いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青トラ3Gミーハー解説!アライン T-REX600 3G【3G設定編】

最高気温0°の日曜日。

日が当たって飛行場の午後は少し暖かでした。

PM1時に到着するも、誰かがいた痕跡は有るものの、

そこには一面の雪原が広がっていました。

誰も居ない飛行場に白い軽トラが1台、

おっさん一人で上機嫌でヘリを飛ばします・・・。

現場で慣らした青トラですがさすがにPM3時過ぎの

雪混じりの山風は鼻水ちょちょぎれる(かなり寒いの意)ほどの

寒風でした・・・。


”どうりで誰も居ないわけだ!”


TREX600 3Gさんとアミーゴ39君を各3タンク、

合計6タンク飛ばしてタップリ満足のサンデーフライトとなりました。

お仲間がいなかったのは寂しい限り・・・。

新しいフライトプロジェクトの相談があったのにな~♪

後で携帯電話の番号を聞いておこう!

青トラもとうとうお茶漬けに手を出す事になりそうです。

新たなプロジェクトへの招待状 

お茶漬けとは・・・

9gのサーボに思いを馳せて・・・

翼よ、あれがN須の灯だ!!!


まだまだ楽しめそうです♪

お茶漬けプロジェクトについては追々・・・。







さあ始めましょう!

ミーハーがかみ砕いた解説でお送りする・・・

3G設定の仕方!!!

間違っていたらごめんなさい♪

コメント・アドバイスもお願いします!


************************


【3G・ラダー・プロポ設定編】



全ての接続が終わったらいよいよ3Gフライバーレスシステムの

設定に入ります。

まずは先人・諸先輩方に感謝、

そしてコレから始める人へ・・・

マナーを守って楽しいフライトを!


ちなみに青トラのプロポは

フタバのT8FGです。

T8FGちょっと工夫!0028FGのコネクタは外しにくい


ここでTips、コネクタが抜きにくいと思う貴兄、

こんなのどうでしょう?

T8FGちょっと工夫!0018FGからコネクタを抜く用


JRのガードテープを二つ折りにして巻きました!

抜き差し簡単になります。

この時コードをねじらないように注意しましょう。

+-が判らなくなりますからね。

それでは始めましょう。

一番最初に行うのはプロポの初期設定です。





ピロリロリ~ンっ、

           ピロリロリ~ン♪


おおおっと、ここで緊急ニュースです!!

なんと、

T-REX3G 

   フライバーレスシステム取扱説明書


 日本語説明書(ダイジェスト版) by TREX JAPAN

入手しました!!

見せていただくことが出来ました!!!!!

ワアアアアアーイイイっ♪

でも、今更??

いやいや色々目から鱗ですよ、

青トラの英語力が赤点クラスだという事が判明しましたね!

なんだよ~、大学ノートにチャートまで書いて

原稿の下書きまで書いたのに~!



ああ、忘れてた、

KSGさん、ありがとうございます!!

KSGさんは2~3回ほどしか会っていない人なんですけど、

わざわざ、車で行くのでも1時間ほど掛かる友人から、

日本語取扱説明書を借りてきてくれました!!!

うわあ~、青トラ如きのために・・・うううっっ(涙・・。。)。

ありがとうございます!

   ありがとうございます!!






やっぱり、人だにょう♪

     人の優しさだにょう♪


思えばKSGさんは今の飛行場で一人で飛ばして頃、

初めて声を掛けてくれた人でした。

その時に最近のラジコンヘリの状況やトレンド、

等々をレクチャーして頂いたんです。

たったA4用紙2枚の日本語説明書に、

この年始にして最大の人の優しさを感じました!!


よし、この見させて頂いた内容を

青トラ的ミーハー見解を踏まえて

お送りします!!!!!


えっ、青トラ見解要らないって??

だって、もったいないジャン、下書き!!!

それとこのブログをエントリーするに当たり参考にした

ブロガーの皆様、諸先輩方に感謝♪

この記事のほとんどは、彼らの経験と失敗を綴ったブログからの

情報に準じております。

これらのブログや諸先輩方のアドバイス無くして、青トラの

3Gのフライトは在りませんでした・・・。

助けて頂いた恩返しに、

ここに備忘録として書き残します・・・。




改めてお送りしましょう!

【3G・ラダー・プロポ設定編】

  スタートです!

まずはプロポのセッティングからです。

ここまで機体を組み上げた皆さんはもう機体の

電源を入れてみたと思います。

買ったばかりのプロポにも電源を入れてグリグリと

スティックを動かします。ところが・・・、

全然動かない方、動くが今まで見た事無いような

動き方をするスワッシュプレートを見て

途方に暮れた方もいらっしゃると思います。

特にCCPM方式が初めてな青トラは戸惑いました。

でもダイジョウブです!

機体が説明書通りに組み立ててあればプロポで

ちゃーんと設定出来ますから、心配しないで下さい♪

周囲に相談できる師匠がいられない方・・・、

頑張って解説しますので一緒に楽しみましょう。

特にT8FG所有者におかれましてはほぼ同設定、

若しくは類似調整幅にて参考になると思います。




1 まずプロポの下準備からです。

1-1 まずは練習!

 時刻やプロポの名前はご自分でプロポの説明書を

 確認しながら設定して下さい。ちょっと冷たく感じるでしょうが、

 今後は自分で設定できるようになって頂きたいのでちょっとだけ

 頑張ってみて下さい。T8FGではタッチセンサーが搭載されています。

 パソコンのマウスと同じくとても便利な入力デバイスです。

 慣れちゃって自分の指先のように使いこなしましょう。

1-2 新規モデルの作成

 デフォルト画面 01 スティックモード 最初からコレ

 そうだ、スティックモードを確認して下さい。

 ちなみに日本ではモード1が主流です。

 デフォルト設定もモード1ですからこのままで!

デフォルト画面 02 モデルタイプ 設定後


 モデルタイプはヘリコプターで、スワッシュはHR3を選択します。

 説明書も良く確認しましょうね。


 あれ??モデルネームの写真が無いや・・・。

 う-ん、モデルネームはTREX600-3Gとしました。

 どうです皆さん、もうそろそろタッチセンサーに慣れてきたでしょ。

 ちなみに受信機セットのT8FGは2.4Gのペアリング設定は

 済んでいるようです。

 ここまでで、送信機、機体のスイッチを入れればどうゆう方向であれ

 全てのサーボが動くハズです。

 ここで動かなければ配線ミス、差し違い、接触不良が考えられます。

 青トラも3回、やり直しをしました。最後はサーボのコネクタ部分に

 旗状のテープを巻いてそこにch1とか書いて全て差し直しました。

 間違いやすいのは3Gのコントロールユニットから出ている

 入力コードです。

 コネクタに種類が印字されていますが一本線のコードの向きが

 判りづらいんです。この線は全て-グランド配線ではないので、

 受信機の-グランド側とは逆になるように差します。

 つまりカラフルな線が寄っている方に1本線が来るように配線します。

 (いいのかな?こんな解説で・・・)

 コレで全てのサーボが反応するはずです。



  まだフルスティックや最スローにするのは止めましょう。

 サーボのエンドポイントが設定されていないのでリンケージを

 引っ張りすぎたり押しすぎたりしてサーボやリンケージに負荷が

 掛かってしまうのでスティックをニュートラル位置にしておきましょう。

 それじゃまずはサーボの作動方向を直しましょう。

1-3サーボリバース の設定

デフォルト画面 03 サーボリバース 設定後


 説明書通りに組み立てすれば(600 3G フタバ)この設定でOKなはずです。

 この時点で青トラは悩んだんですよ。

 昔のヘリならここまでで正しい方向にサーボが反応するわけですが・・・

 時代はCCPMなんですね~。

 これだけではスワッシュプレートが見た事無い動きをします。

 これはサーボリバースだけじゃ直りません。

 どうしましょう、それがスワッシュ設定です!

1-4 スワッシュ設定

 各設定に言える事ですが、青トラもやっと8の時飛行をするようになった

 初級者に毛が生えた程度の技術しかありません。

 もしかしたら毛すら生えていないかも知れません。

 細かい設定は今回の記事には書きませんし、書けません。

 それでも優しく上空飛行が出来る機体に仕上がりますのでご心配なく。

 デフォルト画面 04 スワッシュ設定 設定後

  スワッシュプレートを見た事のある動き(?)にするには、

 エレベーターをマイナス側に設定するとOKです。

 ここにたどり着くのに3時間ほど掛かりました・・・。



 ここで文句を言いますがフタバのプロポの説明書・・・

 特にT8FGを買う人はビギナーが多いんだからもう少し

 各項目ごとに丁寧に情報を増やして記載して貰いたいんです。

 FF8を使っていた青トラでもちょっと迷いましたよ!

 用語の解説を入れても良いし、

 簡単な例を載せても良いでしょう。

 ともかく理解しにくい説明書です!!!


 どうにかして下さい!双葉さん♪





 さて設定前のスワッシュセッテイ画面はこうなっています。

デフォルト画面 07 スワッシュ設定 初期値

 今ヘリを飛ばしている人たちはこんなの常識なんでしょうか?

 青トラはかなり悩みました・・・・。

 お馬鹿さんですね~、青トラ・・・。


 だから2年連続、宅建試験、墜ちるんですね~♪(落ちるがチガウ・・・)

 そういえばまだ皆さんに報告していませんでした・・・。 

 今年度はあと2点足りませんでした♪

   (この2点が大きいのよ!惜しくないんです!!)





 その他のスワッシュ設定はとりあえず後回しです。(2ページ以降)

 全ての設定が終わったあとに、各舵の干渉や

 飛行のクセ取りに設定する項目になります。

 AFR調整幅は3Gの設定で調整しますのでこの時点では

 エレベーターを-50%、ほかはそのまま+50%に

 しておきましょう。

 これでスティック操作に対して各サーボの作動が合うはずです。

 しかし条件が違うとこのプロポ設定では違いますので注意が必要です。









さてここから3Gフライバーレスシステムの設定に入ります。


2  3Gフライバーレスシステムの設定

2-1 3Gフライバーレスシステムユニットで出来る事、する事。

 青トラは初めての3軸ジャイロ+フライバー(パドル)無しでしたから

 何を設定していいやら、まったく判りませんでした!

 コレが本当のところです。



 ちなみにコレがセンサーで  ↓

3Gセンサー

 






コレがコントロールユニット ↓

 3Gコントロールユニット

 





何で逆さかって言うと・・・

 3Gユニット取付例

 こんな感じに配置されてるからです。

 もっといい配置があるハズなんですけど・・・

 とりあえずこんな感じで止めてあります。








 このコントロールユニットで、

 【フライバーレスの設定】

 と

 【ラダージャイロの設定】

 の2つの設定が出来ます。

 コントロールユニットをアップで見てみましょう。

 3Gコントロールユニット 接写

 
 一番下の黒いボタンがSETボタンです。

 このボタンで2つのモードの切り替えや

 そのモードの細かい設定の項目移動に使うボタンです。

 目玉のように並んだ丸がエレロンとエレベーターのジャイロ感度設定に

 なります。

 エレロンゲインとエレベーターゲインですね。

 (もうそろそろ、エルロンに戻さないと・・・悩むな~)

 ここはアナログな感じに、付属の樹脂製マイナスドライバーで

 回して感度調整を行います。

 よく見て下さい!中の溝の向きを!!!

 今現在、最高に調子のいい状態の、青トラ’sジャイロ感度(ゲイン)です!

 (条件:8の字飛行、アイドルアップ入)

 コレよりちょっとでも感度を上げるとギュワンギュワンミソすり運動を

 始めます!!!

 それは恐怖、恐怖!!!

 説明書にも50パーセントから初めてね♪って書いてあります。

 少しづつ感度を上げていけばミソスリ運動を始めても

 落ち着いてホバリングに持って行き最小舵でホバリングをすると

 ミソスリが収まり着地できます!

 やっぱりビビリでチョビチョビ感度を上げるのが良いようです。

 この位置も、機体の個体差で変化しますのでご注意を!

 でも参考にしたい方のために・・・青トラもそうだったので♪

 日本人ですから・・・他人の動向が気になります♪


2-2フライバーレスの設定モードにする


001コントロールユニット 設定モード前

 FL(フライバーレス)設定のモードにするにはSETボタンを使います。

 最初に送信機の電源をON!

 次にSETボタンを押し続けながら・・・

 受信機の電源をON!

 コレでFL設定モードになりました。

 002コントロールユニット DIRモード

 もし設定エラーの場合は、一番上のSTATUSランプ

 が赤点滅しますので接続を再確認して下さい。

 この時送信機のスティック操作を行いサーボの動作を確認して下さい。



 いいですか?

 右のスティックを上下させるとスワッシュプレート(以下SP)が同じく上下します。

 右のスティックを左右させるとSPが、機体の進行方向に対して、

           左に右に同じ方向に傾きます。

 左のスティックを上下させるとSPが、機体の進行方向に対して、

           前に後ろに傾きます。

 左のスティックを左右させるとテールピッチスライダーが

           テールローター側、テールギヤ側に移動します。

 スロットルは???
 
 エンジンの説明書を参考の事(上手く逃げたね・・・)。


 ふう。




2-3 DIR モード

    (ジャイロ補正を無くしてストロークエンドとニュートラルを設定する)


 2-2のSETボタンを押しながら・・・の作業をすると、

 DIRの文字の下のランプが緑色に光るのが確認できると思います。

 DIRモードではジャイロが無効になります。

 推測ですがDIRとはダイレクトモードの頭文字3文字なのでは???

 みんな知っていたって??そりゃ失礼しました。

 エンドポイントやニュートラル(先ほどのスワッシュP・リンケージ水平出し設定を

 するのにジージーと勝手にサ-ボが動いては困りますからね♪

 1)送信機のスロットルスティックを中立にします。

   T8FGの場合、サーボの状態をモニターできるので

   各スティックのニュートラルの確認も簡単です。

デフォルト画面 05 サーボ ニュートラルはここを見ろ

 このあとのスワッシュ補正等をするとこのスティックモニター(サーボ)も

 ずれてくるので使えなくなりおますが、3G設定前は大活躍です。

 それでもサブトリム掛けると使えないかな・・・。

 それにしても便利なプロポですね、T8FG。

 最初は格好悪いプロポだな~と思いましたが、段々愛着がわいてきました。

 よく考えれば初めてヘリ仲間から貰ったFF7も格好悪かったけど

 何の不自由もなく、FF8に買い換える時は愛着がわいて

 手放すのがちょっと寂しくなったものです。

 デザインは銀色の部分をもう少し増やして角ばらせるか

 流れる曲線を(JR風)にするかで思い切った方が良かったかも・・・。

 JRの金ぴかモデルも結構、好きですよ>青トラ!!



 追記>>>ここで注意です!
         これから先の設定は、

         デジタルトリム
      サブトリム
      ピッチカーブ
      その他各微調整系操作


        を必ずデフォルト(0とか0-100とか)に
        設定を戻してから行ってください。
        青トラのように墜落して急いで設定し直すと
        サブトリムがずれたまま・・・
        またはピッチカーブが一直線(?!)じゃないのに・・・
        なんてことで手戻りになります。
        お勧めはアイドルアップ2にピッチカーブLOWからHIへ
        一直線(-100%から+100%)を先に作っておくと
        設定用にいいかもしれません。(スロットルカーブも)




 さて、これでスロットル(ピッチ)スティックがニュートラルになりました。

 ピッチカーブもニュートラルで0°(0%)になっていることを確認して下さい。


 そうだ!ローターヘッドハブの上のドームを外して付属の

 フライバーシーソーホルダーを取り付けましょう!
 
 コイツに同じく付いてきた棒を挿すとピッチゲージでローターのピッチが

 測れるようになりますので(こんな事まで書くのか?)フェザリングシャフトと
 
 直角になるよう取り付けましょう!

 さてここからが本番(?)ですよ♪

 2) サブトリムとリンケージの長さを調整し,メインフレームに固定されている

   スワッシュP手前のリンケージ、リンケージアームを水平・一直線にします!

   これは青トラ一押し

 ” 定規と小さいネジ ” 工法がお勧めです。

   このステンレス定規はホームセンターで購入!

   小さいネジはアミーゴやエルゴに付いてきたリンクボール固定用のネジです。

   ぴっちり水平、直線リンケージを目視で簡単に確認可能です。

   お勧めです。

   絶対、勘では行わないように!

   あとで後悔しますヨ。

悩ましき3G・・・104サブトリムでピッタリ出す

 勘だとかなりずれます!

 青トラも勘でやったから・・・・(泣)、

 手戻り多発でした!

 ”オレは目と勘がいいからドイジョブだ”  と青トラも考えていたんですね・・・。

 ちなみにモノタロウにはこの手の定規がいっぱいありますが
 
 安いものは激薄ペナペナで使い物にならないものがあるので
 
 厚みと素材に要注意です。(モノタロウ・・・安くてGOOD)

 達人ほど基本に忠実と、雑誌に書いてありました

 (ミーハーですから・・・。)



悩ましき3G・・・103ネジを
 

 ここら辺の調整方法は前回の記事を確認の事!

 リンケージロッドをクリクリひねっても渋々・ガチガチなのは
 
 ダメですよ。

  リンケージの突っ張り(同じ長さのリンケージの微調整)をとって、

 リンクの内側をスリスリしたあと、ティッシュで中をコシコシすると

 スコンスコンになりますのでお試しあれ♪

 追記>最近はスリスリしません、

 使っていると砂とオイルが入り込みちょうど良くなります。

 (なんのこっちゃ???ボールリンクの話ですよ♪)

 3)スワッシュプレート(以下SP)をマストに対して全方向水平にする。

  先ほどの作業を完了していて組み立て説明書通りにリンケージの長さを

  ノギスで測っている方はここからの作業が非常に楽ですよ♪

  この作業ではコイツがあると便利です、というか必須です!

必需品001基準測定ゲージ

必需品002ゲージのタグ

 KアンドSのSP基準測定ゲージです。

 中途半端に高いので誰かに借りましょう♪

 海外通販のものも安いのが有りますがセンターハブを取り外したり

 マスト径が違うと使えなかったりするようなのでタイガー模型で購入!

愛すべき小道具達019絶対お勧め スワッシュ水平器


 コレが届く前にSPの水平出しをしたんですけど・・・

 ずれてましたね。

  ちなみにこのゲージが届く前はパソコンモニターに

  ウインドウを表示させ モニター前に機体を置き、

  マストとウインドウの縦軸をためて

 (建設業で視線・目の位置を対象物A・Bの任意点の延長上に置き、

  かなりの精度で第3点・仮想線・面を目視測量する事・・・

  これすなわち ”ためる” と言う・・・)

 スキッドの下にプラ版や説明書を挟んで縦軸に合わせ、

 SP直下に定規を当てて、同じくウインドウの横軸とためて

 水平を前・横合わせました。

 それでもリンケージ1回転分違いましたから・・・

 やっぱりゲージは必要ですね、というか楽です。

 コイツはマグネットで付くのでマストから何も外さずピタッと

 吸い付きますのでやはりお勧めです。

  海外通販で10ドル以下のものはほとんどマストに通す物が

 ほとんどのようです。シンプルでいいですけどヘッドをいちいち

 外すのも何ですし・・・送料の方が高いし・・・。

 コイツは、どんな機種にも使えるのもGOODですね。

愛すべき小道具達020 3G必須工具


 このセットはこのタッパーウエアに入れて置きます。

 トルクチューブのゴムを挿入する時に使う筒も

 ピッチ確認用の棒を収納するのにちょうどいいみたいです。

 蓋にはウレタン目地材をカットして釣り竿の蓋のように

 ねじ込んであります。

 
  話が飛びましたがSPを水平にするのはSPに繋がっている

 リンケージロッドで調整、サブトリムで微調整します。

 SPの水平出しではサブトリムは使わない方がいいですね・・・。

 先にSP手前のリンケージアーム水平直線出しで

 サブトリム微調整をしているので、

 ここでサブトリムを使うとみんなずれちゃいますモンね・・・。

 反省!



 しつこいようですが、これらの作業はすべて同時進行ですので、

 サブトリム調整をするとこの前の作業で合わせたメインフレーム固定の

 リンケージもずれてしまいますので、全体で整合を取りましょう。




 泣かなければならない部分も出てきます。

 青トラは最終優先目的を、0°時、SPキッチリ水平としました。

 話が長くなっていますが今はDIRモード中ですよ・・・。

 ところがです!

 どんなに説明書通りにリンケージ作ってもどうしても

 スロットルスティック中立で ”+4°” になってしまします!

 ????    ??????

 そりゃ、1度やそこらならちょっとリンケージを詰めてやれば

 すぐに中立=±0°に近づきますが、さすがに4度違うと
 
 今までの組み立てに不備があったのではと疑ってしまいます。

 結構悩んだんですが、原因不明で・・・・。

 対策としては、対処方法は・・・・納得いかないけど、

 説明書と違う寸法でリンケージを1組、詰めました・・・。

 ローターグリップのリンケージボールとスワッシュを繋ぐリンケージを

 49.4mmの内々寸法を47.4mmに変更です!

 2mmも短くしなければならないとは・・・・。

 今までの苦労は・・・??

 ちなみにこの状態でこのあとの、ウオッシュアウトコントロールアームは

 やや水平になりましたので、良しとしました!

 このあと色々な文献を調べたんですが、

 気に入らないんですよ・・・。



 まず、ネット上の英語版の3G説明書(英文)!

 このリンケージの寸法すら、機体に付いてきた説明書と違います!


 日本語説明書【ダイレクト版】ではメインローターハウジングと

 ウオッシュアウトコントロールベースとのスキマを9.2mm取れ!

 となっています・・・。

 ??????

 ・・・・・。





 中国語混じりの付属の説明書と整合が取れません?!

 誰か・・・教えてくれ~、本当の事を・・・・・。

 頭来たので、その内、TREXジャパン製の3Gを買ってやろうかと思いました。

 えっ、説明書目的ですけど何か???


   追記>説明書通りなのに0°ピッチがあわなかったのは
       600に使えるメインシャフトの長さが色々あるためです。
       太さが同じで長さが違うのよ♪
       フライバー有りのやつとフライバーレス用の新型のやつ等々・・・。
       これは注意して買わないとリンケージも違う種類のものを買わねばなりません。
       ショップに確認するかしましょう。そして備忘録に自分の機種にあった
       メインシャフトの品番、リンケージロッド(ヘッドに繋がる太いやつ)の品番を
       記録しておくことをお勧めします。
       アラインのパーツをほとんど中華な通販でまかなっている青トラは
       さんざんヘンな組み合わせでこれらのパーツを購入して困ったものです。

       アラインの説明書にも修理パーツの品番を記載してあればいいのに・・・
       と考えるのは青トラだけでしょうか?
       こういうところは日本ヘリメーカーの説明書の方がGOODですね。




     さらに追記>>飛ばしているうちにスワッシュが水平じゃなくなった!
               デジタルトリムで追いつかないくらいずれてくる!
               って方!!!

              もしかしてサーボホーンがなめているかもしれません。
              青トラもこの現象に悩まされて一時は、
              アラインサーボはやっぱり駄目だ!とか
              受信機が壊れているんじゃ???とか
              メカ不安にさいなまれていました。
              実はサーボホーンが新品でもギヤのところで
              なめまくっていました。ぱっと見気づかないので
              送受信機ONの状態でサーボホーンを指でめいっぱいの力で
              回転させてみてください。ズルズルっとずれたらもう駄目です。
              アルミホーンをお勧めします。

              ここに書きます。
              アラインサーボはコストパフォーマンスに優れた極めて
              いいですか、極めてミーハー青トラにはGOODサーボです!!!
              安いのに超パワフル!そして速い!

              今まで疑っていてごめんよ、アラインサーボ!





 
 3) ローターのピッチ角を0°にし、SP・ウオッシュアウトコントロールアームを

    水平にします。

    これは青トラも目視で確認のみ・・・。

    水平だ!

    多分。

 4) ピッチアームとローターヘッドが直角になるように

   ウォッシュアウトを回転させて調整し,位相を0度にします。

   コレも雰囲気と勘・・・。


 5) スワッシュセッテイAFRでピッチ角の舵角が±12度になるように調整します。




    これが青トラには理解できなかったんです・・・。

    アミーゴ、エルゴはサーボのATVでサーボの動作量を制限して

    舵角の振り幅を決めて、ピッチ角も決めていたんです・・・。

    そんな時代遅れの青トラには理解できなかったんです。

    差動を無くしたリンケージで、

    0°をニュートラルとして、

    プロポのプログラミング(?)で3つのサーボの動きを同時に、
 
    ・・・??・・・!!・・。

    難しい事をプロポがやってくれているんだな~ぁ♪

    いまいち理解していない・・・青トラ!

    何度も言うようですが、プロポの説明書!!!

    例を多用してもう少し判りやすいようにして!!!

    頼むよ、FUTABAさん、お宅のプロポが好きなんだから・・・。





    ちなみにこのプロポ設定はRCFAN2010年12月号の

    特集で判りやすく解説!!

    TREX600とT8FGとGY520の調整例がバッチリ特集されていました。

    ほんとに助かりました!


    このとき,最大でも±14度を超えないようにしなければならないようです。

    流行りであまりピッチを取りすぎると(実際取れるらしい)、

    飛ばしづらいヘリに仕上がるそうです(JRの人が言ってました)。

    ミーハー青トラは±12°にしました。

 6) エルロンの舵角を調整します。

    (5)のときと同じく,スワッシュAFRの数値を調整して,

    エルロンを一杯に切った時の舵角が±12度になるように調整します。

    このとき、ピッチゲージをセットする方向は機体進行方向に、

    自分の体も機体進行方向に立ってピッチゲージを見ます。

    エレベーターも同様に±12度になるように調整します。

    今度は機体側面にゲージも体も置きセッテイングします。

    新鮮な感覚ですよね、ピッチゲージでエレベーターとエレロンの

    ピッチ(?)が確認できるなんて・・・。


さてさて、皆さんお疲れ様でした!

ここまででSPの細かい設定は完了です。

これで大変な作業はほぼ終わりました。

ここからは楽しい設定の始まりです。








SETボタンを押して次に進みます。




2-4 エレベータのリミット設定

003コントロールユニット エレベーターリミット設定モード

 次は,エレベータのリミット位置設定です。

  1) ピッチを0度にします。



  2) エレベータを目一杯アップにします。

    このとき,スロットルスティック中立,

    ピッチ0度からズレないように
  
    します。



  3) エレベータを中立に戻し,SETボタンを押して次に進みます。

    これでリミット(動作範囲)を機械が記憶するようです。


2-5 エレベータのリバース調整

  リミット設定のあとはリバースの切り替えです。

004コントロールユニット エレベーターリバース設定モード

  機体進行方向に前傾・後傾させてみて下さい。

  SPがクイクイっとマストに対して傾くと思います。

  正しいのは、前傾させた時に地面に対して平行になろうと

  SPが動けばOKです。この時注意しなければならないのが

  この動きが一瞬ですから(1秒ぐらい?)見逃さないように・・・。

  ちなみに青トラの3Gさんは、組み立て説明書通り+
  
  センサー位置前方・センサーコード進行方向で

  リバース(LED赤)に変更でした。

  もしも機体の傾きと同じ側にスワッシュが動くようであれば,

  センサー方向をリバースにします。

  リバースはエレベータスティックの上下で変更します。

  LEDが緑色で正位置,LED赤色でリバースです。

  完了次第SETボタンを押して次に進みます。



2-6 エルロンのリミット調整

 エレベータと同じく,エルロンのリミット調整をします。

005コントロールユニット エルロンリミット設定モード

  1) ピッチを0度にします。

  2) エルロンを目一杯右に切る。

    このとき,スロットルスティック中立,

    ピッチ0度からズレないように注意します。

    と言ってもズレずに右にスティックを倒すのは至難の業なので,

    ピッチカーブを全部0度の一直線にしちゃうと楽です。

  3) エレベータを中立に戻し,SETボタンを押して終了。


2-7 エルロンのリバース調整

 エレベータと同じく,機体を傾けたときにSPが

 水平を保つ方向に動くのを確認します。

006コントロールユニット エルロンリバース設定モード

 進行方向に対して左右に傾けましょう。

 正しくは右に傾けるとそれを戻そうとSPが左に戻ろうと

 動きます。

 SPが地面に対して水平を保とうとする・・・、

 これなら判るかな?!

 スミマセン、説明ベタで・・・。

 もしも機体の傾きと同じ側にスワッシュが動くようであれば,

 センサー方向をリバースにします。

 青トラの3Gさんは、これまたリバースでした・・・。

 リバースはエレベータスティックの上下で変更します。

 LEDが緑色で正位置,LED赤色でリバースです。

 完了次第SETボタンを押して完了です。





お疲れ様でした。

これで3Gの設定はお終いです。

コントロールユニットにジャイロゲインの-ネジ頭がありますが、

説明書ですと50%から調整しろと書いてありますので

50パーセントから始めるとイイでしょう。

しかしコレは600の話で、小さい機体ではかなり低い感度に

しないとあの恐ろしいミソスリ運動を起こすそうなので

ご注意ください。

感度を上げるにしても少しづつ上げましょう!

メインニードルで例えるなら1コマづつ・・・。

角度だと5度くらい??

パーセントで言えば2~3%づつ??

ともかく、一気に10パーセントづつ上げる人は、

近くに人がいない事を確認して下さい♪

いい迷惑です♪

ちょっとづつ感度を上げて調整していれば

例え旋回時や負荷を掛けた時にミソスリを始めても

何とかホバリングに戻して、優しくホバリングすれば(?)

ミソスリ運動が収まりますからそしたら着陸します。

それにしても旋回中にミソスリを始めると・・・

    
怖いですyo!!







いやはや、かなり長文になりましたが、結構間違っているかも知れません。

それでも青トラの備忘録として、自作のマニュアルとしてここに残します。

それとここの記事の90パーセントは、諸先輩方のブログ記事や

仲間からお借りした資料によるものです。

つまりは、仲間がいないとどうにもならずに終わってしまうのが

ヘリコプターワールドなんですね!!!

”周りに仲間がいない・・・。”

そんな方、いろんなところに声賭けしましょう♪

必ず仲間が見つかります。

楽しいRCワールドがそこに在ります!!

2週間ほど掛けて書いたこの記事ですけど・・・

どうでしょうかね??

ご指摘・コメント・優しいクレームお待ちしています♪



【ミーハープロポ設定編】

【ラダージャイロ設定編】

【ガバナー設定編】


   ガバナーの設定で、苦労されている方・・・。
   OFFなのに緑ランプがつきっぱなし・・・どうしよう?!
   エンジンが回らず、離陸しないんですけど・・・何で?!

  →説明書通りに設定後、
   サブトリム(7か8チャンネルのところ)を微調整すると・・・
   赤ランプ(ガバナーOFF)がつきます♪
   これらの設定が無くても正常作動することもあるようです。
   T8FGのせいだとか、ガバナーの故障じゃあ?いやいや、
   受信機が逝っちゃったのかな?とか悩んでいる方お試しあれ。
   (青トラ環境:RCE-G600+T8FG)

   本日確認、直りました!ガバナー復活!!




は、ゆっくり書いていこうと思います。

それより青トラも成長しましたよ♪

なんと!

初ルー●!!

初ロー●!!!

成功であります!!!!


危ないアブナイ・・・。






コレは語れねばなるまい・・・。

誰か・・・動画で撮って下さい~♪

近日、アップしたいネー♪


長文乱文、

   乱筆誤字脱字はご勘弁を・・・。







ちゅう方向で!!





いやはや、疲れた・・・。


  
スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

電気・動力系統取付!アライン T-REX600 3G【メカ・3G取付編】

台湾のラジコンショップで通販してみました。

値段の表記が日本円で分かりやすいですね。

日本より1~3割ほど安く送料も2300円ぐらいでしたから、

2万円ぐらいまとまれば十分元が取れますね。

日本で売っていないモノもありますし・・・。

クレジットカードがあれば決済も簡単です。

在庫切れの時が厄介らしいですが、その時はその時!

とりあえず600 3Gのパーツ、3転び分仕入れておきました。

コレで心おきなく落とせます!

ちなみにショップはこちら・・・

http://www.helipross.com/

ヘリプロス??

よく分かりませんがちゃんと届いたのでダイジョブでしょう!

商品と一緒に送られてきた納品書に

鉛筆でチェックマークが書いてあるんです。

それが小学1年生の書き方ノートのように、

書いては消し、 書いては消し・・・

の跡がくっきりと付いています・・・。

これじゃ何をチェックしたやら分からなくなりそうなモンです。

フタバの受信機も買ってみました。

使えるかな~?

それでも3Gのパーツはしばらくここで厄介になる予定です。

カーボンローターやグラスファイバーローターも

安いですが、もっと安いサイトもあるようなので

後で試しに買ってみますね。




でも、カーボンメインローター、カーボンテールローターは

もったいないナー、青トラには・・・。

テールローターは地面を耕すために付いているようなモノだし、

ローターに8の字飛行以上の負荷を掛けていないわけだし、

ちょっと丈夫な木製ローターでも十分な腕前です。

安いローターを海外でタップリ仕入れますかね・・・。

いつでも落としても良いように・・・。

ここら辺はあとでデチューンしましょ。


まだまだ遠いな~、3G専用設計ローターの購入は・・・。






*************************

それでは、【メカ・3G取付編】を始めましょう。

悩ましき3G・・・061ツインニードルはいかに 


まずはエンジンを搭載します。

今回、搭載しますOS55HZハイパーは、

2ニードルキャブです。

せっかく買うんですから50エンジンにはしませんでした。

3Gを購入する前に、雑誌の特集でこの55エンジンの解説があり

開発者自らDVDに出演し(DVDが付録)、分かりやすく

エンジン調整してくれていたのでなんの抵抗もなくこのエンジンに

しました。

DVDでお手本的な調整を確認でき、特に

甘状態の振動、もたつき・絞りすぎの音、排気色が

シッカリと収録されていましたのでホント助かりました!

ちなみにこの雑誌!




55HZハイパーエンジンを買ったけれど

調整が難しい!!って方にはお勧めの

雑誌です。

3Dのフライトテクニック的な映像特集もあり!

ヘリ飛ばしたい!!!

って気持ちになった雑誌です。

RCヘリ・テクニックファイル

高いけどお勧めです!





さてエンジンの解説に戻りましょう。

ニードル位置は工場出荷設定に!

コレが原則です。

一番上が中速ニードル。

 これは優しく閉めて締め切ったところから

 2回転左に戻します。

 ほとんどいじらなくてもいいニードルだと思えば、

 55エンジンのツインニードルなんて楽勝でしょ。

 いざッて時に調整できる余裕も生まれます。

 いいエンジンですね♪55HZハイパ!



真ん中のマイナスネジ頭がアイドル調整ネジ!!

 最初はこの位置に!コレが工場出荷位置!

 ねじ込むとキャブ本体に潜り込むようにねじ込まれ、

 緩めるとキャブ本体から出っ張るように出てきます。

 左右に90度づつ開け閉めが出来るようで、

 標準は、ネジ方向がこの写真の向き!

 ナラシが終わる頃には少し10度~30度ほど閉めるように
 
 なるようです。 (個体差があるそうです。)

 アイドルが安定しているなら閉める必要は ありません。

 ちなみに現段階で(慣らし運転完了時)15度右にしめた状態です。



そして最後、一番下が全てを統括するメインニードル!
 
 ともかく、説明書通りに!

 甘めから(緩めて)飛ばしましょう!



そうすれば少しづつ絞っていく事で初級者でも

わずかで単純な情報(音・振動・パワー)から

ベストセッテイングが判定できます。

ちなみに初めて始動する時は1と3/4回転に

開いて慣らし運転を始めましょう。



初級者、青トラが言うのもなんですが、

OSエンジンは初心者にはホントに扱いやすいです。

説明書通りにセッチングしていけば必ず

一発始動エンジンになっていきます。

失敗したらまた甘めの工場出荷状態に戻して

やり直します・・・。

白くモクモク良い煙を楽しむ、喜べるエンジン。

ゆっくり飛ばすヘリの楽しみ・・・。

カリカリ、ギャンギャン飛行は他人にお任せ・・・。

OSエンジン、まちげぇねぇ(間違いない)!




余談ですが・・・

アミーゴ君に付いてる

サンダータイガー39リング・・・

いまいち・・・

・・・・・・。

パワーあるんだけど機嫌が悪くて、かなり

掛かりが悪いの♪

追記1/16

TT39リング・・・段々セッテイングが合ってきました。

今の時期は寒いので一発始動は無理ですが、

飛ばして降ろしてエンジンがわずかでも暖かければ、

一発始動、エンスト無しにスタートラインにゆっくり

持って行く事が出来るようになりました。

スロー時(始動時)のスロットル開度がOSエンジンと違うようです。

当たり前といえば当たり前・・・。

かなり開かないとエンジン始動がままなりません。

でも始動するとエンジン回転が高いためクラッチが僅かに

繋がっているような状態・・・。

うーん、誰か教えて~♪

エンジン始動時だけ少しスロットルを上げとけば良いんですけど、

なんかミーハーとしてはその小細工無しで一発始動を望みます!

詳しくは後日アップしますね。










悩ましき3G・・・082ここからが頭がぴゅうううううぅなメカ設定 

さてここからが問題・・・。

各メカの設置。

リンケージ。

この時点で3Gのセッチングに関わる日本語の説明書は無し・・・。

唯一頼りになったのが諸先輩方のブログ・・・。

皆さん、本当にありがとうございました。

コレからの記事は青トラオリジナルではありません。

ほとんどが先輩方の記事の引用です。

その記事に初級者 青トラが、当時の自分でも分かるように

注釈を入れてお届けします・・・。


諸先輩方、優しい目でご覧ください。








基本から・・・・


まず、リンケージ!

必ず、ノギスを使って、±0.1mmの精度でリンケージロッドに

ボールリンクをねじ込みましょう!

この0.1mmの精度を意識すれば、たとえずれても

最終セッチングが非常に優しく、簡単に修正可能です。

とくにこの3G、スワッシュの水平が簡単調整のキーワードになります。

そのベースになるリンケージロッドの長さ調整は、その礎になる大事な

要素ですので面倒でも精度良くねじ込みましょう♪

ちなみに・・・・




3Gを初飛行させる時、離陸時に機体の妙な傾きや挙動を感じた事ありますか?

青トラにもありました!

機体を離陸させる直線に斜め前に前傾し持ち上げる瞬間戻ろうと

後方に傾くという恐ろしい現象です!!!

最初は”エイっヤー!!”と勢いよく離陸し、

ローターが地面タッチするのを防いだのを覚えています。

地面が舗装などでなく土や草むらの時に出やすいらしいのですが、

対処法として2つを試したところピッタリと止みましたので報告します。

1)3Gセンサーの取付方法の改善

2)そしてこのスワッシュプレートの水平調整です。

その他色々見直しましたので

あとで詳しく書きますね!
  
  


サーボホーンの固定!

サーボホーンをサーボに固定する時、

サーボを受信機に繋ぎ、ほぼ初期設定にした送信機の

スイッチを入れてニュートラルを出して(サブトリム 0・スティック位置に注意)

仕事をさせる(穴を使う)直線がリンケージロッドに直角になるよう

色々差し込んで試してなるべく直角に近い位置にサーボのギヤに圧入します。

ほとんどがサーボに対して直交又は平行です。

スロットルサーボリンケージはエンジン形状により変化しますので

定規やネジ等を使って作動の少ない基本で理想のリンケージを

組み上げましょう。

所詮目で確認しているだけですから完璧に合う事はありません。

微妙な調整は後でサブトリムで調整しましょう。

ちなみにこんな感じでサブトリムで調整しました。

悩ましき3G・・・102リンケージ直線出し方

水平一直線を出したい方向のサーボホーンにM2.3ネジを入れて

その上に金物差しを乗せてサブトリムで調整します。

悩ましき3G・・・103ネジを

この定規を乗せて直線出しすると結構違うモンですね!



悩ましき3G・・・104サブトリムでピッタリ出す

ヨーシ、水平ラインが出ました!

この調整をしながら、リンケージされた両引きロッドを指でつまんで

ねじってみて下さい、クリクリと・・・。

所々、スルスルじゃなく、キッツキツっだと思います。

正確にノギスでリンケージロッドを作っても、2本(両引き)ロッドですと、

突っ張ったり、引き合ったり、ボールリンクがきつかったりして

サーボに負担が掛かり、スムーズに動かなくなってしまします。

リンケージの理想型、  キッチリ・スルスル

を目指してリンケージの水平を意識しながら片方のロッドを

伸ばしたり縮めたりしましょう。

大体は1回転ほどで合うはずです。

2回転するようならもう片方のロッドも見直しましょう。

その後、リンクトリマーで軽ーっくリンク内をスリスリ!

やりすぎないように少しずつ削りましょう・・・。

イメージとしては中を優~しく、磨き込むイメージで・・・。

この直線出しは、このあと解説する3G設定の”DIRモード”で

設定しますが、M2.3ネジ+定規で正確に設定可能です。

感でやらないようにしましょう!

パッと見、良さそうでも定規を当てると恐ろしいほど違います。

ステンレス定規はホームセンターでお求めください。

あると便利です。カッター切断用の定規としても使えるし、

特に15cm・30cmの長さの定規は、排水管の管レベラー

(通称 お墓)にも使えます・・・。

この件は全国8万人の下水道工事従事者にのみお届けする

Tipsです。ハイッ♪(シンワ製品がお勧め)



機体の内側にあるエレベーターリンケージも小さい真っ直ぐなモノを

乗せて外側のピッチリンケージの定規と見比べながら水平出しをすると

調整しやすいと思います。

それにしてもエレベーターのリンケージ廻りは狭いですね~♪

リンク外しの内反り、外反り両方使いましたが・・・

かなり外しにくいです。

何か良い方法・・・ありませんかね~??

特にエレベーターボールリンクは、初めてボールにはめる前に、

リンクトリマーでスリスリする事をお勧めします。




さ~て、と

悩ましき3G・・・083繋ぐのはイラストで

新しい電機系メカは・・・ややこしいですね。

3G・2イン1レギュ・2.4G受信機にリポか・・・

あとガバナー・・・。

みんな初めてだからここら辺で脳みそが煮えたぎりましたね♪

簡単に考えます。

■3Gセンサーはちょっと良いジャイロですよ・・・。

■2イン1レギュは電気を調整する何かで、

 ついでにスイッチやグロー機能が付いているモノ・・・。

■2.4Gは今までの受信機と大差はないみたい。

■リポ・・・危険性がある強い電池でしょ。

■ガバナー・・・昔みんなが言ってた便利なレブリミッター的な・・・。

こいつらの面倒(設定)を日本語解説無しにしろって・・・。

アラインさん、英語版の3G説明書をネットで公開(ダウンロード可能)

してるんだから、日本語取り扱い説明書も公開しましょうよ。

売った後もシッカリしたサポートをウェブ上で受けられるのって

魅力的なんですよ。

我々マニアでミーハーにはたまりません♪

T-REXジャパンの既得権益守るが為に、

日本の商品シェアの席巻が出来ませんよ、このままじゃ・・・。

T-REXジャパンの人にとっては死活問題なんでしょうね、

多分、日本的な非グローバル体質の世界では特に・・・。


求む、日本語説明書公開!!!

話がまた、それましたね・・・。




3Gの設定モードにはいる前に一つ・・・。

3Gセンサーの取付についてです。

センサーにヘリのマーク(コレが矢印)がありますので

この向きを前方又は後方に向けて取り付けしましょう!

この向きはかなり重要らしいので取り付ける際、

ジャイロマウントに線を引いておくと真っ直ぐ固定できます。

あっ、そうだ!

3G購入された方でセンサーユニット下に入れる

金属製のプレート(ノイズ防止用)、付いてきました?

青トラのキットには入ってなかったんですが・・・

是非入れるべきですね!

改善ポイント011コレがアラインの標準

これが標準取付状態。

多分、皆さんこの様に取り付けてるんでしょうけど

ジャイロのすぐ下がサーボなんて・・・

しかもジャイロで制御されてるサーボですよ・・・。

ちょっと改善しますかな・・・。

改善ポイント010フタバのジャイロテープとシールド


今回はフタバのジャイロ用シールド版セットを使います。

改善ポイント012キレイに剥いで


キレイに剥いで・・・

それでもセンサーユニットの下に金属板が入っているんですね・・・。

いやいや、ここは改善!!

改善ポイント014こんな感じに付けました

改善ポイント015 すぐ下にサーボですからね

まあ、お守りみたいなモンです。

改善ポイント013シールド版の説明

効果は未知数~♪




取付編の最後は、システムの配線での注意点です。

説明書のイラストだけで配線は可能です。

しかし送受信機が” JR ””フタバ・サンワ”

エレロン・ピッチ・エレベーターのチャンネル割りが違うので

要注意です。

青トラは送受信機がフタバなので、

体の進行方向、左のサーボがピッチで6CH!

機体の進行方向、右の前のサーボがエレロンで1CH!

機体の進行方向、右の後ろのサーボがエレベーターで2CH!


となりますので間違えないように

サーボのコードを3Gコントロールユニットに配線します。

ちょっと戸惑うのはコントロールユニットから出ているコード達。

コネクタに文字が種類が印字されているのは良いんですが、

コードの出力が1本のモノが有ります。

差す向きが分かりません!?

日本のコネクタのように逆さでは刺さらないようになっていれば良いんですけど、

どちらでもコネクタを挿入できます。

受信機は、受信機の上側か下側に-(グランド 黒配線)が寄っています(並んでいます)。

片側がずらっと-グランド(黒配線側)が並んでいるんですね。

今回の受信機は下側がーグランドでした。

悩ましき3G・・・0201ちっちゃいね受信機



今回の受信機は

FUTABA R6008HS

ですね。

悩ましき3G・・・0200キッツキツの受信機




アラインのコネクタには逆差し防止用の羽がありません。

日本製のサーボのコネクタならば表側に羽が来ます。

つまり受信機裏側に -グランド が並ぶわけです。

全ての1本線のコネクタは黒(-グランド)ではありませんから、

この場合、1本線が表側に来るよう差します。

それにしてもコネクタが大きいのか受信機の穴が小さいのか、

コネクタ廻りがキッツキツですね。

すこし開きぎみです!!


さて、これで組み立て・メカ等の取付が完了しました。

次はとうとう、3Gの設定です。

最後まで頑張ります!

忘れやすい青トラが自分のために書く備忘録と化している

いいね、最高。

 T-REX600 FL 3G  カテゴリー!!


良いのかコレで・・・

誰かの役に立つかな~???








ちゅう方向で!!





【3G・ラダー・プロポ設定編】に続く・・・・・







テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

組み立てろ!アラインT-REX600Nitro 3G【機体編】

皆さん、寒いですね・・・。

今年の冬、関東北部山間部は近年希に見る

少降雪でございます・・・。

今年は1度も除雪作業に出ていない青トラです。

例年なら3~5回は少なくとも出動しているはずです!

これはゆゆしき事態です。

つまりは雨(雪)が降らないという事。

このままですと夏に水不足が懸念されます!

誰も言っていないけど東京の人々、

水利制限が掛かるかも知れませんよ、今年の夏は・・・。

でも心配しないで下さい、雪は降ります!!!

年間積算降水量はいつでもほぼ横ばい・・・。

1月降らなきゃ6月に降る・・・

それが自然の流れ・・・。

そんな自然の流れ・・・ここにも一つ。



12月の中旬、年も押し迫りいつになくガッチガチに

組み込んだプロジェクト工程の中!

少し顧客の要望をくみ取りすぎた感のある年末のある夜・・・。

ちょっと疲れたヘリコプター少年(ちょっとおっさん)青トラは、

ITの恩恵を,

その自室のパソコン机兼作業台の上でサイトやブログを見る事により

受けていました・・・・。


”ほうほう、こんなパーツが出てるんだ~♪

あ、こっちの方が安いや!

いやいや、こっちはああでこうで・・・。”



情報を集めるのに机の前でキーボードとマウスを使えばいいとは・・・。

IT(ネット)便利だにょ~♪

しかし所詮は器械が描く情報でしかない。

人を、心を動かすのはモニターの向こう側、

ITという線で繋がっているむこう側にいる人の言動であります。

心に響けばそこにビジネスが生まれる・・・。











とあるショップのサイトにて・・・


限定5台!

特別価格!!

キャノピーが自由に選べる!!!


えっ、このキャノピーも??!!

ここからがミソ!

一年間頑張った貴方に!

オレか?

自分へのご褒美に・・・。

オレの事なのか?

24日(クリスマス♪)に発送します!


サンタさんだ~♪

オレにもサンタさんがやってくるんだ~♪

ここ押せば、サンタが家にやってくる!!!

ここ押せば、クリックすれば!!!

オイラの町にもやってくる!!!

おおおおおおおおぉ!

在庫もあるぜっ!!

  (サンタに在庫があるのか?)!

コチッとな!


自然な流れであります。

デンキチワークスさん、アンタぁ、巧いねえ♪
(ちょっと有名なショップ)










この時、青トラは2台のヘリを所有・・・。

しばらくこれで頑張るって決めたのに・・・。

巧くなるまでこれでって・・・。






えっ、何を買った買って???











すなわち、








悩ましき3G・・・001買っちゃった!

ラジコンエンジンヘリコプター

アライン社製

T-REX600Nitro 3G FL

Programmable
Flybarless 
System



であります!



かっかっか!


まあ、上級者が使っても遜色ない機体ですよ、こりゃ!!

初級者 青トラ、いつも通りのミーハーぶり!

しかし色々入っているこのキットもこれだけじゃ

飛ばないんですね~。

細かく言うとこの価格の倍掛かるといっても過言ではありません。

大きいところだと、送信機・受信機・サーボ1個・リポ充電器・・・

¥¥¥¥¥¥¥¥!

うーん、エンジンとマフラーもか!!

うんうん、しょうがない!買ったんだからしょうがない!

ここはミーハー初級者が流行りの3G(3軸ジャイロ)に手を出したら

どうなるかを記事にしよう!




************************




という事で初級者による初級者のための

TREX600Nitro3G組み立てから飛行までを

お届けします!!

中級者以上お断り(?)、なぜなら間違ってるかも知れないから。

でも諸先輩方のご指導で記事を良くしていきますので

お気軽にコメントお願いします。

優しく、簡単に、だって青トラに出来るんだから・・・、

誰にでも出来ますよ!

3G!!








ちなみに青トラの現状を書きますね!


青トラは8の字飛行を始めたばかり。

アイドルアップもちょっと低めの回転数で入れたばかり。

30クラスヘリコプターを2機組み立てている。

機体調整は説明書通りには出来る

プロポ設定はピッチ・スロットルカーブ・ジャイロ

ATV(昔はこう呼んでいた)ぐらいはざっと設定できる

エンジン調整はOS32リングだったのでほぼ無調整で飛んでいた

買った後で分かった事だが周囲にT-REXを整備・調整できる人、

つまりはヘリ師匠がいない(3Gは誰も持っていない!)

買ったT-REXは輸入版で日本語説明書がない!!!
(ここが一番重要で問題!!)

ミーハーである!


以上であります。







この記事の目標は、諸先輩方のブログやサイトを参考にし、

青トラ的にかみ砕き少し前の青トラに教えたいTips集として

書き残し少しでも迷えるミーハーの手助けになる事を望みます。

それではしばらくの間よろしくお願いします。



今回購入した機体はキャノピーが変更できたので、

ハデ目のキャノピーにしました!

黄色とオレンジが今の青トラの気分に合致!!

エージェントK!初めて撮影に成功!側面


初お目見え!

エージェントKであります!

コイツは大の写真嫌いで、

初めてですよ、オレの写真に収まったのは!

どうにかコイツにシュミュレーターを教え込むんですが

子供にはゲーム性が無くすぐに飽きてしまいます。

エージェントK!初めて撮影に成功!上から

ここの文字はアラインって書いてあったんですね・・・。

買ってから分かりました。

正直な感想ですが昔のFRPボディより薄いですね・・・。

これじゃあ形状工夫してあってもちょっと弱いような・・・。

  悩ましき3G・・・014中国語と英語かよ

分かっていましたが説明書が英語と中国語です。

ざっと見ただけでも組み立ては何とかなりそうです。

しかしメカの設定は・・・語学が堪能じゃないと・・・。

この時、青トラはヘリ仲間に3G経験者がいない事を知りませんでした。

”誰か一人ぐらい経験者がいるだろうな♪”と

安易に考えていました。

そしてこれが・・・

悩ましき3G・・・015フライバーレスシステム

3Gのヘッドとジャイロです。

銀色ヘッド!

梨地?ヘアライン仕上げ?いえいえ所詮はホビー、

ただのシロウト研磨仕上げです。

これを日本の研き屋に磨かせたら・・・。

後でバフ掛けてみるかな♪

あれ、リンクボールは少し大きいですね!


ヘッドセンターハブ下のちっちゃいのはスタビバーの代わりに

ヘッドのドームと交換してピッチゲージを見るためのツール!

最後の最後まで分からなかった青トラ・・・バカでしょぅ?♪

こんな様子ですから英語の説明書だけではどうにもなりません!

誰か経験者がいれば教えを請う事が出来ます。

もしかして日本語説明書を貸して頂けるかも知れません。

でも・・・


青トラには・・・いませんでした。



ここで登場、雑誌の特集!!!

ラジ技は意外とダメですが、こちらの雑誌が役に立ちました!!

悩ましき3G・・・012RCFan11月号に・・・


RCFan 2010年11月号

であります。

悩ましき3G・・・016特集記事を参考にする

待ってました!!!

この特集!!!

3Gじゃないけどカーボンフレームでシャフトドライブ!!!

要点はこの本を読んで組み立てます!

結構詳しく書いてありますよ♪

これは英語の説明書要らないんじゃ・・・。

組み立てだけならこの雑誌と英文説明書のイラストでOKですね。






はい、まず始めに・・・

基本は組み立ててあるモノも必ず、

いいですか、

必ずバラして、

  グリスアップ&脱脂・ネジロック!


これは鉄則です!

信用しちゃダメですよ、自分以外は!

品質チェックを怠ったが為に起こる手戻りを何度も経験している

青トラが言います!

チェック、ダブルチェック!!

これで安全係数3確保です♪

勉強にもなりますし・・・組み立て時間も長くなり

組み立ても楽しめます。

脱脂はパーツクリーナー(ブレーキクリーナー)を使います。

今はホームセンターで148円ぐらいで売ってますよ。

ちなみに青トラの近くですとカインズホームですね。

(地元のホームセンターです)

さてさて、ここからは重要と思われる所をピックアップします。

鉄則は鉄則ですよ!

鉄則は変更無しです!

なぜかって?

組み立て済の中には片方ネジロックが効いていて

片方ネジロック無しでゆるゆる・・・・

グリスアップが片面だけ・・・

オイラのキットも3箇所、そんなところがありました。

それを踏まえて、

まずは、

悩ましき3G・・・026イラスト違ってるジャン!!CADオペ、クビだな!

見て下さい、このイラスト!

ボールリンクにAの字が書いてありますがそれは、

表ですからね!!

裏側にリンクを挿入します。

Aの字が表から見えるように差し込みます!

ゆえにこのイラスト ↑ は間違いです!!


悩みました~、青トラは・・・だって入らないンだもん!これじゃ!

このCADオペ、クビだな!クビ!

でも英文でちゃんとちっちゃく書いてありますけどね。



悩ましき3G・・・027これなら納得!

そうそう、これなら納得!

こんなに細かいところはちゃんと書いてある!

皆さん、

説明書とRCFanを読みましょうね♪

悩ましき3G・・・028いろんな所にネジロック・・・

にしても付属のT43ネジロック剤・・・少ないし使いづらい・・・。

せっかくだから買いましょうよ・・・。これ!

悩ましき3G・・・081ネジロック材購入

メーカー違えどどちらの中身もロックタイト!

普通は中強度でいいようです。

1本あれば3年は持ちますし(年がら年中使います!)、

使い勝手もいいんです!
悩ましき3G・・・022初めての120°CCPM?!


スワッシュも然り、脱脂・ネジロック!

ボールのサイズが違うので良く確認する事!

悩ましき3G・・・017各番号を確認・・・無視!

最初に言うべきでした、各パーツは組み立て工程順に

袋に小分けにして入っています。

小箱を(サーボケースやお小皿でもいい)5個ほど用意して

箱の中に品番ごとに分けておきましょう。

その時にハサミで品番の書いてあるシールを切り抜いて

入れておくと迷いません。

その工程で使い切ればいいのですが、余ってかなり先の工程で

使う場合もあります。無くさないようにしましょうね。

そうそう、最後にパーツが余ります!

これにはビックリですが、

予備パーツのようです。無くさないようにしましょう!

各種のボールリンクが余るのは嬉しいですね。

悩ましき3G・・・018ギュッギュウウ!!!ココは強く締め付ける!

はい、ここ!!

これは六角が壊れない程度に強く締め付けて下さい!

鉄則は言わずもがな・・・。

噂によるとヘッドがぶっ飛ぶそうです!

適正トルクでシッカリ閉め込みましょう!

ぎゅううううううううっとね!

悩ましき3G・・・029クラッチ組み立てに


エンジン直上のベアリングケースが樹脂とは・・・。

うーん、ここには金属パーツが欲しいですな~♪

(これは、前振りか?前振りなのか?)

悩ましき3G・・・030M12のレンチが必要


そうだ、M12の六角が必要になります。

さっきのフェザリングシャフトの締め付けは3m/mの

やつが2つ必要ですし・・・何かと物いりですね・・・。

悩ましき3G・・・034出ました!!OS55の黒いヤツ・・・。

今回、エンジンはOS55HZハイパーをチョイスです。

マフラーもOSのマフラーにしました。

カラーが黒いのは気にしないで下さい。



自分は、

   生涯、

     ミーハーですから・・・。

         (高倉 健 風)


ちなみに現在、青トラは55エンジン性能の60パーセントも

使っておりません。

いいでしょ、無駄にハイパワーって♪

スティックハイに入れたら・・・、

見えなくなるまで一気ですね♪




悩ましき3G・・・035ガバガバ、ガバナ!

これが初飛行時、青トラを悩ませたガバナーであります。

ヘリ師匠やヘリ仲間がいない時は付けない方がいいかも・・・。

初級者にはこの設定、指導者が必須です。

組み付けだけしてちゃんと設定して貰いましょう。

第3者の意見を素直に聞くべし!

上空のスロットル設定を煮詰める前に設定しても

十分間に合いますよ、初級者には。



悩ましき3G・・・036とりあえずこれで接着!

それでも、ガバナーのマグネットセンサーは

エンジンファンに付けておきましょう!

青トラは2液性のエポキシボンドを使います。

悩ましき3G・・・038ガバナセンサーマグネットを接着!

コレは固定した後です。

注意点は2つあるマグネットを表から見てN極S極になるよう

取り付ける事!NとN、SとSではダブルカウントしちゃいます!

2つの磁石をくっつけるとくっついた面同士がN・Sです。

マジックで分かるように印すると間違いません!

マグネットを入れる穴に薄くボンドを塗ったら

ペンチ等で圧入!!

傷が気になるならガリガリ君のアイスの棒を

挟んで下さい。傷つかず安心して入ります。

平らになるのが正解です。

穴にボンドを入れすぎると入りにくくなるので要注意です。

青トラは挿入後、すこし補強の意味を込めて

ボンドを盛りました。

バランスは???強度は???

人柱になりましょう♪

ダメになったらメタル製ファンにします。

悩ましき3G・・・039これが外側にくるように・・・

ああ、コレも間違えました、青トラ・・・。

カーボンフレームに付いているベアリング・・・。

コレの向きでフレームの右左が分かります!

いいですか、皆さん、この写真の面を外に向けるんですよ!!

そうしないと丁寧にガラス版の上でシッカリ90度に組み上げても

やり直しですからね!!!!(泣 ・・。)







写真がないんですけど、テールのトルクチューブ!

ここ要注意です!

ベアリングを付属のR48でトルクチューブに固定します。

位置はトルクチューブの中心から5~7cm、前方によった所!!

ベアリングに入らないように気を付けて・・・、

脱脂も忘れずに!!!


薄く塗っておいてベアリングをスライドさせてもいいです。

瞬間接着剤でもいいですが、振動に強いモノがいいでしょう。

コレがずれるとスゴイ振動が出て、最悪墜落するようです。



あと、リンケージはノギスを使いましょう!

リンケージが上手くいかない原因のほとんどが寸法間違い。

3Gでは0.5ミリに泣く事があります・・・。

本当です。

リンケージ長さだけはきっかり0.1まで合わせると後が楽です♪



ふう、ここまでで機体が組み上がりました。

【機体組み立て編】

いかがでしたか?

組み立てられたのは、RCFan11月号の特集のおかげです。

よく説明されています。

コレがなければ無理でしたね。

ちなみに12月号でT-REX600とフタバのT8FGの

セッテイングが特集されてます。

コレも目から鱗でした!









12月号の特集を読む前に初フライトをした青トラ・・・。

自己流プロポセッテイングで・・・

地獄を見ました・・・。

まさに凶器!

ホバリングさえままなりません!


その日8年ぶりに再会したヘリ先輩に

ホバリングして貰いましたが・・・

”根本的に何かが違う!!”

とのアドバイスを頂きました!!

特に離陸時、前傾するし、修正打がギャンギャンに効くし・・・

恐ろしいヘリを買ったな~と後悔したほど・・・。




とりあえずこの後の話は、【メカ・3G設定編】に・・・。

ここまで読んで心配な貴方・・・

ダイジョウブです。

今現状の青トラの3G、ウルトラスムーズです。

アミーゴいやアミーゴ以上の安定感で飛んでいます。

青トラでこんな感じです。皆さんなら出来ます。

指導者がいれば完璧です!!!

ああ、求む、経験豊かなヘリ師匠!!




よーし次の日曜日は、

綺麗な水平飛行を目指すぞ!!!






ちゅう方向で!!!



【メカ・3G設定編】に続く

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。