いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゃんとレポします!アウトバックとアイサイトそしてリポ♪

雪が降り、今期初の砂撒き作業を行いました。

我が社は建設の設計・管理を行う中小企業です。(小だな、小!)

基本的にはスコップとかを、メインで振り回す会社ではありません。

まねごとはしますがそこは職人さん達の領域・・・。

体さばき、忍耐強さ、経験では職人さんには遠く及びませんので、

口ばっかり達者の現場ば監督集団です。

その昔、直営部隊(社員に職人がいた)が存在していた名残で

地域の超ロングな路線の除雪と砂撒き(スリップ止め+融雪目的)を

社員や協力業者の協力の下、朝早くから地域の安全のために行っています。




大型除雪車で県道を、県道を除雪すれば、

"俺の家の前には、雪を寄せるな!!!”

と、

さんざんほざいたあげく、自分の家の庭の雪を

道路に捨てる地域住民の方・・・。

道路はみんなのモノですからね♪



急な坂道でスリップ事故がよく起こる交差点では、

”ホコリがたつから、砂撒きするんじゃねーよ!!!”

と、

店舗をはみ出て、境界も飛び出し、わずかな歩行導線をふさぎ

道路のライン(外側線)まで攻めて店舗を広げる

店舗を経営なさっている地域住民の方・・・。





いやはや、皆様のご指摘ごもっともでございます♪

あなた方は正しい。

自分の家の前に道路の雪を寄せられたら困りますよね。

朝の大切な時間を道路の雪のために割く・・・。

馬鹿らしくてやっていられませんよね。

道路にまで広げた商品に砂がかぶったら、

そりゃ頭に来ますよね、お客様の口に入るものですからね。

然り、良いんじゃないですかその考え方。



でも、私は知っています。


氷点下の早朝、日が出てまもなく、

自分の子供はとうに大きくなって、近所の子供のために

百数十メートルに渉って、朝の6時から歩道の除雪をなさっている

スコップ親父さんがいることを・・・・。

仕事が無くなって厳しい経営状態な建設業者の方が、

ちっちゃいミニミニバックホウで子供達が歩きやすいように

無償で誰にも知られることなく排雪作業を行っていることを・・・。

そんな方々が、我々が黄色いパトランプを回しながら砂を撒いていると

先んじて挨拶してくださる方々を・・・。



出来れば、作業車を降りて、ヘルメットを取り、上着を脱ぎ、

中指を作業ズボンの横の縦の縫い目に沿わせ、

いつもありがとうございます!!と、

最敬礼したい方々がいることを・・・・。

ここまでしたって足らない方々がいることを・・・・。


批判はすまい、

ただ後者でありたい、前者にはなりたくない・・・。

青トラはなれるのだろうか・・・数十年後が全く見えないこの業界。









この流れで行くの???

青トラ・・・?

えっ、


行きましょう♪








すなわち、



R0019231.jpg

青トラ的、アウトバック 雪の日走行レポ-トであります。

この日は雪なり・・・。

我々は東京の方面が雪になることを

”下雪・・・しもゆき”

といいます。

下雪の時は、山間部はあまり雪が降りません。

こちらが大雪になるときは新潟の湯沢あたりで

大雪になると大雪です?!

雪道の走行性能についてのリポが少ないアウトバックですが

運転へたくそな青トラがびびりながらすっ飛ばしてリポします。

ネット上で流れていない情報を中心にお送りしますので

本気で購入を考えている方の参考になれば幸いです。

まずはスタッドレスタイヤ・・・・・。

R0019224.jpg

アウトバックにあうスタッドレスタイヤって限られています。

はっきり言って中途半端な大きさ!!!

大きくもなく小さくもなくチョイ大きいの。

ここらヘンはお財布に痛い車です。

雪国ですから、ミーハーですから、ブリジストンにしました。

ホイールもたぶん17インチ以下しか合いません。

青トラはタイヤの厚みが有る方が好きですが、

普通の方はここんところが細い方が好みでしょうね?

車高が上がっているところに来てもったりしたタイヤとホイールですから

気合いを入れてスタッドレスに良いホイールを合わせるのは、

あまりかっこうよくならないかもしれません。

青トラのホイール???

まあまあの良いヤツです。

昔あこがれた音叉型をチョイス、色つき!!

走行に関してこれで不安はなくなりました?!

実際に走行してみます。

当日はマイナス3°ぐらい。

まずは塩カルが散布されていない道路、新雪わだちがあります。

写真の道路ですね。

くねくね坂道30キロ設計!を50キロぐらいで上がってみます。

おおおお、さすがにきついコーナーでふくらみますね。

フロントが新雪に乗ったとたん30cmぐらい軽く頭を振ります。

これの攻略法も見つけました、登りでは軽くアクセルオンすると

フロントが収まり、良いラインで駆け上がります。

あて舵もちょっとで良いようです。

下りでは飛ばさなければほぼ安心。

めちゃくちゃ頭の良い4WDかどうか???

アタマ良いけど、良く制御されてるけど、びっくりするほどじゃないッス。

それくらい自然に走れると言うこと??そう言うこと♪

完全4WD(お馬鹿パートタイム4WD)の軽トラを新雪で乗り回す

あのどこでも行ける感は無いかも・・・。

所々見せるFF的な動きに、AWD不慣れな青トラはちょっと

戸惑いましたが慣れました。

ABSはどうかって??

おじいちゃんならともかく、自分の足でブレーキコントロールした方が

良いと思います。

凍結道路でABS試しましたが、どんな車でも、

極めて超高性能なABSは無いことに

気づきました。

ブレーキペダルを足の指でコントロールして踏むイメージで

人間ABSの練習を雪道でするのは良いことだと思います。

ABSは意識が飛んでブレーキコントロールできなかったときの

保険ですね。頼ったら本当にへたくそになっちゃうかも・・・。

ガッとブレーキ踏んでもABSでちゃんと止まりますのでご心配なく。

塩化カルシウムたっぷりの幹線道路はどんな車でも

同じです。

よってレポはありません。

一つだけ提言します。

雪国の田舎モノの意見として聞いてくだされ♪

道路を走るときは、車の上につもった雪は全部落としてから

走行してくださいね。

特に屋根の雪・・・。

大変危険です!

路面凍結時、全神経をとぎすまさなければならないときに

前の車が雪を固まりで落としそれを回避する、視界が奪われる、

そのまた後ろが挙動不審な車に合わせてブレーキを踏む、

渋滞、車間が詰まる、玉突き・・・・。

雪を落とした当人はどっかに帰って行く・・・。

ひどいでしょ♪

虚心坦懐に聞いてくださ・・・・

えっ、

ここらヘンが要らないハナシ???

ここが我がブログの特徴♪




スタッドレスタイヤを履いていれば困ることは無いでしょう。

制限速度内ならちゃんと曲がれるちゃんと止まれる車です。

4WDも雪国を意識した設定です。

アスファルトの上を速く走る為の4WDじゃございません。

レオーネ、アルシオーネ・・・・スバルに息づく4WDの鼓動・・・。

良くなったね~、スバル・・・。

買って良かったよ~♪アウトバック!!

雪道走行レポート終わり♪

R0019235.jpg


快適です、アウトバック・・・。

色で迷われている方・・・

雪国だったらクロはヤメトイタ方が良いですよ・・・。

大変です、塩カルで・・・・とほほです。

でもクロに乗りたかったの・・・。

洗車した翌日に塩カルまみれ・・・・。

週末になるまで洗車できないこの期間の精神衛生上ヨロシクありません。


さて、ここらで、

やっと使いこなしてきたアイサイトについてレポートしましょう。


まずは使用感について・・・

最初はネ、買うときは、必要ないと思ったんです、アイサイト。

実際アウトバックを買うときにアイサイトを外してくれって頼んだくらい。

でもこの車の価値はこのアイサイトにあったんですね~。

ともかく信頼できる仕掛けです、このアイサイト。

現在バージョンが2だそうですが・・・3、4となったら心動きそうですよ青トラ。

え、アバウトすぎるって・・・。

それじゃ詳しく。




謙遜しすぎ


CMを見ていると安全を保証するモノじゃありません的な

テロップが最後に流れて賢い消費者に警告をしていますが、

アイサイトの性能は半端じゃありませんよ・・・。

買えば分かることが多すぎです!

夜でもアイサイトは動いてくれます。

 真夜中の高速道路で使えるアイサイトさん。

 夜に海釣りに行く青トラの車内は楽しい会話でいっぱいです。

 アイサイトが働いてくれるから運転に余裕があります。

 暗いのにカメラは稼働してるの?

 はい、夜でも前の車や車線を感知しています。

 人の目より良いようです。科学の力はすげえな♪

ここで機能を一覧、説明しましょう。




全車速追従機能付きクルーズコントロール


もうこれ無しではアウトバックを語れない・・・。

高速道路でも幹線道路でもこれをオンにすれば

ノーアクセル、ノーブレーキ運転が可能なのだ!!(メーカー保証してないケド)

ハンドル右側にあるスピード設定ボタンを上げたり下げたりで

ポチポチっと・・・・これで運転可能です。

農道や林道では危険ですから止めましょう♪


設定可能速度域は40kmから114km!

買う前は最高設定時速が分からなかったのでちょっと不安でしたが

この114kmてえのがミソ!

ちょうどいいのよ、ほとんどのオービスでも反応しないし・・・。

114kmで走行中に自然渋滞で前の車に追従していて、通常の停止であれば

車速0まで、車間を保ち追従、停止します。

メーカーは保証していませんが止まるんです!!

その速度で高速道路で事故車が有れば間に合わないと思います。

そこら辺は目を光らせて先を見て自分でブレーキを掛けましょう。

114kmで走っていれば130mぐらいは車間距離が必要ですしね。

追従中の車間距離は3段階に設定可能!

青トラは車間距離が一番離れている設定が好きです。

自分のブレーキが十分間に合う距離ですし・・・。

設定スピードが上がれば上がるほど車間距離をとってくれますし、

車速が下がれば車間をストレス無い程度に詰めてくれます。

スバルはこの機能を高速道路で使用することを推奨しています。

青トラは田舎の国道でこの機能を使ってみました。

片側2車線から1車線の田舎国道。

50km規制ですが皆さん60km+αで走っておられます。

数少ない信号で前の車が停止。

アウトバックも丁寧なブレーキングで追従停止。

車速0で勝手にアイドリングストップ。

前の車が発進、

青トラのすること、

それはハンドルについているスイッチをポチッとな。

エンジンが掛かり、

また前の車を勝手に追従、設定速度で安定・・・この繰り返し。

この間青トラの足は動いていません。

ここらヘンの機能は感動モノです。

凄いことやらかしたな・・・スバルよ。

R0019227.jpg
左上がクルーズコントロールスイッチ、

その隣がセットとスピード設定上げ下げ。

先ほどの動作でこのスイッチを下げれば40kmで設定。

上げれば元の車速設定になり車が発進するのです。

ハンドル脇のこれらのボタンで運転可能なのがアイサイト。

180km離れた海釣りに行くのに数十回のブレーキとアクセルで

到着することも可能なのよ・・・・。



プリクラッシュブレーキ

言わずとしれたぶつからないシステム。

勝手にブレーキを掛ける前にも警告音と文字で教えてくれます。

車に反応しますし、どうも人間も感知しているようです。

試していないけどペットやころがってくるボールにも・・・・

ここらヘンのアルゴリズムはメーカーに後で聞いてみましょう。

人間の大きさに似た工事の警告看板にも100m先とかの看板にも

反応しちゃいます。安全方向に敏感なので良いですけど・・・。

AT誤発信抑制制御


前進に限り真正面の塀やコンビニに突っ込まないように警告してくれます。

こうなったら免許を返していただきたいですね・・・。

車線逸脱警告・ふらつき警告


隣に見張り番がいるかのような心強さ。

疲れたらちゃんと仮眠をとりましょう。

楽しく安全にね。

先行車発進お知らせ

結構便利、

前の車が発進して3m離れると教えてくれます。




これらがアイサイトバージョン2の概要です。

ともかく直感的に使えるのが良いですね。

通勤にこれらの機能を使うと会社で与えられている

作業車(営業車)で事故を起こすかも・・・。

あまりに便利すぎて退化しちゃうかも・・・。

青トラ???

このアウトバックは遊び用ですから・・・・。

お休みの日しか乗りません♪

普段は軽トラック、

白トラ号で出勤です。

いかに白トラが便利で乗り心地の悪い車か再認識しました。

軽トラックも一度乗ると手放せないモノなのよ・・・。

青トラ、道具が多いですからねえ・・・・。

ここで青トラの秘密基地をご紹介。

R0019237.jpg

フライス盤に、

R0019238.jpg

旋盤、

R0019239.jpg

ああ、もうごちゃごちゃ。

R0019240.jpg

釣り道具とかとか、

R0019241.jpg
チェンソーとかとか
R0019242.jpg

高速切断機に、

ゴミ箱に捨てられて壊れていた掃除機とか

(直したのよ♪しかも動く動く!ラッキー)

R0019244.jpg

片付け出来ない男・・・青トラ。

R0019243.jpg

つい最近導入!

これはスゴイや!卓上丸鋸!

レーザー照準要りません♪

年に2回ほど自腹で工具を購入してニンマリする青トラ・・・。

年に数回しか使わないこれらの本格工具達。

給料の30パーセントを仕事に関わるモノに使うって

同僚に言うとウソだと思っているのか相手にされない青トラ。

実際に秘密基地を見た同僚はちょっと引いていましたね・・・・。

それでもその時言えなかったの、これは氷山の一角だって・・・。

青トラの道具の粋は一坪シャッターハウス(青トラ別館アネックス)に

有るって事を・・・・。

道具を買ったお金で・・・・家建つんじゃね???

どうかな???♪

さーてしっかり自慢したところで、

アウトバックのレポートを締めましょう。

本当に、目的にあった車を買いました。満足です。

釣りの道具がたっぷり積めること!

居住空間が広くて快適なこと!

いろんな意味で大きいこと!

高速楽ちんなこと!

仮眠をとるときシートで心地よいこと!(シートヒーター最高)


ブランドバリュー的なモノは一切無いけど割り切って良い車です。

自慢したい機能はまた追々報告します。

車の評価????

星 ☆☆☆☆☆

☆五つです!!!



満足です。







あーあ、レポ終わった・・・・・。

え、

リポ?

リポのハナシする???

電源の探求・・・・










すなわち、








R0019246.jpg

クラブクレスト

ワカサギ電動リール

マシンガンエディションFL ATに

リチウムポリマー電源の採用なのだ!!!!!

リチウムポリマー・・・・・これをリポという。

このリポを6本も買っちゃった♪

どーだい!

このネタはまだ検索に引っかからなかったぜ~。

シリコンザルもチラ見せ♪これを穴にね・・・・。普段はコンパクトにね・・・・。

R0019247.jpg

ターニジーのナノテックを使うところなんざ、

玄人好みでしょ♪

ナノテック、青トラ的にはハイペリオン並みに評価高いんですけど・・・。

3.7Vで5.0A!

モーター大丈夫だと思うけど・・・・。

試しに3.5号のオモリを付けて巻き上げたら・・・・

危険です!!!

スペック上は大したこと無いけどスゴイスピードで巻き上げますよ!!

うわー、最強だ~。

勢い余って顔にオモリが飛んでくる!!!!!

これでこそマシンガン!

スピコン無しで最速巻き上げ!!

口で掛けてもその巻き上げスピードで針からはずれて

その下の針で背掛かりするだけのパワーがありそうですよ♪




リールの巻き上げスピードについて・・・・

つりピット松田さんのお言葉・・・・

”私はぁ、いつも全速ですね~”

青トラ・・・・

”それじゃ、おれもおれも♪”

青トラや、

たぶん問題はそこじゃ、ないんじゃないの?


えっ、そうなの?










ちゅう方向で!!!




青トラは、

そうだな、

人よりちょっとだけ釣れればいいのよ、

人が釣れないときに釣るのは、もう病みつきだの~♪



電源リポ化計画後記・・・・


うーん、確かに電圧は3.7Vです。

エネループ3本直列だって3.6Vだからあまり変わらないはずでしょ??

ところがこのリポに接続して巻き上げると・・・・

ぶっちぎり、まさにぶっちぎりなのデス!!

ショックリーダーがちょっとでも痛んでいるとそこからブチッと

引っ張りきる力を持っています!!!

スピードは・・・

青トラの電動は現在クラブクレストのマシンガンエディション

フラットスプール オート巻き上げストッパー付き

初めから巻き上げスピードが速い、トルクのある設計の電動です。

(ここらヘンがお気に入りポイント♪)

お持ちの方は分かると思いますが、オートの巻き上げ時のスピードは、

メイン巻き上げよりも少し遅めになっています・・・。(青トラ的にはチョイ遅め)

青トラ的にはメイン巻き上げとオート巻き上げの速度差は

あまり要らないのですがユーザーズボイスにより遅めに設定してあるのだそうです。

ところが、このリポを接続したMEFSAT(マシンガンエデション・・・・・の略)の

メイン巻き上げ速度は異常な速さ・・・・。

5cm以下の柔らかい唇のワカサギは、あごだけ針に残る口切れ必死です。

船べりスイッチにストッパーが当たるとエライ音がします!!

これは危険ですね、というより電動がかわいそう・・・。

オート巻き上げの速度は、通常のメイン巻き上げよい速いってアンタ・・・。

結論、リポ繋ぐならボリュームコントローラーを付けろ・・・・。

という、結果が得られました。

電気工作の知識のない青トラ・・・・。

ほぼ同電圧でこの違いは・・・・電気って難しいですね。

確かにこのリポの性能は凄いんです。

放電能力が50-100C・・・。

放電能力が50倍から100倍で放電が可能って事?!


これがどう作用するのかは不明なのが痛いところ・・・。

結局、実戦投入不可!!!!


痛い出費でした・・・・。

いいですか、リポはそのままじゃ駄目です。

以上、リポのレポ終了~。

このリポ、ドウしよう??

スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

スバルのやってのけた事、海釣りが楽~ぅになったよ、アイサイトVer.2♪

追記有り!2014年10月末日!


また始まりました・・・。


何かって言えば、新たなプロジェクトです。

去年お世話になった例の畑のプロジェクト・・・。

地元のアツイ要望を受けて今年も・・・


”また良い畑、作ろうよ♪パート3工事”



プロジェクトスタートです!!


天の声があった数十年前ならまだしも、

がつがつたたき合って入札しあうこのご時世に3年連続、

このプロジェクトに参加できることを

ここに喜びと、落胆 驚嘆の意を込めここに記します。






 初年度は、我が先輩Tが下請け会社として参加!

元請けといろいろなしがらみをくぐり抜け完成、

そして表彰を受けます。

先輩Tはコミュニュケーションの達人。

達人なのです!!!!

そのあとのことは書きません!

(本人がこのブログを見ているので♪)





 2年目は青トラ担当!

誰も手を挙げない(入札したがらない)狭矮で急勾配な現場。

しかも小さいくせに(2ヘクタール)が分割されて、

休耕畑ばっかり、しかも一部は雑林化している

とんでもない現場でした・・・。

こうゆう物件が好きなのか、我が社の営業は喜んで受注!

しっかも、

工事金額も大きくなり2分割されトホホの隣接工事扱いに・・・。

(その1工事とその2工事が隣接していると、受注者が同じ場合、

経費が1割削減されるのだ、つまりは普通にやっても粗利1割減の

究極の罰*罰ゲームなのです。)

だが、初年度のT先輩のがんばりと、2年目のお調子者青トラの

地元優先・設計無視の現場運営で地元より多大なご支持を受け

無事工事を完了できました。

地元の委員会の方々に色々ご指導を受け・・・、

スーパーオペレーターKの畑の神の教えを胸に刻み・・・、


地元の方から

”次の工事も青トラさんのところで出来ないの?”



との言葉も頂き、2年目を終えたところでした・・・。









地元の投票方式の入札制度なら我が社、落札間違いなしです。

しかし地元の要望が強かろうと、支持が全くなくとも受注できるのが

今の工事入札システムなのです!

どんな最低な人智にも劣る工事をしても安い価格を入れれば

仕事が取れちゃうのです♪

一部工事に過去の工事の実績を評価し、優秀な施工者に

入札に有利にした入札システムもございますが、

はっきり言って大手建設会社に利益誘導するような仕組みでございます。

簡単に言えば発注者が喜びそうな仕事をすると工事評定が

グッと上がり、高得点により表彰対象に・・・。

表彰もポイント化され

入札金額が高くても逆転落札・・・なんてカンジです。

ここでキーポイントは発注者が喜ぶ仕事をすれば高得点ゲットなのです。

現場の出来・品質は、規格で評定されます。

そもそも・・・・




(一部記事に不適切な発言がございました、身の危険を感じ削除します。)




という具合ですよ・・・。

一般論ですよ・・・、現プロジェクトのことではありませんのであしからず・・・。





規格という最低限度の決まり事が

クリアできていれば

安い方が良いって考え方・・・。






皆さんが判断してください。

好きでしょ、最安値って・・・。

いいですか?

規格って最低限度のどーしょうもないラインなんですよ。

抜け道もいっぱいあるし・・・・。


昔は現場上がりの発注者の担当がいたりして、技術的・現場的な

つっこみを建設業者に入れてくる方々もいました。

現在ですか?

机上の空論家が多いこと、多いこと・・・。

もう少し、業者の手の内を読んで欲しいですね・・・。

いや、手の内でなく、本当にいいものを作る為の工夫や技術・・・。

本当にその規格でいいのか!

標準構造図の落とし穴は!

規格と耕作者の利便性を両立させる畑とは!?

他社の追従を許さない満足度90%のほ場とは!?
(100パーは無理、一生無理、気分は110パー、他工区は30以下か・・・)


誰でもいいから我がほ場(畑)現場に来て♪

案内しますから・・・

チョコと黒飴、あったかいおーいお茶と

冷え冷えクリームソーダをご用意してありますから・・・

機嫌がよければ1時間の現場ガイドを承ります♪



だーれも来ないのよ、我がプロジェクト・・・・とほほ~。



日本一、人徳のない現場馬鹿ん督、青トラ・・・。

営業よ、敬愛なる部長よ、経営陣よ・・・。

見にこいやぁ~!!!


あれ、この書き方だと現場馬鹿みたいでかっこいいな♪

現場馬鹿ではなく、バカな監督ですから、青トラは!









話がそれましたが、

結論から言えば、青トラがスゴイのじゃなく

この工事の土工事を施工してくれている

スーパーオペレーターKがとてつもなく凄く、

彼の”教え”を実践していることなのです。

職人がどんなに優秀でも、その上に立つ(語弊があるな)

現場監督が無能なら

通常は普通の工事なのです。

少なくとも青トラは天下一品の無能なので(自信があります♪)、

無能な現場監督を上手く操作し、元請け会社の、地元・発注者の

完全なる信頼を構築した

スーパーオペレーターKの ”畑の神の教え” は

劇薬であり唯一の教えなのです。

Kの教えの唯一の弱点は(たくさんの問題があるな!)、一からその畑を

設計し直さないといけません。

軽微な設計変更は畑のプロジェクトではざらです。

そもそも土と水が相手ですからお天道様に聞きながら設計変更しますが、

全く別物の現場に仕上げるとなると話は別です。

道路・排水・畑の諸条件をすべて整合させて設計することの苦労は

景気のよかった、仕事をすれば儲かった時代に、2人以上の現場監督のいる

現場ならたやすいかもしれません。

しかし我が現場は無能な青トラ一人・・・

現場で七転八倒、

夜な夜なPCに向かい、

何枚も何枚も図面を書き直し

(整合を確認するため、発注者にプレゼンするため)

Kの教えとの答え合わせをしながら現場を進めて行きました・・・・。

やっとこさ、現場を終わらせ、

もう二度とこんな現場嫌だと思っていた矢先、


○○が次期工事を受注したってさ♪

なんて話が聞こえていました。






 3年目の夏・・・・。

一つの非正規のオファーが舞い込みます。

青トラさんのトコロで次の工事の下請けに入ってよ。

えええええ!ううううーーーーん。まじで・・・。

その後、我が社が元請けにオファーという形で下請けに。

コンプライアンスは取れてるけど・・・・。

青トラ的には微妙・・・。

結局、3年目の秋、青トラの会社が下請けになりました。


”また良い畑、作ろうよ♪パート3工事”


3年目なんだから今度こそ

スーパーオペレーターKをコントロールするぞ!!!!

やっちゃル!絶対やっちゃル!!!

負けてなるモノか!




結局、

この長文で何を言いたかったのって言うと・・・

2月いっぱいは青トラ忙しいよ、

って事。





農家大満足の畑を作る(あくまで90パー)。

その現場の条件で作る。

他社?

ふっふっふ。

ありゃ、大失敗だな♪

作り土直下の小石をどう処理するか、

ましてや作り土と表土の違い、使える黒土と

混ぜるな危険の黒土の違いを分からないとは・・・。

ド素人以下だな、大昔の土建屋オペの典型♪


性格悪♪>青トラ。







畑のプロジェクトも基準となる丁張りも出て、

Kが土工を始めております。

11月1日から土工事をスタート。

本日11月17日。

17日目の作業(休み無し)を終えたところでしょう。

日曜日に、1日現場を離れた青トラ、

明日、現場ががらりと変わっていることでしょう。

現場を離れてどこに行ったか?













ここからが本番!!

新潟は、能生に海釣りです♪


我が住まいは群馬県北部山間部。

新潟には高速道路と一般道を利用して移動します。

関越自動車道 六日町インターを降りて

国道253号線をひたすら上越(直江津港)に向かって走ります。





上越・直江津港まで高速道路で行かないの?って方!

はい、ここでお得情報!!!

実はこの国道253号、

海釣りにとっての夢の一本道なのです!

是非地図でご確認ください。

まさに一本道!!!

我が家から直江津港までだいたい150kmぐらい。

夢の中速道路(!?)国道253号・・・

お勧めなんだな~♪

夜の253号は、フイッシングハイウエイ!!

たぶん走っている車はグンマから釣りに行く人ばっかり(ウソ)。

高速乗るより速いし、安いし、すぐ着くし・・・。

夢の海釣り気分ハイ・ウエイ253号、紅葉もGOODでしたよ~。

実は、紅葉で有名な写真撮影スポットも・・・・。

台風被害で工事を行っていて交通規制もあるけど迂回路が

分かりやすいから大丈夫。





何故能生に行くのに、直江津港に行くかというと

オールナイトで営業している釣具屋さんが

直江津港に集中しているんですね。

青トラの釣りはサビキ釣りですからコマセエサが必要です。

仕事が終わったあと、午後7時頃自宅を出ます。

コマセは冷凍されていて解けると素晴らしい!!匂いがするので

現地で調達して密閉できる容器に入れて運搬します。

海無し県の我が県では海釣りの仕掛けも限られますから

夜遅くまでやっている釣具屋さんのある直江津は、

まさに我らが海釣りのベースキャンプなのです。

そうだ!

もう一つお勧め情報!”

お弁当買うなら新潟のナルス!!

ナルス!!

地元のスーパーなのですが、

24時間営業の店舗がありともかくお弁当が旨い!

しかもPM10時ごろにお弁当半額セールが始まり

まさにお祭り!

夜のスーパーの一角で人だかりが出来る人気ぶり。

お弁当のお米が、ご飯が冷えてもおいしいの♪

新潟だからかお米が旨い!

冷えたお弁当がここまで旨いのは新潟ならでは・・・。

焼きそばも油っぽくないし、肉団子もやみつきになる旨さ!

しかもレジ脇にでっかい製氷器があって

ちょっと大きめの袋に氷が貰えるGOODサービス。

でも皆さん、クーラーボックスを持ち込んで氷を貰っちゃいけません。

マナー違反です。

付属の袋でお一人様、一袋限りです。

いやー、コンビニでお弁当やおつまみ、ビールを買うのが

馬鹿らしくなりますよ♪

・・・・・・。

うん?

何の記事だ?

ああそうだ、車だ。

愛車のインプレをお届けせねば・・・。



アウトバックで検索された方・・・・

お待ちかね・・・・

あまり役に立つかどうか・・・

一個人の意見ですから・・・・





ここから我が”黒バック”のインプレですよ!

ここから読めば用は済みます。



まずは、最近買った我が愛車を紹介しましょう。





すなわち、



1


スバル レガシィアウトバック (BR9)

2.5 アイサイト Sパッケージ

だそうです。


まずはカタログチックに・・・・

  • エンジン

    2.5ℓ DOHC

  • 駆動方式
    [トランスミッション]

    AWD[リニアトロニック]

  • 最高出力[ネット]

    127kW(173PS)/5600rpm

  • 最大トルク[ネット]

    235N・m(24.0kg・m)/4100rpm

  • JC08モード燃費

    12.4km/ℓ

  • 10・15モード燃費

    13.2km/ℓ

疑問に思うのは・・・

AWDリニアトロニックってなんだい?

燃費は本当なの?

ってトコロでしょうか。


AWDは頭のいい4輪駆動車の意味。

リニアなんとかは、オートマミッションで、

チェーンを使ったオートマのことらしいです。

燃費は、慣らし中ですがただいま5タンク目で

11.8km/リットルぐらい。

2.5リットルエンジンではいい方じゃないかと思います。

しかもレギュラー仕様だし・・・。

馬力についてですが、173PS・・・。

コレをどう考えるかですが、青トラは軽トラ、

ツインターボのアリスト280PSに乗っていました。

そんな青トラが言いますヨ!

はっきり言って十分!

不足無し、不満無し、高速道路でもその半分も必要ありません。

かといって100PS以下では満足しないんでしょうけど・・・。

山道、高速、町乗り、力不足を感じることはありませんね・・・。

たぶん一昔前の馬力とは比較にならないほど効率よく

さほど馬力を必要としない走りを実現しているのだと思います。

このクラスではかなり軽い車体ですしね。

そしてこのオートマ・・・

滑らかですね~。

唯一気に入らないのが発進時にパーキングやバックから

ドライブにチェンジしたときほんの少し、そうほんの少しだけ

タイムラグがあること・・・。

許容範囲ですけどね。



ここで青トラの仕様をご紹介。

◆ナビはマッキントッシュサウンドシステム(音が良いはず)を採用しましたので

  画面のデカイ純正ですね。(結構お高い)

◆本革シートを選択。本革シート大好き!

 

◆サンルーフは付けませんでした。はっきり言って要らない!

◆荷室関係では、カーゴトレイマットを敷き込み、

  ステンレス製のカーゴルームプレート・カーゴステッププレートを付け。

  多少のぬれモノオッケイ!

  ワカサギのカタツムリテントも乗せるのでバンパーのトコロにもステンのカバー!

◆ナビ連動ETC(情けないのは、しゃべらないの!このETC!)。

 代わりにナビがしゃべります。

◆運転がへたなのでフロントコーナーセンサー(実は要らなかったかも)。

 初めての暗くてほっそい夜道に効果的!!

 どんどん運転が下手になっちゃう!

◆純正エンジンスターター(本当に意味無い!!)

 コレは価値がない!社外製でもっと遠くからエンジンスタートできなければ

 全く意味がない!一番後悔したオプション!

◆SUBARUホーン(音がイイらしい、鳴さないので分からない)。

 いやらしい音はしません♪

◆フレキシブルタワーバー(フロント)。

 違いは・・・いやいやミーハーですから・・・。

◆ナビが運転中に使えるキット。

 スイッチボタンを押さないと運転中ナビ操作はできないのが残念。

 スイッチを押すことで停止していると指令を出すので、

 GPSを補足しなくなります。

◆ガラス系ボデーコート。

 社外でペイントプレーティングあたりの方がいいかも・・・。

◆お腹周りちょっとイイ黒吹き塗装(3M系)

こんなモンかな・・・・。

オプションは。






オプションだけで結構な金額でした・・・。

それでも販売後のオプションに関する、いや、

車体本体に対する説明は一切!一切ありませんでした。

オプションに関しては、センサースイッチの位置すら説明しないため、

しばらく意味不明のスイッチがハンドル下にあった状態・・・。

ナビ運転中操作可能切り替えスイッチは、ダッシボード裏に貼り付け!

振動でぽろりと落ちたのを青トラが発見し、コレなんですか?で、

スイッチがあることが判明!

(それまで運転中にナビ操作できなかったの・・・♪)

ね、楽しいでしょ、俺のSUBARUの担当営業さん!

この件で、青トラは一切、クレームを付けていません。

だってこの車を選んだのは青トラですもの、

たまたまついてきた担当営業は書類作成員と考えれば、

腹も立ちません。

SUBARUの営業職の方、このブログを読んで不快に思うかな??

一番恐ろしいのは相手にされないことだって事を思い知るがいい!

そのうち彼は誰かから大クレームを受けるだろう・・・、

所長を連れてこい的なカスタマーを引き当てるだろう。

青トラは車検の度に彼が事業所にいることを、首になっていないことを、

願うばかりであります♪







さて実写、もとい、実車・・・。

アウトバック AS F kuro


正式略称は、”黒バック”に決定。




外観で一言言うなら、

いいね、最高。





フロントマスクをもっと悪顔にした方がいいと思うけど、

それだと中高年が買わなくなるのでいたしかたないかと思います。

ボンネットの左右のふくらみ(エラ?)が、

運転席から目立ちますが、このエラが不思議なことに

前方の見切りが格段によくなります。

簡単に言うと、車の鼻先が手に取るように分かるみたいな感じ。

運転へたくその青トラが言います。

”この車は、運転しやすい!

    大きさにデメリットは無い!”


普段軽トラを乗り回す青トラです。

会社から渡されている車はADバン。

取り回し的には、ADバンと大差有りません(ホントに♪)




側面のカンジは、大きさを感じられるのでGOOD。

ファミリーカーにはない雰囲気がいいと思います。

大きさや利便性だけならファミリーカーや

でっかめのラグジュアリー(?)ワンボックスも

候補に挙がりましたが、SUVってアクティブさが

今回の選択に大きく貢献しているのです(自己満足?)。

”ファミリーカーとは違うのだよ、チミっ!”

ってカンジ・・・分かります?


後ろ姿は、スバルとトヨタの中間的なカンジ。

要望としては、後ろ姿に強烈な個性を出せれば、

スバルデザインもいいと思います。



ボディーカラーは、クリスタルブラックシリカにしました。

クリスタル  鉛の入ったガラス

ブラック   黒い

シリカ  石英的な

こういう事でいいんですか、スバルさん?

実際、薄めの黒でキラキラフレークが見て取れます。

真っ黒より多少、汚れが目立たないというか、擦り傷も

目立たないというか・・・。

やっぱり洗浄キズ目立つかも・・・。


実際、一目惚れと衝動買いだったので文句は言いません。

いい色じゃないですか!

本当はパールホワイトと悩んだんですよ・・・。

でもエージェントI(専務とも言う)がパールホワイトなんです。

グレードも同じなので・・・

あえて黒にした感もあります。

白もキレイですよ~。

品も出ますしね・・・・。

ボリュウム感も白はGOOD!

でも黒!!



海釣りで、チョイ投げコマセかご釣り・・・

チョイ投げ時に、車にオキアミがたっぷりとかかり・・・

潮風で真っ白、

おまけに振りかぶった時にオモリがコツンコツンとドアをノック。

うーん、まさに海釣り仕様!!

黒は、海釣りには向かないですね♪(キッパリ)

でも粋でしょ、黒って♪



濃色特有の外装の剥離(偏見かもしれませんが)は、

保管が車庫内なので多少は防げるかと思います。

普段、乗り出さないので・・・。



外観はこんな感じ。

外観の得点は100点満点中、86点かな。

(青トラのこの評定は75点以上が表彰対象、

  80点以上が局長表彰対象で有ることをここに期す。)

↑ 一部の方々のみ理解可能♪90点は超えません!






内装に移りましょう。


購入時にこだわったカーゴスペースは?

荷台周り01 ラバーマット


セダンに比ぶれば、そりゃ広い。

2名程度の道具仕立てばりばりの釣り師でもOKですよ。

いざとなったら後部座席を倒して後部を全部荷室に出来る

訳だし・・・。

何故ツーリングワゴンを選択しなかったの?って聞かれれば・・・

アウトバックの方が、車高が高いって言うのが理由です。

こちらは北部山間部、ヘンなエアロ的リップは、雪を押して

ぱきぱき欠けてしまいますし、釣り師用ですから、

石のゴロゴロ下川原にも寄せたいし、

除雪されていない丸秘湖に氷上釣りに行かなければなりません。

昔、走り屋風な感じはツーリングワゴンってイメージ。

良いおじさんがゆっくり乗るのがアウトバック。

私は良いおじさんでありたいので、アウトバック!?



荷台を見てください。シェードがありますね。

標準装備の荷物隠しのシェードは目隠しとしては必要有りません。

目隠しとしてはガラスがえらく黒くて車の中は、見えません。

しかしUV(太陽光)カットとしては必要ありかと思います。

いかんせん、釣り具用品は太陽光に弱い!!!

使わないのならなるべく太陽光には当てないこと!

絶対ですね・・・。

ちなみに、このシェードは見事にこの荷台のマットの下に収まります。

荷台周り04 でかいクーラー


手持ちのコールマンのデカイクーラーがキレイに収まります。

50リットルだっけか?

このクーラーの保冷力は半端じゃないですよ。

コレに関しては実売3~4万円のダイワやシマノのそれを凌駕します。

デカイですけど、作りが単純で蓋にパッキンがないけど・・・お勧め!

単純だけど、しっかりした作り、丈夫ってなるとアメリカ人のデザインって

素敵ですね~。

会社で毎年するキャンプ大会(?)では大活躍のこのクーラー!

氷は買っては駄目ですよ!

行きつけのスーパーに前もって連絡すれば、たっぷりと

氷が貰えます♪

その代わりジュースや野菜やお肉をそこで買ってください♪

相談すれば業務用のお徳用楽々焼き鳥やフランクフルトも

売ってくれますよ。

青トラはもっぱら1.5リットルペットボトル氷使用です。

3本も有ればだいたいOK!

過冷却を避けたいときは置き方を工夫します。

新聞紙に包むのもGOOD!




アウトバック 荷台05

まだ余裕がありますね。

ここでコールマンに提案です。

蓋の上にカップホルダーを付けたのなら、昔の工具箱よろしく

蓋が水平スライドできるようにしたらどう?

蓋を開けるのにジュースをどけるのってちょっと面倒でしょ。

テーブルとしても優れたクーラーなんだからそこんところヨロシク♪

アウトバック 荷台06

もう一つ、クーラーボックス登場。

こちらは趣味製の高いクーラー。

スチールベルトシリーズ!

まさに鉄!

でも色と昔懐かしな素材感がGOOOOD!

表面はエンボス加工で細かい凹凸があります。

そのおかげで落ち着いた色に仕上がっています。

緑大好きな青トラ・・・緑トラにしないのが不思議なくらい・・・

取っ手や金具に昔懐かしの金属的ガチャコン感があり・・・

いいね、最高。

万人にお勧めしません。

でも自慢できるいい品です。





輸入品のため、持っている人が少ないのがいい!

そして誰も選ばないこの色!!

コールマンの赤いステッカーを貼って使用しています。




人気なのは、このタイプ♪



いかにもアメリカって感じが青トラの心をくすぐりましたが、

敢えてここを外して緑色に行くのが青トラ流!

コレにステッカーチューンしたらかっこいいだろうな~。

たぶんそのうち、買うな>青トラ。



このあたりはコールマン好きにはたまらない!?

ダークレッドなクーラーボックス!



いい赤だ!

コレも欲しいな~。

昔のペプシのステッカー貼りたいねえ~。

お店のディスプレイにもお勧めだの。



寒くなってから、

オフシーズンになってから、

皆様にお節介なお勧め情報をお届けするこのブログ!

いいですか、皆さん、

”麦わら帽子は冬に買え!!!”


ですよ。

夏ならこれらが22800円まで値上がりするんですよ!

冬は夏物が安いの!





アマゾンだって、ハイシーズンにはマニアックモノが

値上がりするんです!

アマゾンジャンキー 青トラの値段推移メモを

皆さんに見せたいですよ。(震災後は本当にひどかった!)


また、大きく脱線しますね、インプレから・・・。

アウトバック 荷台08

釣り師仕様ですから

オプションのカーゴトレイ(防水タイプ)をチョイスします。

縁がちょっと高くなっていて水しぶきぐらいならOK!

取り外しはマジックテープ方式なので簡単、

汚れは座敷ほうきでさっさと払ってお終い。

キレイ好きな人はキッチンぺーぺーを濡らして拭けば・・・。

荷室を広げるにはリヤシートを前方に倒します。

左:右=3:7で倒すことも可能で、

ロッドやポール系の長ものもOK!

サビキの竿なんかはリール付けたままポイですよ。

イイ竿ならケースか、塩ビ管にでも入れておけば良いんじゃないんですか♪

後部座席を倒した状態でも運転席・助手席共に

ゆったり睡眠ポジションを確保できます(確認済み)。

コレが出来ない車が意外と多い!

倒すのはワンタッチ!

前からでも後ろからでもOK!

アウトバック 荷台09

後部座席の背面にも同素材のものが付きます。

シートは本革シートに変更。

本革シートとこのトレイの組み合わせって日本中探しても

数人しかいらっしゃらないと思いますがどうでしょう?


荷台の右端においてある棒、2本はロッドホルダーにするための

1000円くらいの凡用伸縮バーです。

買っては見たモノのたぶん使いません。

つうか、コレ使うと居住性が悪くなります。

たかがロッドのために青トラの居住スペースを犠牲にするなど

もってのほかです。

ロッドはロッドケースに突っ込んで、荷台に投げておけば

よろし!

1本20万を超える竿を買うようになったら

潔くスーリーのジェットバックを買います。

荷台周り02 アルミプレート

釣りをしながら荷台に腰を掛けようと

バンパーにステンのカバーを付けました。

雨が降ってきたらリヤゲートを屋根代わりに釣りしてもよし!!

前回の釣行はそんな感じでしたね。雨時々曇り。



それぞれオプションですが個性があっていいですよ。

それにしてもスバルって、SUBARUって入れたがるよな~。

この辺は、サッポロビールに近いモノを感じます。

(良いことですけどね♪姿勢としては・・・デザインは別)


荷台の点数は、89点/100点ですね。


カーゴトレイの下にちょっとした荷物室があるんですけど

ここのアプローチが悪い!

荷物をほぼ卸さないと開きません。

でも荷台に関しては、よーく調べてから納得して買ったので

ほぼ満点の89点です。

他社にあるのですが、そこら中に、ボルトオンできるための

ボルト穴的な取付箇所を付けていただけるとありがたいですね、

スバルさん!(見てるかな??)











ここで考えてみます。

スバルの良いところ・・・

資本力はトヨタに遠く及ばず・・・

技術に対する異様なこだわりはホンダに敵わず・・・

突飛なデザインはニッサンの独壇場・・・

ではスバルの良さは???

4WD(AWD)とアイサイト、そしてボクサーエンジンにそれを

見ることが出来ますね。

それを交えてリポします。




今回重視した乗り心地と居住性の良さを見ていきますか。


アウトバック 荷台10

シートはここらヘンのSUVの中ではかなり大きいと思います。

シートがチャチイと青トラは納得しませんからね。

シートポジショニングは、運転席側はフル電動。

運転席側は、ポジションを2パターン記憶できるので、

青トラは、運転姿勢と睡眠モードの2種を登録!

少し堅めのモッチリしたシートです。

青トラのデカイ体をしっかりホールドするシート力を感じます?!

シートは本革をセレクト。

Sパッケージは革ベージュが選べないのが残念。

その代わり縫い目(ステッチ)がシルバーです。

内装にはトヨタなどの高級路線を踏襲したデザインには、

追いついていないかもしれません。

でもね、必要十分ですよ、スバル内装。

この価格帯の車とすれば普通じゃないですか・・・。




アンチ革シート派の方も多いと思います。

青トラ的には裸で座らない限り(そんな状況は?!)、

本革は良いと思いますよ♪

自宅の書斎の椅子も、現場事務所の椅子も、

ソファーも本革で、本革慣れしているって言うのも有りますかな。

ちょっと拭けばつやも出ますし、モッチリ感も病みつきです。

まだ試していませんがシートヒーターも付いてきます。

このシートの寝心地も重要!

1-2時間ならぐっすり眠れるシートですよ。

後部座席を前方に倒しても干渉することなく

ゆったり睡眠シートになります。

腰の部分のもっちり感が腰痛持ちにはありがたいのですが、

寝るときはおしりの部分に薄い座布団を入れると良いかも・・・。

シートヒータも装備!

直ぐに暖かくなるのでわかさぎ釣りの帰りも最高です。


このシートは釣行に行った仲間には大好評でした。

楽だそうです。

実際楽です。

アウトバックの車高の高さがこの車の乗り込みを

大変楽にしています。

青トラの慎重は177cm。

オーダーしたソファーのようですね。

普通の車では、よくありがちな事務所のソファーみたいに

腰が沈み込み、立ち上がるのに”よっこいしょ”って感じで

腰痛によくありません。

立ち姿から自然に座り込めて、すっと降りることが出来るスタイル!

車で遠くに行く・・・近場で乗り降りする。

このシートは、

90/100点ですね。


アウトバック 荷台12

次は走行性能について・・・。

これが2.5リットル、水平対向ボクサーエンジンです。

なぜかオプションのタワーバーを装着!

ミーハーですからね♪

ボクサーエンジン・・・。

振動少ないはずですが、

走り出し時に、ほんのわずか、ほんのわずか、

シャドーの素振り的な振動を感じます?!

気になりませんよ、ええ。エンジン掛かっているぞって感じ!

ハンドルに付いているスイッチでエコ運転の Iモード、

ちょっと元気なSモード、

全開ばりばりS#モードに切り替え可能です。

でも、よく他のブログで鈍いとかワンテンポ遅れるって噂の

Iモードで十分です!

他のSUVに比べて車体がものすごく軽いんです。

ここらヘンの考え方はスバルの優れた点と考えます。

だって300馬力オーバーだって2トン近く車重があれば

パワーウエイトレシオ以前に取り回しの面でも

運動性能(足回りとの関連)でもデメリットの固まりを

パワーで補う的な設計になってしまいます。


軽いと言うことは、良いことだ!

まちげえねえ♪

(青トラ関係者大爆笑!)

この2.5リットルのエンジンは、173馬力を発生させます。

白アリ(280馬力)に乗っていた青トラが言います。

このエンジンはアタリです!

100馬力以上少ないこのエンジン。

必要十分?いえいえ、大満足のパワーです。

特に加速は滑らかスルスルパワー!

モリモリじゃありません、スルスルですよ。

要はそんなに吹かさなくとも加速が出来るのです。

スピードリミットまでキレ~イに回りますよ!

ここでもSモードで十分。

S#モードを試しましたが、必要有りませんね。

慣らし運転が終わったら峠でS#を低速からの加速テストで

試してみたいと思います。

でもね、スピードメーターの上にエコメーターがあって、

常に貴方の運転はエコですよ~ワルですよ~って棒グラフで

表示されるのでエコを意識した運転になってしまいます。

なんてことをするんだ、SUBARUよ!

おかげで I (インテリジェンス) モードで十分とか言う人に

なっちゃった青トラ!

マッスルなアメ車に乗りたいって行っていた青トラはどこに行った!!!

一つ上のグレードの3.6リットルに乗ってみたかったけど、

まだ未練があるけど・・・、

こっちでよかったと思います。

経済的にもね。

エンジンは

91点/100点!!!

(コレは超高得点とお思いください。)



足回りも書きますかね・・・。

足はビルシュタイン製。

えっ、分かりませんよ、違いなんて・・・。

サスの本体が黄色ってくらいかな。

ノーマルとビルを乗り比べてもわかんないんじゃないの?

あとはみんなに説明するときに”いいサスが入っているんだよ~”って

説明出来るぐらいです。

しかーし253号の山道でその粘りは健在。

アブソーバーの性能はとても良いようです。

ばたつき感はありません。

このサスのせいかセダンより堅いイメージがしますが、

走るとこのビルのハンドリングは素直です。

アウトバック 荷台16

Sパッケージに付いてくるこのアルミホイール。

これがこのSパッケージを選ぶときに後押ししてくれたファクター。

良いね~。

この重そうなアルミ!!

野暮ったそうな個性がイイ!!

車高が高い車なので、ホイールに力がないと寝ぼけた車になりそうだったので、

ホイール選びは難しいです。

大満足のホイール、実際、とっても重いの、このホイール♪

鋳鉄じゃないの、アルミじゃなくてさ!

写真じゃ伝わらないな、このホイールの良さは。

夜なんかこのホイールがかっこいいのよ♪

足回り採点は~

75点/100点かな。

普通です。

普通ですって書けるぐらいイイって事です。

乗り心地が良くなるアイテムじゃないですからねこの2点は。

アルミは88点なのよ。





さーて、ここで、

SUBARUの本当の良さを語るとしますか。


今回の最大のアタリは・・・・

ふう、もう長文過ぎ!

この次は次回を待ってね。

(アイサイトはドーしたのよ???)



ちゅう方向で!!


テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

新しい道具、SUBARU レガシィ アウトバック BR9 (釣り用)!

とある土曜日に地元のSUBARUディーラーに行きました。


本当は、フォレスターを見に行ったんですよ、スバルさんに・・・。

ところがですよ、カタログあれど、在庫無し・生産予定無し♪だそうです。

どうも、11月頃に新しいフォレスターが出るらしく、

今話題の86(BRZ)の生産が忙しいのか、

売る気有るのか、

スバルよ・・・。





青トラの要望を伝えると、

”ちょうどアウトバックがありますので見てみませんか?”と

黒いワゴンの試乗車に案内されました。

1

うん??でかいね!良い大きさですよ。

全性能進化のレガシィ アウトバックがそこにありました。

(おお、CMでやっているヤツか!?)

ここでまた、青トラの要望を整理します。


1 大きくて居住空間が広い車が欲しい。

2 釣りに使うので荷台が広くないとヤダ。

3 河原に突入(駐車)することもあるので車高(200mm以上)が高く、

4 アタマの良い4WDがいい。

5 高速快適が望ましい。

6 シートが広いこと、シートでチョイ睡眠が快適なこと。(青トラからだデカイ)

7 釣り用なので予算は500万以下。


8 通勤には時々使うかな♪



”乗ってみますか?”との問いに、

素直に従う青トラ・・・、

声には出さなかったが・・・、

”いいね、最高。”


(そういえばこのブログタイトルって青トラの口癖・・・?!)

まず驚いたのが乗り降り・・・。

車高が高いので(セダン等に比べると50~80mm程度)、

自分用に設計した椅子のように乗り降りしやすい!

コレは嬉しい。

そしてシートの大きさもGOOD!

どうもSUV系のシートの小ささに居住空間の悪さを感じていた青トラは、

このシート周りだけで好感触。

アメリカに売ろうとした経営戦略から大きくなったボディ!

長さ4790×幅1820×高さ1605

数字上からくる大きさでなく、車高の高さと

フロントボンネットの形状から大きさを感じます。

新設計の水平対向ボクサーエンジン。

重心をを低くできるメリットを無視して車高を上げるこのお遊び、

嫌いじゃありません。

昔からフロントのボリューム感で車を選ぶ青トラがいます。

このボディにはかなりのボリュームを感じましたが、

居住性の良さと荷室の広さを優先すれば、慣れよう・・・と

素直に納得した青トラです。(運転・・・超ヘタ♪)

あとで記載しますが、この心配は吹っ飛んでしまいます。

荷室はよく見ましたがいまいち大きさが把握できません。

リヤシートを倒した際の稼働域(フラットになるか)。

そのときのフロントシートを倒したらどうなるか。

(荷室で寝る気はありませんよ、あしからず)

試乗はしませんでした。(あとでイイやと思ったの♪)

たぶんポーカーフェイス出来なかったんでしょうね。

このとき、この営業マンは思ったはずです。

コイツは簡単だ♪

もしくは、

コイツ買わないな!


気に入って鼻息荒く、ニコニコしている青トラ。

軽トラックに釣り道具と仕事道具を満載して乗り付けた青トラ。

単純な顧客 A (青トラ) です。

お店に戻り早速シュミュレーション!

見積もりします。

まずは3.6リットルの6気筒から・・・。

オプションを付けまくると500万を超えてしまいます。

さすがにあまり乗らない車に大きな自動車税・・・。

うーん、涙をのんであきらめます。

パワーだけならツーリングワゴンに300馬力のヤツもありますし・・・。

それでは2.5リットルの4気筒。

うん、このSパッケージってえのが、いいな~。

ビルケンシュトックもとい、ビルシュタイン製のサス!

(共に足回り♪)

そして、なにコレこのホイール!!

重そう!

なんか個性ある!!

見積もりする。

お値段もまあまあ・・・。

アイサイトが付いてくる???>いらね~ヨ、そんなモン!!!

外せよ~!!!(外せないそうです。)



※あくまで個人の意見です。参考にしないでください♪


各種見積もりとカタログを持って自宅に帰りました。

それから2週間ほどいろいろな車を検討しましたが、

結局、アウトバック 2.5Sパッケージを注文です。

えっ、値引き???

時間掛けましたよ~、でもスバルの営業さん、強気でね~。

”アウトバックを選ぶお客さんは、値引きを要求しない!”的な

月並み発言で青トラをさめさせる場面もありましたが、

まあまあ値引きできました・・・。

13万しか値引き出来ませんなんて最初言っていましたね。

まあ、それで許す青トラではございません。

1割は無理でしたケドね・・・。

納期は、1ヶ月ちょっと。

そして納車♪

納車-1

営業自らキャリアカーを運転して納車。

納車費用を安め(5000円)に設定し、販売時に

”取りに来ていただければ無料ですよ。”

と値引きで誘う勧誘の裏を見抜いた青トラ。

意地悪で、キャリヤカーで納車しろと指示!

妄想かもしれませんが青トラはそう思います。

だって納車後なにも説明しないで帰っちゃうんですよ、

この営業マン。

忙しかったの?

さいてーでしょ、こきゃくまんぞくなんぼのもんじゃいってカンジ♪

それをふまえていいね、SUBARUよ♪

(青トラ、嫌われているんじゃないの??)





日本の自動車ディーラーに言いたいのは、現場畑一直線だった

整備スタッフをどうやって生粋の営業に近づけるかを検討していただきたい!

結構多いんですよ、現場上がりの中年営業って。

車の知識があっても、無理ですよ、そのまんまじゃ・・・。

顧客満足命になってしまった日本の営業サービス。

現場上がりの営業で満足するのは昔の人だけです。

現場てえのは会社を批判し抵抗勢力に陥りやすい体質です。

建前だけでも会社ラブ♪な営業人としては、全く体質が違うのです。

(会社LOVEじゃない営業は早く辞めていただきたい♪)

車の営業に多くを求めませんので(良い営業に会ったことがない)、

今回は車を選びました。

アウトバック AS F kuro

稲穂揺れる田舎道。

この車の正式略称を

”黒バック”

と命名します。


納車から1ヶ月・・・。

もう少し乗りこなしたらレビューします。


もう少しお待ちを・・・・。

ちゅう方向で!










テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

さて、どんな車を買おうかな?青トラ自動車的考察!

青トラの白アリさん・・・


ドナドナ

ドナドナになってしまいましたが、

まずは白アリさんについて語るとしましょう。




その前に青トラの車遍歴をお話しさせていただきます。

初めての車・・・それは・・・

当時は欲しかった車でしたが、今思えば何でそんな車買ったの?

と首をかしげるくらいの中古のファミリーセダンでした。



エンジンは2リッターNA・・・。

悪あがきで吸気系とマニホールドを変更。

それでも全く上がらないパワー!

サスをチョイ下げ、ちょい固にするも元々、

走り屋ではないためゆっくり走るファーストカーでした。

あのころからオーディオにはこだわりを持っていましたね。

当時はカロッツェリアとx(カイ)で構成。

まだ海外ブランドの情報が少なく、それでも大満足の

クリアサウンドでした。(ドンシャリ大嫌い!)



ローンが払い終わる頃、交差点で事故を頂きました・・・。

初心者マークのお兄ちゃん2人組が交差点を右折・・・。

直進していた青トラは避けきれずに相手の側面にどーん。

なぜか、冷静でしたね、その後の事故処理は・・・。

親の車を借りて乗り回していたお兄さん達はおろおろ・・・。

ささっと携帯(当時もっている人は少なかった)で保険屋に連絡、

警察を入れずに(今ではあり得ない?!)保険屋同士で処理。

後日、保険屋さんが過失割合を8:2と教えてくれました。

もちろん、相手が8で、青トラは2です。

それでもショックでしたね、

”あんなの避けられないし、止まれないよ!!”

それでもなお、自分が停車していない限り必ず過失が付く!

という事実を教えていただいたティーチングケースでした。

このころから運転の仕方が変わり、自分に過失が付かない走り方を

心がけてゆっくりと、すっ飛ばしましたね。

そのせいかそれからは大きな事故はなく、現在に至ります。

急な事故でしたから蓄えが無く、中古のスズキのアルトワークスを

中古で購入し、しばらくつましい生活を送ります。

なぜって?

貯蓄の重要性を感じたからですね・・・。

長かったですね、アルトワークスは・・・・。




アルトワークスを評するなら・・・

単車のような加速!”

乗っている本人は速い車だ!と勘違いしてしまう恐怖感!

音と振動で速く感じるのも無理はありません。

たぶん時速100kmで衝突したら半分半分で搭乗者がお亡くなりになる車。

燃費も14km/kmとターボ車としてもGOOD!

何年ぐらい乗っただろう・・・・結構長く乗ったワークスでした。









しばらくして、トヨタ販売店とお付き合いする機会があり、

白アリさんを見いだしました!

トヨタ アリスト V300 ベルテックスエディション(新車)

シャーシはクラウン系のシャーシ、

エンジンはスープラのツインターボ直6エンジン、

馬力は280hp、トルクは40オーバーでしたね。

トヨタの営業さん、現金で買うよって言っていたのに

最後まで冗談だと思った・・・って・・・アンタ・・・・。



山道を攻めるといくらでもスピードが出ますが、

谷底に落ちそうになるモリモリツインターボ!

しっかも重いので曲がらない事、曲がらない事♪

運転技術が未熟な青トラ的には白アリさんの

50パーセントも引き出せなかったと思います。

一方高速道路ではGOOODカーでしたね~。

セダンとしての静かさは期待以上。

乗り心地はさすがにセダンぽく無いですが、

シンプルなインテリアが良かったですね。

スピードですか?

リミットまでスウーーーーッでしたよ。

田舎の高速道路ですから車も少なくていいですが、

その速度を維持する輩の凄さを実感できたと思います。

青トラには100km+αで十分ですね。

でも青トラは、言いたい!


確かに車は150馬力もあれば十分!

130kmも出れば実用可能!

しかし!夢が欲しい!

ス-パ-カー然り!

アメ車のマッスルカー然り!

無駄にでかい馬力や、

コントロールできないスピードは、

男の夢だ!

当時のミーハー青トラが買えるマッスルカー・・・

それが白アリさんだったのです。

(このころもアメ車が欲しかったんですけど、

 車の知識もなく近所に腕の良い整備工場もなかったので、

 アメ車はあきらめました・・・。)





さて、今回の車購入の動機を整理しましょう。

1.ちょっと、白アリさんから心が離れた・・・。
 
 車検と車検の間で1000km走らないことが多々あった。

2.海釣りをするようになり、2時間以上掛けて釣行する機会が増えた。

 鮎釣りを始めて、河原に車を駐車する河川も有るのに驚いた。

3.高速および巡航運転、山道すいすい、快適居住空間を重視したい。

4.釣りやアウトドアグッズがたっぷり積めるスペースがほしい。

と、まあ、こんなところです。

もう一台のメインカー、白トラについて考えてみましょう。

セカンドカーの白トラ(白い軽トラック)の使い道は・・・

ワカサギ釣行用!

ボートエース運搬!

ラジコンヘリ運搬!

そしてプロジェクトの良き相方!


ということで白トラはあと10年は、キープしておきます。



予算も限られていたのでそんなに多くは望めませんでしたが、

色々探して、試乗までした車は、

日産 エクストレイル でした。

l_grade_dl0000319989.jpg

遊びに特化したエクストレイル!

なんせアウトドアには嬉しい装備の数々。

シート周りの収納、

後部座席のあきらめにも似た、割りきり方!

荷台の使い勝手の良さ!

うーんすばらしい!

しかもクリーンディーゼルは、燃費が良いわ、

トルクは半端なくあるわ、

しかも助成金や免税で30万弱お得!

一番先に試乗させて貰ったのがこのエクストレイルでした。

それまでセダンや軽自動車、会社のADバン等しか乗ったことがなかったので

視線の高い車(RV SUV)の運転のしやすさは新鮮でした。

(2tダンプ 4tダンプは別ですよ・・・乗りやすいけど・・・)

試乗で山道を走らせていただきましたがパワーももっさりした感じもなく

モリモリ感も感じられるほどトルクフルでした。

しかし、しかしですよ、いかにもSUV、高速はどうかな?って感じでした。

アイドル時も昔のデーゼルに比べれば静かになりましたが、

体格の良い猫が喉を鳴らすようなゴロゴロ音。あひゃ・・・!

ディーゼル不慣れな青トラにはちょっと・・・・。

同じ趣味を持つ人がいたらたぶん一押しの車です。

ま~た、担当営業が上手いんだ!!

初めて訪れたその日に怒濤のアプローチ!

金額提示も上手く、即断即決を迫ります♪

危うくハンコ押すところでした。

当日にはクリーンディーゼル搭載車両がなかった為、

やっとの思いで帰宅♪

クロージングされる顧客の気持ちが分かりました!!!

2回目に試乗!

最終見積もりの提示を受け再度帰宅。

なおこちらの北部山間部で、エクストレイルは1日10台は見るような

人気車のようです。(実際、よく見る)

そうなるとミーハー青トラの天の邪鬼・・・人と違うのがいい・・・。

と、なり・・・。

却下!!!!



まてよ・・・

確かエージェント I の車、スバルの新しいレガシーだったよな・・・。

確か1度、運転手で乗らして貰ったけど乗りやすかったな・・・・。




スバルか・・・・。






ここから、我が県が誇るスバルへの感心が青トラの触手を

動かすのである・・・・。





ちゅう方向で・・・・。



つづく

(長いね、この件・・・)













テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

そうだ!車を買おう!まずはドナドナ、さようなら白アリさん♪

いつもですがお久しぶりの更新ですね・・・。



私ですか?

青トラって名乗っています。

ブログですか?

ええ、”いいね、最高。”ってブログの

書き手をやってます。




リピーターの皆様を尻目に、会社のブログに勤しみ、

社内ブログ努力賞(5千円)のために、2週間に12本の

記事を怒濤のアップ・・・。

会議で、そんなのありかよ・・・!!って他の社員の皆様の

冷たい視線の中、努力賞をゲットしましたよ・・・。

半年で18本、記事を書くと努力賞を頂けるこのシステム・・・。

楽勝ですね♪ (関係者激怒!)

さすがに最優秀ブログ大賞はエージェント I がゲット!

妥当な線でした・・・。

更新がなかった我がブログは結構な放置状態・・・。

更新がないときでも”今週の言の葉”はちょこちょこ更新させて

いただきましたが写真のないブログはつまらない・・・という

エージェント I の言葉通り、青トラ的にもどうもしっくりしません。




ここ最近の青トラは・・・・

営業部なのに現場・・・。

つまりは前回のプロジェクト以来、どうも現場復帰らしいのです。

青トラの営業異動人事は、そもそも失敗だったようです。

とりあえず来年の1月いっぱいは現場人みたいです。

青トラには、営業という仕事は無理なんですよ。

だって、不真面目だし、好き勝手するワガママ社員だし、

他の上司に刃向かうし(我が部長には絶対忠誠)、

・・・・。



ただ、お客さんと一緒に、いい仕事するのがたまりません。

まだまだな青トラ・・・。

いいお客さんに、いい地権者さんに、

恵まれています。

いままで、本当によくしていただいています。

楽しい、感謝、円高還元セールで顧客満足を得たいと思います。




懸念されているのが公共工事へのシフト・・・。

顧客である住宅オーナー様へのサポートは、コールで対応できますが、

問題は企業顧客・・・・。

これは訪問回数、提案数、見積もり数に完全比例です・・・。

現に青トラ物件の減少はとんでもない状態です・・・。

早く青トラをフリーにしないと・・・大変でないの??>会社。

公共工事で通常2名体勢でやる物件を青トラ一人で乗り切る・・・。

でもそれにより得られる粗利は・・・・。

頼むから数字を見て・・・。

諸問題ゆえにその数字から目をそらすのは止めて・・・。

2ヶ月でその粗利を出せるよ・・・俺なら・・・・。

一社員じゃどうにもなりませんね・・・・。


久しぶりの更新は、愚痴のはけ口となりました♪



えーーーっと、

タイトルは・・・っと。

おおそうだ、

今回の記事は車についての更新です。

青トラがここ数年、釣りを嗜んでいることは皆様ご存じの通り。

しかし、遠出をするときは仲間の車に同乗して釣行に行っていました。

ワカサギ釣りは我が白トラ(白い軽トラック)で群馬県内ならどこでも行きます。

何でも積めてとっても便利なんです。しかも小回り最高。

しかし海釣りというと話は別です。

道具仕立てが半端じゃない青トラ・エージェント I ペア・・・。

荷物が積めて、高速道路が快適・・・。

最近始めた鮎釣りでは河原に降りることもあり車高は高めがいい・・・。

そんな妄想をしているとアタマがぐるぐるちょっとしたハイ状態に!!!

” 車が欲しいの!! いい車が欲しいの!!”

でも、青トラに3台の車を所有する経済力はなく・・・。

泣く泣くお気に入りの白アリさんを手放す覚悟を決めました。

ドナドナです・・・・。








すなわち、




ドナドナ


アリスト V300 ベルテックスエディション 

ドナドナなのである・・・・。


(悲しいかな、車検切れ中)


在りし日の白アリさんです。

新車で我が家に来た13年前・・・・。

それからナント、驚きの走行距離38000KM強・・・。

車検を受ける度にもっと乗ってくださいよ・・・と

整備員からのお話も耳が痛い青トラでした。

倉庫に保管されていたためちょっとしたGOODコンディション!

これは高く売ってあげなければ白アリさんに失礼です。



【白アリ売却の流れ】

新しい車を買うにあたり、この車を下取りに出そうとは考えませんでした。

新車購入のブログや記事をのぞくとどうも下取り査定と新車値引きが、

ごっちゃになって本当に高額査定して貰えたのか?

本当に最大幅の新車値引きが成されたのか?

どうもディーラーの営業の思うがままのような気がして、

売却は買い取り専門店にお願いしました。

一番、レスポンスがいい買い取り業者に接見~♪

車をまじまじと確認・・・45分。

話を聞くとそのまま販売もするらしい。

その間青トラは、軽トラの背中で、

親父のチェンソーの刃の目立て・・・。

2人組の営業と楽しくコミニュケーションをとります。

初回提示価格 40万円♪

青トラ、問うて曰わく・・・

”逆に、これをいくらで売るの??”

先輩営業マン、そこら中に電話・・・・。

どうも上司と話しているのではなく、

販売支店の販売担当(決裁権有り)と話している模様!!

おっ、コイツはいけるぞ!(青トラ)

”どう、いくらで店頭に出せるって?”

この車種でこれほど走行数が少ない車はほとんど無くて

データー(実績)がないんですよ、もうちょっとお待ちください。


30分ほど時間がたつ・・・。

青トラは若い営業マンを捕まえ、チェンソーうんちくを聞かせる・・・。

売価で100万前後ですね!

おおっ、正直なヤツだ!!

青トラ、ここで金額提示、65万だな・・・。

驚きつつもまたそこら中に電話する先輩営業マン!

その後、電話を掛け・・金額提示を繰り返し、

50・・・・55・・・・58・・・・とだんだん刻んできました。

58万と提示を受けたのが開始から約2時間。

ここで青トラ、全部のチェンソ目立てと蘊蓄が終了・・・。

60万円これ以上は・・・・。

この言葉を聞いたのが開始から2時間半。

この先は、ご想像の通りです。


青トラ: ” 飽きちゃった♪ ”

60万円で決着です!!!


自分が顧客であるというお久しぶりの駆け引きを

堪能した青トラ・・・。

40パーの粗利を許した青トラ。

まあ、60万円も値が付くとは思わなかった青トラ。

この営業もとっても魅力のある営業力を持っていましたね。

こんな感じで顧客に接することが出来れば

いいな~と思った青トラです。

後日談ですが、我が白アリさん、実際99.9万円で売られていました♪

正直でしょ、あの営業さん。

物品売買、不動産販売・・・、大変だけどやりがいありそうだな・・・。(ニヤリっ)

さて、次回は気を取り直して車購入編です。




ちゅう方向で!!!






テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。