロービキアップ

03名刺入 外

ときどき、ラナパー薄塗り・・・。



コードバンアップ

04定期入 外

水に弱いのが、玉に傷・・・。まあ革本来の性質か・・・。
摩擦に若干弱い、正にヴェルヴェット・・・。



そして内側

05定期入 内部

ヌメ革は最高ですよ、縫製はまあまあデス。内側はいい色出しそうです。
小物ですからガンガン使いたいですね。
もし次に万双で小物を買うとしたら・・・
迷わず、ロービキ2つ折りの小銭入れなしを
買います。色は、どれを選んでも、満足できると
思います。
ちょっとはお役にたちましたでしょうか?
良ければコメント頂けるとうれしっす。拍手でもいいっす。
見てくれるだけでもうれしっす。

またネ~♪


追記 4   2008/1/20現在

ダレス購入から約半年が過ぎました。

使用頻度は平均すると週2~3日と言うところです。

経年変化写真は・・・・



万双 ブライドルダレス01


上の写真が6ヶ月たったダレスです。

やっと落ち着いてきた感じです。

下の写真が購入して表面のロウを落とした直後の

写真です。



015磨き完了



万双のHPの写真や他のブログでブライドルのダークブラウン

の色味を見ると黒に見えますが、実物は結構ブラウンですよ。

ダークブラウンとはよく言ったもので、決して黒には見えません。

夕方遅く、又は夜ならば黒に見えるぐらいです。

万双 ブライドルダレス03


ハンドルは革だけで出来ているのが特徴です。

使用半年では、手になじむ・・・ではなく手がなじむって感じです♪

持ち慣れたっていうのが、正直な話です。

万双 ブライドルダレス04


万双 ブライドルダレス05


最初の頃は、手入れというとラナパーを塗りまくっていましたが、

どうも間違いですね。ブライドルに限らず、基本はから拭きが

いいようです。ラナパーなんぞは半年に1回、いや必要がなければ

塗らなくてもいいのではないかと思います。塗るとしても極薄く・・・。

ホコリの多いところに行ったなら固く絞ったタオルで水拭きし、

多孔質の革にほこりが詰まらないように落としてやるのがいいみたいです。

万双 ブライドルダレス02


はははっは、ぶつけまくりの角です・・。すまそ・・・。

厚い革にさらに補強の革の相乗効果で、重さで丸まってしまうなんて

事はございません。結構ハードですよ、私の使い方は・・・。

この傷は石塀にこすりつけた傷です。(2~3回ほど)

だって邪魔な所に大谷石の塀があるんだもの・・・。(愚痴・・・)

このダレスの件も長くなってきました。

お気軽にコメントして下さいね、待ってまーす。

喜んで返信しちゃいますよ。





テーマ:メンズバッグ - ジャンル:ファッション・ブランド

万双の名刺入れ(ロービキ)

営業でない私にとって他人から頂く名刺は

あまり大事な物では有りませんでした。



”納入業者や販売店の名刺は捨ててもすぐ届く!”

と、営業の方が見てたらはり倒されそうな事を

ここ最近までしておりました。



”全国の営業の方スンマソーン(マジ反省!!)”



しかーしっ、自分が渡す名刺は大切にしてほしいし、

顧客から頂いた名刺をポケットに入れるという愚行は

避けたい・・・。



”ちょうどいいや、ネットで調べた万双で、
鞄を買う前に小物を買って素材や縫製を
見てみたい”



との考えから、小物3点を万双に注文しました。



その中の1つが、


万双の名刺入れ(ロービキ) グリーン です。


20070717001716.jpg


グリーンは、私にとってのラッキーカラーです。


以前の財布もグリーンでした。(LVのタイガだったね・・・)


外側はブライドルレザー、内部はベルギーヌメ革です。

グリーンの発色は素晴らしく、深い、深い夏の緑の様です。




20070717001804.jpg


20070717001747.jpg



縫製は丁寧な物です。ちゃちな作りではありません。


コバもピカピカです。


20070717001758.jpg



私が営業マンだったら黒を選びます。



でも顧客の目に止まりやすいグリーンは、会話のネタになります。

聞いてくる方は多少なりとも興味がある、またはよく見てる人

なので、物作りに携わる私にとって格好のネタになってくれそうです。



”うん、これならいいね、最高!!”




そうして熟慮の結果、買ったのが・・・


ロービキ天ファスナー


なのです。(詳しくは過去ログにて・・・リンクってどうやるんだ?)




私の物欲は止まりません!!



そして・・・



とうとう注文しました。



万双のロービキダレス を・・・!!!


明日、到着予定です。

近日、レポートをアップしまっす!!

いや、アップさせて下さいっ。



自慢を誰かに聞いてもらいたいのよ!!





お願いしまっス!!



ちゅう方向で♪






かっこいいぜ BT!!

今 書いている文章は
ブラインドタッチによるものです。



通常に戻す・・・・・・・・

いやー、

パソコンに初めて触って10年になりますが、

今まで、ブラインドタッチには目もくれず・・・二本、

ないしは4本程度の指でナントカしてきました。

やってみれば出来るモンですね♪

指が結構、覚えてますね!

一番上の文章はブラインドタッチで、

打ってみました。


やはり、時間が掛かります。(1分かかりました)



私は根っからのミーハーです。

自己努力より道具・システム・人に依存してきました。



これからは、ちょっと努力してブラインドタッチを

マスターします!!!

練習します・・・!

出来たらいいな・・・♪


ちゅう方向で!







近況・・・・・

最近、ちょっと忙しくなってきました。

色々書き込みたいのに自宅で仕事を持ち込む有様・・・。

”日曜ぐらい、休ませろっちゅうの”

と、ぼやきつつ・・・。

でもね、忙しいと、いい話ネタも、コロコロ転がってきそうな、
予感・・・。

期待せずに、お待ち下さい。

では さいならー。うん?



ちゅう方向で!!!!(2回はいらんダロ!)


リアルダウジング in 現場

”なめとんのか!おまえは!!”



本日、AM9:15頃の出来事である。



まさか、我が現場で、こんなオカルト行為が行われるとは、

夢にも思いませんでした。



そう、ダウジングです!!


20070706235608.jpg



ダウナーのおじさんここだよ、ここ♪





確かに話のネタ的には、面白いですよ、

そりゃ認めます。(ダウナーも結構いい人でした・・・)



でもね、アナタの探している、そのケーブルを我々が工事で

破損させたときの補償額は、会社が2回くらい倒産出来る位なのよ!!!

趣味でやってもいいと思います。でも仕事じゃ止めて!!!

そんな細い棒に運命を任せたくありません。




ダウジングのおしゃれな棒は、こちら・・・


20070706232549.jpg






こんなのでは、納得いきません。

現代科学技術の結晶たる機械を導入!!!



20070706235759.jpg




”はじめからそれでやれよ!!!”

私の思いは奥歯で噛みつぶし笑顔と大人な対応にて

ブログ用の写真を撮る・・・。




20070706233303.jpg



以下抜粋(興味のある人だけ読んでね♪)

本器は送信器と受信器の組合せや受信器のみの使用で

地中に埋設されたケーブル、金属管路等の埋設位置と深度を

地上から簡単な操作により目的管路のみを測定、検知する

高性能マイコン搭載型測定器です。

400件の深度データを記憶、その場でスクロール。

パソコンへデータ転送出来ます(表示ソフト付き)。

低周波から高周波、ラジオ波等を網羅!目的に応じて周波数が

選択出来ます。測定モードにより受信器のみでの探索も可能。

送信器の信号送信方法には、直接法・間接法・外部コイル法

の3種類があります。

標準添付の光ファイバーケーブル兼用防水型外部コイル は、

従来のケーブル及び細径の光ケーブル両方に使用出来ます。

総称:埋設ケーブル位置測定器、埋探、ケーブル探査機、

電磁探査機、埋設管探査機等と呼ばれています。







久しぶりに笑わせて頂きました。


ちなみに当現場でのダウジングと機械の正答率は、ほぼ100%でした。


しかし私は断言します。


”ダウジングはダウナーの自己満足!”






ちゅう方向で!!!






石屋のオヤジさん。 蛭川石ってなんだ?

蛭川石・・・


”ひるかわいし”と読みます。

この石と出会ったのは(大袈裟か?)3年ぐらい前でしょうか・・・。

事の起こりは、5年ほど前、我が社のエージェントA (専務とも言う)
の知り合いから依頼された仕事で都市部に行ったのがきっかけで、
それからのお付き合いです。

依頼主O様の家は、東京郊外の割と大きい駅の近くにあり
はっきり言って大地主様です。





よく聞く話で、


”Oさんの土地を踏まずに駅に行けない”


状態の地主さんです。 (イイナ~♪)




2回目の改修の時に、

Oさん: ”自宅のお稲荷さんの参道を直してほしい”

との、ご要望がありまして、たまたま我が県に

腕のいい石職人が居るとの情報を得て一緒に

仕事をすることになりました。


さらっと流しましたが、自宅にお稲荷様を祀る社が

有るのにもビックリです!!(石の鳥居も有り)

ビックリついでに、我が社からOさん宅まで

車で2時間40分掛かります。(ちょっと前まで3時間)







そんな経緯があったのですが、また最近違う物件で

お仕事を頂き、Oさんから依頼された参道他を

デジカメで撮ったのでアップします。

施工後、3年の姿です。



参道の側面を押さえる石壁です。


R0011559.jpg


一つ一つの石が、 大きさがバラバラですが、元の石の

サイズは、ほぼ 90CM×30CM×15CM に

切られた原石でした。

それを電動ドリルで穴を開け、セリヤ (後日写真をアップ予定)を入れ
石頭(ハンマー)で叩き大割をします。

細かい調整は、コヤスケ(柄の付いた平のみの様な物)を
あてがい、石頭で叩き小割りする・・・それの繰り返しで
石と石ががっちり組み合った丈夫な壁が出来上がります。

この職人さんはハマダさん といいます。

見ての通り、 流れるような石の配置が特徴的です。

全体写真を後日アップしますが、蛭川石の特徴である

錆(サビ)色を素晴らしいバランスで配色し、

仕事の間も自分の仕事にいつも挑戦している!!

という気迫で圧倒されっぱなしでした。


R0011560.jpg


専門用語や工具が、話の途中に出てきましたが

全体写真とともに後日アップしますので許してチョーダイ!!



結局蛭川石ってなんだ!!って言われそうですが・・・



花崗岩でーす!

岐阜県産出の石で、恵那石・蛭川石と呼ばれてマース!

石屋さんなら知っているマニアックな石デス!

石ですが、どこか暖かみのある石です!




あと、えーと・・・。

俺もこれくらい出来るぜーって方はコメント下さい。

はっきり言って待ってます。


ハマダさん(結構無口)の武勇伝も後日公開!!


ちゅう方向で!!






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。