いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gary Reeves ターコイズコレクション

Gary Reeves ゲーリーリーブス・・・

去年、はまりに、はまったナバホのインディアンジュエリーの
アーティスト
である。


R0011446.jpg


無骨なフォルム、銀板が湾曲しそうなほど打ち込まれた
スタンプワーク、それでいて比較的、良心的プライス
洗練されたデザインではないけどもアメリカンオヤジ
こだわりが感じられます。


R0011480.jpg


この初期のペンダントヘッドには裏にも名前以外に
スタンプが施されています。これはホントに嬉しかった~。

さて1つ1つ、見ていきましょう。










R0011479.jpg


モレンシターコイズのペンダントヘッドです。
石に見える銀色模様は黄鉄鉱で、銀ではありません。
初期に買ったもので一番使用頻度が高いペンダント
ヘッドです。









R0011448.jpg


同じくモレンシですが、青い海に深海から空気の泡が
表面にはじける瞬間のような(うーん意味不明)模様
が特徴の比較的大きい石です。ここにも銀模様が入ります。








R0011447.jpg


ナンバー8ターコイズです。
石のグレードはそんなに高くありませんが
ベースの茶色と、えもいわれぬ水色が
ヨーロッパの海岸線の地図を彷彿とさせる・・・

”いやー、物書きにならなくて良かったぁー、
 多分、失業してたな!!これじゃあ”










ペンダントヘッドのラストは・・・


R0011450.jpg


カンデラリアです。
この石に限らず、ターコイズの粋は、細かい
スパイダーウェブと呼ばれるヒビとその均等性・
石の硬質的な透明感と考えます。
私が持っているターコイズではこれが一番
価値の付きやすい石です。
それでもインディアンジュエリーの価値のほとんどが
労務費なんだと聞かされると石の値段やプレミアに
流されずデザインで購入する方がいいと考えます。

”買いそろえた頃、気づいちゃったなー♪”












ペンダントヘッドの他には
ブレスレットも買いました。実はこれらは
オーダー品です。私は手首が太いので
特別に作って頂きました。多分ゲーリーさんも
初めての経験だったと思います。

”なにー、手首周り22㌢!!”

ゲーリーさんも驚きの作品はこちら!!









R0011440.jpg


モレンシのブレスレットです。
ともかくブレスレットの幅が凄い。
昔の囚人さんの足かせの様です。
ともかくゴツく、これを付けてパンチを放てば
ウェイトが乗って、元横綱 曙に勝てそうな気がします。









R0011436.jpg


スタビライズドナンバー8ターコイズの
3つ石ブレスレット
です。これはいい。
お値段もよかった!!
はっきり言って石がいい。興味のない人でも
”いいねこれ”と言いそうです。
最近は時計よりこちらを使うことが多いです。









もしアメリカに渡る機会があったら是非、
ナバホのゲーリーさんを訪ねたいと思います。
あとJEMグレードのビズビー・ランダーブルー
ほっしいなー。それで終わりにします。ハイ!








最後に・・・・

群馬の草津温泉に入るときはシルバーを外せ!!
真っ黒になるぞ!!
間違いない!!







ちゅう方向で!!(こりゃ私の口癖。)




スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。