いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片手でジャクジャク切っちゃうぞ!スチール MS201TC-E+α!!

追記 2013/06/13(インプレ有り)





今、青トラは充実しています。


それは、現プロジェクトによるもの・・・。

それは、やりたいことが抑制されているために起こる

一種のハイテンション・・・。

それは、やっとここ最近を振り返ることができはじめた

プロジェクト環境の改善・・・。





青トラが充実していようとしていまいと進むプロジェクト。

できあがるプロジェクトは他社を寄せ付けない出来映え・・・。


それは青トラの実力で無く、スーパー重機オペレータKによるもの・・・。

今回青トラは最悪を極めております。

鈍い土木のカン・・・先を見越せぬ目の悪さ・・・全体と完成を想像できない

つまりはすべてにおいて駄目だった・・・・。

決定的なのは収まりを見違えた為の工事手戻り!!

貴重な13時間*2人のロス・・・。

自分の至らなさを痛いほど味わった4ヶ月間・・・。

休日などいらない・・・。

時間が、時間が欲しかった。

一日が2日に延ばせるなら自腹で1諭吉払ってもよかった・・・。

ようやく・・・ようやく・・・。

唯一の救い、それは本プロジェクト(畑の整備工事)の地権者(農家)の

驚きと感嘆の声・・・。

最後の地権者立ち会い、表土(畑の良い土の部分)を戻して完成した畑を見て

”見違えたよ~♪良くなったね~♪”

って・・・。

美談にするつもりはない・・・。

青トラは自身への慰めにこの言葉を聞くのだ。

みんな(職人さん)のおかげだよとか、

皆さんの協力あってこそとか、

書きません。

そう思ったら支払いに反映すればよろしい!

言葉はタダだ!

どんな感謝の言葉もここには書ける・・・。

全国の現場監督よ・・・ブログを書く監督達よ・・・。

言葉は不要、支払え!職人に支払え!

感謝は金に代えて支払え・・・。

利益を上げた者にはそれだけの物を与えよ!!!

対価の意味を考えよ!>>青トラ



さ~て数字を挙げるかの~。

よっしゃ、変更数量をまとめて変更図面を書き上げるかの~♪

(当初契約金額+30パーセント越えを目指して・・・)




そういえば現場の入り口の地権者、便宜上S氏としよう・・・。

S氏:青トラさんのところは休まないの?

たぶん騒音とか休日作業をふまえた発言・・・。

まあ、去年の11月末から我がプロジェクトが休工したのは

4日間だけですから(正月を含む)、S氏の発言も当然です。


それでもとぼける青トラ・・・。



青トラ:畑の工事は、土とお天道様との知恵比べですからね・・・。

     人間が決めた休みを取っていたら良い畑が出来ないじゃないですか。

     良い畑、良い土を作りたいんだから晴れた休日に休む訳にいかないんですよ。

     農家の方は骨身を惜しまないでしょ・・・

     我々もそれを少しだけ見習っているわけですよ。

S氏:でもよくみんなついてくるね。

青トラ:青トラは、バカントク(馬鹿監督)ですからね・・・。

     間の抜けた青トラをみんなが支えてくれるんじゃないかと思います。

     優しいですからね・・・職人さんは♪



     ここで別班から写真撮ってね電話着信♪




     何かありましたら遠慮なく言ってくださいね。

     再来週には日曜日は休みますんで・・・。それじゃ♪








休まないことに違和感を持たない青トラ・・・。

黙ってついてきてくれる職人さん、こない職人さん。

青トラがついて行く職人さん・・・。

様々な問題・・・。

工期まであと1ヶ月・・・。

もう少しだ。

ふう、十分愚痴ったな♪







ストレスを発散するにはこいつの切れ味しかない!!

タイトルに誘われてここにたどり着いた諸君♪

お待たせしました。



ヒョイヒョイ、

 ジャクジャク、 

  ジャーーアア、  

   シャキーーーーン!  








すなわち、

(ひさしぶりだねー)








R0018904.jpg

スチール チェンソー

MS201 TC-E

トップハンドルチェンソーと

オレゴン パワーシャープシステム

なのである!!!




オレゴン パワーシャープシステムの

キャッチフレーズは~♪

これからは5秒で目立て♪




だそうです!




本当はコガル君も(関係者ならご存じ、ちっちゃい片手チェンソー)

欲しかったんですけど、やっぱりチェンソーはスチールってことで・・・。

前からトップハンドルチェンソーが欲しかったんですよ。

MS200Tってやつ・・・。

その後継機がこのMS201CE-T・・・。

ちっちゃいくせにお高いMS201CE-Tはプロフェッシャナルユーザー向け。

そこもミーハー青トラをくすぐるフレーバーの一つ♪

しかも最新のフルチゼル(角刃)の設定があるじゃありませんか!!!

これは欲しい!短いバーで欲しい!!!


しかもオレゴンから、何か角刃が出たらしくこのチェンソ-に付くと言うではないか!

(購入時点でどんな刃かを確認していません。)

その角刃は特殊な形状で、なんと目立てがシャーってモノの数秒で出来るって・・・。

(たまたま現場に来た伐採屋のおじいちゃんがMS200を持っていて

 伐採屋の社長にタダで試しにその角刃を付けてもらうって話を聞いただけ)

電話で伐採屋の社長でかつスチール代理店社長に早速電話~。

我が地域のスチール代理店の社長も、売りたいけど上手く説明が出来ないその商品!

ええい、角刃でしょ?オレゴンでしょ?シャーなんでしょ?

注文しちゃえ!買っちゃえ!発注だ!!!(商品を見ずに注文!!)

そして到着~♪


R0018915.jpg

ふーん、バーとソーチェン、そしてこの黄色いのがセットなんですね。

R0018916.jpg

チャチイけど(弱々しいけど)これにバーを挟んでエンジン掛けて

先端を軽く地面に押しつけるとあら不思議!

本当に2秒程度で目立て完了!!!

R0018912.jpg

見てこの形状!

確かに特殊だ!

角刃といえば角刃なのか???

切れ味は・・・・

こりゃ凄い!

フック強めのチェンソーのような切れ味!!

ジャック、ジャック!!!!

食いつきのいい刃ですね!

コントローラブルではありません!

うん、切れる刃が付く!!!

R0018917.jpg

ちなみに、スチール純正のソーチェンは角刃を選択しました!

ちっちゃい角刃ですがこれから試し切りです。

青トラ的には角刃って理に適ってると思うんですが・・・。

なぜセミチゼル全盛なのか??

我が地域のスチール代理店よ・・・

もう少し勉強して青トラに指導を受けないようにしておくれ♪

こんなチェンソーの刃もあります

これを角刃と呼んでも良いの??

見た目はちょっと損した気分(刃が小さく見えるので・・・)

後はヘビーユースに耐えるかどうかですね。

新たな仲間・・・

MS201は現在慣らし運転中です。

この角度だとかっこいいですね。

まあすぐチェンソーオイルまみれですけど・・・。


R0018924.jpg

最近はこの操作系に慣れたので他のチェンソーの始動が

面倒になりましたね~♪



ここらヘンの作りはプラスチッキイだけど秀逸です。


R0018920.jpg

あっポンプがつきましたね。

これがあると(ちゃんと燃料管理がされていれば)一発始動が可能です!

そうだ、今のプロジェクトでも伐採があったんですよ。

木くずが1400空立米ぐらい・・・。

一回もチェンソ-使う暇がなかったです。

チェンソー収集家としては寂しい限りです♪


細かいところですがやっとスチールのロゴの上下に

マーカー(目印線)がつきましたネ。

伐倒方向の確認に便利なのですからすべてのチェンソーに

付けてもらいたいですね。

新型ハンドルによる振動は???

MS200Tを使ったことがないのでわかりません♪

でもMS200よりマイルドな感じです。

うんうん、良いチェンソウを買ったようです♪

これから使い込んでみましょう。



R0018918.jpg

R0018923.jpg

エアクリーナーも新型のようですね・・・。

R0018906.jpg

新しい形状のカバーです。

上のパイプは???

R0018931.jpg

それにしてもきついですね!このカバー!

クリアランス全くなし!!!

ぴったりフィットでしばらくは難儀しそうです。

チェンソーの刃がしっかり目立てされているとカバーが削れまくるんですよね~。

秘密基地の棚に

はい、秘密基地に収まりました。







追記!!!

使用感インプレッション♪ 2013/6/18



慣らし運転をしないまま収納されていたMS201TC・・・。

青トラらしいといえば青トラらしい機械の扱いですが、

その日は突然やってきました!

エージェント I の自宅の桜の木が根本が腐って

ぶっ倒れて道路を塞いでいるとの通報を受け急遽出動!

あいにくエージェント I は、ナンカンで鮎釣り最中・・・。

道路を塞いでいるとなれば急ぎであります。

PM5時半、201TCともう一台のトップハンドルを持って

現地に乗り込みました。

試し切り以来のエンジン始動・・・・。

ポンプをキュコキュコ、いつもの始動、

おっ、一発始動!

燃料系を1:50に換えてからホントにスチールは素直になりました。

このオレゴンのパワーシャープの切れ味と耐久性も気になります・・・。

まずは足下を整えながら切る 切 る  切る。

トップハンドルゆえの気軽さから来るケガを意識しながら慎重に・・・

軽いから片手切断をしそうになる自分を押さえ、

しっかり常にキックバックを想定した体勢で作業します。

うーん♪

パワー有り!有り!

この機体、大当たりの予感!




ここ最近、アウトバックのエンジンといい、このエンジンといい、

当たりが、というより効率良いエンジンが青トラの手元に集まってきてますね。

青トラの伐木、玉切り程度ならMS200(ちょっと癖有り、まだ慣れない)と

MS201TCでまかなえてしまいますね・・・。

桜ですが幹径55cmの桜も何のストレス無く伐木可能!!!

突っ切りもパワフルですよ!

コレ、超当たりかも!!

はっきり言って、バーを長くしたいほどパワフル!



パワーシャープの切れ味は・・・・?

良いと思いますよ。

木くずだって、切れてる時の木くずが出てます。

研ぐスパンは、通常の○ヤスリと同じタイミングで良いようです。

1時間ほどの伐採作業では研ぐ必要を感じませんでした。

作業毎に研ぐのがもったいないかも・・・・。

切れなくなってからアレを被せてシャーってするのが吉のようです。

新しいチェーンを使うときは何本か切ったら必ず、張り具合をチェックしましょう。

バーになじんだり、オイルが回ると、思っていたよりチェーンが緩むことがあります。

チェンソー初心者青トラがいつも思うことです。

必ずチェーンを張るための工具も一緒に持ち歩きましょう。

チェーンが外れて腕や足にバシッ!!!ってヒットした瞬間、

自慢の”切れるチェーン”が”最強の凶器”になります!!!





青トラ・・・・いま、チェンソーに、ビビってます・・・・。

こんなに便利な道具が、

誰でも手に入れられる道具が、

恐ろしいほどの殺傷能力、

伐木された木が倒れるときに発生するパワー、

準備段階でもはしごから落ちて致命傷・・・・。


数十年もチェンソーで仕事をしてきた仲間達が傷つき、死にました。

今回も I からチェンソーを貸して欲しいとの要望から始まったことです。

I に限らないですが、草刈り機やチェンソーを便利な道具としか

認識していない人の何と多いことか・・・。

”チェンソーは貸しません!かわりに伐採しに行くよ~♪”

青トラに言えるのはこれだけでした。

林業人なら当たり前のコトも、

ホームセンターでチェンソーを買う一般人には、

誰も教えないし、何が問題かも思いつかない現状。

薬の販売と似ているでしょ・・・・。

結局、たとえ対面販売でもその販売に1時間近く掛けなければ

ちゃんと説明できないと思う青トラです。

やはりここは・・・・・、

おっ、話がそれました!



しっかり商品インプレッションを勧めましょう。

MS201TCについて

エンジンはアタリ!

パワーは申し分なし!

吹けも良い!

良すぎるので指でコントロールが要!

使い勝手?

思わず片手でジャグジャグ切ってしまいそうな軽快さ!

コレで高耐久性が優れていれば(現時点では不明、たぶん丈夫)、

土木野郎お勧めのチェンソーでしょう。

それでも管理者を定めて

一人で責任持って管理していただきたい!

オレゴンのこの刃については未知数!

切れる、確かに切れる!

どれくらい使えるんだろう、

何度、スリスリシャーが出来るんだろう?

もし通常のチェンソーと寿命が同じならば、

多少高いが研ぎの時間の短縮によりかなり価値が

高いんじゃないでしょうか!

でも実際値段がお高いと本職は食いつかないんだよね・・・・。

年に十数回ほどしか使わないユーザーならお勧めかな。

パワーシャープは十分堪能したので、

このチェンソーの刃をスチールの角刃に戻したいと思います。

楽しみだ~。

ますますMS260 青トラショートバー角刃の出番が無くなって行く・・・。

インプレッション終了!

MS201TC・・・・。

悩んだら買っちゃえ!買っても損はしませんよ。

たぶん、今後は青トラのメインチェンソーになります。

いいね、最高。

追記終了2013/06/18





















チタンのマフも・・・チラリ。

そのほかのチェンソー

MS200とMS260も収まっています。

ここまで写真にちょろちょろとワカサギ釣りの道具が写り込んでいますね♪

ちょっと見たい???そうでもない??

コロコロも・・・。ドリルも・・・。


R0018908.jpg

これ!

R0018909.jpg

暖めて曲げました。どうやって?アップして欲しい人は拍手を!

何に使うのかって???

マスを釣り上げるのには必須です♪


R0018913.jpg

ソーチェンの向こう側・・・なんだ黄色い物体が!

これはワカサギ釣りの

これは便利!

発案者に感謝!!!

エージェントI 曰く、青トラが作ったモノの中で一番のヒット商品だそうで・・・。

青トラはまねをしただけです!

うーん、そのほかの青トラオリジナル釣り用品は不調なのかな~?

金属加工も・・・

プロジェクト終了したら、1週間ほど休みたいと思います。

秘密基地も整理整頓したいですね~。

今のプロジェクトをしっかり終わらして・・・。



ちゅう方向で!!

スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

角刃のすすめ・・・俺には行きたい場所がある。

ああ、もう・・・・。

明日は日曜日なのにエージェントAの運転手である。

しかも中途半端に2時半頃出発予定。

オイラには行かねばならない場所があるのに・・・。

また”お預け”であります、とほほ~・・・。

そうだ、新しい情報もあります。

我が社のプロジェクトで某トンネル入り口にて、

とある大工さんとお話をする機会を得ました。

この人がまたいい趣味をお持ちでその対象は・・・





”石”



であります。

か~かっかっか!

この人もかなり痛い人でした(いい意味で♪)!

彼は大工さん、


真面目に話すその内容は・・・・

”一年365日、150日は川に通い

   石を捜している・・・。

       今宵の獲物は

             武尊石・・・・。”

”日本○○○石の会の支部長さん??”

”数十年やっているがこれは!と思う石は

  未だに2~3個である。”




とりあえず青トラが持つ石に関する全知識を

以て対応(迎撃)しました。

最初はマイナーな趣味を持つ者だけが解る、

自慢話をした後の相手に響かぬ悲しさを噛みしめる

かと思いきや、青トラが応戦するモンですから

話が弾みます♪

終いにゃ、


”おめーよ~、

   ”石”

  やってみね~か?”


ちょっとしたオファーである・・・。



青トラはやんわり受けたと見せかけてかわしました!

ふう~、この人、話が好きだな~。


途中で青トラのここ最近の調査対象である

”沼田砥”


について語ると・・・

”俺持ってるぞ!!!”と

徐に棚から出してきました・・・。

見た瞬間っ!

”あ、沼田砥だ!!!”

青トラは早速、ここ最近知ったこの砥石の

情報の一部(産地)をこの大工さんに話す・・・。

”そうか~?俺は産地は岡谷の河原で取れたって

   聞いたぞ~。”

うんうん、この方も勘違いしている。

やはり、研究者の論文(リポート)だけでなく

現地に行って史跡で砥石のコッパを採掘し

詳細な写真、動画を踏まえてリポートすべきであります。



でもいい話を聞いたぞ!


本来(ここが重要)の沼田砥産地の確定(候補がたくさん)・・・。

実売されて多く流通していた沼田砥(偽装?)の産地史跡探訪。



おお、心が躍るぞ~♪


盛り上がってるのは青トラだけでしょうか?

多分皆さん、付いてきてらっしゃらない!?


このおっさん、

もとい、大工さんはある砥石を所持。

”鳴滝”であります。

さほどグレードの高い物では有りませんでしたが・・・

結構なお値段だったことでしょう。



寛政11年、西暦1799年、

”日本山海名産図会”にはこう記されています。

城州嵯峨辺鳴滝高尾に出す物、天下の上品、
  
  他に類鮮し・・・


絶賛されております。

しかーし、鳴滝と言っても広うござんす。

地下深くの熱・水その他モロモロの要因により

一里歩けば品変わる砥石の世界でございます。

何でもかんでもその産地ならば良いという物では

ございません。(例外もあり!)





最近はもっぱらこっちだよとダイヤモンド砥石を指さします・・・。

大工さんの技の衰退、人造砥石の台頭・・・。

確かに天然砥石は難しいんだよな~、

相性も激しいし・・・。


とにもかくにも、河原に行って石を集めるのは・・・

趣味じゃありません♪

(デモ、砥石は取りに行くんじゃナイの?)

早く、休みを取って行きたいな~♪アソコ!!!



そうだ、前回の会議でのエージェントAの発言!

”ブログってダラダラ書けばいいってモンじゃないんだよ、

 写真と一言コメント、それでいいんだよ!”

社員全員にお客様向けブログを強要するAでありました。

最近プロジェクトグループ単位の見える化+アカウンタビリティが

我が社の流行りでございます、その一環で・・・ね・・・。


もう、ダラダラブログでスミマセン♪









本題、行ってみる?








すなわち、(ふう、長かった・・・)







これぞ、角刃でござい!



スチールの

ソーチェン!!!!


ワーキングコーナーがまさに角!


分かるかな???


綺麗に撮れた・・・???


分かる方だけ分かればいい!!!


RSC

ラピッドスーパーコンフォート

つまり!!!

角刃であります!!!!!!!!



それにしても最後の写真は抜けがイイナ~!



この角刃は、MS260用であります。

突っ込み切り!!

角刃とマイクロチゼルの違い(切れ味とか)どうかな~?

まだ試してません・・・。

時間がないのよね!

この角刃のソーチェンを2本買いました。

一つは角刃+六角ヤスリで目立てしようと思いますが、

その前にねえ~、ノーマルの無目立てのソーチェンの

8寸角切断時間の計測をしたいと思います。

そうだ、MS260・・・当初は45CMのガイドバーを装着。


今回は~、

MS260+40cmバー+RSC

40cmのバーを購入!!!

37cmのバーとどちらかで悩みましたが・・・

37cm用のコマ数は40cm用のソーチェンを

切って繋いでコマ数を合わせる必要が有るので・・・

泣く泣く40cmにシフト!!!

でも・・・。

たった5cm、されど5cm


たった5cmだけど、取り回しが

全然違います!

これはビックリ!

やっぱり37cmにしときゃ良かった!!!


バーのサイズは・・・

このバーの仕様です。

今回は色々追加購入!

フィリングバーも・・・買っちゃった

フェリングレバーです。

グリっっとやったり、グイッとやったりする棒です。

詳しい使い方は後日アップしましょうか?

(なかなか、詳しく書いてあるサイトや取説が有りませんので

  アップ希望者は拍手、お願いします。)

これで掛かり木もOK!”?

そんなに使わない物まで・・・・

スチールの手斧 800g


手斧と安全クサビ(中)。

刃先は~?

だって、インストラクターの人が・・・

手斧でバチーンって、クサビを叩いてたから・・・。

ついてないジャン!

あ、最初は刃が付いてないんですね・・・。

そんなに尖らせる必要はありませんし・・・。

叩いちゃダメ、コジっちゃだめ・・・

なになに、斧を金槌で叩くな・・・。

コジルなよ・・・・。


無口でヤレよ・・・。

黒いブーツか白い長靴を推奨か・・・。


さすがドイツの商品、

 分かりやすいイラストだ!



安全クサビ 中 約23cm

今回は安全クサビ(中)を購入!

皆さん、クサビは2個ペアで使いましょうね。

ロゴは分かりやすい

このロゴマークのクサビの切れ味はなかなかダナ~。

ちょっと、大きいナ~。

(ちょっと、ふざけすぎ♪)







今回は角刃について考えてみましょう。



疑問点・問題点


1.なんで角刃は廃れたのだろうか?

2.角刃のメリットは?

3.なぜ、皆さん角刃に関して、伝聞なの?


以上、3点。



まずは青トラ、使ってみます。

それからグダグダ語ります。

間違いないのは角刃と六角ヤスリには、

新たな目立ての道が開けている事!



下の資材置き場の8寸角が切り刻まれていたら・・・

それは青トラの辻斬りでございます。

血痕ならぬオガクズがそこに散乱しているでしょう。



ちゅう方向で!





そうだ、最後に!

やい、スチールの営業!!!

自分ちのソーチェンぐらい諳んじろヨ!!!

”え、そんなの有るんですか?”って

カタログにも書いてあるだろ!

何が”新発売ですかね?”って、

ピコデュロと勘違いすんじゃねえよ!

と、対面販売を重視しているという

スチールの営業さんと小売店に毒を吐いてみました。







でも、クサビが1本1000円は安いね~。

チェン*2本、手斧、クサビ、フェリングレバ、

ガイドバで税込み3諭吉!

安いけど大出費!

もうしばらくはチェンソー関係購入禁止です!!!

2月とある土曜日の夜にこれを記す。




フィリングバー→フェリングレバーに修正!!


テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

謹賀新年!聴け!研げ!書け!今年も皆さん、よろしくね♪

元旦から道路除雪作業でございました。





気温-4°時速25km 体感温度は・・・。








大晦日の夜から降り出した雪は、

うっすらと我がホームグラウンドを、

覆ってしまいました。

早朝4時半から砂まきであります。

メンバーは青トラ含めて4名・・・。

青トラは一番楽な運転手を仰せつかっております。

マイナス4度の小雪散る暗闇を

時速25kmで青トラの乗るダンプは進みます。

通常道路の砂まきは時速10km~15kmで

行います。何故そんなに急いでいるかと言えば、

我が社の担当路線が非常に長いためです。

会社の規模は小規模ですが担当路線距離は

地域で5本の指に数えられるほど・・・。

遅くとも7時前までには主要道路の砂まきを

完了せねばなりません。

直営作業部隊を持たない我が社が

何故この長距離を?と

疑問に思わないでもありませんが、

そこは地域貢献の精神で、

(除雪やっても公共工事入札に有利って事は、

  一切ありません!除雪に参加しない業者もあり!)

堪え忍ぶだけです。



後ろに1.5立米の砂と75kgの塩化カルシウム。

これを撹拌して骨材スプレイヤー(砂まき機)に投入します。

荷台に乗り込むは同僚3名、

この寒い風の中、汗をかきながら、

傾いた荷台の後ろ、砂を踏んで

砂よせ、投入、吐出量調整・・・。

高速砂まきダンプは道路を疾走します。

温暖化の影響関係なく冬休みの2ー3日を

砂まきに供する我がグループ・・・。

我々の正月は・・・

地域貢献に消えます。

我が地域の交通事故0を祈り砂をまきます。

なるべくホコリにならないように、

極薄、必要最低限に砂まきしてるのって・・・

皆さん気づいてるかナー♪

滑ってガードレールとか車にゴッチンなんて、

寂しいですよね、車もへこむけど、

心もへこみます。

7時半終了し家路につきます。

おせちとお雑煮の餅無しを喰いつつ、

正月の朝を迎えました・・・。







話は戻って大晦日。

暇なので余ったソーチェンを目立てしてました。

ややフック ドライブリンクを擦りまくる!

ちなみにこのチェンはオレゴンの25AP。

マイクロチゼルであります。

ソーチェンのカッターが半分以下になると

どうしてもドライブリンクを擦りまくってしまう

青トラであります。

原因としましては、

1)垂直方向に力入れすぎ!

2)25APはヤスリを水平ではなく10°手元を

  下げるのですが、意識しすぎて下げすぎる!

3)最近目立てゲージやガイドを利用しないため

  悪戦苦闘している!

4)何度も言うようですが4ミリでなく

  3.8ミリの丸ヤスリが欲しい!

  (3.5ミリは売ってます♪)

これくらいの方がばた角なんかは食いつきがいい!

ちょっとフックがきつそうですが、

結構キレルンですよね・・・。

刃持ちもそんなに悪くないし・・・。

むしろジャクジャク食いつくし・・・。

雑木切ったらどうなんでしょう?

この25APは、新ダイワのエンジンペッカーさんに

装着します。

そうだ、皆さんに報告があります。

新ダイワのチェンソーは今までガソリンスタンドが

作ってくれた混合燃料(25:1)を使用していました。

今回、スチールの混合オイル(50:1専用)で

混合燃料を作り使用したところ・・・・

抜群の吹け上がり!!!

8寸角を切っても息継ぎ(もたつき)が

ありません♪

そりゃ押しつければもたつくでしょうけど、

押しつける必要がないので気持ちよーく

ガイドバーが吸い込まれていきます。

これでマフラーにカスがたまりづらいとの

話を聞いていますので、買って良かったと

思います。

ちょっと前までメーカー純正品には眉唾で

対応していた青トラも

スチールの消耗品を使うたびに

一部のメーカーさんの良い仕事ぶりに

ちょっと嬉しくなってしまいます。

まだまだ道半ばの青トラの目立て・・・。

実務的に困る事がないにしろ、出来れば

誰にも誇れるような目立てがしたい・・・今日この頃。




記録に残そう、我が歩み・・・







すなわち、







手帳の儀、これより始める

手帳交換の儀、

これより始めます。


ファイロファックス 1年後

えー、2009年はファイロファックスの

クロス、スリム(左側)を使用しました。

間違って買ったバイブルサイズ(右側)は

過去リフィルの保存用に使用です。

今年のリフィル

今年は能率手帳のこのリフィルをチョイス♪

今年もこれだね、このリフィル

このリフィルなら

ファイロファックスのスリムにピッタリで、

かつボールペンとの収まりも良いんですよ。

去年は間違って月別のインデックスが付いた

ちょっと大きいリフィルを購入し、

インデックスを切り飛ばした記憶があります。


収まりが良いね、パーカーソネット

ボールペンはパーカーのソネット♪




ボディがスターリングシルバーで、

ホールマーク(純銀の品質保証刻印)も入っています。

青トラは仕事でボールペンを多用しますが、

細い軸のボールペンがどうもいけません。

やる気が起きないし、イマジネーションが

沸きません!(全国の総務・事務の方スマソ)

少し太めでシッカリと重量のあるボールペン!

しかもファイロファックスのペンホルダーが

意外と細いんですよ。

ちょっとした万年筆は多分ささりません。

このペンホルダーギリギリでしっかりした重さ!

選択肢はソネットのシズレに決定でした。

細めのペンは苦手な青トラ・・・。

毎日使っているから・・・

銀器に共通して言える事ですけど、

銀は毎日使うとくすんだり

黒ずんだりしにくいですね。

シッカリ収納しておいた方が黒ずんでいる

場合が多いです。青トラはほぼ毎日、

このシズレを使っていますので

くすみ等は殆どありません。

でもこのシズレは、少しくすんでいた方が、

深みが出て良いような気もします。

その他は綺麗なモノ

ファイロファックスについては

多くを語りません・・・・、

デモ語っちゃいます。

経年変化?劣化?

安い方のラインですので多くを求めちゃ

いけないかも知れませんが、

そんなに所有する喜びはありませんね♪

もう一度買うかと問われれば・・・

”買いません!”

写真の背面のシワは気になりません。

その他は綺麗すぎるんですな。

革ですから表情がないと面白くありません。


サイズ的には最高のクロス・スリムです。

リングが小さく、左ページ筆記時に、

リングが気になりません。

真っ先に書き込んだのは、今年の目標!

12月31日に書き込みます。

ちなみに去年の元旦に書き込んだ目標は・・・、


75パーセント実施完了でした!

今年も頑張るぞ♪


去年の手帳を振り返ります。

手帳に書いておくと印象深い出来事が

はっきりと頭の中にイメージがわきます。



去年はキングオブポップ MJが亡くなりました。

MJ・・・、

スゴイ人だったな・・・。

MJのPVを見ていると、特にPV集の巻頭に

MJのツアーの様子や人気ぶり、卒倒するファンを

写した画像が流れます・・・。

それと共に流される疾風怒濤の民族歌曲!!

気になっていた方も多いと思います。




”君の名は・・・”(古っ)






すなわち、






オルフ カルミナ・ブラーナ

カール オルフ

 世俗的歌曲♪

   カルミナ・ブラーナ


なんですよ!!!





どーですか!!!


ありゃ、皆様、興味がございませんか?

名前がね、余りにも知られておりませんからね・・・。

そりゃ、楽曲聞けば

”ああ、この曲ね!よく聞くよ♪”

って言って貰えるんですけど・・・。


ちなみにPV集によく入っているのは、



第1曲目の

”O Fortuna おお、運命の女神よ♪”





まさに世俗カンタータ!

野味溢れる民衆のコーラス。

轟く歌声が大地を揺らす!


民衆の渇望、絶対的信仰!

この楽曲に描かれる圧倒的なパワー。

MJは自分のPVにそれを織り込んだのであります。



MJよ、

貴方のようなエンターティナーは・・・

もう・・・。




ちなみに興味のある人はアマゾンで

試聴出来ますので聞いてみて下さい♪

試聴は音質悪いけど・・・青トラが買うCDは

基本的に名盤中の名盤、若しくは

青トラの個人的な趣味に傾倒した楽曲であります。

まあ、感動して下さいな♪

聞いて損なし、買ってヘビロテ、顧客満足NO.1 !?






それにしてもマイナーな楽曲出してきたね。



”実は、もう1枚、あるのよ♪”




これ以上やると、このブログ離れが心配!!!





ちゅう方向で!!!!!

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

工事完成検査、合格!やったぜ、スチール MS200チェンソー!!

本日、PM2:00、青トラ担当の

プロジェクトの完成検査が実施されました。

気温は4度、

風が強く皆さん寒がっていましたね。

出来についてお褒めの言葉を頂き、

青トラ、久しぶりに嬉しかった一時でした。














今回のプロジェクトが考え得る最善最速の

工程進捗であったことに対して青トラは、

一緒に頑張ってくれた職人さんに感謝の念を

ココに表します・・・。




”工事終わったけど、

 今シーズンいっぱい、

 青トラ所蔵の業務用温蔵庫・・・

 貸してあげるからね♪

 >職人さん達へ・・・”







出来が良いって褒めまくりでしたよ、

あの検査官♪

うるさいので有名な人が・・・。



でも検査官、

1点、写真について言いました。

”青トラさん、○○の○○項目の写真が

ほとんど有りませんでしたが、

 どこかに入っているんですかね?”


青トラは、”いいえ、自主管理で写真はありません。

 前回工事でも検査官に確認しましたが、

 赤本(標準仕様書)に 明記されていない提出写真ですので、

 施工計画の写真管理項目にも 記載しておりません。

 将来的に確認が難しい、又は影響が考えられる

 箇所につきましては必要に応じ写真を提出しております。”

検査官”そうでしたか・・・

 しかしその写真から我々は深さによる

 施工方法の違いをちゃんと実施しているかの

 判断材料にしたいんです。

 市街地での作業ですから特に安全面について

 確認したいと思っています。

 明文化されていませんが状況写真として

 今後撮影してください。”




青トラ”はい、分かりました!

  仰せのままに。


そんなやり取りがございました。




ここから先、検査官を論破できる事は言うまでもないが、

そこは大人な青トラ・・・ちゃんと、はいと答えました。

つまりは、青トラは本プロジェクトについてストーリーを

持っています(持っているつもり??)。

正当な理由があり、法や決まり事、特に標準仕様書に

乗っ取って、且つ社会的な倫理観を持ってプロジェクトに

携わっています(そうゆうつもり???)

発注者と請負者、あくまで対等!

そう考えなければ良い仕事は出来ませんよ。

この検査員はうるさ型として有名な人です。

デモ、青トラはこの検査官を尊敬しております。

過去に受けた検査で指摘する彼の指示・指摘は

的確で的を得ています。

標準仕様書を熟読している青トラとの会話は、

なにか、こう、試されている感が有ります。

だから先方も解釈ギリギリの項目について

質問をぶつけてきます。

絵空事の質問を彼の口から聞いた事は有りません。

ちなみに去年の工事は、青トラの惨敗でした・・・。

評価点 70.2点・・・・とほほであります♪


今回は手応え有りですが・・・最近は評価が厳しく・・・。

さてさて、難点、もとい、何点頂けますかな?



というわけで、

検査合格!!!

一緒に検査を受けた協力業者の社長曰く・・・

”あそこまで言えれば大したモンだ!”

とあきれた様子・・・。

今回も青トラの稚拙さを露呈した

プロジェクトとなりました(ちょっとだけ反省)。





反省?






反省してるの?


本当ぅ~?





すなわち、





01スチールMS200 買っちゃった・・・

ドイツ

スチール

MS200 チェンソー

買っちゃター!!!



02スチールMS200 全景

買っちゃった・・・どうしよう。

03スチールMS200 マフラー側

だって、最安値だったんだもん。

見た事無い、値段だったんだもん。

05スチールMS200 腹の下

うわー、軽いな~!

MS260と比べちゃいけないけど・・・

これは疲れませんな。

MS260が排気量が50.2CC,

MS200が35.2CC。

ちょっと試運転しましたが反動トルクが

かなり違います。

MS200は本当に楽チンです。

そりゃパワーは260に敵いませんが、

どっちか選べと言われたら200を持って行きます。

ほうほう、両側面は樹脂製ですな!

これが軽量な理由です。

それにしても軽い!!!



06スチールMS200 MS260との比較

早速、MS200(左)、MS260(右)の

比較です。

意外と本体の大きさは変わりませんね・・・。

MS200の細めのグリップ(ちょっと楕円)、

握りやすいですね♪


07スチールMS200 比較 ボディ長さは差がない

ちなみにこの機種の位置づけは、

山林向け

超軽量プロフェッショナルチェンソー


でございます。

このカタログの売り言葉に・・・・

やられました・・・。


08スチールMS200 側面からも比較

写真ではあまり違いが出ないけれども

実物のガイドバーは・・・

MS200はかなり細く感じます。

ガイドバーの高さが低いって事です。

それにこのガイドバーが軽いのなんの・・・。

10スチールMS200 ローロマチックEライト 軽い!!

いまいちスプロケット付きガイドバーの

張り具合が分からない青トラです。

近いうちにチェンソー整備のあんちゃんに聞いてみよう。

12スチールMS200 スチールピコマイクロコンフォート3 PMC3

PMC3っってソーチェンです。

13スチールMS200 うわ、狭っ!

なんじゃこりゃ、このトッキ!

多分キックバック低減の為の(?)角なんだろうけど

目立てしにくくない??

15スチールMS200 50コマ!これは目立てが楽ですね。

なんか、カービングバーも欲しくなってきました。

”何するの?”

って、聞か~ないのっ♪

14スチールMS200 トランスルーセッドな燃料タンク

これは見やすい、燃料タンク!

混合オイルが青色っぽいから、

燃料の量は一目瞭然。

17スチールMS200 落とし掛けは禁止!!

便利だけど他人に説明しづらい起動方法。

それにしても始動性が良い。

18スチールMS200 エアクリーナー

コンプレッサーが欲しい・・今日この頃。

実家が大工ですからコンプレッサーは、

売るほど有ります。

16スチールMS200 側面アップ

このナットの締め付けトルクも知りたいモンです。

ココが要ですからね。

21スチールMS200 チェンスプロケットカバー

ココのカバーも樹脂です。

でも丈夫らしいですよ♪

外す時のコツは、ハンドガードを持って外すと

スムーズに外れますね。

23スチールMS200 取りました


うんうん。

24スチールMS200 空冷単気筒

空冷のフィンっていいよね。

25スチールMS200 RCヘリのクラッチを思い出す

コイツがチェンソー3代目であります。

そんなにチェンソー要らないんじゃないの?

って言われたい、今日この頃。

資材置き場のばた角をしばらく切り刻むかの?

26スチールMS200 本日はココまで。

早速先週の日曜日に慣らし運転実施。

MS260とMS200、同時に実施したところ・・・

近所迷惑、うるさい!!!

アイドリングでは1タンクでは、MS260が長く回っているな。

タンクがデカイからかな?

おお、MS200、結構切れるね。

でもまだ、慣らし運転終わらず・・・。

年内完了を目標にしましょう・・・。

さーて、寝るかな・・・。

時刻は4時30分回ったところ・・・。

寝べ・・・。



ちゅう方向で。



追記)

冒頭で紹介したプロジェクト!

どうなる事かと思いましたが・・・、

工事評価 80.5点を頂きました!!!

わーーーい!

青トラの勝利(?)です!!!

N市下水道課の発注物件では、

最近の工事での最高得点では!?
(復旧舗装工事は除く。)


ありがとう、みんな!

ありがとう、職人さん!

ありがとう、ホント、ありがとう・・・。


みんなが居て、青トラが居られます♪

この得点は下請けの職人さん達が採ってくれたモノです。

この世の全ての素晴らしい職人さん達に感謝!

バカントク(バカ現場監督)青トラ、

明日から頑張ります、頑張れそうな気がする・・・♪

それでは皆さん、

そうゆう方向でお願いします!!!

ちゅう方向で!!!!!

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

それだよ、君!私が求めているモノは♪土器と読書と目立ての話!!!

とても冷たい冬の雨の中、

皆様はどのようにお過ごしでしょうか?





青トラは、久しぶりにGOOD教科書を手に入れ、

ぬくぬくとストーブの前で読書です。





新しいチェンソーの目立て(ソーチェンの刃を研ぐ事)用に

ヤスリを買いました。

古いチェンソーは新ダイワというメーカーの

ペッカー360と言う機種で、ソーチェンはオレゴンの

25APを使用しています。

25APはカッターが小さくヤスリは丸い4mmのモノを

使います。

ペッカー360自体とても軽く、取り回しがいい35cmの

ガイドバーが装着されているため使い勝手が良く、

長年、青トラのおもちゃとして活躍しております。

初めて自分で目立てをしたのは、台風の夜。

我がグループに緊急招集が掛かり、

夜間作業となった時の事です。

某水力発電所の放水路に増水した河川の水が逆流、

運悪く内部で改修工事があり、

急遽水門を閉め切る事になりました。

渦巻く水路、その先に続く暗いトンネル・・・。

反対側はタービンに続く放水路!

風と雨、闇夜にそびえ立つ大型ラフタークレーン。

現場を照らし出すサーチライトが、

轟くあらゆるエンジン音をかき散らす!!

その場で挽かれる仕切の角材、

八寸角の木材は丸のこで切断されるはずでしたが、

雨の為肝心の丸のこで作業員が感電してしまいます。

そこに登場したのが、青トラのチェンソーです。

それまではソーチェンを交換しながら

目立てを販売店にお任せしていました。

その日に限って・・・

その前の作業で刃が鈍っていたのでしょう。

目立てされていないソーチェンが2本。


作業初っぱなから切り口が曲がってしまい、

力を入れないと切れない始末・・・。

慌てて一緒に格納されていた前任者の残した

丸ヤスリを手に取り、

”現状の刃の角度を保って研げば・・・”

初めて本格的に目立てを試すも

ほんの少し切れ味が改善するだけ・・・。

1本の木材を切るのに1分もかかる始末・・・。

どう見ても機械が悲鳴をあげています。

チェンソーを使った事があっても、

整備した事のない烏合の衆・・・。

惨めでした。

その後の数十本については人力切断となりました。







上下のグループに分かれて作業した我々・・・。


身を危険にさらし、アクロバチックな作業をする下のグループ。

一方、地味にゴムボーイという、のこぎりで

手作業による切断を余儀なくされた上グループ。

ゴムボーイ


本来足場が良く安全なため、お年を召した方々と一緒に作業した

上チームの青トラ・・・。

無線で飛び交う寸法のオーダー!

次の日、腕がパンパンになった事は言うまでもない。

下チームから、ちょっと切ってクレーンの玉掛けを

しただけデショ的な扱いを受け・・・。


作業終了はAM4時30分。

身を以て目立ての大切さを、

道具の大切さを、

自分の無知を、

思い知らされた一夜でした。

あれから何年経ったのだろうか?




最近、青トラは目立てゲージからの

脱却を考えております。






すなわち




4.8mmのヤスリ!


4.8mmの目立てヤスリ


なんだな~♪


最近、目立てをしていて考えた事。

”目立てゲージって、

 便利だけど目立てが上達しないし、

 目立てゲージ無しで、

 フリーハンドで目立てをするべきなんじゃ!?”

という事です。

オマケのヤスリゲージ

ちなみに、色々なタイプの目立て補助器具が有りますが、

青トラが使っていたのは、チェンの上にセットし、

シリコン製のガイドローラーの上を ヤスリを転がして

所定の上刃切削角を得るタイプ。


上刃切削角が固定される事により、

上刃目立て角と横刃目立て角に

集中して目立て出来るというモノ。

デモ前から疑問に思っていたんです。

”カッターがちっちゃくなったら、バックスロープ気味に

 なっちゃう・・・。3.8mmのヤスリが有ればな~♪

それに、目立てゲージが邪魔して、自分がドコをどのように

目立てしているのが確認しづらいんだよな~♪”

もしかして、目立てゲージって万能じゃ無いんじゃ・・・。

プロが使わない理由がそこにあるんじゃ・・・。



もう、居ても立ってもいられません。

それからの青トラは文献をあさります♪

なかなか答えにたどり着けない、

本を買う、

期待通りの答えが有りません。


そこに一筋の光が・・・・!



良い本だ、大切にしたい教科書

これこれ!

特に真ん中の、

伐木造材の

 チェンソーワーク


これは素晴らしい!

多分一生捨てる事のない本であります!




色々買いました~。

入門~、パーフェク○~、チェンソー屋さんの様ですよ・・・。

しかしどの本もその先が、知りたいその先が・・・無い!!

基本がしっかりしている本ばかりです・・・、

チェンソーのムック本は!

(良い事なんですけどね♪)




でも実際の実務のお困り事の対処法、

そこが知りたいんです!

だって横に山師がいつもいる訳じゃないんだから・・・

”教えて君”なんかになりたくもないし・・・

かゆいところに手が届く・・・、




これがその本です!(青トラ的に)



いいね、最高。







バックスロープ、フック形状になってしまった

ソーチェンの目立て方法・・・。

入門書には出てませんけど、

しっかりしたチェンソー本なら・・・

うんうん、ちゃんと

解説されていますね・・・。



青トラが知りたいのは、

例えば現場で石や釘を

チェンソーで挽いた時!!

特に派手にやってしまった時、

いかに速く、いかに切れ味を戻すか!!!

チェンソーを置いた時に真上から見たカッターが、

なで肩カッター(言い得て妙)になった時の対応!!!


”右と左のチェンのカッターの長さを揃えて対称に・・・”

そんな事は解っています。

時間を掛ければ出来るのは知ってますよ。

でも、切ってナンボのチェンソーでっせ(何故か関西!?)。

目立てに20~30分も掛けてたら・・・。




この本には書いてあります!!!!

多分、3年前の青トラなら理解不能だったこの記述・・・。

本当に良い教科書だ・・・♪


記載されている具体的例のごく一部を紹介します。




青トラ的抜粋(乱文スマソ)2つの方法♪



極端なフック、石を挽いた時の時間短縮的

      修繕方法!!!!






1)ワンサイズ大きい丸ヤスリを使い、
  
  上刃目立て角を直線に調える。

  極端なフックにも有効。

2)デプス用の平ヤスリを利用し、

  平ヤスリの短辺、ヤスリ加工されていない

  面をガイドバー側に、

  上刃目立て角(MS260RMCチェンなら30°)に

  角度を合わせ、

  且つ長辺方向の傾きで横刃切削角(MS260は85°)・

  上刃切削角度(60°青トラはコチラを重視)を決め

  擦るべし!!!

  出るであろう横刃の傷とバックスロープはいつもの

  丸ヤスリで目立て・修正すればOK!!!


苦言を呈するようですが、

上刃切削角度はなんとか理解出来るのですが、

横刃切削角度の80~90°の傾きって、

接線に例えられますがいまいちピンと来ません。

プロの方はどうなのか・・・。

見てみたい・・・。

形と切れ味、長持ち感で探るしか無いんでしょうか?


追記!!!

2)の方法試しました!!

速い!これなら、ちょっと待っててねっと、

休憩時間内にお茶を頂く時間も有りで

目立てすることが出来ます♪

平ヤスリの一部の場所を使い続けるので、

平ヤスリの消耗が心配ですが、

逆研ぎしないように修正します。

まずは不用意に石や釘を挽かないように

しなくちゃいけませんね♪






青トラが切る枕木は、古釘の折れたのや割れ止め輪釘、

食い込んだ割石・・・。

伐採を依頼されるのはフェンスを巻き込んだ庭木・・・。

とほほ、こんなのが相手ですから・・・。

軟鉄に強いカッター募集中♪




これらはこの本のごく一部♪

他にも青トラには理解出来ないような(経験不足による)

素晴らしい内容・・・。

実践を踏まえた教科書です。

内容の中心は、実戦(山林での伐木)に必要な、

安全・手順・知識・経験による現場の実情等・・・。

もしこの様な構成で建設土木の本があったら・・・

青トラは自腹でその本を購入し、親しい職人さんに、

”読んでくれ!土木の新しい扉が開けるぞ!!”

と強引にもプレゼントします!

これは近年希に見る名書です♪

青トラ強く推奨の


”伐木造材のチェーンソーワーク”

お試しアレ♪



それにしても、なんでガイド付きの

目立てヤスリを買ったの???

このハンドルが欲しかった!だけ?

へへへ、

このハンドルが欲しかったの♪


え、ガイド???

そんなの要りません♪

でもこのガイド、良くできてるな~。

デモでも、

これからはフリーハンドで、

理にかなったフォームで、

自在に実戦向きの目立てを覚えます。

時々目立てゲージを使って確認、

体に覚え込ますぞ、あのカッターの形!!!


これぞと思われる理想のカッターの写真をゲット!!

それ目指して頑張るぞ!!!

これで行くと思います。


今週の日曜日には、

MS260の慣らし運転を完了させたいもんです。

MS260 フライホイル側!

フライホイール・・・

綺麗なモンです。

フライホイール接写!

スタータロープローター周り接写!

切れないスターターロープって・・・

なかなか開発されませんね・・・。

逆に切れやすいように作られているんじゃ無いかと

推測されます♪




そうそう、

調子に乗って他人のチェンソーも目立てしました。

目立て依頼品!

やけにカッターのコマ数が多いような・・・。

ハンディタイプでカービングバー!

一応カッターは25APぽいですね。






追記)これは25Fと呼ばれる竹切りソーチェン

   かも知れませんね・・・

   竹切りは、竹以外では良く切れないとの

   記事を読んだ事がありますが、一般ユーザーであれば

   十分、良く切れると思います。

   目立て後の試し切りの感想は・・・

   ”トップハンドル小型機も有りだな~♪”




目立て前に、
   
ばた角(125*125角)を試し切りしましたが、

自重で刃が食い込んでいきません!!

なんか細かい25AP

ちなみにコイツも石を挽いたらしく

5、6コマが、なで肩になっていました。

それでも目立てミーハー青トラがナデナデすると・・・

写真はないですけど、

チャッパチャッパ切れます♪

自重で、すう~っと落ちていきます。

フックになってないか、良く確認して

依頼者に返します。

ちなみに、自分が目立てしたカッターは、

アップしませんよ♪

まだまだだって、分かっていますし・・・

恥ずかしいんで・・・すよ♪





そうそう、

青トラが目立てをする時、台にしているのが

軽トラのあおりの上です。

この上に足場板を乗せてその上にバークランプを差して、

目立てをします。

あおりのコーナーに、はす(斜め)に足場板を

乗せ、上刃目立て角度にあおりの一方の

通り(ヤスリの角度の定規代わり)を合わせて、

チェンソーをセットします。

これが案外、調子良いんです。

あおりには滑り止めのゴム。

バークランプの尖った部分が足場板を

突き抜けて丁度、あおりのゴムに引っかかれば

グラグラナッシングです♪

右側、左側、足場板ごとぐるり180°回転させれば、

ほぼ同じフォームで作業可能。

車に体重を掛けても動かないし、

下側に足が入るスペースもある。

青トラは身長178cmでこの高さが

丁度良いんです。腰も痛くなりません。

エンジンペッカー君 白トラで目立て

いやはや、

目立ての入り口でココまで楽しめる

チェンソー・・・。

ラジコンエンジンヘリコプターに

似てますナー♪

こんなお話しを聞いた事があります。



RCエンジンヘリは究極のホビーだと・・・

RC飛行機はお茶漬け、

RCエンジンヘリはステーキ!





ならば俺は、

出来うる限り毎日、ステーキが食いたい!



(お茶漬けも美味しいけどね・・・。)



ちなみに下の2行は青トラの言葉・・・♪












おっほん、


最後にお茶漬け的な話を・・・



嗚呼、歴史の臭いがする!!

この写真、






タダの畑ですよね・・・。







実は・・・・。














ドッキドキ、土器!

昔の土器がザックザック出てくる、

歴史ファン待望の畑なのだ!!

わーーい♪

ちょっと歩けば潮干狩りのアサリのように

土器がワッサワッサと出てくる出てくる♪

え?

何遊んでるの!!!って?

仕事ですよ、仕事♪

遺跡調査の為の機械掘削です。

青トラはそこにちょっとご挨拶しに来ただけ♪

1500年前の土器だそうです。

古墳時代のモノですね。

縄文・弥生時代の後です。

外側の縄目だけでなく内側にも

槌目が入っています。

高台らしき山が・・・・たまりませんな♪

文化財保護の担当者に昔集めた黒曜石の事を

話したら、長野方面から渡ってきたモノでしょう、

との答えが・・・。

嗚呼、歴史浪漫!

ココにでっかい鉄塔が立つとは・・・

古墳時代の方々も想像しなかったのでは。

最近3回ほど遺跡調査の仕事をしている、

青トラでした・・・。

次の調査にはちゃんと立ち会って、

土器をちゃんと回収せねば・・・。



15年近く、土と戯れて生きてきたけど・・・

徳川家の隠し財宝は見た事ございません。

最大で4万立米の土砂を動かしたのにね・・・。

多分、隠して無いと思います、徳川家・・・。










ちゅう方向で。

テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。