いいね、最高。

ちょっと自慢したい、いいモノ、いい話、いい景色・・・。 そんなのをときどきアップします。 ときどき?そっ、ときどき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺に設計数量書と図面を見せろ!!迎合野郎は見ないでよ♪

土木的見知より以下を記す!




かつて猫の額ほどの畑の汚染土を運搬処理する

という現場を見たことがある!

いろいろ問題のある土地で官庁地主共に隠密行動で

処理しようとしていたため情報を盗るのに苦労したが、

そこは青トラ、興味津々で情報を集めたことがある・・・。

私の知識が確かならば土地の販売主は、当該土地の

瑕疵について(土の中のゴミや汚染)については

責任を持たなくてはならない。知っていようが知っていまいと

その責任は逃れることができない!だよね~!?

つまりは購入者がゴミを見つけたら販売主にその除去・

処理を請求でき、販売主はそれを実行せねばならない。





ここまで書けばここ最近のいろいろな事象の事を青トラが

語るのだろうとお気づきだろう・・・。





ただ、全く語られない汚染土の処理費の整合性と、

買い主の陳情お上手おじさんが汚染土を処理するかは別問題、

だと感じている青トラがおります。



まず汚染土の処分費についてだが何故マスコミは図面と概算数量を

持っているのにそこらの建設会社に見積もりさせないのか?

8億程度ならそこらの建設会社にでも見積もれるだろうに・・・。

あっ、話がそれた!

ちなみに最初に書いた猫の額の畑の土、入れ替えるのに

目玉が飛び出る1000万越え~。

その汚染土は関東では処理(ちょっとよろしくない薬品混じり)が

できないためどこだっけか南の大阪の先まで運ぶ積算がなされていました。

そんな馬鹿な!と思うでしょ。

コンプライアンスに従えばそういうことになるのがお役所の積算。

学校の校庭、校舎下、しかも瑕疵を除くとなれば8億?

本当に施工するなら(正当な処理)そういう金額はあり得ると言うのが

青トラの今までの経験によるアリエ~ル想定内金額であります。

ただ役所の積算と我々業者が知恵と経験とコネクションをフルに

活用した実行予算は違います・・・。それはどの企業でも同じでしょう。

土地にゴミや汚染土があると言うことはそれほどリスキーだと言うこと!!

ちなみにその猫の額の土地の価値は、50-100万程度ですよ(超高く見積もって)。

まんまと瑕疵担保責任を免除された土地をただ同然に仕入れた陳情上手おじさん。

でもその土地に安く仕入れただけの価値はあるのか?!

これからあの土地をおじさんが売るとしよう・・・。

買うのは誰だ?

国か?

まっとうな不動産屋は手を出さない!

土地に価値があってもゴミや汚染土を処理しないと売れない土地だからだ!

ゴミが出た時点で普通は手を出さない土地をおじさんは閃いちゃったのか・・・・

その時彼は自分の構想に酔いしれたことだろう。

でも、そこら中を利用しすぎたかな~。

ちなみに瑕疵があるのを知っていてそれを利用する手法は

ボウリョウダンのそれだ!

何かあった時用の裏工作までくさいくさい。

これ以上はゲスイので書かない方がいいですかね。





ともかく、陳情お上手おじさんはこれよりつるし上げられ

サヨナラとなる・・・。

貴方の会社の社長が彼の30%の政治力(陳情力)があれば

古き佳き??どこにでも居たやり手社長だと思う。

知り合いの社長の工場にたまたま行ったときに、

某サンイン予算委員長自ら工場に挨拶に来て

一緒に写真を撮っていたことがある。

知り合いの社長は2%ぐらいだろうか・・・。



車での移動が多いこの頃、NHK AMで国会中継が聞ける・・・。

公平に聞くも質問する側が1つ良い質問をするとそれに酔う輩が多い!!

そうなると堂々巡り・・・。

官僚の答弁は法に則っているとの一点張りでお馬鹿な全国民用と

不勉強な議員を納得させられる話術やイージーワードを持たない・・・。

でもなんか聞いちゃう国会中継(予算委員会含む)。

田舎はNHKがよく入るのです。


いろいろ書きましたが、

積算させて見なさい♪

積算コンペ(暇人参加型)を開けば良い♪

そしてその処理方法が適切かもチェックしなさい♪


代わりの土砂や運搬費はたかが知れてる。

汚染土の処理費が問題なの♪

ただの安定したゴミの混じりなら時間と金が掛かるけど簡単。

薬品の流失、現地のでの安定化処理なら恐ろしい金額!

でも何をやっても騒いでも皆さんのあの国有地だった土地は、

あなた方が何を言っても価値のめっちゃ低い土地だと私は思います。


ちゅう方向で!!!

久しぶりの更新が、引かれる内容なのは

        このブログの集約・・・。














自分の親や親戚・仕事先が陳情に関わったことの無い人は、
あなた方が言う清廉潔白な人なのだろう・・・、
私にそれはない・・・・。







スポンサーサイト

会社で話したお話の全草案・・・はしょらないバージョン♪

我が社では

会議の時間になぜか?なぜか~社員が順番でフリートークします。

個人スピーチ・・・と会社では銘打っていますが、

実はズタボロのお時間で世に言う無駄な会議の真骨頂~的な

イベントで月に1度、会議の最後に2名づつスピーチする機会があります。

年に1度・・・または新人さんがグッと来るスピーチをしてくれる場合もあるので

真面目に聞いていますが、そこは全員出席の会議・・・無難で当たり障りもなく

家族系でほのぼの収まり(?!)のいい話ばっかりでまったりした時間が流れます。

だいたい1年チョイで自分の順番が来ますので先月末の会議では青トラが

スピーチしました・・・。

皆さんご想像が着くと思いますが青トラは、かな~り人徳がなく、日頃から

空気が読めずに皆を引かせている傾向があります・・・が、最近では

ちょっと揉んでやろうかな・・・荒らしてみようかな・・・なんて平気で思いつつ

それを面白がる性格になっております。

揉むときは(この表現正しいかな~?)、まずターゲットを決めます。

しかし青トラは感極まるとよからぬ方向に(社会人的に自分の首を絞める)

暴発してしまうことがあり数週間前の打ち合わせでも・・・・。

アレはまずかった・・・。

そんなこんなで、会議のスピーチでは経営陣もいますのでモミモミするにも

配慮が必要です。

しかし、スピーチすることは、会議開始前の10分ほど前に確認したので、

(実は自分の順番ではないと思いこんでいた)必死で色々な話を繋げて

でも手短にしかもモミモミしたい~。

経営陣にもアピールしなければなりません。

それでは考えた草案全文を・・・・





すなわち



『皆さん、こんばんわ~。

自分はよく買い物をしますが自分でモノを買うとき、

安いものを探してインターネットなんかで最安値を探したりします。

通販大手のアマゾンなんかも便利で送料無料、

自宅まで重いものを届けてくれるので最安値に近ければ

アマゾンを利用します。

でも、物を売る立場に立ってみると少しでも高く売りたいのが心情です。

ところが、他社より高い価格ではお客さんに選んでいただけません。


そこで他社よりも安くするために協力会社さんや材料屋さん、段取り、工法を

検討して実行予算を組み立て1円でも安く見積を提出します。

でも考えてみてください。

日本一のホームビルダーも、地域ナンバーワンの工務店も同じ事をしています。

大きい会社は良いですよね、どんどん売れる、大量の資材を扱うので安く材料が

買えて、広告を出し更に知名度が上がりまた住宅が売れます。

でも地域の中小企業はどうでしょう?

積算係が安く見積もりを出します。そこには犠牲が伴います。根拠のない値引き。

下請けの人材不足(これは職人離れの影響)による人件費の高騰。

実際受注できても利益が少なく会社に利益が残らない状況です。

厳しい予算内で、努力して終わらせた工事が儲からない・・・。

協力業者に無理を言ったのに大手に敵わず、受注が伸びない・・・。

同じ金額を受注しても利益が少なければ会社の規模は縮小します。

頑張れば頑張るほど会社がちっちゃく、苦しくなる安売り合戦。

無学の私には解りません、なぜ頭のいい人たちは

このスパイラルから出られないのでしょうか?

少し景気が上向いた周りの空気を”いやいやまだまだだ!!”と言って

弱気な見積を提出して自己満足しているのは

大学出の自称クレバーボンクラ営業たち・・・。

安売り合戦で我が社の未来はあるのでしょうか???



メーカー希望小売価格って何でしょう?

よく解りませんが作った人たちがこの値段で売れたらみんな幸せなのに・・・

って価格設定なんだと思います。

いわゆる定価ですよね~。

どうやったら定価や、それに近い値段でお客さんに買って貰えるんでしょうか?


そこで私は2つ考えてみました。

もしかして間違っているかも知れませんケド、個人的な意見ですので

ご了承ください。


まず初めは”サザエさんの三河屋さん”です。

ちわ~、三河屋で~す。磯野家の勝手口を

ガシャリと開けて醤油や酒、みりんに塩を

届けてくれるのが三河屋さんの兄ちゃんです。

これは想像ですが、たぶん三河屋さんは定価販売です。

これが御用聞きと呼ばれるスタイルで

しかも1社独占状態です。

目指すべきスタイルではありませんか?

お客さんの望むサービスを提供して定価を頂く。

サザエさんは三河屋さんを切りませんし、合見積も取っていません。

普段、卵が数円安いと違うスーパーに足を伸ばすサザエさんがですよ♪

ちなみに三河屋さんのモデルになった”実店舗の三河屋さん”は

現在コンビニエンスストアになっています。

その昔コンビニエンスストアが増え始める前、しばらく定価販売されていたのを

覚えていますか?でも皆こぞってコンビニに、たむろしましたよね。

三河屋さんはお酒の販売許可を持っていたので24時間お酒を扱えるコンビニとして

栄えたことでしょう。当時お酒販売の許可はなかなか取れませんでしたからね。


2つ目は万年筆を売るお店(会議では実名を出しました)です。

万年筆は今や使っている人が少ない少数派の筆記具ですが、

ここにも安売りのお店があります。

古い言い方で申し訳ありませんが舶来品の万年筆が45パーセント引き!!!

なんて言うのも珍しくなく、私も最初は安売りのお店で購入しました。

万年筆について説明すると今のボールペンとは異なりペン先という部品があって

そのペン先にインクを染みこませて紙に字を書くのですが、

ペン先は固い金属が先に付いておりその固い金属が滑らかに当たると

えもいわれぬ書き心地・・・力を全く入れずに筆のように字が書ける筆記具です。

しかしそこは大量生産品、しかも人により持つ角度や力が違うため、

ガリガリ、ザラザラ、ジャジャyジャ、・・・・

私もそうでしたが、新品の万年筆、しかも高額な買い物です。

今考えればクレーマーな顧客でした。ところが激安のお店は快くメーカーに

送ってくださり何度も調整していただきました。今でも感謝しております。

そんな中、ある方に万年筆を調整して頂いたところスルスル、ヌラヌラ、

気持ちいい~書き味にしていただきました。

それからはその方のお店で万年筆を購入します。他で買ったモノも

調整だけして頂きました。

そのお店は定価です。

定価ですがそのお店で販売している万年筆はすべて調整されています。

そのお店でしか得られない書き味の万年筆があります。

それは誰でも出来る技術ではありません。

店主の人柄もあります。

それにもまして技術で人の信頼を得たと思っています。



自分で売りたい価格にするには色々なアプローチがあると思います。


安くする引き算の営業は、誰でも出来る!

(かけずり回って自らの身を切る営業見たことない、オイラの周り限定)

価値を付加する足し算の営業を目指したいです。


まあ、理想だらけのお話ですが今話した三分の一程度、

実行できるように頑張りたいと思います。』








以上が全草案です。

20分で考えた割りには良くできた~♪(ションベンチビリそうでしたが)

太字のところだけ噛みながらスピーチ。

斜体のところはいろんな意味で危ないので削除。




どこがモム(モミモミ)内容なのよ!!!

皆さんそう思うでしょ♪

我が社には面白い人がいて人が理想論やきれい事を言うと

ガキ並みに人目をはばからずガヤを飛ばす初老の上司がいるのです。

彼の言動や普段の行いが青トラ的にもう我慢ならなく、

しかしここ最近の青トラの成績を知っているはずですから

どんな顔をするか・・・・というスピーチだったのです!!!




スピーチの最中の初老害のご尊顔を拝謁するに・・・・・

”く~~っ、モゴモゴ言ってる~♪

ゾクゾクぞく~ッ♪”

あー、楽しかった!!!


エージェント J(常務とも言う)!

今夜のターゲットは、アンタだ!!!!!!!!!

ちゅう方向で!!



会議のあとで聞いたのですがエージェントJは会議中の不規則発言

経営陣から注意されて、その為、モゴモゴだったのだそうです。

これだからKYって止められないのよ~♪(会社員、不適合)



このネタを会社で話すときは社員に引かれないように注意してご利用ください。
私はがっつり引かせました~。
青トラのブログからの引用だと皆に伝えて~。
オリジナルのネタです。三河屋さんだけはウキで調べました。
最後に、気分を害した方がいらっしゃいましたらごめんなさい。



テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

久しぶりに更新してみる・・・お久しぶりです、エブリワン♪

懐かしい、

実に懐かしい。

久しぶりにブログに記事を載せてみるのであります。

我々、建設業を取り巻く環境は、私の周りだけで語るならば、

20歳で就職してから15年以上、先の見えない不安と

特に自分自身が抱える理想との乖離にヒシヒシと心を蝕まれ投げやりになりそうでした。

24まで最低の社会人、心を入れ替えた25、新天地で持てはやされたが

実力のない30、

褒められたことのない人間が褒められ本懐を見失った数年。

今のスタイル、現場御用聞き営業を始めた32、

方向は合っていたががむしゃらだった36、

ここらヘンから何かが変わった・・・。

先が読めるようになった、顧客の気持ちが伝わってきた、

うそでも感謝の気持ちを伝えた。

ビジネス○○かもしれない、でもちゃんと心に想いそれから話した。

不思議と仕事が付いてきた・・・

不遇だったが(給料面)頑張れた。

自分だけだが理想のビジネスモデルが持てた。

時に仲間に背を向けた。

結局は自分の心の持ちようだったのだが・・・

よく陥りがちな他者への不満。

誰も付いてこなかったけど、部長だけは肩をたたいで、

一言かけてくれた。

たった一言だけど、最強の、どんなことでも乗り切れるその言葉。

奔放に仕事をする私を会社から守ってくれた部長は退職された。

私の最初で最後の上司。

部長が退職したその年、37束の出来高を・・・・

その次の年に140束、

今期130束だった。

アベノミクスに支えられ民間だけでこの数字をたたき出した。

30人程度の会社の規模で、

営業、提案、設計、見積もり、施工管理、原価管理を一人で行う

わがビジネスモデル!

会社の中のひとつのベンチャー、会社に利益を提供。

そんな一人遊びを楽しんでいたここ数年であります。

釘一本まで拾う実行予算、高まる精度、ブレも全く怖くない。

赤字したら自分で請け負う覚悟もあった、

そうならない自信もあった。

特殊なケースで知識不足から手戻りした時も顧客対応を優先し

すべて壊し最善策で作り直す事も出来た。

修繕に2束掛かったけど♪

下請けさんみんなビビってたなぁ~、プププっ¥¥¥

もう41になった。

会社が少し評価してくれました。

いろいろ言いたいことがあるけれど

評価を受けました。

入社して初の出来事だし、

80年以上続く会社の歴史でも初めてと思われる

この評価。

とりあえずは運にも恵まれ、景気に支えられ、人脈に恵まれ、

奇跡が起きてしまいました♪

サラリーマンとしてこれ以上は望めないかも知れません。

ミーハー冥利に尽きます!

詳しく書けませんが♪



さて

人生半分、折り返したところ。





一言言わせて!!!

マイナス金利どうにかならないの?



ちゅう方向で!



よーし、また読者をがっちり引かせたな♪

今週の言の葉をよく読むと解るかも!(1週間で消しちゃうからね)




追記

1.2

どうだ!!!










ビッグプロジェクト!本日、決着!!!!!

皆さんこんばんは。

あまりの嬉しさにたいした内容じゃないけど更新します。

ただ今お世話になっている仕事、





初めての経験、ビックブロジャクト2015
 お正月から桜咲く頃まで・・・






決着です!!!!!!!!!!








うひ~♪

3日間、徹夜して、その結果、



満額回答です!!!!(春闘みたいだね♪)



これで、まだ施工中ではありますが、

工事価格が決まり、実行予算が確定!

大規模改装工事のため、10束/月で変更・追加の嵐!!

比較的大きい工事のため値段交渉も楽!


そして本日午後、無事決着!!!


本日、2本目のゼロコーラを空けています(1.5リットルね)。

いや~、始めてつくしでハラハラドキドキだったし、

気を張りすぎたか、生まれて初めて年に2回も風邪引いた~!!

初めての業者さんに、異業種の業者さん、特殊な業者さん。

普段、会わないからこその本音トークも聞き出せた(と思う)。

業者さんとの打ち合わせをこれほどまでに重視した工事はない。

おかげでつーかーの仲、厳しいクオリティ管理が楽できた。

失った物もあるやも知れないけど、青トラが道を間違えなければ

新たな出会いが有ると思うし、下を向いて歩くのは絨毯屋さんに任せて(♪)

全方向を見据えてテコてこ歩みたいと思います。





いいね、最高。





ちゅう方向で!!!


2015 3月末日

青トラ 自己による最高額受注工事 決着した夜にこれを記す。

とりあえず3ヶ月で2年分働いた・・・どこか遠くにいきたい・・・知らない町を・・・

かつてない光、ここに届く・・・土木の神に感謝す。

久しぶりの更新ですね~。

改めて自己紹介を・・・。

小さなブログからミーハーマニアック青トラがお届けする

短絡的愚痴系ブログ ”いいね、最高。”

主催の青トラです。




ここ最近、FB等の更新が頻繁になり本家、本音ブログが

全く更新されなかったことをここにお詫び申し上げます。

かなり無駄で世の中の誰もがやらないような愚行を続け

本来ブログネタにすれば良い話題もめんどくさがってやらない現状です。

フェイスブックも匿名性がないので表っ面のいい話しか出来ないし、

こちらのブログも青トラ関係者がチェックしているので

余りに特異な研究等はアップできないのが現状です。

でもチョッと深い所に話を持っていくと話しについて行けなくなるのか

反応が薄くなるのはこの手のブログの良いところですね。

何のことだか分からないほどの内容だと良いんですけど

それだとほれ、人心が離れるというかなんちゅうか・・・。

そんなこんなで色々やっています。

ここ最近では大きい仕事を頂き初めてだらけの工事経験をしています。





たまには仕事について語りますかな。

青トラは建設業でも土木な現場監督です。

会社は社員20人チョイのちっちゃい会社。

最近では建築の方がメインで土木の人数は私を含めて4名(最近1人入社)。

公共工事よりも民間工事が得意というかお客様とのやりとりに

喜びを感じている(結構真面目に言ってますよ)青トラは、

ほとんどの工事を自分で見積もりから設計、施工、原価管理、アフターまでを

行って時々会社が取ってくる公共工事をこなす・・・てスタイルの現場ば監督です。

一時は何を考えたのか、会社から営業部にされて、そんなの無視して工事をしながら

前と変わらす御用聞き営業を繰り返しているとまた自然と工事部に戻されるという

不思議な立場の職員です。

これをやられると、現場での指揮に関わるので今後はこんな人事について

ハッキリ言ってやろうと思いますが仕事をこなしてなんぼの発言力ですので

日々言えるだけのバックボーンを育てていきたいと思う今日この頃です。

前年度は青トラの民間工事出来高がかなり良く(大雪の影響もあり)、

夏はかなり忙しく充実していました。

それでも社内は全体的に暇~な感じで同僚はごく一部の人だけ忙しい・・・

ってかんじで、チョッとだけ青トラ的にも危機感っていうか違和感を覚えてました。

現場の人間は

”営業なってない!○○どうしょもない!!”

と叱咤なのかただの批判かを

繰り返していましたね。ガス抜きって言葉もあるくらいですから多少は多めに・・・。

このころ、青トラはみるみる増えている出来高を前に

お天狗状態~♪

同僚の愚痴すらかわいく思えて

このころから俯瞰でみんなの話を聞くようになっていました。

ああ、俺、いままでこんな感じだったんだ・・・。

批判ばかりで、悪口ばかりで、

で?自分はどう行動したんだ?

どう対策して、どう解決したんだ?

愚痴っている時間が5分ならガス抜き、

30分を超えたら・・・小一時間だったら・・・。

このころから批判をするならその対象以上の仕事を

やってのけられないのなら批判する資格無しと自分を戒めました。

そもそも批判してるだけじゃ相手にされないのにね♪

秋になり急に雲を掴むような大きい物件が舞い込みます。

ずっとお世話になっている地元の優良工場のお客様から・・・。

でも土木でなく建築の仕事です。

しかしお客様にとって青トラは建設会社の社員です。

土木の青トラじゃなく建設工事とそれに付随する工事なら何でも

やっちゃう建設会社の窓口なのです。

御用聞き営業は何でもマンでないとイケマセン!!

そもそも・・・(以下略)



打診があった見積もり物件は、

改修工事が2件、新築工事が1件です。

規模で言えば80束、70束、100束。

これは大きい・・・。




その昔一現場200束なんて物件もありましたが時代も違うし

公共の土木工事でした。

現場監督も3人ぐらいで管理した現場規模です。

今年の3月までに完成させろとの条件付きです。

3物件とも全くの白紙状態からの提案型建築物件。

しかもその工場と機能は運用したままの改修・新築です。

特に改修工事は多岐にわたり関係工事、影響箇所が複雑に

絡み合い、ほとんどの会社から断られた旨を申し伝えられました。

困ったときの我が社か・・・、

複雑だけど・・・、

いままで踏ん張ってきた、

土日作業で他社が出来ないような工事を続けてきた

お得意様からのお話・・・、





うん、やっちゃル。

絶対俺のモンにする!!!(受注する)







このころ、空前の職人不足・単価高騰の入り口付近。

土木のオイラが建築のお偉いさんを巻き込んで話を進めるのがセオリー。

と言うより建築物件なので初期の窓口俺で、その後は建築の営業と

建築の担当に引き継ごうとしたんですが・・・・。

暇は人を堕落させ、暇を標準とし、繁忙を処理できなくなる・・・・。

土木部である青トラが獲ってきた見積もり物件。

改修工事だから現地調査がかなり煩雑、しかも提案型。

現場調査に入ってくれた同僚は最初に書いた

ごく一部の忙しい(多現場をこなしている)監督の一人。

そもそも見積もり自体を作成する時間も無いくらい忙しい同僚。

他の同僚は???

たくさんいる建築の監督・・・

見積もりだけの人、何でもこなす人、民間住宅だけの人、

野丁場を任せられる人、いろいろいます。

結構若手が1人しかいない、ベテラン集団なはずです。

○○が苦手とか、○○しかできないなんて恥ずかしくて言えない

年齢の集まりです。

悲しいです。

それでいてガス抜きと称されるアレです。

何も言えません。

見積もりでも、受注に際してもかなり手こずりました。

外的要因じゃなく社内要因です。

恥ずかしくてここでは書けない内容です。

しかし何人かの協力を得て改修の2物件は受注にこぎつけました。

その段階でも営業窓口を引き継ぐことは出来ませんでした。

受注後も社内で、もまれかなりの抵抗を受けました。

挙げ句の果てに

”仕事獲ってきた青トラの責任で青トラが管理すればいい!”

とのお言葉を頂き・・・、(建築部トップより、マジですよ、マジ!誇張無し)




青トラは吹っ切れました!!!


!!!!!!!!!!!!!!!!!!




ふ~ん、面白いからやってみるかな~♪

頭にバンバン血がのぼるもなぜか頭が冴えわたる瞬間っっ!

かくして、青トラ初めて建築の監督するの巻、始まり始まり~であります。


彼らの言い分はこうです。

1.現場監督不足で管理する人間がいないから出来ない。

2.職人不足で絶対出来ないし、いま先行している物件に支障がでる。

3.資材の高騰で儲からない


だそうです。

あと、今回一番許せない言葉をココに記す。

”こんな時期に(この仕事)獲ってくるなっ感じですよ。”

この言葉を、俺の前で言った同僚(一字一句間違いなく言った)。

仕事を獲ってくるものだけが分かるこの苛立ち、怒り、失望。

彼には分からない、一生分からない。

まあ、その程度。

仕事もその程度だったりする。

愚痴と批判は一丁前。

いまも半人前だが自分では分かっていない。

この前仕事ぶりを見て分かった。

なんで同僚(仕事できるヤツ)は注意してやらないんだろう?

教育してやらないんだろう?

なれ合いは最終的に本人のためにならないのに・・・。

あれじゃ一人で野丁場転がせないな~。

まっ、いいや、関係ないし。

本人もそれでいいと思っているんだから。






そんなこんなで色々あった去年の年末2ヶ月間。

協力者の設計室長にいろいろ助言を頂き(スパルタ教育~辛かった~)、

改修工事の提案完了~。

社長にもかなり後押しして貰いなんとか受注施工にたどり着きました!!!

いままでの経験をフルに生かし年末にすべての段取りを終え、

今年のお正月より施工開始。

毎日毎日、先方とのスケジュール調整と段取り換えに奔走するも

順調順調~、

もう最高~。

流れるように工事が進みます。



年末の段取り・段取り・段取り地獄も今ではやっておいて良かった~って感じ。



のろまで、バカなので、ともかく先手先手工法!!

養生、足場、片付け、先行先行!!

いつでも職人さんが仕事できるように段取りに一切の妥協無し!!!

おかげで他の現場(我が社の現場もあればライバル会社の現場もある)が

上手く行っていないと職人さんがおらの現場に避難してきます♪



”おーい、○○の現場、

足場がまだ出来てないって言うから

しばらくここでやらせてくれ~”
とか、



”○○君、段取り悪くてまだ出来ないんだと、

2日だけここ始めていい?”



って感じです。

工程がかなり進んでおります!!!

いや~、世の中、俺みたいな間抜けな現場監督ばかりで助かるよ♪

社内でいろいろ言われていたので、心すさんだ俺がいます。

(反省♪)




でもどうするんだろ?

我が社の建築の監督が出来ないって物件を青トラが仕上げちゃったら・・・。

職人が居ないから絶対に無理って言っていた物件を青トラがスムーズ運用したら・・・。

資材の高騰関係なく段取り良くして実行予算を下げてしっかり利益が出たら・・・。

会社の営業が仕事とれない中、バカントクが社長以外で営業出来高トップになったら・・・。

今年の粗利額トップが青トラだったら・・・。


何人か要らない社員が居るんじゃないの?

(見ている体で書いてます)

今週、最後の新築物件の最終打ち合わせがあります。

もちろん青トラ窓口で話進めますよ・・・。

もう触らせません、かれらにゃ無理。

渡すだけ、決定事項を実行して貰うのみ・・・。

使って信じず。

社長 設計室長 土木のみんなに感謝。

忙しいのにおらが現場に来てくれた馴染みの仲間達に感謝。

建築シロウト青トラを取り囲む協力業者ブレイン達に感謝。

誰に嫌われてもお客さんと仲間とその家族のために頑張ります。

2015.1月下旬  2級建築取ってみるかな・・・青トラ











いまお世話になっているお客様の工場の壁に貼ってあった紙に・・・・



一生懸命だと、知恵が出る。

  中途半端だと、愚痴が出る。

   いい加減だと、言い訳ばかり。



ギャフンっ。


ちゅう方向で!(久しぶり)








テーマ:建設業 - ジャンル:就職・お仕事

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。